« スーパームーンからごあいさつ | トップページ | 好みのタイプとは »

2015年9月29日 (火)

小伝馬町界隈を歩く午後


先日小伝馬町の会社を訪問したときのこと。
東京も中心を外れると、懐かしい昭和の風景に出会えるのだなと、大喜びでシャッターを切っていた。

左上 交差点近くに頑固に残っている写真屋さん。間違いなく子供の頃に見た景色そのもの。
左中 京都の町家や長屋を歩くのは楽しいけれど。東京の下町の風景と言えばこれ。家の前に沢山の植木たち。これを看ると懐かしくて胸が一杯になる。
左下 交差点の角地最高の場所に『絶滅食堂的町の中華や』。私がもっとばーさんになってしまったとき、こういう中華やは無くなってしまうのかねえ。それも寂しいよ。
中上 椙森神社の狛犬がなかなかかっこいい。実は神社の狛犬にマニアックに反応する私です。
中下 このエリアにも、いかにも町の人達に大切にされているお地蔵さんを発見。前月大阪の地蔵盆に行ってからというもの、町の地蔵が気になって仕方ない。こういう民間信仰を大切にして、今の人達に引き継いで行ったほうがいいと思うな、絶対。
右上右中 顧客に行くと、エレベータホールの両面が、格好いい1960年代風のデザインタイル張りになっていた。
顧客に聞くと、有名な作家さんのタイルなのだそうだ。
外観は何と言うことはないただの古いビルなのだけれど。
今このくらいの中小のビルを建てるとき、こんな所の内装に凝る施主は居なくなってはいまいか。壁紙は経年とともに古びるだけ。
レンタブルとか、稼働率とか、収益の最大化なんかを追い求めて出来上がるものたちばかりでなく、こんな余裕をもったビル持ちがいる時代はもう来ないのかなあー。。
右下 小伝馬町と言えば処刑場の跡地。鈴ヶ森とか小伝馬町とかサンシャイン(巣鴨プリズン跡地隣)とか。実はそういう場所って何となく行かないようにしていた。でもこんなに沢山の人が住んだり働いたりしてるんだから、もう色んな恨みや悲しみは浄化されてるよね。
こんな景色が見られるんなら、たまには散歩も良いなと思った昼下がりでありました。

|

« スーパームーンからごあいさつ | トップページ | 好みのタイプとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スーパームーンからごあいさつ | トップページ | 好みのタイプとは »