« 中年後半世代 | トップページ | »

2016年2月10日 (水)


浜松町のオステリア ドロミーティにて。以前出向していた時の同僚や上司、先輩と。
病み上がりの元上司も参加してくれた。
この頃私は38億円のコスト削減の仕事を一人でやっていた。各部門に目標をわりつけたり、モニタリング(=監視)したり。まあつまりは現場からは大いに嫌われる役回りだ。

すごく孤独な作業だったけれど全然孤独でなかったのは、先輩方がいつも声をかけたり
遊んでくれたりしたおかげだった。
そしてこの時嫌われていたはずの現場の人達が、その次の出向先の仕事を随分サポートしてくれたのである。
少々きついような仕事を通じて人の価値や優しさに気づき、それを通じて築かれる関係というものがとても大切なんだと、当時も思ったものであった。

|

« 中年後半世代 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中年後半世代 | トップページ | »