« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

満腹の1周忌


今日は母の1周忌。命日は明日だから去年の今日は存命で、私は1日病室に詰めていたのだ。
あっという間の1年。私は納得しつつも、まだ母の死を受け入れられない日もある。

ちょっと早く着いたので、虎ノ門ヒルズのTORANOMON
COFFEEでラテを買ったら、ハートのラテアートにちょっと心が和んだ。

私と弟たち2家族もやって来て、久々ににぎやかな実家となり、テンちゃんが嬉しそうにみんなに混じってにゃごにゃご言っていた。

法要のあとは幼馴染みでもあるご住職夫妻と虎ノ門ヒルズのお寿司やさんで食事。懐石コースにしたら料理が多すぎて満腹。

| | コメント (7)


新丸ビルの自由ヶ丘グリルにて。
友達と東京駅で待ち合わせ。お茶が長引き、ご飯食べることになった。

右上の串焼が気に入ったけど。昼あんなに食べちゃったのに夜もがっつりでは、明日は絶食確定である。

| | コメント (0)


実家で喪服を着替えたあと、友達との待ち合わせまでちょっと時間もあるので近所を散歩。

左上 母が可愛がっていた山茶花が今年も咲いた。去年もほっこり咲いて出棺を見送っていたっけ。
左中 お昼までは、去年の今日とそっくり同じ、重たい曇天だったけれど。会食か終わると爽やかな青空に。
上中 愛宕山のフルミエでラクレットを二種類買った。初夏に収穫したじゃがいもをそろそろ食べきらないとね。
左上 子供の頃よく遊びに来た愛宕山のNHK放送博物館は工事中。改めて見返すとなんともレトロで素敵な建物だから、壊さないで欲しいな。
左下 愛宕山の『出世の石段』を下るだけって、あんま縁起が良くないかねえ。。徳川家光の時代、曲垣平九郎が将軍の命に応じ馬で上がって梅を手折って戻ってきたという逸話。そんな危ない橋渡ってまで出世したくないよって私だからいいとしようっと。
下中 階段下の狛犬。さすが徳川家康が祀った神社だけあり、石造りでなく鋳造。しかも迫力まんてん。
右下 石段を下から眺める。ドラマJINのオープニングでも登場したショット。実は地元では出世の石段なんて下品な呼び方はしないよ。『男段』と呼ばれています。(狛犬のうしろの緩やかなのが女段)

| | コメント (0)


帰りにお花を買って帰った。
最近ダリア、好きなんですよね。

母の死を越えて、私は人生への対峙の仕方が変わった。カツンと心の底に触れる何かが、私の生き方の羅針盤になっているのを感じるのだ。

お母さん、ありがとう。

| | コメント (0)

2015年10月30日 (金)

思いでのなかに残る店


昼休み、明日の母の1周忌のおみやげにする叶匠寿庵のお菓子を買いに、日本橋高島屋に行った。
そこで念願のサンドイッチをフォションで買ったのだが。

味がしないんですけど。。!

特にツナ、何の味もしない。
普段が塩分とりすぎなのかもしれないけれど、これはないなあー。。という感じ。

ということで美味しいサンドイッチは週末の宿題に持ち越しとなりました。

| | コメント (0)


今日は大好きなこのお店でお食事!めっちゃ気分アガってるよ。わくわく。

| | コメント (0)


メイン、付け合わせのキタアカリのローストが、それはそれは素晴らしい味でした。肉ももちろんおいしいけどね。

デザートはクリームブリュレとタルトタタン。
アメリが大好きなかりっと焼かれた表面を『パリンと』割るのは私にらやせていただいた。

コーヒーをゆったり飲んで、ごちそうさまでした。やはりチカラさん、好きだなあー。今日は料理もさることながら、グラスで頂いたワインがどれもとても素敵だった。

そしてこの天井のライトがとても気に入っている。この店の明るさ加減も。
でもどうしてもここに来ると、かつてここにあったお店を懐かしく思い出してしまうのである。

実家にほど近いこの店、私の子供の頃は電動工具やさんだった。今ウィンドウになっているところには、ドリルやらがディスプレイされていた。
改装してできたのが、スペインバル、カマロンだ。
開店直後から我が家の誰かの誕生日祝い飯の定番だった。オレンジ色に塗られた壁。オーナーの説明を聞きながらメニューを選ぶワクワク感、嬉しそうな母の顔などが心に甦る。

すっかり人気店となったあとは、神谷町にもう一店舗、そして銀座にビルインで出店したのが祟ったか、早々に銀座は閉店。唯一残った神谷町のもう一店も店名を変えたそうだ。

若い頃スペインを放浪していたと言っていたオーナー。開店当時一緒にお店を切り盛りしていた美しい奥様は確か、お子さんができてお店には出なくなっていた。皆さんその後お元気だろうか。

どの人生もなかなか困難なものであるけれど。ご夫婦ともに幸せでおられると良いなあと切に願う。そしてまた、いつかどこかでバルをやられるなら、是非とも伺ってあの温かい笑顔に会いたいものだ。

| | コメント (0)


神谷町のビストロチカラにて。スターターのパンがとても美味でつい食べ過ぎてしまう。

前菜はカリッと焼けたキッシュ。ムール貝はモンサンミッシェルからやってきたそうで、小粒だけれど身はぎっしりで味が濃い。今日のシャルドネにぴったり。
そしてリゾットにはトリュフがたっぷり。立ち上る香りに幸福が溢れる。最近トリュフが大好きなんですよ。ま、オイルと塩くらいしか使っていないけどね。

ここのところの難局に、優しい言葉に飢えていた私。久々に元アジェンダのEさんにたくさん励まされて、心もお腹も満たされてます。

| | コメント (0)

2015年10月29日 (木)

ほっとしたい1日


じんましんの通院で新橋に行った帰りのランチは、美々卯のかやく蕎麦。

昨日のリベンジでサンドイッチを出す店を探すが、主だったお店にはどこもサンドイッチのメニューはない。本日もサンドイッチ難民なり。

ならば、まるやのとんかつか、ポンヌフのナポリタンか、東のビーフンか、七蔵で稲庭うどんか、おか田で牛カツか。(どんだけ食い意地がはっているのやら。。)

あれこれ迷って美々卯にした。店に入って落ち着いた佇まいにほっとした。今日の昼は静かなところで過ごしたい気分。

関西風出汁にお蕎麦の組み合わせが最近お気に入りです。たちこめる柚子の香りも何やらありがたい。ごちそうさまでした。

| | コメント (2)


夕方のミーティングで方針は決まった。8月からのゴタゴタは一応一区切りである。
部下を誘そって飲みたかったけど、風邪っぴきとか都合の悪い人も多くて断念。まあ今日は何となく愚痴っぽい酒になりそうだから丁度いいよね。

でも何となく人恋しいので、芝の寿司芳のカウンターに座って大将とおしゃべりしながらお寿司をつまんだ。あー、何だかほっとするなあー。

| | コメント (0)

2015年10月28日 (水)

サンドイッチを食べたい病


芝公園のWASUGAZENでサラダランチ。ヒュー・グラントの新しい映画の予告編を流していて、面白そうだったのでチェックした。リライフという映画で11月下旬から公開でした。11月は私の好きな藤田嗣治の映画もあるし、ちょっとお楽しみが続きます。

| | コメント (0)


ちなみに今夜食べたパンはここのである。催事で見つけたけど、有名なんでしょうか。
もっちりとした美味しいパンでした。

| | コメント (0)


残ったワインとパテに、フェタチーズのオイル漬けを出して二の膳。

フェタチーズは塊で買ってきたのをキューブ状に切って、エルブドプロバンス(プロバンスハーブ)をまぶしてオリーブ油に漬けた。
売ってるオイル漬けの何倍も香り豊かで美味しいです。

| | コメント (0)


ここのところ『美味しいサンドイッチを食べたい病』におかされている。角をキッチリきったサンドイッチでも、レタスがはみ出しているようなラフなものでもどちらでもいい。

夜カットに行った帰りに、ターミナル駅のデパ地下ならあるだろうと探したが見つからない。

仕方なく、パンとラ・ターブルオギノのパテドカンパーニュとレタスを買って、フレンチマスタード、オニオン、ピクルスをたっぷり挟んで自分で作った。

ワインは250mlをちびちび。最近お酒控えめを志向中。

| | コメント (0)

2015年10月27日 (火)

満月の夜の一献


満月の今宵は、恵比寿の写真食堂めぐたまにて、本日の仕事の仕方を反省しながら一献。
ブロッコリーのペペロンチーノ、焼き蓮根、新生姜のかき揚げ、鮪のお刺身を頂く。

日本酒2合飲んで、〆のご飯、食べ過ぎですよね?って聞いたら、「そうねー♪」といわれる。こういう風に言ってくれるのって、いいね。

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

日本最高の観光地


今日は何も写真を撮らなかったので、シルバーウイーク3日めの旅の記録をアップしておきます。

どうしても見たい映画があって、早朝から突撃日帰り京都旅。
新幹線京都駅で降りて階下に行くと、きゃーっと驚くほどの人人人。改札を出るとこの3倍は混雑していて言葉もない。

でも私のいつもの散歩道は、人もまばら。静かで大人な町並みです。

右上 東洞院を御池に向かって歩く。
右中 何やら古そうで赴きある土作りの塀を見つけた。写真を撮っていたら、宮邸の跡と知る。
左下 御池に突き当たるあたり。後ろにはマンションの開発が迫り、並びにはビルが建ってもこのたたずまいを残す頑固さがとても素敵だといつも感心して眺めている。
右下 道端の地蔵に小さな狛犬を発見して萌える。夏に地蔵盆に行って以来、わたし地蔵フェチです。あはは。

| | コメント (2)


今回の京都弾丸の目的は、実は映画ダライ・ラマ14世をみることであった。
さんざん長いこと東京で上映していたのに結局見逃してしまっていた。そしてピンポイントで今週まで京都で上映しているのを発見。弾丸ツアーとあいなったのである。

弾丸とはいえ始発から終電までだとたっぷり時間があるので、散歩を堪能できる。

左上 普段はあまり行かない雑貨やとかも回った。これは京大病院近くの長屋を改造したお店。この路地を見たら、パリのパッサージュを思い出した。
左下 御所の南東洞院にある鳥の木珈琲にて。プリンと言えばとろとろじゃなくて絶対にこのタイプ。家庭的で美味しい。京都はコーヒーも良いよね。
右下 小さくてわかりにくいけれど、白い萩の花がこぼれるように咲いていた。東京では萩ってあまり美しいと思ったことなかったけれど、ここでは見とれてしまいます。

映画は地味な内容なのに、ほぼ満席だった。内容は素晴らしい!というほどではないが、しみじみと考えるところが多くあった。

芸能人かと思うほど若く美しい女性が、癌の再発を繰り返していて、「何故私はこのような運命にあうのか。」と問いかけたとき、真顔で、とても丁寧に答えていた姿が印象に残った。
自分の身に起きることは必然であるという、仏教的『縁起』の回答を聞きながら、私のこのとっ散らかった人生もまた、私自身に必要な人生なのかと、少しため息をつきながら納得したのであった。

| | コメント (0)


昼になり、中心地に戻ってくると、錦天満宮の参詣すら行列となるような大混雑。
「えー。。この店でも並ぶか?」という地味なお店も行列になっている。
であれば先月行った、超地元客な中華やさんにしよう。

六角通近くの龍凰は、油で煮しめたような所謂町の中華だ。いつ行ってもいつもと変わらぬ、のんびりした雰囲気。
前回からはまっているカラシそばと餃子を頂く。
カラシそばは実は京都中華の定番メニューらしく、茹で麺を辛子醤油で和えてから、レタス、鶏肉、海老のあんかけをかけて頂くものだ。ピリッと辛子の香りが抜けて、何とも美味しいのです。
そして餃子は小振りでカリカリに焼けていて、とっても好みなのであります。

| | コメント (0)


夜は烏丸御池近くの福松にて。
実はこの近くの食事もできるバーを知人に紹介頂いていたのだが。早い時間なら大丈夫だろうとたかをくくって18時過ぎに店にいくと、なんと今日は満席の張り紙があった。
がーん。。ま、シルバーウイークに予約なしで行く私が悪い。

近くをぶらぶらして、ちょっとよい雰囲気の和食やさんに入ると、1.5時間ならOKということで、ようやく落ち着く。

一汁三菜まず決まったものが出て、そのあと食べたいものが選べるというシステムだそうで。
鱧の小鍋仕立てと鯖寿司を追加でたのんだ。
ごちそうさまでした。それにしても、連休の京都を甘く見てはいかん。日本最高の観光地はさすがと改めて思い知ったのでありました。

| | コメント (0)

2015年10月25日 (日)

ねこのリクエストで完全休養


朝、畑の支度をしてソファに座って日曜美術館見ながらお握り食べていたら、おぼがトコトコやってきて、「今日はお休みにしたら~?」と言った。(ほんとにそんな感じ。)

まあそうだなーと久々の完全休養日として、自宅でのんびり過ごした。

左上 落花生でピーナッツバターを作りましょうか。バターは何年か前に訪問した別海町のもの。
左中 友達から頂いた栗を茹でる。冷蔵庫にしばらくいれておくと甘味が増す気がする。
左下 先日の京都旅で買ったふくさ。愛用の黒楽茶碗に映えます。
右上 先週実家の冷蔵庫で発見した小豆。ぜんざいとかぼちゃのいとこ煮にした。数年前に賞味期限切れてるけど全くもって問題なし。賞味期限って何なんだろうね。

北海道の牛乳はチーズなど加工用が中心だ。
別海町は飼料用の広大な牧草地とセットで農場が分譲されていたから、『国内飼料、放牧』の牛乳だ。
そんな素敵な牛乳、本州でもすごく人気出ると思うのだけれど。

広大な北海道の農場は、子牛が子供が産めるまで育てる所謂『育成農場』を運営している。(乳牛が大人になるまで餌代がかかる。)

輸送費もかかるし、お客様でもある本土の酪農家との競合を避けてか、北海道の生乳が本州で売られるのはさほど多くないのである。

今回のTPPで一番影響を受けるのは、生乳一本で経営する本土の酪農家でなく、北海道だ。安いチーズやバターがはいってきたら、価格競争力はない。
でも、牛たちが静かに草をはむ北海道のあの美しい風景を守り、酪農家を支援するためにも、見かけるたび購入しようと思う。
きっとTPPもいつか、それによる問題点が具体化するにつれ、何か対策が入っていくだろう。
その時までいろいろな農家さんを守れるように、わずかばかりだけど『投票』のつもりで買って支援をつづけたいと思う。

| | コメント (0)


なたまめとマッシュルームのサラダ
もろきゅう
かぼちゃのいとこ煮
いとこ煮は色々なレシピはあるけれど、この小豆の産地である丹波篠山のページを、少しだけ砂糖をひかえめにして作ったら、少しうらなり気味のかぼちゃにすごく合って美味しかった。
ちなみに出汁は使わなかった。何でもかんでも出汁を使うのは良くない習慣だと思うなあ。野菜の味だけで美味しく作れるものはたくさんあるのです。

| | コメント (0)


昼、ぜんざいを頂く。

その後はねこ達とソファで昼寝。極楽の昼下がりである。

| | コメント (0)

2015年10月24日 (土)

勉強とお散歩


今日は恵比寿にある写真食堂めぐたまにて、統計に関する勉強会に参加。
統計の基礎から統計のマジックのからくりなどの説明を聞く。高校2年の時、数Ⅱに挫折して医学部進学を断念した自分、必死についていった。

話のあとは、講師の先生(と言っても私の子供位の歳だ。とほほ。)を囲んでみんなでランチ。
統計上生産が減っている野菜を使ったとのこと。つまり最近サラダ用野菜は増えているが、根菜など煮物に使うような野菜は減っているんですって。

| | コメント (0)


とっても天気が良かったので、終了後はぶらぶらと散歩。日赤通商店街の脇道に入った所は、父方の祖父の実家である。維新直後に金沢から出てきて、武家の商法(故に商売下手)をしていた場所だ。
そのあたりをうろうろ。

左上 写真食堂めぐたま。今度は会社の帰りに寄ってみよう。
めぐたまさんのそばのカフェに、なつこいレトリバー。
右上 こんな場所にも昭和の残り香があった。
左下 日赤商店街脇に、熟成肉のお店があった。今冷蔵庫に肉たんまりなので、消化した頃買いにくるとしよう。
   東京女学館の脇を歩く。ここの制服の白いセーラーと青いリボン、高校時代憧れていたものだった。
右下 西麻布に向かう道は牛坂。表示を見ると、初代清和源氏の名前が出ていて、古い街道だったよう。
   牛坂の両脇には高級マンション、お屋敷、素敵な並木道。

| | コメント (0)


なたまめのおひたし
しめじの時雨煮おろしあえ
柿と人参葉の白和え

柿を白和えにするとウマイのである。今宵もこのヘルシーな一の膳のあと、サバランとか、言いたくないがカップ麺とか食べた。(涙)

| | コメント (0)

2015年10月23日 (金)


午後帰社してから評価書の中間レビューを書いていたら、コメント入力欄がやたらあちこちにあって、もうへとへと。
終わると19時。精神仕事が多かった週末にやる仕事じゃあありませんね。
洗面所の鏡を見たら、目の下に疲労が吹き出して見えた。

ということもあり、自宅で食べるつもりがつい外食。
中村屋のカレー、美味しいんだけど、どうしてあんなに出てくるのに時間がかかるんだろうね。お腹が空いてると、「もったいつけてー!」と言う気になった。

隣の席で商社あたりをリタイアした風の60代のお仲間たちが、旭化成を始めとして最近の時事ネタを分析したり総括したりしていた。
この分析が実に見事で知的で、報道番組が見習ってほしい内容だった。帰り際、こっそりお顔を拝見。仕事をリタイアしても人生をリタイアしなければ、こんな風に社会性を持って生きられるのだなと思った。

| | コメント (0)

大人になるということ


昨日いいれんこ鯛を見つけたので、昨夜のうちに焼いておき朝っぱらから鯛めしを炊く。小骨を外していて遅刻しそうになる。あせるわあー。
こげたところを取ったり、ほっぺをつまんだりしたからちょっと見た目はナンですが、なかなかいけます。

| | コメント (0)


今週一番の後悔は、夜にこんなもんをがっつりやってしまったことであった。何曜日かはご想像にお任せしますが。(涙)

食べてストレスを解消するって、傍目で見ても何だかカッコ悪いし、第一見た目(体型)もわるくなる。
来週にはこんなことしなくて済むように、ココロを強く持つとしよう。

| | コメント (0)

2015年10月22日 (木)


昨日の調整ごはん。酒抜き。

| | コメント (0)

一区切り


午後イチの打ち合わせの前に浜松町の鳥まつできじ焼き重。(ごはん少な目を更に2/3残す)慌ててかっこみ、何となく食べた気がしなかった。

混迷していた仕事が少しだけ整理ついた。ほっと一息の午後だった。

| | コメント (0)


やはり食べたりず、頂き物の饅頭を食べた。上品な甘味にほっと一息。

| | コメント (0)

2015年10月21日 (水)


今日は友達3人で四ッ谷ののがみさん。
友達が会社の若く美しい女性を連れてきた。ただれた中年飲みがぱっと明るくなる感じ。職場に20代が少なく普段接する機会があまりないので、若い子を見るとなんか緊張します。あはは。

| | コメント (0)

美女とお鮨


浜松町の煌味屋にて、チームの二人と田舎おろし蕎麦。
午前中の打ち合わせの内容にやられ、全員すっかり食欲をなくし、あっさり食べたのでありました。(そのわりに、男子二人は大盛りだ。)

| | コメント (0)


お鮨。
相変わらず美味しい。今日の疲れがとれるよ。

| | コメント (0)


本日のお酒。
澤やまつもとがすごく好みだった。今度京都に行ったら酒蔵に行ってみようかな。

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)


夜は社外のワークショップに参加。同じくらいの世代、色々な企業の管理職たちの活力に触れ、楽しい会だった。

立食の懇親会では殆ど食べずおなかぺこぺこになってしまい。夜の丸の内を探したけど閉店も早く。
適当に見つけたお店で唐揚げなんか食べちゃった。

帰り道、もう年末のイルミネーションをつけていた。ちょっと早すぎない?と思ったけれど、書店にはカレンダーが並び、そんな季節なんですよね。

| | コメント (0)

早朝からはじまる1日


今日は朝病早くて夜遅い、その上予定もみっちり。

目覚ましにしているスマホのバッテリーが切れていたが、奇跡のように5時に目が覚めた。坐禅の最終回に間に合った。

ランチは虎ノ門のいなむらやで山菜そば。

| | コメント (0)

2015年10月19日 (月)

小休止


月曜から忙しい。
始発で大阪入りして午前中打ち合わせ。
夕方東京に戻りまた打ち合わせ。

しかもミーティングはどれも不調。進めれば進めるほど、どつぼにはまっていくような気分。ここは仕事的にも一区切りなのかもね。

家にある野菜を消費したいけど、独り飲みは悪酔いしそう。こういうときは深く考えすぎないのがイチバン!と、軽く飲んで帰った。

| | コメント (0)

2015年10月18日 (日)

禁酒の逡巡


昨日ゴルフ、今日畑。
先週落花生を試し堀りしたとき、大分もぐらにつまみ食いされていたことに気づいた。ちょっと早いけど収穫してしまうことにした。

間引き菜とか、母の遺影に飾る花も摘んで、今日は畑のお土産が多目です。

久々に田園生活、アップしましたので、よろしければご覧ください。→クリック

| | コメント (0)


コンペの参加賞で20個も卵をもらってしまったので、弟たちにお裾分けのため、実家にお届け。
ついでなので墓掃除と墓参りもして家に入ると、テンちゃんがやたら入り口を気にしていて怖かった。
だっ、誰かついてきた。。?

| | コメント (0)


まぐろと九条ねぎのぬた
ずいきのごま酢和え
畑の間引き菜の煮浸し

これですめば。。
結局うどんとかコンペでもらったお菓子(会社におやつとして持っていく予定だけど)の味見なんぞしてしまい。
お酒が入ると食べてしまう病は継続中だ。暫く自宅では禁酒しようかなと真剣に思います。くすん。

| | コメント (0)

2015年10月17日 (土)

コンペの逡巡


今日は会社のコンペ。あげ焼きそば、麺半分残した。

元々ゴルフは好きではないが、色んな部門の人と知り合いになれるし、マネージャーとして多少の義務感も伴いこまめに参加してきた。
しかし春から異動した部門のコンペは結構下手がいなくて、わたしの『ゴルフに対する侮辱』のようなスコアで参加するのは肩身が狭い。

あんなに晴天だったのが嘘のような雨模様もあって、ちょっとどんよりやって来たのだけれど。
出だし意外に調子よく、メンバーも楽しい方たちで、楽しくお昼を頂いた。

| | コメント (0)


自宅に帰って、マグロ納豆で一杯始めたら止まらなくなり、あれこれ次々つまみを並べて結構食べてしまった。明日また断食したい気分だよ。くっすん。

| | コメント (0)


ゴルフ場の主に桜の木がどれも緑色の苔のようなものがびっしりついていて、プレーしながらずっと気になっていた。これは花のような形。

今回は『石にしがみついても幹事にならない』という大事なミッションがあるので、後半真剣にプレーした。(ど下手ゆえ幹事比率高い。)

結果グロスでダントツの最下位だけどネットだと1打差でビリから3番目。やったー!幹事脱出!だったらちゃんと練習しろよだけどさ。

ゴルフって、やってみると結構楽しい。でも貴重な土日の時間を潰してまで練習するほど好きじゃない。だからいつも『これを最後のゴルフにしよう』と思っているんだよね。
次回はどうしようかなあー。まあまだ時間あるし、ゆっくり考えればいいか。

| | コメント (0)

2015年10月16日 (金)

養老孟司×隈研吾 昔の記事の警告


三田にあるバンザイビルの1階の昭和な喫茶店のランチがお気に入り。ビーフシチューと迷ったけど、さわらの西京焼き。

横浜のマンションがすごいことになってますね。まんざら関係なくはない仕事なので真剣にニュースや記事を見ています。被害に合われた方々はどんなにか不安な毎日を過ごされてきたことか。傾いたマンションをたとえ買い取って貰ったとしても、いまからではローンの組めないとか、それだけじゃ解決しない問題を抱える人もいるのだと思う。

そして、この事をわかって偽装していた人は、この10年あまりどんな気持ちで生きてきたんだろう。専門家なればこそ、自分のやったことがどんな社会的損害を与えるものなのか、十分過ぎるほど理解していたはずだもの。その気持ちを想像したら、何だかチリチリする感じだ。

そんなことを考えていたらふと、大分前に養老孟司と隈研吾が日経ビジネスオンラインで、『コンクリートの建物は信用あればこそ成り立つものだ』みたいなことを言っていたなあと思い出してぐぐってみたら、確かにありました。→クリック
これは確か姉歯事件の後だったのだと思うけれど。あれから海外でも建築物の倒壊もあったり、日本でもトンネル崩落で人が亡くなったりしている。今読むとまさにコンクリートの建造物に身を委ね続ける現代人への警鐘のようにも思えます。

| | コメント (0)


部門の勧送迎会のあと、自宅近くで一人二次会。
これを始めると、断食効果がどんどん失われるんだけどね。

| | コメント (0)

2015年10月15日 (木)

ビーガン居酒屋


朝、おかゆと大根葉の塩もみに自家製沢庵。朝のおかゆ、ほっとします。

| | コメント (0)


ほぼビーガンな夕食。メインはこんにゃくと間引き人参葉の白和え。自分で言うのもナンだけど、私の白和え、うまいよ。
こういう野菜飯あれこれを出してくれる居酒屋があったらなあー。所謂『有機野菜を出すカフェめし』でなく、精進居酒屋。通っちゃうけどなあ。

| | コメント (0)


お昼を抜こうかと思っていたけれど、思考に詰まって散歩がてら外出。
芝公園のラーメンぺぺにて、ワンタンをいただく。
何度も、「麺。いいんですか?」と聞かれた。はい。ひろひろとした柔いワンタンとスープでほっとしたいだけなので。

しかし食後胃痛がひどくなり、午後一のミーティングがすごく辛かった。

| | コメント (0)


食後のデザートならぬ、食後のもう一杯。
間引き大根の浅漬けの出来が素晴らしく、感動しながら食べた。

Eテレの100分de名著をいつもたのしみに見ているのですが。今週からは菜根譚。すごくよい。というか、今の心情に響きます。見えない誰かに励まされているような気持ちになった。

| | コメント (0)

2015年10月14日 (水)

びっくりしたこと


朝。
爽やかな空気の中、直行で気の重い商談に向かう。

担当とマネージャーとエレベータに乗り込みながらふと、
「えっと。今日の話、誰が切り出すんだっけ? あ、あたしか?」
と言って呆れられた。あはは。そりゃそーだよね。

| | コメント (0)


今日も芝公園のWASUGAZENでランチ。お勧めのさんまでカフェめし。
さんまはもう少しからりと、そして塩をがりっと効かせた方が好みだな。

| | コメント (0)


食後新橋の皮膚科に向かうと、小川軒がなにやら可愛くなっていてびっくり。これ、サラリーマン憩いの新橋駅前ビルだからねえ。

暫くカフェでぼーっとしたい気分だけど、そんな自分を空想するだけでおしまいにして慌ただしく会社に戻った。

| | コメント (0)


食欲に見あった晩ごはん。
さつま揚げ、畑のモロヘイヤのおろしあえ、ずいきのごま酢あえ、自家製沢庵。
酒を飲む気にならず、炭酸水にした。
実はスーパーで炭酸水を落としてしまったのだけれど。
ネットで見た、炭酸水が破裂しない方法(これの2番目)で試したら、ほんとに爆発せずびっくりした。

びっくりしたと言えば、帰り道駅前のデパートでストッキングを買っていたときのこと。
25歳位の美しい女性が私の前でお金を払っていた。横顔が何やらおかしいのでよく見ると、なんと鼻ピアスをしているではないか。(しかも牛の鼻環の場所に。。)
驚いて身なりを観察すると、持っていたトートバックはリアルな心臓の絵がプリントされていた。すごいな。

もう一度しみじみと美しい横顔を眺める。ピアスさえなければ、所謂典型的『自慢の娘』だ。お父さんはショックなんだろうなー。毎日眺めながらどう思ってるんだろうなあー。彼氏も鼻ピアスかな、ヘソかな。いや、インド放浪経験ありのヨーロピアンとかが似合いそうだ。しかしそれもお父さんは苦悩だなあー。。

などなど妄想したのであった。あはは。実に余計なお世話ではあるけれど。

| | コメント (0)

2015年10月13日 (火)

断食の余韻


朝、ずいきを干していたら、「あ!坐禅忘れてた!」ことに気づく。

ずいき、好きなんだけど売っている単位が大きすぎていつも必死で食べていた。
そういや芋がらってこれだよねと気づき、干してみた次第。

| | コメント (0)


夜、チームの送別会で浜松町の國廣へ。つまみあれこれに鍋がつく。のち、二次会へ。
どれも美味しいのだけど、断食の余韻が残っていて、酒や肉をあまり欲しない身体になっている。
控えめに飲んで食べた。

| | コメント (0)


昼、浜松町の煌味屋でぶっとい田舎そばをもぐもくしたあと、プロントてホットミルク。
断食以来、肉食の欲が落ちているのと食事量の適正化の願望が強くなっている。
麺少な目でも良かったな。

| | コメント (0)

2015年10月12日 (月)


今日もきょうとて@伊勢原。
断食明けの畑仕事はきっっいわあー。
すべてにゆっくり作業をしながら、アウシュビッツのユダヤ人やシベリア抑留の人々の苦労に思いを馳せたりした。飢えでへとへとのなか、それでも働かねばならぬ辛さを味わわないで良い私たちは、何だかんだで恵まれているのである。

| | コメント (0)

断食明けの畑仕事


昨日やったのは実質的断食だ。
ということで、回復食としてはお粥がよかろう。
お粥ひと匙、出汁一口ごとに染み込むうまさ。このうまさを味わう為に、時に断食も良いやもしれない。

| | コメント (0)


畑から実家に行き、母のお墓掃除のあと、くたくたで帰ってくると、すごく久し振りにリアルな食欲にみまわれた。
晩ごはん待てずお櫃ご飯と漬け物を食べてしまったので、夜は野菜。

なんかこれ、ちょっと食べ過ぎな気がする。胃が大きくなってるのをなんとかしないといけないのですが。
強烈な眠気と頭痛は断食の反転反応かなあ。
とあれ今日は早く寝るとしましょうか。

| | コメント (0)

2015年10月11日 (日)

プチ断食


今日はグリーンクレンズ全6本でプチ断食。
ミニ断食明けの朝ごはんは、お粥、葱のおみおつけ(一昨日の味噌)、梅干し(かーちゃん製)。

挫折しないように新丸ビルのmusmusさんで頂いたコスター引っ張り出し、うさぎとともに完走するつもり。あと、プラボトルじゃ味気なさ過ぎるから、ちゃんとピッチャーに移して食事っぽくしました。

全6本、夕方には味に飽きちゃったけど不思議とお腹は空きませんでした。
すっきりするとか、お肌ツヤツヤとか、ネットでは大袈裟な効用がずらり。でも私は心に効いたかな。

『たかがストレスを言い訳に食べて解消しようとする意地汚い自分』と向き合う1日でした。
世の中にゃー、食べさせてもらえない虐待される子供とか、難民で家族の食事に心痛める親御さんとか沢山いるのに、そんなんお前、寝言だよ。  と、日々の過ごし方を反省。食を大切にと勉強してるくせに、食べすぎってそれ、ダメでしょう。

でもあんましデトックスし過ぎたら私じゃなくなっちゃうから、ほどほど毒ありでまた今日からがんばります!

| | コメント (0)

2015年10月10日 (土)

番外編 : 猫語の会話


兄妹で会話中。
このあとおぼ(白黒)に2号(ガチャ三毛)がぺしぺしと頭を叩かれた。2号よ、何かナマ言った?

私猫って声に出さずに会話しているといつも思うんですよね。

| | コメント (0)


明日はジュース断食。前後1日も加工品を摂らないようにということで、一日地味ご飯。
朝、ねぎとお麩のおみおつけ、自家製ちりめん山椒
昼、群馬のペラペラうどんの釜揚げ。出汁や柑橘をかけていただく。
夜、柚子味噌田楽、クラゲと胡瓜の酢の物、姫筍の味噌炊き。柚子味噌は京都の八百三。
本当はお酒はいけないんだけど、まあ折角の休日なんで勘弁してもらうとしよう。

あ。
かぼちゃ調理するの忘れたよ!(涙)

| | コメント (0)

今年の味噌


早朝から、掃除、洗濯、食品庫の整理、保存食作り、廃棄本の選択(半減が目標!)と家事尽くし。時間さえあれば家事って実に楽しい。

午前の家事の〆は昨年仕込んだ味噌のご開帳。
開けた瞬間、きゃーっと驚くほどカビが来ていたけれど、蓋とラップを外したら中はきれいなものでほっとした。
中をあけると程よい粒感で売り物と遜色ない。(まさに手前味噌。)去年大河ドラマ見ながらじみーに擂り鉢で潰したかいがあったというものだ。

がしかし、うーん。。イマイチ塩が堅い感じ。味噌名人への道は遠いね。

とりあえず容器に小分け。味噌は生きているので蓋に小さな穴をあけてあります。

そしてこの連休、泣くほどある南瓜をなんとかしなくてはなのであるよ。誰かもらってくれー。。

| | コメント (0)

2015年10月 9日 (金)

鬼の目にも涙


気持ちのいい青空が広がっていて、昼食に出るのが楽しい。
三田駅近くのバンザイビルの下にある喫茶店のランチが、家庭的で好きなんだよね。その後皮膚科で蕁麻疹の治療の続き。なかなか厄介です。

| | コメント (0)


母と祖母の着物の仕立て直しをお願いしていた虎ノ門丁子屋さんから、「洗い張りが終わったものがあるので、裏地を選びに来て下さい。」と連絡があり、ちいばすで向かった。終わったあとは、いつもの大串で一杯1760円のしあわせ。

この辺夜歩くと、かーちゃん思い出して泣いちゃうなー。まだ1年経ってないもんねえ。
鬼の目に涙な週末。明日は墓掃除の予定です。

| | コメント (0)

2015年10月 8日 (木)


愉快ならざること多く、宴会に向かいながら、昨夜可愛かったおぼの写真を眺めてなごむ私。

| | コメント (0)

大人の2軒目


ここのところ気に入っているこのカフェは、WASUGAZEN。なんでも映画の予告編の製作会社が経営しているそうだ。
明るくてとても良いのだけれど、芝地区のサラリーマンの興味はそそらないらしく、いつも空いていて心配だ。その辺に氾濫する脂ぎって今一歩どころか今三な中華に行くなら、たまにはここに来ればいいのに。

せっかくできた良質なランチの店を失いたくないので、暫く通わねば。
心配で来ていると思われるオーナーの社長が何だか面白そうな方で興味あるので、仲良くなってちょっと話も聞いてみたいしね。

| | コメント (0)


夜は現役、転職双方の後輩たちと代官山のメキシコ料理に行った。
元部下が経営者と親しくて、少し前に以前の職場の打上げに使った事があった。

久しぶりに来てみたら簡単な料理もなかなか来なかったり、ガラスの扉は手垢がたくさんついたままになってたり。そもそもワイングラスがプラスチックで、まるで汚れているみたいな傷だらけなのはありえない。

夜景が見おろせるテラスは快適だったけれど、かつての輝きが店から消えていた。
事業を継続するって難しいことなんだなと思い、口直しの2軒目に向かった。

| | コメント (0)


2軒目はアイビープレイス。この空間、何やらほっとするなあ。
ラストオーダーも早いので、
私はシングルモルト。つまみにブランマンジェをたのんだら、肉食女子が驚いていた。むしろ餃子食べたいそうだ。

あはは、それは若いからだよと笑った。私もその歳はそうだった。

でも、沢山の想いを飲み込んで生きてきた大人になると、美しいデザートの甘さに心を緩ませる夜が必要になるものだということを、あと10年したらわかるかもしれないよ。

| | コメント (0)

2015年10月 7日 (水)

デトックスジュース


爆食が止まらない。昨夜は大阪で買ってきた大好きな[日清焼きそば袋麺関西味]を、さんざ飲んだあと食べてしまった。

ここらで健康なからだと心を取り戻したいなあ。。と新橋を歩いてたらふとジューススタンドが目に入った。しかも新橋駅前ビルというオヤジの聖地に、地味だけど今っぽい健康的なジューススタンドというギャップも気になる。

コールドプレスジュースかあ。朝ごはん食べなかったし、試しに飲んでみようかなと店内に入ると、これが誠に爽やかな野菜の薫りに満ちみちている。
早速飲んでみると、少し癖があるけど美味しい。好みです。
店内にあったパンフレットで、1日6本飲むデトックスコースもあると知り、早速三連休中日にやってみようと購入予約した。
食べ過ぎ+アルコール過剰という生活を1日だけ休んで、胃腸を休息させよう。これって原理は坐禅で坐わる20分と同じ原理かもしれない。

せっかくだからランチもヘルシーに。芝公園では珍しいきれいなカフェ、WASUGAZEN(ワスガゼン)で、すごいボリュームのサラダランチを食べた。なかなか美味しい。
つぶれないようにせっせと通うとしよう。

| | コメント (2)

2015年10月 6日 (火)


近所で飲んで帰った。牛のたたきをたのんだけど、今宵の気分はもっとカタマリの牛肉を肉食獣になってかぶりつきたい感じで不完全燃焼。

| | コメント (0)


午後一のアポに遅れそうになったので、ミーティング後トリトンスクエアのイタリアンでパスタ。ビジネスランチにしてはニンニク効かせ過ぎじゃないかな。

| | コメント (0)

トンボ帰り


始発の新幹線で東京にトンボ帰り。空がきれいだ。

京都を過ぎたあたりから暫く、車窓からずっと、それは素敵な天使のカーテンが見えていた。「あー、あの光の下に入ったらどんな気分なんだろうなあ。。」と眺めていたら。
突然新幹線が光の下に入り、ぱーっと自分が光に包まれて、ちょっと感動。神様に「おばさん、まあ頑張んなよ。」と言われた感じかね。昨日1日だけで、京都で充電した幸福感を消費してしまったからちょっと嬉しい出来事だった。

まだ火曜か。長いなー。

| | コメント (2)

2015年10月 5日 (月)

ちょっとしんどい1日


朝、梅田の阪急そばでわかめそば。残念ながら友達の好きな潮屋に行く時間はなく。悪くはないけど、潮屋には負ける。
昼 大阪のマネージャーとインドカレー。チーズナン、ちょっと重い。
午後は部門全体のキックオフのあと懇親会。夏からすべての仕事が中断中の私の部署はプレゼンできる内容が乏しい。前の日の夜中、ホテルでガバッと起き上がり、明るい内容に改訂したが不発。さすがにこんな日はちょっとへこむね。

| | コメント (0)

2015年10月 4日 (日)

ガイドブックなしの京の休日


今日は終日京都でのんびり休日。早朝からバスで大原に向かった。
毎週日曜6時からNHKのベニシアさんの番組を楽しみに見ている私。先日放送された柿渋染めのみつる工房に寄って、アウトレットのTシャツを農作業用に購入。

左上 バスの終点から寂光院に向かう途中。人の畑の具合が気になって仕方ない
右上 柔らかな日がそそぐ寂光院。死にきれなかった平清盛の娘建礼門院が夫と息子、父母と一族の菩提を弔い生涯を終えたこの隠遁の地。その境遇の意味や辛さを本当の意味では理解できるようになったというのは、私も歳月を積み重ねたということなんだな。
左下 建礼門院の庵の脇から出ていた泉の水に、秋のやさしい光が差す。
門前の漬け物やさんの漬け物小屋が、新築なのに時代劇に出てきそうな趣で、さすが京都と感心した。寂光院が数年前放火されたことは全く知らなかった。とても残念だけれど、京都の古いものは実はどれも長年幾度とない再生を繰り返してきたのだろう。
右下 道の駅に向かって里山をのんびり歩いた。直売所で地元の方が塩と野菜だけで漬け乳酸発酵した、本物の柴漬けを2種類買って帰った。夜ホテルでビールのつまみにしたら美味しくて驚いた。普段買っているあれは、酢とアミノ酸とブドウ糖やらで味付けした『柴漬け風』だよね。

| | コメント (8)


昼は婦人画報夏の京都特集号で紹介されていた、ラ パパイヤ ベールというベトナム料理のお店にて、雑誌で紹介されていたベトナムプレートを頂いた。普通に美味しい。

右上 左下 シルバーウイークに日帰り弾丸で京都に来たとき、知人に紹介されたご飯が食べられるバーがこの近くだ。
烏丸御池にほど近いこのあたりは、町家を改装したなかなか気になる飲食店が集積していて、歩きながら次のために物色。
右下 大西清右衛門美術館という、何百年も続く茶釜の老舗の美術館に行った。大学時代茶道部だった私。茶道具の中で最も地味にして主役とも言うべき釜。今までなんとなく見ていたけれど、この展示を見て製作行程の奥深さとか、フォルムの美しさとか、こんなに地味に見えるのに、多彩なデザインを込められる素晴らしさを堪能。ごく小さい美術館なのに1時間もゆっくりと見学した。

ここのミュージアムショップは素晴らしく、茶釜のデザインが染め抜かれた上品な手拭いと、目の玉が飛び出そうな値段だった美しいふくさを散々迷って買ってしまった。
でも良いものをひとつ買うと、じぶんの中のすべての物欲シャッターが完全に閉まり、暫くは何も買う気にならないという点は良いかもね。(注.言い訳。)

| | コメント (0)


5月に一緒太秦に行った友人が京都を称して『すべてにおいて隙のない観光地』と言っていたのを思い出す。

京都の町中を歩いていると、特に中心部や観光エリアなどでは、路地路地がきちんと道を掃き清め、人目を意識してきちんと住んでおられる。自分のすむ町を美しく保つ気概のようなものが伝わってくる。
ここで過ごすと東京に戻ったあと猛烈に部屋を掃除したくなるし。身近な何でもないものを大切にして簡素に生きたくなるので不思議である。

| | コメント (0)


昨日タクシーで余志屋に向かう途中、川端通りを走りながら、鴨川に面して完全にオープンになった、とても気持ち良さそうなカフェを見つけた。窓際で座る自分を想像するだけで幸せな気持ちになりそうな店だ。
夕方、五条大橋のたもとにあるあるその場所に行ってみると、efishという店であった。
残念ながら窓際は一杯で、2階のカウンターでキールを飲んだ。でも店の明るい空気感に浸ると充分幸せに満たされた。(キールはイマイチだったけどね。)

店を出て、鴨川沿いを南に下って散歩。高知市の鏡川の近くで子供の頃を過ごしたせいか、川のある景色が好きだ。
鳥が夕ごはんを探して沢山やっていていた。
ご馳走にありつけたかなあー。。とぼーっと眺めるのもまたよしである。

七条の1本北の橋を渡り豊国神社の前を通って、三十三間堂脇にある目的の地、錬金工房 WESTSIDE33 というお店に行くと、本日はお休み。何年も前から行ってみたかった打ち出し鍋などを扱う店だが。買わなくて済んでちょっとほっとした。まあ、次の楽しみが増えるのも悪くない。

それにしても、観光シーズンの日曜にこんなに早く閉店なんて。なんとまあマイペースなことか。そこもまた、私にとっては京都の魅力のひとつであるが。

| | コメント (0)


人と来る京都は食べ物に気を使うが、一人なら失敗を気にせず存分にB級を楽しめるのが良いと思っている。

昨日の夜はちょっと高かったし、今夜は七条は三十三間堂の近くにあるお好み焼き吉野に、少し早めに入ってみた。
のら猫達が招き猫代わりの看板奥の路地からは、すっかり出来上がっちゃったおじさんたちの騒ぎ声が聞こえ、少々ひるんだけど、えいっ!と入ってみる。
店内は今まで見てきた『はんなり』とか『美意識』とかぶっ飛ぶ、見事なまでにディープな関西文化圏である。(←私的ディープ関西圏イメージ。)

生ビールでホソ焼きというホルモン野菜炒めと、そば入りお好み焼き(小) を食べて、満腹。夕空の中ぶらぶらと京都駅に向かった。

ところで最近頻繁に京都に来ているが、ガイドブックを持たずにぶらぶら歩きを楽しめるようになった。すると以前にもましてがぜん京都が楽しい。自由に歩けるじぶんの町のような感じと言おうかね。

| | コメント (0)

2015年10月 3日 (土)

京都の美味しい和食


朝、お櫃のひやごはんをチンして、自家製のちりめん山椒をかけていただいた。うまーい。

その後自宅の掃除を始めたら興がのっていまい、何だか楽しくて出掛けるのが遅くなってしまった。今日明日と京都なのですが。

| | コメント (0)


夕方に京都に到着。
駅に着いてすぐ先斗町の余志屋さんに電話を入れると、17時半から2時間なら入れるとのこと。

去年の冬に飛び込みで入ったきりだったが。店に入るなり大将が覚えていらしてびっくりした。

はもの落とし、鴨まんじゅう、てっぱい(写真なし)、野菜あんかけなど頂いて熱燗をちびり。
あとから牛の網焼きに気づき食べたかったんだけど、他の料理を頼みすぎて「食べきれないから。。」と言われ断念し、一口カツでがまんした。次回のおたのしみである。

ここは大将と板場の方々が完璧なタイミングでお料理を出して来られる。きびきびとした差配とプロ意識を感じられるお店。きっとそんな料理人が京都には沢山いらっしゃるんだろうけれど。
気軽で暖かい雰囲気でここはとても好きだ。婦人画報の夏の京都特集号で取り上げられていたので予約取れるか心配だったけどラッキーでした。(というか前から日程決まってるんだから、早く予約しようよ。。)

| | コメント (0)


ほろ酔いで店を出て、先斗町、木屋町、新京極などをぶらぶらと散歩。明日の夜のお店をあれこれ物色。

かりっと焼かれた大きな厚揚げと、三杯酢でいただくはもの落としが大好きなれんこんやさんは明日お休みだから。これも次回の京都のおたのしみにしておきます。

今回は阪急で嵐山入り。思ったより近くて驚いた。

| | コメント (0)

2015年10月 2日 (金)

雨 のち晴れ


萩で帰農した友人の初収穫、称して『新米の新米(笑)』で朝ごはん。中身は私が今年漬けた梅干しです。

七分づきのつやつやの銀しゃり。友達はちょっと香りが弱いかなとコメントされていたけれど。
うーん、きもーち、私がいつも買っているのよりはそうかもしれないけれど、その代わりなんとも言えず優しい甘味がして、お二人のお人柄の出た味気ながする。

ついこの前まで一緒に勉強していた仲間が、こんなチャレンジをしている成果を頂くと、私も頑張んなきゃって気持ちになり外を眺めると、あなにひどかった雨が上がっていた。。

| | コメント (0)


朝のどしゃ降りが見る間に上がっていくように、私の心にも平穏が広がっていった。状況はあまり変わっていないんだけどね。

ランチは東京グランドホテルのカフェで。ナポリタンは麺半分。このくらいが本来丁度よい。

午後、パソコン仕事をしながらコンビニで買ったマシュマロを食べたら、何やらほっとした。夕方にミーティングした相手が、予想外に頼りになる助っ人であることか判明しほっとした。人との出会いというのは本当に不思議なものだと思う。

夜、昨日異動が出たチームメンバーを囲んで宴席 は最初の30分だけ出て、目黒駅ほどちかいめぐろ海岸という居酒屋に向かった。こちら、私がセッティングした宴会だったので。

どちらもいい酒になった。
駅に降り立つと、祭りの準備が出ていた。何やらめでたい気分。
嵐の夜は無理に抵抗せず、じっと待つのが最良と悟った夜である。

| | コメント (0)

2015年10月 1日 (木)

笑っていると楽しくなる


2時過ぎにランチ。
吉夢もぶっ飛ぶ事態が起き、『修羅場に強い』を自負している私もさすがにやられぎみ。
近くのカフェでため息をつきながらサラダをつついた。

夜、9時くらいからフロアで残業していた人達で飲みに行くことになり、10人くらいの宴席に10時から遅れて参加した。
たくさん笑ったら元気が甦ってきた。楽しいから笑うんじゃなくて、笑っていると楽しくなるってほんとだね。
この部署は明るくて好い人が多いなと思っていたけれど、そんなことに救われました。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »