« | トップページ | お施餓鬼と農場見学 »

2015年6月28日 (日)


お施餓鬼のあとは服を着替えて、一路世田谷の吉見園さんへ向かう。
5月にことことのひろみさんの有難豚を食べ尽くす食事会に呼んでいただいたあと、名取の養豚家高橋さんの豚を飼育している吉見園でお会いするというアレンジを頂いていたのである。

世田谷の吉見園さんは園内の除草のためにと数千羽の鶏を飼っている。鶏たちは広大な敷地内を自由に走り回っている。なんと幸せな鶏であることか。

漫画動物のお医者さんでも出てくるが、仲間意識も強く賢い。羽根色も豊富なため、江戸時代は大名屋敷で趣味として飼われていたりした。

私たちはこの賢く誇り高い生き物をA4紙サイズの狭いゲージのなかに生涯閉じ込め卵を採取したり、昼夜を問わず煌々とあかりを灯し(鳥類は明るいと眠ることができない)、眠れぬストレスで昼夜食べ続け早く大きくさせ肉にしたり。本当に酷いことをしている。
そんなことしてまで安く肉を食べたいか、私はいろんな人に聞きたいと思う。
放し飼いだろうがケージ飼いだろうが、どちらにせよ殺して食べるなら違いはないと言うむきもあるのだろうか。

|

« | トップページ | お施餓鬼と農場見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | お施餓鬼と農場見学 »