« 生肉もりもり | トップページ | »

2015年1月11日 (日)

期待はずれの蚤の市

この時期のパリの夜明けは遅くて、朝8時過ぎ。
Dscf3147 Dscf3148
Dscf3151 Dscf3154_2
だから毎朝こんな夜明けの景色を見ながら出発となる。

今朝は地下鉄に乗って、
Dscf3155
乗り継いで、
Dscf3157_2



Port de Vanvesの駅に到着。ヴァンプの蚤の市に行くのだ。
Dscf3158
駅を降りてまごまごと地図を見ていたら、おじさんが「マルシェか?こっちだよ。」と連れて行ってくれた。
Dscf3159
まだ早いので人もまばら。
Dscf3160_2 Dscf3164
残念ながら私の好きな、陶器の良い皿は見つからなかった。全体に蚤の市っていうか、がらくた市って感じ。装飾の素敵なスプーンを3つだけ買った。
大工道具とか
Dscf3165
大きな甕とか欲しかったけどね。
Dscf3166

それにしても今日は寒い!足元からきりきりと寒さが上がってくる。靴を履いていないわんこは尚更らしく。。
Dscf3161
これ、歩いてるんじゃなくて、一本ずつ足を上げて寒さ避け中。
じゅうたんを見つけて、とことことやってきたけど、
Dscf3162
うー、さむさむっと顔をぶるぶるっとしたあと、また一本ずつ足を上げていた。

なんとなく空振りの蚤の市。市場でも行くかと、セーヴル・バビロヌのオーガニックの市場に行ってみた。
Dscf3170

小腹もすいたしなんか食べたい。
と思うと、市場に着くなり美味しそうな匂い。
Dscf3172 Dscf3173
焼チーズだ。列に並んでおとなしく順番を待っていると、東洋人の男性が二人ずかずかずかってやってきて、大きな一眼レフのカメラを鉄板に向けて無言でぱしゃしぱしゃっと写真を撮って無言で向こうに行った。よく見ると、行きの飛行機でお隣だった日本人男子二人だった。来てから去っていくまで数十秒のことなのだけど、なんだかものすごく彼らの行為はヘンに映った。少なくともお店の人ににっこり挨拶くらいはしようよ。
私も写真をよく撮るけど、気をつけようと思った。

さて、オーガニック市。野菜も肉もとっても新鮮で、買って帰って調理できたらなあー。。と悔しい思い。
人参は葉つきで売っているところが多い。
Dscf3174 Dscf3175
チコリ、美味しそう。ナッツは少し時期が過ぎているせいか、あまり売っていなかった。
Dscf3176 Dscf3178
卵やには雌鳥の人形。かぼちゃの横にあるのは大和芋ではないかと。。
Dscf3180 Dscf3179
肉屋さんがごりごりと太い骨を切っていた。ポトフに入れたりするんだよね。
Dscf3181 Dscf3182
肉は赤身中心でどーんと迫力満点だ。
日本のオーガニックマルシェは楽しいんだけど、肉と魚がないのが片手落ちなんじゃないかと思う。

|

« 生肉もりもり | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生肉もりもり | トップページ | »