« 野性のカン | トップページ | 夕暮れのパリ散歩でノックアウト »

2015年1月10日 (土)

夕食は控えめがよろし

朝出かけるときにホテル近くのレストランが見えた。
ロココみたいな(←よく知らんけど)の天井絵にシャンデリア。
Dscf2957 Dscf2958
行けっていわれたら別にびびらず行くけど、そんな場所でどんな顔して食ったらいいのかわからんしなあー。。大体おのれの人生においてそんなすごいフレンチなんて食べたことないから、味の評価もできない。

昼に入ったレストランとか、サンドイッチのサイズとかからそこはかとなく感じるのは、『庶民的な外食は量が多い』ということである。

なのでこの旅の外食は基本昼、カフェやビストロ、地元にいたら定食食べに行きそうなカジュアルなレストランに決めた。

夜はお惣菜とか軽く食べるとしよう。

今日の晩ごはんは、サックス・ブルトゥイユの市場で買ってきた
ローストチキン、トマトとパセリのサラダ、
Dscf3134 Dscf3135
ぶどうの葉で巻いたピラフ、軽い辛味のピメントにつめたチーズ。
Dscf3137 Dscf3136
皿やナイフやフォークは旅行荷物に定番で入っている。

ということで、食の都パリなんですが、「えー。。食べたのこれだけー?」って感じの旅なんであります。期待された方スミマセン。いい年して貧乏性なのかねえー。

|

« 野性のカン | トップページ | 夕暮れのパリ散歩でノックアウト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野性のカン | トップページ | 夕暮れのパリ散歩でノックアウト »