« 妙齢女の楽しい集い | トップページ | 懐かしのいそや »

2016年2月 2日 (火)


芝大門のいそやにて。これももう、かれこれ10年は経とうかというプロジェクトメンバーでの送別会。旧称で言うところの『酒王さま』達が幹事をしてくれ、サプライズメンバーも入り懐かしい同窓会となった。

当時は会社をあげて開始した超大型プロジェクトで人数も多く、私も随分肩に力が入っていた。

けれどこのメンバーでのプロジェクトは中断。上司達は左遷のような形になり、沢山の仲間やお世話になった関連会社の人達もちりぢりになり退職した。

随分自分を責めたこともあったけれど、月日を経て集まった人達の笑顔を見ていたら、その当時嘆く私にNobrinさんがかけてくれた言葉を思い出した。『最悪と思う事態は、更なる厄災を避けるためのものか、良くなる兆候である』。
Nobrinさん、ありがとうございます。今私は改めて、心からこの言葉の真実を感じています。

|

« 妙齢女の楽しい集い | トップページ | 懐かしのいそや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 妙齢女の楽しい集い | トップページ | 懐かしのいそや »