« | トップページ | »

2015年2月14日 (土)

阿鼻叫喚の猫医者通い


今日は朝から猫医者。
実は昨日、おぼっちゃま君にすごい耳だれが出ているのを発見した。そして1号はどうもアレルギーのようで、やたら痒がっている。ついでに2号も連れていって、予防接種をしようと言うことになり。

まずは最大の難題、1号の捕獲である。叫びながら逃げ回る猫を追いかけ、なんとかキャリーバッグに押し込む。
おぼと2号はたいがいこの騒ぎで腰を抜かしているので簡単だ。

病院で1号は薬も飲ませられないので、嫌だけれどステロイド注射で様子見。アレルギー食に切り替えていこう。

おぼは耳の治療のあと血液検査をした。
驚いたことにあり得ないほど血糖値が高く、肝臓の数値も悪い。

「肝臓と糖尿って、併発すると人間でも危ない ですよね。。」
と青くなる私。

通院のストレスで血糖値が高くなることもあるから、尿検査してから治療方針考えましょうと言われて、一旦帰宅。

おぼもはや15歳。
我が家にも高齢化の波がやってきた。

|

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | »