« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

年越し


今日は朝起きてすぐ実家に飛んで行き、家の回りの掃き掃除や、お墓の掃除。きちんとしてお正月を迎えたい。

そして今朝はテンちゃんのお世話は私が交代。ご飯のあとは一緒にお散歩。ここのメダカの水はテンも外猫たちもお気に入りだ。

母の外猫だったとらこは、普段はここいらのOLさんやタクシーの運転手さんたちに可愛がられて餌をもらっているが。金曜が御用納めでご贔屓が休みにはいったせいかご飯にありつけていないのか、山盛りカリカリを2杯食べていった。
とらちゃんも良いお年をね。

| | コメント (0)


昼過ぎに大慌てで自宅に飛んで帰り、ようやく自分の年越しの準備。。。

の前に腹ごしらえ。食べ過ぎて苦しい。

| | コメント (0)


バタバタガタガタ家事しているなか、ぐーぐー眠りこける猫。寝づらくないのかしら。

猫の手も借りたい時だというのに、お気楽でまあ羨ましいことである。

| | コメント (0)


テレビ見ながら、紅白を見ながら、掃除しながら、洗濯しながらお節の調理 というマルチタスクをこなして22時過ぎに全て完了!晩ごはんにありついた。

鳥南蛮そばを食べ年越し。はー。。お疲れさま。
母のお約束に乗っとれば、本当は鴨南蛮なんだけれどね。大阪出張での定番お土産、阪神百貨店鶏肉売り場の親鳥の冷凍したのを使ったら、煮込んでもスカスカにならず、皮もこりっとして美味しかった。

ところで大晦日のテレビで、なんというか、「あれ。ジャニーズって意外といいよね。特に嵐。」と思った私は、韓流とか氷川きよし派のおばさまたちと同じ階段を登っちゃったんでしょうかしら。いやんいやん。

| | コメント (0)


このサンキャッキャーは、昔の同僚から頂いたものだ。「りきまるさんの人生にたくさんの光が届きますように。」というメッセージとともに。

本当は窓に吊るすのだけど、地震が起きたらガラスで割れてしまいそうでここに置いている。それでもキラキラ輝く様は、みていてとても幸せな気持ちになる。

来年はどんな年になるんでしょうね。
巡り来る年月が私たちに、成長と安らぎと心の豊かさをもたらしてくれますように。

| | コメント (0)

2014年12月30日 (火)

仕事納め


母が亡くなってからの新しい習慣に『花を飾る』というのができた。
百合やチューリップ、ヒヤシンスなど、私の好きな花は猫には猛毒なものが多いので注意がいるのだけれど。

| | コメント (0)


三田の慶應東門前の中国飯店で野菜焼きそば。
会社周囲は完全にお休みとなり、毎年最終日はここでお昼が定番化している。

出社していたメンバーも午後は早退して里帰り。
私は4時から納会でいろんな人に挨拶をして、今年もおしまいです。

毎年思うけれど、よいお年をって本当によい言葉ですね。言った方も言われた方も幸せな気持ちになります。

| | コメント (0)


ようやく今年も仕事が終わり、越し方を振り返りつついつものお店で一杯。ポテサラウマイし。

それにしてもなんという1年だったんだろう。
仕事の面でも、この小さい部署で四人が異動で次々入れ替わった。(ある専門性も要求されるので、異動負荷は絶大だ。)
母とルーツを探る旅に出たり。実家のまゆちゃんが亡くなったり。そして母の癌発見。入院して亡くなって。

自分の周りを嵐がびゅーびゅー吹いていたような2014年という年を、生涯忘れることはないと思う。

そして嵐吹く中、『すくっとまっすぐ立っている自分』に気づいたのもこの年の収穫だった。母の死を通して、自分をはっきりと形作ることができたように思うのです。上手く言えないけれど。

私が再びあの世で母にまみえたとき、いい生き方をしたねと褒めてもらえるよう、強く、優しく、しなやかな大人の女に自分を育てていきたいと心から思っています。
焼鳥の写真つけて語ることじゃないかもしれないけどね。あはは。

| | コメント (0)

2014年12月29日 (月)

休日出勤気分


蕪のおみおつけ。寒い朝身体にしみわたる。

黒豆が柔らかく煮えたので、味を入れて朝のしたくをしながらことことと煮る。あとのお節は全く手付かずだけど、まあなんとかなるでしょう!

普通の会社は先週が御用納だったようで、町は休日出勤みたいな雰囲気だ。

| | コメント (0)


今週はもうこの辺りの店もみなお休みのようで、選択肢なく近くの中華やに。

麻婆は辛め追加を忘れちゃって、何だかボケた味。

| | コメント (0)


先日の黒大根の煮物
蒸し白菜
大和芋のとろろの磯辺まき

これで済んでいればほんとに太らないのだけれど。このあとのお家二次会(ナッツやらあれこれつまんで)が腹肉の蓄積を加速しています。(涙)

| | コメント (0)

2014年12月28日 (日)


買ってきたタンドリーチキン
蕪の葉のごま和え
京都のお揚げ焼き
間引き蕪

寒さと乾燥で蕪の葉がだいぶ痛んでいたけれど。汚いところを除いて茹でたら、想像とは真逆に柔らかく美味しかった。霜にあたった菜っぱはやはりウマイのである。

| | コメント (0)

畑につながる台所


今日は1日予定ぎっしり。
うどんかっこんで畑に向かう。→クリック
お節用に仕込んだ人参と牛蒡を収穫しないとね。
午後は実家とお墓の掃除。自宅は、自宅は。。。

まあなんとかなるさ!!

| | コメント (0)


畑仲間に頂いた大根。
金時と黒田五寸。金時はちょっと小さいね。蒔き時が遅かった。
これに牛蒡と大量の蕪があります。(牛蒡は叩きごぼうに調理ずみ)食卓に繋がる畑がある生活は楽しい。

| | コメント (0)


二転三転した実家のテンちゃんの処遇がようやく決着した。

下の弟が実家をそのまま事務所として借りる。そしてテンちゃんは、夏の入院騒動以来ずっと今でも朝晩きっちりお世話に通っている下の弟の猫になった。

最初は私が飼う予定だったが、長年自由に散歩してきたテンちゃんにマンション暮らしは無理だろうと言われた。

大屋さんの家で飼われても、この家が残っていればテンはお隣のここにいつもやって来るだろう。そして誰もいなくなったこの家を、テンがどんな気持ちで眺めるかと思うと苦しいと弟は言った。

私にしても、この家が残るのはこの上なく嬉しい。そこでお母さんの相続財産から、家賃光熱費含めたこの家の維持費の半分(×テンちゃんのいきるだろう年数分)の額を、テンちゃんに相続させることにした。(上の弟も同意。というか、上の弟が最初から、ここを事務所にしたらと言っていたのだ。)
私が作成中の我が家の遺産分割案のexcelシートに私たちの名前とならんで『テン』という列を追加した。ははは。

弟は結婚して嫁さんのマンションに住んでいるので、夜は帰ってしまう。それを考えるとちょっとかわいそうではあるけれど。

慣れ親しんだこの家で、裏にあるお母さんのお墓の番をしながら、余生を楽しんでもらいたいと思う。
テンちゃん、長生きしてね。

| | コメント (4)

その後、、、


ラブラブ仲間に入りたい2号、土遁の術で2匹を襲い中。

ビミョーな表情のおぼと1号。。

| | コメント (0)

番外編:悔しがるものたち


ソファに今年も毛布を敷いたら、おぼ&1号の愛の巣となってしまい悔しがる飼い主。(涙)

| | コメント (0)

2014年12月27日 (土)

飲みすぎの翌日


『飲んだ翌朝カメラをチェックして頭を抱える』

昔定番だったけれど、まさか齢53歳7か月にしてまた経験しようとは。。

うっすらと残る人のつけ麺食ってる記憶は、誰か夢だと言ってほしいのよー とFacebookに書き込むと、一緒にいた後輩から「本当です。私の麺食ってました。」とレスがあった。(涙)

| | コメント (0)


あー。。飲みすぎたー。。
ってより食い過ぎた昼に適切かは不明だが、お好み焼き。

実は紫キャベツで作った。大きな紫キャベツ半個を買ってしまい、そんなにサラダにもできないもんね。

| | コメント (0)


精進揚げ (山ごぼう、椎茸、椎茸の軸、スナップえんどう)
サラミ
紫キャベツのサラダ

精進揚げ、粉を変えたらイマイチな仕上がり。粉の味も気に入らない。前の粉がどこのだったか忘れちゃったんだよね。困った。

| | コメント (0)


今日はのんびり食材の始末。古くて少しふかふかしてしまったりんごを干したり(→クリック)、大阪で買ってきた黒大根を調理したり。

梅田の大丸の食品売り場と阪神百貨店の野菜売り場がお気に入り。出張の帰りちょっと食材を買いに立ち寄るのに良い。
今回は黒大根を買ってきた。売り場で聞くと、皮を剥いて普通に煮物にすると言われ、お揚げと炊いてみた。(これは後日味が十分しみてからいただいた。)

あとからネットで見たら、これヨーロッパの品種で、サラダに良いみたい。

| | コメント (0)


昨日もらったキクラゲ海苔
焼き椎茸
亀戸大根の漬け物→クリックが水が上がったので試食すると、いままで食べた大根の漬け物のなかでイチバンであった。売れる。いや、ほんとに。

今年蒔き時を逸していたのだけれど、2月に蒔いても大丈夫らしいので、春に自作の亀戸大根で漬け物をつくろう!

| | コメント (0)

2014年12月26日 (金)

のがみさんで忘年会


朝直行して横浜で打ち合わせ。今日はすごくいい天気で、富士山や海がピカピカ。今日は久々に楽しみにしている会食もあるので、こういう日の朝にこんなきれいな海を見ると気分もあがるなあ。

帰社してからドトールで急ぎランチ。

| | コメント (0)


今日は恒例の仲良し四人で忘年会@四ッ谷3丁目 すし処のがみにて。

母の一時帰宅のとき、実はのがみさんに折り詰めが出来るか聞いてみたのであるが。
基本的にはやっていないのと、丁度お休みと重なり断念した。

しかし大将はその事を気にされていた。心配させて申し訳ない。結果的には母は具合が悪くなり夕食はムダになったから、できなくて正解だったのである。

| | コメント (0)


お寿司に移行。
久しぶりののがみさんはやはり最高です。

| | コメント (0)


どーもこの日は酔っ払ったー。。と思ったのであるが。
カメラで振り返えれば(記憶に頼れないのが悲しいが。(;o;))、こんなに飲んじゃあ酔っぱらうよね。 である。

宮寒梅のラベルにあった『ここに春を呼ぶお酒』というキャッチがとても気に入った。来年は良い年になりますように。

| | コメント (0)


〆たはずの巻物のあと、またいかとか小肌とか食べちゃった。

しかも太巻きの作成中の写真を撮った記憶すらない。
いつか泥酔してのがみさんのカウンターから叩き出されないか。。そうなる前にみんな、止めてね。お願いします。(;o;)

| | コメント (0)

2014年12月25日 (木)

東スポの予言


月曜日、バスで帰ったとき隣に座っていたおばさんが置いていった東スポ。

とりあえずこの予言は外れて地球とお気楽なねことオレは生き残ったようである。ありがたいクリスマスの朝。

| | コメント (0)


午後から浜松町で研修なので、
駅ビルに入っているジャンカレーで激辛コールマンカレー。これ、お隣のパラタンで出しているのと同じなんですが、ちょっとだけパラタンよりやすいのですが。
やはりパラタンで食べる方が好きなんだよなあ。入っている野菜がちょっとちがうだけなんだけれどね。

| | コメント (0)


朝、塩辛と若芽のおみおつけ。寒い朝にしみますねー。

| | コメント (0)


クリスマスディナーは、
ラムステーキ
パプリカサラダ
スナップえんどうのオイルあえ
紫キャベツのサラダ

ラムはにんにくとローズマリーとオリーブオイルでマリネしておいたもの。
良いワインを開け、のんびり過ごす夜。

| | コメント (0)

2014年12月24日 (水)

番外編:ねこの開き


クリスマスイブ
大股びらきの
三毛猫や (字余り)

猫ってこんな寝方する生き物でしたっけね?(汗)

| | コメント (0)


昼、新大阪駅で買った鯖寿司を新幹線で食べる。さすがにこういうのものだとあまり添加物は色々は入っていないね。

でもふと思うのですが。
保存料 ソルビン酸って、振りかけてるの?鯖の漬け液に混ぜてるの?それとも寿司酢に混ぜてるの?

私はジャンクフードは好きだけどね。こういうところに書かれている添加物って、調理のどういう過程で混ぜこまれているのか具体的に想像すると、やっぱりおえってなっちゃうんだよね。だって自分でおべんと作るときはそんなものは混ぜないからね。

| | コメント (0)

お土産ディナー


朝、Nobrinさんのブログでみて、すごく惹かれた京橋の立ち食い蕎麦やに行こうと思っていたのであるが。ホテルを朝食付きで予約していた。

ということで、朝食ビュッフェに向かい、大盛のきつねそば、いや、こちらではたぬきそば? にした。

噂に聞く中国人観光客が沢山。ビュッフェには大きな看板のでた『中華料理』のコーナーもあった。

| | コメント (0)


世間的にはクリスマスイブですが。

鳥を焼くよりは買ってきた美味しい食材で晩ごはんにする。
湯豆腐、素晴らしく美味しい京都の豆腐
椎茸のバター焼きは肉厚で美味しい
錦で買った塩といかだけの塩辛
焼きくわい

水上勉の精進の本に出ていた焼きくわい。広島産の大きなくわいをじっくり焼いて試す。ほっくりしてほろ苦さものこって実にウマイ。

が。

食べている私は爪まで真っ黒で、クリスマスイブのおなごの手とは思えぬ風情なのである。。

| | コメント (0)


錦と大阪の阪神で買ってきた食材。
煮干し
山ごぼう
みがきにしん
七味唐辛子、一味唐辛子
れんこん
抜き型(梅)
ごまめ
昆布巻き用昆布
錫の京野菜箸置き

地味なことこの上ないお土産。でもこのごまめは近年稀に見る高品質。買う瞬間嬉しくてうきうきした。抜き型は錦市場に行く度に1つずつ買うことにしているものだ。

地味だけど嬉しくて、正月の支度が楽しみである。

| | コメント (0)

2014年12月23日 (火)

歳末の京都


朝ごはんは久々にご飯を炊いて卵かけごはん。

| | コメント (0)


朝早起きして掃除とか漬け物とか。
近くのスーパーで見向きもされず半値以下でたたき売られていた亀戸大根をまとめ買いしていた。4%の塩をすりこみ、3倍の重石を乗せて漬け込む。
前に仕込んでいた練馬大根の沢庵は、ふたが閉まらないので2つの容器に分割した。

| | コメント (0)


明日早朝会議に出席するため、昼から飛行機で関西入り。羽田で買ったカツサンドとビールで、空の上でお昼。
お約束の成分表を見ると、二行めから体に悪そうなもん満載だ。浅草のヨシカミがそんな商売するんかいな。。と思い良く見ると、製造者は日本エアポートデリカなる会社、ヨシカミはメニューと名義貸しのようである。

| | コメント (0)


京都に入りまずはお約束の錦市場に直行、年末の買い出し。観光用市場なのかもしれないけれど、何度行っても好きだ。

錦天満宮とか蛸薬師とか矢田地蔵尊とか。このごちゃごちゃした観光客満載の商店街周辺にお寺や神社が沢山あるのもまた良い。

寺町を北に、鳩居堂から錫の清課堂とかぶらぶら買い物。いつもおかきを買っていた昔ながらのお煎餅やさんが閉店していて、すごくショックだった。ああいうひっそりしたお店が残っているのは、さすが京都ならではだと思っていたので。

| | コメント (0)


さて、晩ごはんどうしよう。
いつもの木屋町のれんこんやさんは今日はお休み。お昼の定番、四条烏丸近くのうおすえもお休み。蛸薬師近くの蛸八は満席。
ぶらぶらしながら、ふと先斗町の路地奥にある、何年も前から気になっていた余志屋というお店に行ってみた。

満席だけれど、一時間であれば次の予約まで大丈夫ということで、ありがたくカウンターのはじっこの席に落ち着いた。

一皿が大きいものはハーフで出してくれて、一人酒にはとてもありがたい。
きずし
小芋煮
小芋煮の半分を空揚げにしてくれた。
かぶら蒸し
鴨焼き
サービスの黒糖シャーベットがかなり美味しかった。

などなど。
写真はないのだけれど、どれも丁寧な料理で、出すタイミングも、食べ終わりを見計らってばしっと出てくる手際の良さ。大将と板さんたちがキッチリプロの仕事だ。

カウンターにこのお店のメニューを惜しげもなく掲載した料理本があった。ネットで探したら絶版で高い古本しかなかったけれど、すごく欲しくて購入した。(鴨焼きの写真は本から拝借。)

勇気を出して来てみて良かったですと言うと、大将が名刺
下さった。次はちゃんと予約してきますねと言ってお店を出た。

| | コメント (0)


店を出て、先斗町から高瀬川を散歩。あー。。京都、やっぱり好きだなあー。錦とかこここいらとか、どうして母を連れてこなかったのか。。絶対気に入ったのに。

後悔は人生につきものだけれど、挽回できない後悔は心にしみるものである。

| | コメント (0)


大阪のホテルは、今回も梅田の新阪急にした。
チェックインしてメインバーでマティーニ。もう一杯飲みたいかなあーってとこでやめるのが、一番美味しいよねとここでやめておいた。

| | コメント (0)

2014年12月22日 (月)


スナップえんどうと葉セロリのサラダ
えのき茸のソテー
そして生ハム

うーん。。納得できる生ハム探しの旅が始まってしまった気がします。

| | コメント (2)

お宝入手


連休の谷間のランチは、三田の蕎麦やへ行く。鍋焼うどんは関西人が嫌悪する汁の黒いうどん。私にとっては昔の店屋物の懐かしい味。

| | コメント (0)


この前のお蔵だしで買おうとしたのだけれど、出品者の方が「やはり売りたくない。」となり諦めていた器。お店から連絡が入り、やはり手放されることになった。

ということで、ありがたく買わせていただく。憧れの李朝白磁、ついに手に入れました。微妙な歪みも美しく、そっと手に取り眺めています。

| | コメント (4)

2014年12月21日 (日)

番外編:床暖房の楽しみ


「ふぃー。。ゆかだんぼうってさいこうにきもちいいニャー。。」

化け猫2号、にんまり笑っています。

| | コメント (0)


またまた後輩から綺麗なお花を頂いた。

母の病室に花を飾らなかったことをずっと後悔していたのだ。(ご住職の奥さんが戒名に『華』の一文字を入れてと言うほど好きだったのに。)

花は枯れる。
枯れた花を母の前でごみに捨てるのが堪らなく感じたので。

でもあとから思うと、そんなこと気にせず飾ってあげればよかったのだと後悔した頃から、ぽつりぽつりとお花を頂くようになった。

冬なのでもちが良く、部屋にも遺影の回りにもずっと花が沢山。
きっと母がそれを見て楽しんでいるんじゃないかなと思っている。

| | コメント (0)

そして。。


「ぐー。。。」

ねちゃった。あはは。
床暖にくつろぐねこをながめるのも最高だね。

| | コメント (0)

2014年12月20日 (土)

はまりやすい性格


今日も浜松町の味芳斎の牛丼。まああれだな。つまりわたしゃ、はまりやすい性格なのだ。

食後はまた実家で遺品整理。独身時代の親父からの大量のラブレターを発見しほくそえんだ。書く方も書く方だが、とっとく方もなんですね。ごちそうさま。(^-^)

| | コメント (2)


ブラウンマッシュルームのオーブン焼き
スモークサーモン
クレソンのサラダ

母の遺品整理をしていて、ディアゴスティーニの鬼平犯科帳1巻めを見つけた。それを見て瞬く間に鬼平にはまり、Amazonで第一シリーズセットをどーんと大人買い。ま、今年は色々あったしね。(←なんの関係もないただの言い訳)

で、この土日はただもうひたすら鬼平を見まくっていた。何が感動って、ここに出てくる端役さんの東京弁に涙が出るほどの懐かしさなのである。子供の頃親戚で集まった時の、あの人この人を思い出す。

あと、誰か私に聞いてくれないかなあー。。
「りきまるさんの理想の男性像は?」

「火付け盗賊改方 長谷川平蔵です!」

って堂々答えるのにさ。

| | コメント (4)

2014年12月19日 (金)

買い物の言い訳


会社の近くにある小さなギャラリーで、時々古いものをお蔵だしするのを楽しみにしている。
このお蔵だしで食器を仕入れるようになって、その他の店で買うことがめっきり減った。

ということで、今年は色々あったし(←なんの関係もないただの言い訳)、がっちり好みの食器を仕込んだ。
趣味にあわなくなったものは、今度は私がお蔵だしをしないと収納できない。年があけたら家のみでもして、好みのものを持ってかえってもらおうかしら。

| | コメント (0)


里芋とひいかの煮物
スティックセニョールのサラダ
千枚漬け
刺し盛り
活動量計を買ったので、30分ほど歩いてからかえった。歩くのって気持ちいいね。

| | コメント (0)

2014年12月18日 (木)


夕方幕張で打ち合わせ。
日が落ちるのが早く、5時過ぎなのに外に出るともう真っ暗だ。
ビル前に光のトンネルのイルミネーションがあり、中を通ると何やら不思議な気持ちになる。むかーしのSF映画みたいな感じかな。

| | コメント (0)

独りの時間


昼は志な乃でけんちんそば。

ここのところ、どうも気力が湧かないというか、悲しい気持ちに覆われている。母が亡くなった直後より、染み込むような悲しさ。

明日の夜飲み会に誘われていたのだけど、アレンジしたり店を選んだり、そして楽しそうに飲む自信がなくて断ってしまった。

仕事の飲み会は割りきれるから楽なんだけどね。暫くは一人でじっとしている、そんな時なのかもしれません。

| | コメント (0)


凹んだときはやはり牛肉!
たっぷり二人分のすき焼きを作って食べた。

| | コメント (2)

2014年12月17日 (水)


蒸し白菜
スティックセニョールのサラダ
カスベの煮付け

昨夜の暴飲暴食を深く反省しながらの晩酌。何十年反省したら治るんじゃ、おのれは。

| | コメント (0)


鮪のさくが半額になっていたのを買ったので、自家製ツナを作った。
塩をして少し置いて、水分を拭き取ったら黒胡椒とローリエ(なくても良い)を入れた鍋で茹でる。
容器に移してオリーブオイルをかける。

以上。食べることにはまめな私である。

| | コメント (0)

2014年12月16日 (火)

泥酔パー子


部の忘年会は、キラリトギンザにあるパエリア専門店PAEZOに行った。

会社を出るときは大変な土砂降りで、バブルの頃の深夜の六本木かというほどタクシーがつかまらなかった。(古いな、私も。。)

コースはあえて頼まず個別に料理を注文。面倒だけどその方が好きだ。
写真はいまいち美味しそうに撮れていないけれど、どれもとても美味しい。
特に生ハムとパエリアは気に入って、己の中の生ハム熱に久々に火がついた感じ。

しかし飲み放題のワインをしたたか飲んで、次第に記憶がまばらに。。

| | コメント (0)


小人数で二次会。カメラに沢山写真が残っていて、自分が『酔っぱらった林家パー子』状態だったのに気付く。(ちなみに気づいたのは数日後。)

久々の銀座と、初めて入る『がんこ』がよほど嬉しかったとみえる。あー、やだやだ、ヨッパライって。(涙)

| | コメント (0)


こんなもの食べたのも、綺麗な花の写真を撮ったのも、みんな数日後カメラを見て思い出したのである。何なの、この壊れっぷりは。(涙)

| | コメント (0)


そして。。

更にこんなもんまでやっちまっていた。アジェンダがあった頃の定番、梯子のさんほんめん麺半分。

半分にする気遣いがあるなら食うな! と、正気の今、ヨッパライのパー子に強く言いたいのである。くっすん。

| | コメント (0)

2014年12月15日 (月)


セミナーの帰り、魚やさんですごく新鮮な『ひいか』と『ながらみ貝』を買った。
ひいかは里芋と煮て、ながらみ貝は塩ゆで。最近魚系の煮物が上手くなった気がする。

母の豆腐すくいを初めて使ったけれど、何度見ても惚れ惚れする細工にしっかりした作りだ。どこで入手したのか、今となっては知るよしもないのであるけれど。

| | コメント (0)

永遠のなぞ


神保町の駅近くの中華やで、チャーシューワンタン麺。

まだ私が学生だった頃、家族でよくこの辺りを散歩した。その時入ったことがあるなあと試してみたが。
店を2階3階まで拡張して、何だか昔の中華やさん的良さはなくなっていた。

| | コメント (0)

2014年12月14日 (日)

引きこもりの休日


朝からだらだら。
やる気も何もなく、昼にスガキヤの味噌煮込みうどん(インスタント)をだらだら食す。

母が亡くなる前、あんなに活動的な休日を送っていたあの自分は、『お暇をもらって』国にでも帰っていると思われる。お国ってどこだかしらないけれどね。

| | コメント (0)


今日は午後も引きこもって、散々先のばしにしていた餅米や小豆の脱穀という、地味ーな作業を黙々とやった。→クリック

買い物にも出ていなかったので、あるもので晩ごはん。
豚ロースの生姜焼き
長ねぎの焼きびたし
出汁をとった煮干しをごま油でかりっと焼いて、青ねぎと生姜、生醤油をちらっとかけたのが、なかなか良いつまみになった。

| | コメント (0)

2014年12月13日 (土)

番外編:まったりねこと朝寝坊


寒い朝、何故か私を凝視するねことまったりと朝寝坊する幸せ。

友達のねこと模様はそっくりなんだけれど、この子は女の子、友達のねこは男の子。赤トラの女の子って実は珍しいのだ。三毛ほど徹底していないけれど、何故か普通は男の子だ。毛色で性別が決まっているって、何だか不思議だよね。

| | コメント (0)

今宵も鳥の店


昨日のお花、とても素敵な花束なのだけれど、我が家には大きな花瓶がない。
なので3つに分けて活けてみた。お花を活けるなんてすごく久しぶりで、女に戻った気分だ。

| | コメント (0)


夜、一人で表参道のjazz birdにライブを聞きに行った。昨日バードランド、今宵ジャズバードかあ。へへ。

ジャズにボサノバ、そしてクリスマスソング。ライブなんて久々だ。セロ弾きゴーシュで病気を治してもらったネズミのように聞き入っていた。

パーカッショニストのTさんは、仕事でご縁がある方なのです。ステージにはお手製の『鳴らしモノ』が沢山あって、ライブの合間に見せてもらうのがいつも楽しみ。このベルは三種類、しかも全然離れた3か国のものを繋ぎ合わせたもの。鳴らしてみると、トーンの違う鐘の音が響きあい、ガムランとかチベットの鐘みたいな複雑で心地よい音がした。

| | コメント (0)


昼起き抜けにインスタントラーメンなんか食べちゃったせいか、あまりお腹が空かない。
ライブの合間に軽くねと海老とアボカドのサラダを食べたのだけれど、すごくオイリー。(涙)

| | コメント (0)

番外編:夜遊び禁止令


ちょっとご機嫌で帰宅すると、誰も迎えに出てこない。

リビングに入ると、カンカンに怒る猫×3びきに凝視される。おぼっちゃまくんは目がくりくりしているのでなく、目がつり上がっています。

あまりに怒った3びきはこのまま暫く固まっていた。ごっ、ごめんようー。。

ウチの連中、土日の夜遊びに厳しくてやりづらいのである。

| | コメント (0)

2014年12月12日 (金)

バードランドの夜


今日は友達と阿佐ヶ谷のバードランドへ行く。
友達お勧めのメニューでスタート。
レバーパテ
蓮根肉詰め
ひざ軟骨焼き
梨とクレソンのサラダ
焼きトマト
レバー
長ねぎ
レバーが秀逸に気に入った。
固いもの大好きな私のセレクトひざ軟骨は、友達にはちょっと堅すぎたみたい。

もう1年も会ってないような気がしていたが、7月、母が癌だと解った直後に飲んでいたことに気付く。

闘病中、同じ病気でお父様を亡くした友達からのメールで、随分勇気付けられたものであった。なのに彼女のご不幸の時の私は、彼女の本当の辛さはわかっていなかったのである。

母の死を経て、少しは人の気持ちがわかる人間になれたのかもしれないな と思いながら酒をあけた。

| | コメント (0)


バードランドは実に美味しい。
椎茸の軸
ペコロス
正肉


チーズ
手羽先
そして〆に親子丼ハーフ。

親子丼ハーフ、半分食べてって頼んだんだけど、友達は一口だけ。美味しくて箸が止まらないよう。えーん。

| | コメント (0)


阿佐ヶ谷のディープゾーンを抜け、友達の家で二次会。

友達の帰宅に大喜びしているにゃんこに、ドサクサに紛れてだっこしたりなでなでしたり沢山遊んでもらった。ふと気づいて後からちょっと恥ずかしくなってしまったみたいで、にゃんこは遠巻きに私を見ていた。可愛いなあー。でも20歳というから、私よりずっと高齢の賢者と言えるかも。

友達がオランダ航空で搭乗の度もらえるという、家の形をしたジンのミニボトルをコレクションしていた。ひとつあけてもらうと、ジンと言うよりウオッカとか、ベトナム焼酎みたいな味。この手のお酒は世界共通で醸す技術が伝播しているのだなと少し不思議な気持ち。

その酒を、少し傾いたオランダのグラスで頂いた。友達曰く、オランダの人のデザイン感覚は一風変わっているそうだ。なるほどー。ちょっと見てみたい街だ。春に行ってみようかな。

ご主人も帰宅され、オランダのチーズなどつまみながら、美味しいワインをあけてもらい深夜まで3人で楽しく飲んだ。
ごちそうさまでした。

| | コメント (0)


友達からとても豪華なお花を頂いた。大きな手つきのビニール袋に入っていたのですが。
開けてちゃんと見たら泣いてしまいそうで、そのままもって帰ってきてしまったのだ。
これってプレゼントを頂いて開けないのと一緒だよね。ごめんなさい。そしてありがとうございます。心でそっと手を合わせた。

| | コメント (0)

2014年12月11日 (木)

みんなで食べるとやっぱりおいしい


朝、この前買った井上誠耕園の青みかんジュースを開ける。ここのオリーブオイルを使ったクレンジングを長年愛用しているので。

ビンが可愛いなと思ったけれど、ジュースはちょっと酸っぱくて、ドレッシング用に取っておいた。

| | コメント (0)


久しぶりに部のメンバーで揃って寿司芳。昼はいろんな手続きで外出したり、人と話す気分になれないことが多かったので。

「話ながら食べるとおいしいね。一人で食べるとおいしくない。」
食事の介助をしていたときに母が言った言葉を思い出しながら食べていた。

| | コメント (0)


夜、贅沢飯の合間のウチ飯は質素に。明日は友達と会食だし。

お揚げ焼き
畑の黒田5寸のラペ モロッコ風
豆腐と蕪の間引き菜の炊いたの
あさりうどん
ハレとケのしっかりした毎日を目指しているのだけど。

あさりうどんが余計だな。。夜のうどん、太るし。

| | コメント (0)

2014年12月10日 (水)

40年後の未来予測


今日も午後からセミナー。
神保町のろしあ亭で、ボルシチと白いビーフストロガノフ。

私が就職したばかりの頃、駿河台下に白系ロシア人のマダムがいる、古いロシア料理やがあった。つまり革命で逃げてきた人だ。

飯倉の東京タワーの下にも、美味しいロシア料理やがあった。が、最近はあまり見かけなくなった。久々にちゃんとしたロシア料理が食べたいのであるが、もう私の知っているどの店もなくなってしまったので大変残念だ。

| | コメント (0)


今日はボーナスだったので、なんかウマイもんでも食うかと近所の鰻やに行った。

先ずはお新香つまみながら熱燗ちびり。
さすが鰻やのお新香は切り口もビシッとして漬かり具合も完璧だ。好物の茶碗蒸し食べながら鰻を待つのは幸せ。

本日のセミナーでもらった『40年後の未来予測』の本は、素晴らしく面白いのだけど。でも予測できる未来は、私にとってあまり心地よいものにはならなそうで悪酔いしそう。

曰く『自然は失われ、手付かずの自然を愛する子供に育てると、子供が不幸である。』

『大切な森や自然が永久に失われる事を、母親や親友を失った人のように受け入れて向き合って生きていく必要がある』
のだそうです。

未来を幸せに生き抜くために必要なスキルは、より良い未来のために努力はするけれど、たとえ叶わずとも&どんな境遇にあっても幸せを見つけられる能力なのかな と思う夜です。あ、それは未来に限らず今もそうかもなのだけれど。

| | コメント (0)

2014年12月 9日 (火)

酒が侵食する時間


6時に自宅を出て新幹線で大阪入り。早起きしてお腹すいてしまい、サンドイッチがっちりいただく。


私は朝の時間の使い方が下手なのかのろまなのか、起きてから身支度を整え、ネコにご飯、植木に水など最低限の自宅回りのことをするのにたっぷり1.5時間かかってしまう。(ちなみに化粧には10分。)だから6時に出るには4時半起きだ。

普段は加えて掃除、食材の下ごしらえ、郵便物開封、録画番組を見る、本やネットを見る 等々が加わるので、5時半に起きても出社はいつもぎりぎりである。

夜もう少し家事が出来れば、朝の時間を勉強に回せるんだけどといつも思う。けれど、基本20時半以降は人としてあまり役に立たないヨッパライになってしまうのでそれもできぬ相談だ。
つまりダイエットも余裕ある生活も、酒が邪魔している訳で。アル中外来で禁酒指導でもしてもらった方が良いんじゃないかと考える今日この頃である。

| | コメント (2)


大阪のオフィス近くでランチ。定食は小鉢の量もたっぷりで美味しい。
お店おすすめのあんかけカツ煮にした。あんがかかってないところはカリっとしていてなかなかです。
でもちょっとしょっぱいね。関西の食事は意外に塩がきついことがあるので注意だ。

| | コメント (0)


午後は東京に舞い戻る。
田町に着くと、行列ができていたのでなにかと思ったら駅前でキョロちゃん。かわいいなあー。元祖ゆるキャラだね。

森永チョコボールって私が子供の頃から、子供に大人気のお菓子であったけれど。おもちゃの缶詰はついにあたらなんだなあー。。周りにも当たった子を見たことなかったよ。

| | コメント (0)


煮物
大阪で買ってきた九条ねぎのぬた
そして豚汁。今夜も地味なご飯

| | コメント (0)

2014年12月 7日 (日)


母が亡くなってから、キャンドルとお香という新しい趣味が始まった。

去年の夏に知り合った、キャンドルアーティストのトウノミカさんのもの。右下のは使いきる直前。深いところに火が入り込んでとてもきれい。レフイルできるそうで、今度アトリエに持っていって再生してもらう予定である。

お香は京都の財木屋というお店のものを取り寄せた。
青山の香房で買ってみたけれど、座禅会で頂いたものの、余韻ある香りがどうしても欲しくなり探してみた。

財木屋のカタログにあったフローティングキャンドルも、ガラスと水を通して灯りが広がる姿がとても素敵だ。

ただし酔っぱらった自分は信用度低いから、酒をのみ始めたら消しちゃうんだけどね。

| | コメント (0)


大根と間引き菜の炊いたの
間引き蕪と自家製味噌
黒そいの塩焼き
なんかすげー地味なメシ。

納骨式のあと自宅に戻り、母の食器やバッグを弟の嫁さんに好きなものをとってもらった。私は見ているだけで苦しかったので、ほんのすこしだけもらって、残りを支援している飢餓救済の活動をしている団体に寄付した。フリーマーケットに出してもらうために。

でもやっぱり、もう少し手元に置いておけば良かったかなあ。。実家は借家なので、早く片付けなければだし、自宅にもそんなにスペースないしと処分を急いだけれど。

まだ心はそんなに簡単に割りきれるものでないのである。

| | コメント (0)

ヒルズのランチ


今日は納骨式。
弟たち家族と私で実家に集まり、大屋さんの本堂で式のあとお墓に納骨した。

終わったあとは、虎ノ門ヒルズでご住職と奥さんも一緒に遅めのお昼。
日差しが入るテラス席は気持ちよかったけど。3軒試したが、ここのレストランはやはりなんかひとつ足りない感じ。

| | コメント (0)

2014年12月 6日 (土)

目まぐるしい1日


今日は朝からスケジュールぎっしりで大忙しだ。
早起きして掃除と洗濯したあとは伊勢原で農作業。→クリック
大山がきれいだなー。

| | コメント (0)


畑仕事は楽しくて、気がつくと予定時間を大幅オーバーしていた。

大慌てで東京に舞い戻り、農大の学食でかき揚げうどんをかっこむ。農大は中央の校舎が取り壊されて広場ができていた。このまま何も建たないといいなあー。


午後からは発酵食品で有名な小泉先生の『和食とは何か』の講義を聞いた。
和食とは何か。最初に言われたのが『水』。たしかにご飯って米と水を食べている。
野菜も水だ。都会近くの雨で育った野菜より、地方の美しい水に育まれた野菜が美味しいにきまっている。
一昨年新潟の山古志村に行ったとき、途中の小千谷でお蕎麦を食べた時ちょっと衝撃的に美味しかったのが、水だった。ゆでる水そしてたっぷりついた〆る水が良いと、こんなに蕎麦が美味しくなるのねと驚いたのである。
でもそういう意味では、都会生活とは美味しい和食の要件がまず最初にないという事でもある。

あと昔から日本人はベジタリアンに近い生活をしてきたと説明があった。
肉も油も脂も、この30年でかつての日本人の数十倍摂取しているそうだ。それでは私たちの遺伝子がついていけず、生活習慣病が増える訳である。

などなど関心したあとは、今度は実家に急ぎ、明日の納骨式のお土産に弟たちに持って帰ってもらおうと思っていた、母が漬けた最後の梅干し、梅ジュース、らっきょうなどを小分けした。

| | コメント (0)


夜、もうへとへと。畑で取って来たルッコラのサラダと、生活クラブのほうきね牛のもも肉でサイコロステーキにした。敷いてあるちりめん芥子菜も畑のもの。

肉は簡単だよね。野菜は調理にひと手間もふた手間もかかる。家庭料理が肉中心になるのもわかるけれど。
肉焼いて買ってきたお惣菜を並べれば、一応美味しそうな食卓になるんだろうからね。

でも私は、切っただけ、茹でただけ、和えるだえでも、自分の手で作った野菜のおかずが並ばないと嫌なたちなのである。

| | コメント (0)

2014年12月 5日 (金)

銀杏の季節はクリスマスの季節


去年紀ノ国屋の花やで正月に買ったリースを飾る。
クリスマスが近くなってきた。

| | コメント (0)


快晴の空に銀杏がきれいだ。
芝公園の交差点の大銀杏は、お気に入りの木のひとつ。

| | コメント (0)


味芳斎の、今日は牛肉麺。
辛熱い。

実は今回祖父の相続が完了していないものがいくつか見つかり、祖父の戸籍が必要になった。昼休みにまたまた港区役所に行き、出来るのを待ってお昼。

| | コメント (0)


近所の居酒屋にて。
生牡蠣、子持ち昆布、おから、かしらとアブラの串焼き。
濁り酒で一献。

いつも行っていたお店が地上げでなくなってしまっていた。
偶然移転先を見つけて久々に入ると、大将やおかみさん、息子さんにニッコリ迎えられ、何やら嬉しい気持ち。

| | コメント (0)


朝一で顧客訪問。夏前から仕掛けている案件が、少し良い具合に進んでいるようでほっとした。

昼は親会社のマネージャーとうちの大阪メンバーとランチミーティング。
営業の現場は厳しいところだけれどやはりいいね。気持ちが前向きになります。

| | コメント (0)

トリュフの魅力


朝ごはん。ホテルの部屋のハーブティーとコンビニで買った肉じゃが缶詰。

| | コメント (0)


西新橋のタニーチャにて。以前よく通っていたアジェンダのEさんと久々にお会いする。
こじんまりして居心地の良いイタリアンで、実家からも5分もかからないところにある。「こんな素敵なお店があるなら、母を連れてきてあげれば良かったのに。。」と自分を責めそうになったが、夏に移転されたと聞いて、ちょっとほっとした。

Eさんとはアジェンダのカウンターで数えきれぬほど母の話をしたっけ。
お悔やみをいただく。

写真はないけれど、トリュフをかけた前菜がもう最高。ことの年にして初めてトリュフの魅力に目覚めた夜。そんな高価なもの、目覚めない方が幸せなんだけどねえ。あはは。
ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

2014年12月 3日 (水)

大人の別れ


昼、歯医者に行ったあと、ついフラフラとホープ軒でまたラーメン。
麺半分にはしたけれど、昨日の夜に続いてこれはいかんイカン。

| | コメント (0)


今日は前泊で大阪入り。快晴で快適な夜間飛行。

晩ごはん、また新梅田食道街にするか迷ったけれど、あまりウロウロするのも疲れる。ホテルの近くで軽く頂くことにした。

| | コメント (0)


ふと手に取った、伊集院静の『別れる力』を読みながら、焼き鳥やでおんな一人酒。おばさんになると、恋愛の別れより生き別れ死に別れが圧倒的に増えるのでありますけれど。

『別れが人に力と生きる尊厳を与える』。

いやー、いいわあー、伊集院静。ここ、大阪は四ツ橋の焼き鳥や。ビジネスホテルの2階にあって、大箱でとても美味しそうな店には見えないんだけど、実は肝のタレ焼きと皮の塩焼きが最高に好み。(他は普通なんだけどね。)

本読み読み、酒とキモ・カワをリピートして、今宵も飲んだくれーの夜が更けてゆきます。

| | コメント (0)

2014年12月 2日 (火)

復活


仕事から離れている時間が長かった間、私の関与する部門もまた大きな転換の時期を迎えようとしていた。
そこら辺の情報も知りたいし。

何より『そんな話をしながら飲む酒』に飢えていた感じ。同僚を誘って、田町のうとらさんへ飲みに行った。

私ってやはり、仕事の話をしながら飲むのが好きな、典型的昔サラリーマンなんだなあー。。と実感する。

| | コメント (0)


仕事飲みが復活すると、こちらも復活。(涙)

でも、もう1軒行くでしょ?と聞かれたけれど、やはり体力のぐぐっとの衰えを実感。倒れるようにタクシーに乗り込んだのでありました。

時間ができたらスポーツクラブでも入ろうかな。嫌いなんだけどね、スポクラ。

| | コメント (0)

2014年12月 1日 (月)


今日も学士会館でセミナー。
何処を見ても美しく、歩いているだけで嬉しくなる。

セミナーは最新の中国、ASEANへの進出に関するもの。今週も刺激的で、自腹&有給とって参加している価値ある講座だった。

| | コメント (0)


セミナーの前に、神保町の揚子江菜館で冷やし中華。
冷やし中華発祥と言われるこの店では、冬でも堂々メニュー入りしていた。

麺は好みだけど、たれは私には酸味が足りず途中で酢を足して食べた。

| | コメント (0)

月命日


今日は月命日。早いもので1ヶ月だ。いや早いというか、もう半年も経ったような気もする。

そろそろシャバの世界に適合していかないとね。まずは夏以降『りきまるさんお気遣いモード』で緩みきった部門の立て直しからだ。みんな、覚悟してね。あはは。

| | コメント (0)


パクチーと胡瓜と豚肉のサラダ
大根とお揚げの煮物

ソムタムがすごく食べたくなったのだけれど、青いパパイヤを買っても食べきれなくて勿体ないしね。
そう言えば胡瓜のソムタムを『貧乏人のソムタム』っていってたなあと思い出し、冷蔵庫のしゃぶしゃぶ肉を足したら、ヘルシーで美味しいおかずになった。

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »