« ブルーハーツばーさんの痕跡 | トップページ | »

2014年11月 9日 (日)

番外編 : ねこという生き物


明日から完全に忌引き明けの生活になるのであるが。

今回、ねこ×3びきにどれだけ助けられたかわからない。

母の臨終後、明け方に帰宅すると、3匹で玄関に出迎えてくれた。
「みんな、長いことありがとうね。今朝で全部終わったよ。本当にありがとう。」と三匹をなでなでした。

それから1週間、寝るときは三匹全員がベッドで私を囲んで寝てくれている。それまでは一匹か二匹だったのに。

とりわけおぼっちゃま君は、四六時中私のそばにいる。居なくても、泣いているとそっと側にやって来るのである。
以前から仕事やら失恋やら、自宅で泣いたことはないわけではないが、そう言うときは知らんぷりのおぼ。冷めてえなあー。。といつも思っていた。

母が生前自宅に遊びに来るとよくおぼっちゃま君に、「あんた、お姉さんになんかあったら、ちゃんと守ってあげるのよ。」といっていた。

今更ながら、ねこってすごい生き物だなあ。。と実感しています。

|

« ブルーハーツばーさんの痕跡 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブルーハーツばーさんの痕跡 | トップページ | »