« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月31日 (日)


蕎麦食べたあと、行きたかった四条河原町近くの居酒屋をチェックしに行った。

すぐ横にこんな素敵な路地があった。何気ないところに京都人の美意識が感じられる。昨日友達が、「隙のない観光地」と言っていたなあ。

そのあとはお約束の錦天満宮詣でに錦市場でお買い物。

| | コメント (0)


四条河原町近くの都そばにて。きつねそば、わかめトッピング。
美味しいねーと食べていると、中国人の若い子集団が恐る恐る入ってきた。するとカウンターの中のおばさんが外国語メニューを渡した。すごい
京都では立ち蕎麦まで外国人旅行者対応しているのねー。

食後は宿坊に止まった友達との待ち合わせ場所に向かう。

| | コメント (0)

弾丸ツアー2日め


実は今回の京都旅は保養所を利用しようと思っていたのである。
がしかし、モタモタしていたら一杯になってしまった。
慌てて安いところを探したこのホテル。2年前の京都旅で友達と見学していたく感動した『杉本家』の隣だった。あまりに気に入って保存会に加入しようかと思った先だ。

朝窓を開けて見るとホテルの部屋の真下が杉本家。更に正面に行くと正に本日告別式の日であった。あの時いらしたどなたかが亡くなったのね。何やらその方に呼ばれたような不思議さがあった。

| | コメント (0)


錦市場のあとは相国寺に向かう。本堂の天井画、鳴き龍を見学(残念ながら撮影不可。)

隣の庭は青紅葉が美しい。
石庭前の縁側に座って、名古屋に赴任した友達の話を聞いていた。大変そうだけど、元気で良かった。

| | コメント (0)


扉絵の象の目力、半端なし。
相国寺の鳴き龍もこの象の絵も、どちらもどの角度から見ても龍や象が自分の方を見ているように見えるのだ。すごい。

のんびり過ごしすぎ、タクシーで会社に行かなきゃな時間になりタクシー探そうかと言っていると、本堂脇にタクシーがやってきた。
丁度良かったねー。。と乗ろうとしたら、行きにここに連れてきてくれた運転手さんだった。友達がスマホを忘れたのに気付き、もしや会えるかもと戻ってきてくれたんだそうだ。

出会える確率はすごく低いはずだけど。有難いし驚いた。

名古屋の友達は同志社で息子さんと待ち合わせ。私達二人は駅に急ぐ

| | コメント (0)


新幹線に乗る前、伊勢丹でまた和雑貨購入。今回も結構京都にお金を落としたなあ。。政府が観光産業に力をいれるのも宜なるかなである。

お昼は新幹線で、駅で買った奈良漬入り竹の子寿司と錦市場で買った鶏の手羽元、友達のサラダとかチーズとかシェアしながらビールぐびぐび。
なかなか美味しい。奈良漬入りお寿司は自分でも作れるね。

| | コメント (0)


ということで、京都弾丸ツアーは終了。
交通費を考えるとちょっともったいないかもだけど、とても楽しかったので自分としてはよしである。

それにしても京都は、わたしの好きな昭和な風景が満載で、行く度にもう東京ではなくなってしまった私の昭和時代のノスタルジーに浸れるのであるよ。

また明日からフルスイングで次の旅費稼ぎに邁進します。

| | コメント (0)


このちろり、2年前から迷っていたのどけれど。

今回ともだち2人から買っちゃいな買っちゃいなコールを受けてようやく買う決心をした。

して使ってみるとやはりすごくいい。ともだちと行かなかったら絶対買ってなかったなあー。。と、楽しかった旅を反芻していたのでありました。

| | コメント (0)


京豆腐がメインディッシュの晩ごはん。昼の残りの手羽元も食べた。

| | コメント (0)

2015年5月30日 (土)


昼過ぎに京都駅で、昨夜夜行できていた友達と落ち合い、昼でも食べるかととりあえず四条河原町に云ってみた。

「りきまるさん、ここ、行ってみませんか?」と言われて入ったのは、鴨川べりに建つレトロな建物の東華菜館。

入るなりその内装の見事さとか、手動のエレベーターに盛り上がる。
大生(注.わたし。あ、説明不要ですか。)中生たのんで、鴨川眺めながら昼酒にひたる。あー、幸せ。

クラゲと、京都で多いスタイルという薄焼き玉子で包んで揚げた春巻きがとても好みだった。

| | コメント (0)

ともだちと行く、京都


今日明日と友達3人で弾丸京都旅。1人は夜行で京都入り、1人は赴任地名古屋から休日出勤の会議後に合流。

ってことで、行きは1人、品川駅で生クリームたっぷりのコーヒーを買い込み。読み物と言えばよせばいいのに最近再びはまっている『漫画 史記』。楽しい旅の往路に『臥薪嘗胆』ってどうよとジブンニツッコミをいれる。
そんなこんなで一路京都に向かいます。

| | コメント (0)


東華菜館を出て、高瀬川沿いをぶらぶら。
名古屋から合流する友達も来るし、お茶&トイレ休憩&待ち合わせに。。リッツ・カールトンに入った。

知らないということはまことに恐ろしいことで、この時点までこのホテルが1泊5万円越えのの超高級ホテルとはしらなんだのである。だって泊まったこともないし、今までの人生で一切関係がない場だったからねえ。

とあれ最高級ホテルのバーラウンジやロビーは素晴らしく美しく。
特に盆栽の凛として孤高な美しさにいたく心を打たれたのでありました。

| | コメント (0)


世界最古のエレベーターがあるという東華菜館は、建物全体がまるで映画のセットのよう。
帰る前ひとしきり見学。美しい内装に鴨川の眺め。料理も結構良いし、今度は屋上のビアガーデンに来てもいいなあー。(おひとりでってのは微妙だけどね。)

| | コメント (4)


こういう人たちが沢山居るだろうと勝手に思っていたのだけれど。

でもよく考えたら、衣装もメイクもかつらもただじゃないもんね。ポツリポツリと数えるほどしか居なかった。

それにしても昔はちょんまげしてたら全部『武士』に見えたけれど。最近は、『あきんど』だとか『浪人風』とか『偉いお侍』とかわかるようになった。時代劇大好き歴かれこれ10年。ドラマに映画に浮世絵にと色々見まくったからなあ。
次回は日光江戸村に行ってみるとするか。交通費も太秦よりずーっと安いもんね。

| | コメント (0)


ようやくなかに入るとそこはまさに江戸時代。おおー!気分あがりますねー。

が、しかし。
昔の扮装をした人が全然いない!

| | コメント (0)


電車乗って太秦へ。

今回の旅の目的、それはGWに参加した増上寺向源でもらったチラシ、『太秦江戸酒場』という企画に参加することであった。
映画村のセットに京の老舗が店舗を出したり という内容で、もうチラシ見た瞬間から行きたくて頭一杯。
友達二人を誘ってやってきたのである。

がしかし、Webチケットを買っているのに入り口で30分も待たされ、のっけからオペレーションもシロートっぽさ満載。なんか嫌な予感。。

| | コメント (0)


イベントそのものはすごく期待はずれだったんだけど。

でも友達と行くと、がっかりの量が減って、楽しいが増えるね。結婚とか夫婦ってのもおんなじなのかもしれないな

なんてことを、鬼平のエンディングまんまの風景を見ながら考えていたのでありました。

| | コメント (0)


建物の中では調理は出来ないので、おべんと形式のご飯が中心。数が少なくてちょっと高い。あと、食べるスペースがないのでその辺のベンチでたべたら、暗くてなんだか闇鍋みたい。

とあれさすが関西。だし巻きはすばらしく美味しく、みんなで感動。

| | コメント (0)


四条木屋町のバーで一服。
あー、つかれたー。ビールがしみる。
中途半端に食べちゃったから、何だかすごくツマミをオーダーしたい気分だったんだけど、二人ともかなり真剣なダイエット中で軽く却下。持つべきものは意思の固い友人である。

友達(男子)は一人知恩院の宿坊泊なので門限が23時、早めお開きでホテルに戻った。

| | コメント (0)

2015年5月29日 (金)

まこもだけのおでん


ファーマーズチキンがあまりに美味しかったので、昼再訪。今日はサンドイッチにしてみたが、あまりのボリュームに驚愕。(でも食べた。)

| | コメント (0)


何となくご飯作る気になれず、田町のうとらさんに寄って帰った。

今日のおでんは、豆腐とまこもたけ
蓴菜の茶碗蒸し
蒲鉾と小さい煮物(お通し)

まこもたけが歯触り、香りともにとても良い。そういえば去年の夏、伊勢原の直売所で見かけた。私は焼いてからオリーブオイルと塩でいただいた。
何はともあれ、昼が昼だけに軽めのつまみが肝要な夜でした。

| | コメント (0)

2015年5月28日 (木)


食べすぎの解消に少し散歩しながら帰る。緑道の木が1本伐られていて、それを見たら農大の先生の言葉を思い出した。
昔の人はこういう木の切り方をしなかったそうだ。根元ぎりぎりで伐る。するとひこばえが脇から出てきて、それが伸びて再び木となる。人里近い古い森に入ると、そうして何度も伐っては再生した木を見ることができるのである。

「こういう位置で切られると、出てきたひこばえは木として成長出来ないのです。伐る人は楽だけれど。文明は発達し、道具も斧からチェーンソーに進化したけれど。こういう大切な知識は継承されていない。」
先生の嘆きが聞こえてくるようだなあー。

| | コメント (0)


久々の肉肉気分を満たすべく、また一人焼き肉。タン塩、カルビ、キムチ。ナムルはちょっと余計だったかな。野菜だという油断は良くないよくない。

| | コメント (0)

昼、カーボ 夜、肉気分


会社近くのお好み焼きやさんでランチ。
『+ご飯』という選択肢があり、みんなでたのんでみた。噂には聞いていたが、粉モンにご飯初体験。

| | コメント (0)

2015年5月27日 (水)


店を出て、ぶらぶら歩きながら空を撮った。
新しいスマホのカメラは、ちょっと独特の色合いに撮れるなあ。

| | コメント (0)

食欲を駆り立てる何か


新東京ビル地下のレストランにて、15年くらい前の部下がアレンジしてくれた宴席。

参加者ブラインドになっていて、行くまでも楽しみ、会ってまたびっくり楽しい会。

20代から40代までそれぞれのわたしを知っていて、しかもバラバラに知っていたけれど、今なにかで繋がっている方たちと飲むと、しみじみと人のご縁の不思議さを感じてしまうのだ。

| | コメント (0)


よく、心の闇って言うけれど。

最近お酒を飲んでいると、ある時点でカチッと食欲スイッチが入ってしまい、ものすごく食べてしまう。

『今』の自分の中にすごく乗り越えがたい葛藤のようなものが、わたしを大食いに駆り立てている。それは人生に対する問いのようなものだと、最近思うのであります。

でもあんなに食べたあとの、自分の中のなにかモヤモヤしたものの解消手段が、有楽町の駅そば屋の焼きそばだってのは、何とも間抜けな『人生への問い』だよね。

| | コメント (0)

2015年5月26日 (火)


焼き空豆
自家製沢庵と半白きゅうりのぬか漬け
ロールキャベツ
薄切り肉をほんのいいわけ程度に巻き込んだロールキャベツ。中身の大半はキャベツなんだけど。
最近の自分のうち飯のたんぱく質摂取量はこの程度で十分なんだよね。

| | コメント (0)


ガパオ パクチー増量。
芝商店街のタイ料理を試してみた。
まんまタイの路上みたいなお店で、座っていると旅行にでも行ってる気分になるお店なんだけど。そんなところでネクタイ姿のチームメンバーと仕事の話なんかしながらご飯食べてるとすごく不思議な気分。

| | コメント (0)

平時の肉の必要量


芍薬が見事に開きました。

母の遺影に花いちりん を欠かさずなんだけど。
毎回花を選ぶのがとても楽しみです。

| | コメント (2)

番外編 : 笑うねこ


久々に平日れんちゃんで早く帰ってきたのでちょっとご機嫌なおぼ。
笑っとります。

| | コメント (0)


1号も笑っとります。ちなみに2号はソファーで寝そべるわたしに添い寝。
こんなにみんなが嬉しいんなら、もっと早くに帰ってあげなきゃね。

| | コメント (0)

2015年5月25日 (月)


午後打合せで、同じ部内の立川の拠点を訪問した。
なんと15年前千葉で営業していたとき、貴重な大型案件攻略でお世話になった人に再会。いい感じに歳をとっている姿を見ると、彼が地味ながらよい人生を歩んできた姿が垣間見れて嬉しい。

打合せしたメンバーみんなと近くの居酒屋で軽く飲む。
ちょっと郊外に出るだけで本当飲食費は安くなるよね。つまりは東京では家賃を飲んでいるのだと思った。

| | コメント (0)

ジューシーチキンでランチ


田町のファーマーズチキンにて。ロテサリーチキン クォーター、ご飯なし。

ここ、美味しいんですよと教えてもらっていたカウンターだけのチキンのお店を試す。
いつも人気で早めに行かないと食べられないのがよくわかった。

ハーブがしっかり効いていて、ぱりっとしてジューシー。
鶏の肉質もとてもよい。健康な鶏肉だ。さいしょはナイフとフォークで食べてたけど、最後は手で持ってきれいに平らげた。
サンドイッチなんかもあるので、また来てみよう。

| | コメント (0)

2015年5月24日 (日)

のんびり贅沢な誕生日


お誕生日の朝、久しぶりにご飯を炊いて、菜飯にした。シンプルうまい。

| | コメント (3)


最近公私ともに、TODOリストとIN BOXが満杯みたいな状態がずーっと続いているので、何よりの贅沢が『なにもしない休日』だ。

だから本当に久々に、だらーっとソファーに寝そべって猫なでて至福の時を過ごした。

お昼は蕗の葉のめはり。ちょっとほろ苦くて、私の春限定のご馳走。

| | コメント (0)


夜は但馬の田中さんの放牧牛のステーキにした。
横着してグリラーを使わなかったので、焼き目はイマイチ。
大好きなサバラン食ってご機嫌。のんびりぜいたくな1日でした。

| | コメント (0)

2015年5月23日 (土)

かき揚げ3種


午前農業クラブ、午後伊勢原と、畑ダブルヘッダーをやって晩ごはん。→ クリック

かき揚げ3種(玉ねぎと空豆、間引き人参、新ごぼう、ごぼうの葉)
畑レタスのサラダ

写真を見返して、2つの畑の違いにびっくりする。伊勢原は実験中で、無肥料でシロートだから野菜も貧弱だし、お隣のプロの農家さんから見たら「なーにやってんだかなあー。。」な畑なんだけど、なんとなくそこにいるだけで心休まるのだ。

酔ってココロは大山のふもとの畑に飛んでいる、そんな夜です。

| | コメント (0)

2015年5月22日 (金)

開発がもたらすもの


@市ヶ谷のしがない中華屋で、ジャンボ餃子&ビール。メンマ、すげえ不味い。。餃子もいま二歩。金曜日の女の晩メシとしてはちょっと終わってる感がプンプンだ。

今日はJAICAでラオス文化研究会の[ラオスと川と暮らし]というお話会に参加しました。

メコンの支流が沢山流れるラオスでは、昔から人々は豊富な川魚の恵みの恩恵を受け生活してきました。川には竜が住んでいると思われていたり溺れ死んだ男の生まれ変わりと信じられているイルカが居たり。

母子家庭や老人世帯には漁師が魚をただで上げて、社会保障の仕組みもできていたり。

でもダムの建設で、メコンを回游する生態の魚は分断されただけでなく、雨季の急流が産卵のきっかけになってきた魚の生理は乱れ、魚は激減。まともな環境アセスもなしに建設したダムの影響で、人々は川で生計を立てられなくなり、崩壊する村とかもでてきている。(それなのにまだ60数個のダムの建設が予定されている。)

外貨獲得のためラオスにはダムを作って売電するしかないって長年働きかけてきた世界銀行とか。それにのっかる日本政府とか。でも私なんぞがたまの一張羅だとクロエで服買うカネも、回り回ってこんな『国家的銭稼ぎ』のカネが混ざっていそうだし。

そんな国々にあおられ投資したダムで売電して仮に外貨獲得しても村民にカネは回らず、牧歌的な生活環境から追いたてられる人たちを見ていたら、『明らかに加害者側の世界に属しているのに、勉強するだけで何も出来ない自分』にがっかりして、一人寂しくギョーザ食う夜なのでありました。

昭和時代日本中でもくさるほど聞いたような話だけど、日本と違ってラオスは売電だけじゃ豊かにはなれないし。そもそも『豊か』って何なんだろね。

| | コメント (0)

2015年5月20日 (水)

再会


28年ほど前、前橋に転勤した時の上司と元同僚と、京橋の美々卯で再会の一献。

若い頃から独立精神が旺盛な方で、私が前橋から東京に戻った少し後に退職された。そのあと色んな会社を立ち上げては駄目になり。。を繰り返してきたことを風の噂でも聞いていた。

また新しい仕事を立ち上げたそうである。その話を生き生きと話す姿を見ていると、活力に溢れて、20数年おそらく相当の修羅場を見てきたであろう苦労が作る影は微塵も感じられず。
どんなことがあっても支援する人(しかも結構すごい人)に恵まれやって来た姿にちょっと感動した。

世間から見たら小さな会社で、あのまま起業などしなければ部長とかなれたのにと言う人もあろうが。
この人にはそんなことより今の生き方が最高に合っているのだ。こういう人生もアリ だなあー、いや、人それぞれに『その人にとってアリ』な生き方があるのだ。 などなど感慨に耽った。

奥さまもずっと一緒。何事があってもお金がなくなっても動ぜず、マイペースでまさに『楽天的二人三脚』でいらしたそうで。手土産に持っていったお菓子、楽しんでくれたら良いなと思った。

さて振り返ると私は果たして『私にとってアリ』な人生を歩んでいるのかな。今までは大体そうだ。ではこれからはどうだろう。

| | コメント (0)

2015年5月19日 (火)

保護犬のいるレストラン


会議のあと、チーム懇親会。芝公園近くの美味しいカレーランチの店が、夜すごくお得コースをやっているとのことで試してみた。

噂にたがわぬ美味しい料理の数々。
ランチで出てくるスパイシーなカレーが〆に出て、ちょっと食べ過ぎてしまった。やはり安くてほんとに美味しいものを食べようと思ったら、大きなビルの豪華な内装のお店やチェーンではなくて、こんな風な街の小さな個人商店が良いものですね。

| | コメント (0)


ところでこのレストランには、入口にはベビーカーに乗ったわんこ、中にもわんこがいてお客さんに愛嬌をふりまいている。

お聞きするとどの子も保護犬で、パピーミルなどから脱出してきた子だったりするそうだ。
その活動は私もやりたいと常々思っているのだけれど、物理的にもう割ける時間が全くなく、たまに寄付する程度である。

でもこんな風に幸せを掴んだわんこに会えるのもまた嬉しい。またわんこに会いに、ここに来てみようと思った。

| | コメント (0)

2015年5月17日 (日)


今日は素晴らしいお天気だった。空気が乾いて晴れた空の下を歩くと、吹き抜ける風が最高に爽やか。

午後、クロエのブティックに服を買いに行った。ブランドものの服もバッグも持たない私は、高級ブランド店に『買う気』で入るのは初めてだ。

母の遺品の中にあった少し古いクロエのジャケットをもらってきた。試しに来てみると、着心地、縫製の良さ、そして体型を美しく見せるカッティングの素晴らしさに驚いたのである。

たまの贅沢でこの美しさを身にまとうのも良いのではないかとも思い、意を決してお店に入ってみた。

ブラウスとかパンツとか、素敵だなーと値段を見て、「ひー!おかーさーん!」と思ったけれど。でも今日は『買う気』だもんねとカットソーとジャケットを買った。鏡に映るおめかしして嬉しそうな自分は、『服に着られてる』感じもなく、とても自然だ。

何よりちょっと高価で素敵な服が似合った自分が嬉しくて、明るいうちから晩酌を開始したのである。

空豆とラディッシュバター、今日の空の色ような缶ビール。おいしいわあー。一張羅に乾杯!の夕げです。

| | コメント (0)

一張羅に乾杯


カステラとアメリカンチェリー。
今日は畑もないし、午前中はリラックスして家事にいそしむ。

| | コメント (0)


ひとしきり飲んだあと、久しぶりに『米とおみおつけ』の晩ごはんにした。
夜の炭水化物もまた明るいうちだからオッケーとします。

| | コメント (0)

2015年5月16日 (土)

番外編 : がんこじじい


外耳炎が悪化してここ数日すごくつらそうだったおぼっちゃまくん。

週末を待ちかねて病院に連れていこうとキャリーバッグに入れて背負った瞬間。

「ジャー。。」とオシッコしてしまった。

ぎゃー!
逆カチカチ山状態でお風呂場直行。

はあ~。。こんなことする子じゃなかったのにねえ。。
当年とって15歳。さいきんおぼの頑固さに拍車がかかっております。

| | コメント (0)

二子玉川の大変化


午後、とっても久しぶりに二子玉川園に行った。20代から30代は定番の散歩と買い物場所だったのであるけれど。

遊園地がある側を散歩しようとしたら、ばかでかいショッピングセンターが出来ていて心底驚いた。駅から遊園地に向かう景色は、ユーミンの『観覧車』に歌われた通りちょっとひなびてとても好きだったのだけれど。

最近街の変化の凄まじさに、ついていけない自分を発見する度、老いたのかなあと少し不安になったりするのです。

| | コメント (0)


アスパラガスとかつおのお刺身と。
アスパラにポーチドエッグをのせようとしたのだけれど。
実は1度も成功したことがない料理はやはり今日もうまくいかない。。    ということで、ぐちゃぐちゃ卵のせになってしまったのよね。とほほ。

| | コメント (0)


右奥にあった物体の正体は未熟な大根の種子。
茹でて何種類かのタレに漬けました。本日は出汁醤油。

| | コメント (0)

2015年5月14日 (木)

お茶のあるひととき


少し早起きして新茶をいれてみた。

母が居なくなって美味しいお茶をいれてくれる人がいなくなってしまった。
母が買っていたお茶やさんで新茶を買い、母がいれていた手つき、温度、時間を思い出しながらゆったりした気持ちでいれたら、母のお茶になった。

ひととき、こんな時間を持つのも良いですね。たまには緑茶を楽しむ時間を持つとしましょうか。

| | コメント (0)


今日は調整メシ。豪華なご飯のあとのこんな晩ごはんも大好きです。

| | コメント (0)

2015年5月13日 (水)

素敵な食事、豊かな気持ち


 今日は昔の顧客に会食にお誘い頂く。赤坂のセレブール
でホワイトアスパラを頂くのである。

空輸されたホワイトアスパラ、居酒屋専門なワタシは実はちゃんとしたのを食べるのはこの会食でのみだ。
ワインと素敵な料理の数々を頂きながら、もういい年齢なんだし、とっておきの時に行くこういうお店を持った方が人生は楽しいよね、きっと。

| | コメント (0)

2015年5月11日 (月)

休み明けのボケ老人


筍の姫皮のおすまし
いちご

さあ、連休気分もおしまい。今日から夏休みまで全力投球です。
頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)


するめの醤油漬け焼き
青菜の酢味噌あえ
板わさ
たけのこと蕗の煮物

最近休日は休日の事で全力投球なので。
だから長い休み明けは自分でも驚くほど仕事の事すっかりまるまる忘れて、まるでボケ老人状態だ。なんか相談されて初めて「あー。。そうだっけ?」となる。(朝、勇んで行ったわりにダメダメである。)
みなさん、データ復帰までもうしばらく待ってくだされ。

| | コメント (0)

2015年5月10日 (日)

1年後の母の日


ひじき煮
畑の菜っ葉の煮浸し
かまぼこと焼売
むかごの唐揚げトリュフ塩
畑のエシャロット

今日は母の日だったね。
去年のことを思い出しながら晩ごはん。母とごはん食べたのだ。1年後自分がこの世にいないなんて、母は思いもしなかったはずだ。
同様に私の命の保証もない。だから毎日心してそして楽しんで生きなければ勿体ない。そんなことを考えていた。

| | コメント (0)


連休初日に干した筍、カラッと仕上がりました。
部位別に小袋にいれて収納。あんなにたくさんの筍が、手のひらに乗るくらいになって、しかも何年ももつのだから、干し筍はなかなか優秀な保存食である。

| | コメント (0)

2015年5月 9日 (土)

餃子気分


土佐文旦で朝ごはん。今日は午後出掛けるので畑もお休みした。
土曜の朝のんびりできるのって、しあわせ。

| | コメント (0)


残り物の菜っ葉と葱で焼きそば。野菜はもう少し生に近い方が美味しいはず。

| | コメント (0)


食後、マシュマロを食べたら東陽町に。午後は自然栽培のセミナーに参加。伊勢原の畑は無肥料無農薬で実験中なので。
色々トリビアな知識を仕入れる。もう少し早く知っていたら今年の種蒔きに活かせたんだけどね。畑仕事って改善の実験が1年後になっていまうところが大変。春蒔きの野菜だと5年で5回しかできない。そして毎年毎年日照も温度も雨量も違う。だから熟練になるには大変なのである。

| | コメント (0)


セミナーが終わり外に出ると丁度ビールタイム。何やらとても餃子気分だ。こういう時はごく普通の町の中華やさんに限るなと、門前仲町交差点近くの昭和な中華に入る。
これは大当たりだったのだけど、追加でたのんだ海老と豆腐のうま煮は、想像と全然違うだけでなく野菜度ゼロで失敗だったけど。
ラーメンも昔ながらで美味しそうで再訪したい。

お店を出るがまだ餃子気分。ネットで探すと、近くに人気のお見せがあるようなので行ってみると、大勢の宴会が入り口を陣取って中に入れない。

面倒なので駅前の大阪王将に入った。やっすい。
大阪王将だけ食べてればそれなりに美味しいんだろうけれど、やはりセントラルキッチンで作るのと町の中華やとは微妙に違い、2枚目の餃子は今一つだったのである。

| | コメント (0)

2015年5月 8日 (金)


今年の連休はお得感満載だ。2日行ったらまた休み。解放感のなかの金曜のごはん。

焼き空豆
するめの醤油漬け
ピーマン、きくらげ、ベーコン、卵の炒めたの

| | コメント (0)

連休の続き


浜松町で打ち合わせのあと、ハマサイトのまるやでとんかつ。
新橋駅前ビルのまるやと同じお店だと思うんだけど、肉がちょっと貧弱で残念な感じ。

| | コメント (0)


玉こんにゃくの煮物でもう一杯。
これ大好きで、結局一袋分全部お代わりして食べちゃうんだよね。

| | コメント (0)

2015年5月 7日 (木)


虎ノ門の大串で一杯。ほぼ1年ぶりくらいかな。ようやくおやっさんとおかあさんに、母が亡くなったことを泣かずに言える気がしたので。

今日は弟に届け物があったので、夜実家に寄って帰った。亡くなってから平日の夜に行くのは初めてだ。
一人でいるテンちゃんと泥棒避けのため弟が電気をつけてある。
以前と何一つかわらぬ様子を見たら、「ただいま。」とあけると母が出てきそうな気がして思わずぐっと来るものがあった。

| | コメント (2)

2015年5月 6日 (水)

貴重な連休最終日


今朝もお雑煮で朝ごはん。まだ風邪が抜けきらず、この連休は風邪と共にあった。の割にはよく遊んだが。

連休中やりたかったことを棚卸し。食べながら今日の貴重な1日に、どれやるか思案中。

| | コメント (0)


あ!れんこ鯛の笹漬け作ったのに食べるの忘れてた!
と味見。

なかなか上手にできました。今度作ったら小さいお寿司にしてみようかな。

| | コメント (0)


ヨコイのパスタソース使ってあんかけスパ、ミラカン風。そりゃあ名古屋で食べる方がずっと美味しいけどね。本物はパスタをたくさんの油で炒めるので、自宅で食べるのは安心安心。

と、ロメスパで使うようなヨコイのぶっとい麺をもぐもぐ。(この麺でナポリタン作るとまたウマイのよね。)

| | コメント (0)


おやつにショートケーキ。
ショートケーキって欧米にはないって聞くんだけど。もしほんとなら、日本人が発明したお菓子としては、なかなかの優れモンだと思うなあ。ショートケーキのないケーキ屋さんってちょっとさみしいもんね。 

| | コメント (0)


明るいうちにビールでも。。と、キュウリの浅漬けをつまみに飲み始めたら、ちゃんとご飯にしたくなりそのまま夕げに突入。天然たらの芽とかを天ぷらに。カラフルなトマトはマリネサラダに。鯖のみりん干しも焼く。

これで済ませば良いのに、焼きそばなぞ追加。

3月の異動人事からずっと楽しみにしていたゴールデンウィークが終わってしまった。次の連休は7月かあー。。長いねえ。

| | コメント (0)

2015年5月 5日 (火)

菖蒲湯のしあわせ


TVで三丁目の夕日'64を見て懐かしくなり、ゆうべは本編と続編も借りてきて一気見した。

この映画は制作者の一人が私の実家の裏に住んでいたということで、映画の舞台はまさに実家付近がモデルになっているのであるが。

改めて本編を見直すと、小雪がやっていた小料理屋が実家の裏、その人が住んでいた隣という設定になっているのに気がついた。

あー、こんな話かーちゃんとしたかったなあー。。

ということで、休養しようと思っていたのだけど、墓参りに行ってきまーす!
(関係ないですが、家電にお金をかけるのが激しくムダ という価値観の私は、未だブラウン管TV、しかも懐かしのテレビデオなんです。)

| | コメント (0)


毎年のお楽しみ、菖蒲湯にゆっくりつかる。菖蒲の葉を折ると立ち上る香りが大好きだ。
楽しみにしていた連休もあと一日かあ。やりたかったことの半分くらいしか出来ておらずちょっと焦るなあ。

| | コメント (0)


なんとも爽やかな夕暮れに駅まで帰ってくると、ちょっと外食気分になった。

お墓参りも行ったし、自分にうなぎ、おごっちゃう♪?とうなぎやに。
茶碗蒸しと美味しいおつけものも頂き幸せ。

| | コメント (0)

2015年5月 4日 (月)

豚の縁つながり


朝、Nobrinさんが最近マイブームになっているというホットサラダを頂く。
ポーチドエッグは苦手だし緩めの半熟卵でと思ったら、ものすごく皮が剥きにくくて汚くなっちゃった。
でもこれ、いいなあ。野菜を美味しく頂く業ですね。

| | コメント (0)


中目黒のことことのひろみさんに、連休に友達で美味しい豚を食べる会をやるので来ませんか?と誘っていただいていた。
二つ返事で飛んでいく。

お店の大きなテーブルには美味しそうな料理がたくさん。わーい!気分が上がります。

手前のトマトみたいなの、実はビーツ。奥のおにぎりは、それとわからぬほどの味わいで梅で味付けし、茗荷と胡麻がたくさんいれたもの。これ、真似してみよう!

| | コメント (0)


のんびりの家事のあと、お昼はおにぎり定食にした。
水蕗の葉のめはりは、ちょっと苦くて、私の春のごちそうです。

| | コメント (0)


メインは仙台は名取の養豚業高橋さんの有難豚のスペアリブだ。
塩麹と醤油麹の二種類で、すごい迫力の肉。でもこの豚は本当に美味しい。皆でその美味しさに感動しながら、私はみっともないくらいがっつり頂いた。

名取の高橋さんの事を知ったのは震災の数年前。放牧されている豚をTVで見てあまりの可愛らしさに感動したとともに、放牧養豚があることに驚き、『いつか訪問したい先』リストに加えていたのである。

震災後調べてホームページにたどりつくと、酷い被害を受けていたこと、再興のためにマイファーマーで支援を集めていることを知り、わずかながら参加した。

ある時ことことのひろみさんが、世田谷の放牧豚を店で使っている事を知り、あの憧れの名取の養豚業者さんの豚が東京に来ていることを知ったのである。

世の中ってみんなつながっている。思いを同じくする人とは必ず廻り合い通じ会うのではないかと、そんなことを考えながらかぶりついていた。

| | コメント (0)


今日の料理は、ひろみさんとお友だちのフランス料理家の渡辺さんが作られた。だからプロのビシッとした味付けで、『家庭料理のようなプロの料理』だ。幸せー。

持ちよりのワインもとても美味しい。
初めて会う人ばかりだけどみんなすっかり打ち解けて大いに食べ大いに笑う。

| | コメント (0)


キウイとミントのシャーベットを頂いて2時前に私はお先に失礼した。皆さん4時まで飲んでいたそうである。すごいなあー!

それにしても、熱を出してから連日ハードに外出を組んでいて、もうしんどいを越えて倒れる寸前でベッドにたどり着いたのであります。
明日はのんびりできるかな。

| | コメント (0)

2015年5月 3日 (日)

番外編 : 寄り添う2匹


夜の猫。
具合が悪いおぼに寄り添う1号。

手とか足とかくっつけあって、お幸せそうなことでございますなあー。

| | コメント (0)

番外編 : みえているねこ


母の看護をしているときに、たくさん怖い思いをした私。霊媒師さんに『憑かれやすいタイプ』と言われていたのであるが。(そんな時にそんな人に会っていた私も私だが、まあそれは置くとして)

実は薄々気づいていた。何故ならお寺やお墓に行くとたいていおぼっちゃまくんの具合が悪くなり、猫たちがあらぬ方を凝視しはじめるからである。

今日も寺フェス、昨日も徳川墓所見学してきた私は、霊系ダブル。私的幽霊警報大発令中である。

して今宵。吐きまくるおぼ。玄関方向をずーっと凝視しっぱなしの2号。

ねえねえ、なんかいる。。?

「え?みえにゃいの?」

ひー。。。(涙)やめてやめてー。。

| | コメント (0)


お昼は小松菜でお雑煮。とにかく暖かいもので喉を労ろう。

食後同じフロアに越してきた女性が、引っ越し挨拶で下さったお菓子を頂く。パッケージ可愛くて、ちょっとした手土産に良いな。お店をチェックした。

その部屋の前の住人は長らく恐らく不倫の恋をしていた。あまり話はしたことがなかったけれど、いつも夜になると帰っていく彼氏(と言っても相当年輩だけれど)をよく見かけたものであった。

最近朝や土日に見かけるようになったので、事態に変化でもあったかな思っていたら。管理会社の人が「結婚されて戸建てに引っ越したそうですよ。」と言っていたので、私の勘が当たっていたことがわかった。

それにしても、大して話すわけでもなく。日頃人の事にさしたる興味も持たない私でもこんなことを考えたりわかったりしてしまうのだから。
かしましいご近所さんがいたら結構めんどくさそうだねえ。

| | コメント (0)

今日も寺フェス


れんこ鯛をおろして笹漬けにしたので、あら汁を作った。あら汁にあまりごちゃごちゃ入れるのは好まないが、残り物の菜っぱと筍の姫皮をいれた。
痛む喉にしみる味。

| | コメント (0)


今日も夕方から増上寺の寺フェス向源に行く。姿勢矯正とお灸のワークショップ。
手首のツボにお灸をしたら、肩がぐーんと開いたのですごくびっくりした。

| | コメント (0)


伊勢原の直売所で買ってきた筍を茹でておいた。食べきれない分は干し筍にしましょうか。

色んな形に切ったあと、今マンションの大規模修繕中でベランダが埃っぽいからお風呂場に吊るした。
カビがはえるまえにカラっと乾きますように。

| | コメント (0)


寺フェスはすごく盛況で楽しかった。オープンエリアでジャズかなにかやるみたいでちょっと聞きたかったけれど、買い物もしたいので増上寺をあとにした。

この古い門、明治時代に廃仏毀釈の嵐が吹き荒れたとき、寺の敷地の真ん中にあり『邪魔だから』とここに移設されたんだそうである。今や貴重な文化財だというのに。

とことん主義主張の変わり身の激しさは、日本人の特性なのか、はたまた人間とはそういうものなのか。

| | コメント (0)


芝パークタワーの横にある空中庭園を散歩して帰る。
沢山の薔薇が植えられていたけれど、薔薇は単品で植えるよりも他の植物と混植した方が素敵なんだけどね。
広がりのある空間は気持ち良いけれど、全体にまだこれからな庭といった感じ。

| | コメント (0)


麻布十番に寄って、ドーナツを買い食い。
商店街の外れにある地球人クラブという自然食品のお店は、母とわたしのお気に入りだった。忙しかったし一年ぶりだ。懐かしくて色々買い込みすぎて、両手一杯の荷物になった。

| | コメント (0)


今日の晩ごはん。

きゅうりの生姜漬け
サラダかぼちゃとトマト
鯖のみりん干し
そしてて控えめの酒。

| | コメント (0)

2015年5月 2日 (土)


夕方になる前に起き出して増上寺に向かう。今日明日とここで向源という寺フェスがあり、いくつかワークショップに予約していた。

到着すると慌てていたせいか、集合時間より40分も早く着いてしまった。
会場では京都まるごとマルシェというこれまた魅力的な屋台が出ていて。

ついふらふらと三日ぶりのビールと、猪のミートボールスープに手を出した。体調も相まってくらくらと回ります。

| | コメント (0)

お坊さんの案内で巡る増上寺


目が覚めた瞬間、昨日の外出を深く後悔。今日は近所の農業クラブで苗の定植なのである。

喉は痛いし体はだるい。しかし貴重な若い(当社比)労働力として働かなくっちゃ。
とり急ぎ畑まで飛んでいった。

作業が2/3位終わったあたりで、やはりしんどすぎることに気づき。
今日は夕方にこれまた楽しみにしていた行事があるし。これもキャンセルしたら悲しすぎるので、申し訳ないけれど早々においとました。

パンを買って帰って食べたらベッドに直行し暫し体を休めた。

| | コメント (0)


増上寺の入り口にある三解脱門は、戦火の焼失を免れた都内でも貴重な江戸の面影を残す建造物だ。
2層になった屋根は上の方がせりだしていて、はるか上から落ちてくる雨水で、敷石になんとまあるい穴が沢山開いていた。
数百年の雨垂れが石を貫くとはすごいなあ。

などなどの説明のあとは、いよいよ楽しみにしていた門に上がる。滅多に公開されない貴重なチャンスで、今日は熱があろうが辛かろうがどうしても参加したかったんだよね。

| | コメント (0)


16時45分に大殿前に集合。今日は『お坊さんの案内で巡る Deep in 増上寺』に参加する。

まずは夕方の勤行を見学。大きなお堂に響く心地よい倍音の世界に身を委ねる。
続いて構内を簡単に説明。大きな鐘楼は、大きすぎて運べないということで、戦争中の接収を免れたそうだ。
江戸時代には、この鐘の音で魚が逃げると、品川の漁師からクレームが入ったとか。ほんとかなあ。

その後三解脱門に向かう。

| | コメント (0)


次は経蔵を見学する。漆喰に守られ貴重なお経をおさめた蔵は三門と同じく空襲で燃え残った。扉を開けるとひんやりとした中に、輪蔵という回転する蔵があり、その中にありがたい一切経が納められている。これを回すと一切経を読んだのと同じ功徳が得られると言われてるそうだ。そんな馬鹿な。というか、昔も今も楽する言い訳に一生懸命な人達がいたんだなあー。

ということで、昔のひとの悪知恵にあやかって私も輪蔵を回した。ありがたやありがたや。

| | コメント (0)


三門に上がるとそこには、見事なは、釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されていた。知らずにこの下を幾度となく通っていたわけである。

江戸時代には三門は解放されていて、庶民も登って景色を楽しんでいたそうであるが。きっとそこからは美しい海が見えていたはずである。

| | コメント (0)


さいごは千躰子育て地蔵尊の前を通って、徳川家墓所を見学。こちらも普段は開けない葵の御門を通ってなかに入るのである。

なんだか大河ドラマ篤姫の影響か、家茂と見ると松田翔太が浮かんでしかたない。

しかしコンクリ造りで趣のない寺だと思っていた増上寺が、なかなか楽しい立派な東京名所であることを知った。
何だかフラフラするくらいしんどいけど、来てよかったなあ。

| | コメント (0)


入り口にある像がピースサインでみんなが功徳を得るのを見送っている。
オッケー?

| | コメント (0)


味芳斎に寄って牛皿とビールを食べて帰った。
本当は後輩と行こうと思っていたのだけれど、体調不良でキャンセルになった。
私も相当の体調不良なので、こんな時にこんな辛いもの大丈夫が少々心配であるが、まあ一応『薬膳料理』のお店だからよしとした。

| | コメント (0)


暮れなずむタワーをながめつ、夕げを頂きに向かいます。

このクラシックな建物はクレッセントというレストラン。子供だった頃はタワー下の聖アンデレ教会(同級生のお父さんが牧師さんだった。)で式を挙げて、ここで披露宴をするなんて格好いいなあと思っていた。そんなことを考えていたなんて、一体全体いつの間に人格が入れ替わってしまったんだ。その素直なココロのままだったら、今頃クレッセントではなくても嫁に行けていたかも知れぬのに。トホホ。

| | コメント (0)

2015年5月 1日 (金)


朝からおにぎりしか食べてないので、さすがにおなかがすいた。
帰り道伊勢原駅前で柏餅を買って運転しながら食べて小腹を満たした。ちょっと手がきたないけど、ま、葉っぱあるので許してくださいませ。

| | コメント (0)

酒抜きで始まるゴールデンウィーク


朝、目が覚めると熱は下がっていた。ばんざーい!と思って知人にメールしたのだけど。

まあさすがに昨日大熱出した翌日ということで、楽しみにしていた予定はキャンセルになった。がっくり。

恨めしいほどの良い天気を眺めながら午前中ベッドで本を読んだりスマホをダラダラ眺めたりしていたのであるが。

せっかくの有給、このまま家にいるのはあまりに勿体ない。農作業しなきゃいいよねと、2時過ぎから畑に出掛けた。→クリック

畑の野菜を眺めたり、のんびり散歩したり。それでやめておけば良いものを。
頂いていた竹を切って堆肥場所を作ったのが仇になり、夕方にはまた少し具合が悪くなった。

| | コメント (0)


やはり往復車とはいえ、体を動かしたのはちょっとこたえ。
買ってきた海苔巻きで酒抜き(まっとうな大人として至極当然であるが)晩ごはん。
予定通り決行していたら、やっぱり今ごろしんどかったんだろうな。残念だけど仕方ないか。

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »