« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

病院からトイレの話まで、長い1日


今日は母の通院に同行するため午前中お休みを取った。

会社に帰りがてら近所の寺巡り。(今日は寝直して、遂に座禅はキャンセルだし。。)
この辺りは江戸時代から続く寺町だが、前の戦争で燃えてしまったから、京都や金沢に比べたら全然新しいのだ。
そして、子供の頃毎日見ていてなんとも思わなかった景色だけれど、改めて眺めると、ビルに侵食されながら頑張る寺々は、なんとも味わいがあるなと思うのである。

母の具合も少し良くなり、こんな景色を眺める気力も出てきたのかもしれないけれど。

| | コメント (0)


榮閑院という名前は、実は初めて今知った。ここはうちの近所の人は誰もが『猿寺』と呼んでいたので。
改めて由来をネットで調べると。。
江戸時代猿回しに化けて逃げていた盗賊が、この寺に逃げ込んできた。
住職と寺で過ごすうち改心して仏道に目覚め、諸国行脚の修行に出た。
残された猿は、寺と近所で大切にされた

という、なんか至極あっさりした逸話を見つけた。

ここは杉田玄白の墓があるのでこの辺りに住んでいたのかなと思ったんだけど、彼が開業したのは浜町とのこと。どういうご縁があったのかわからない。ま、普通そういう能書きをお寺に展示しそうなものであるが、名前の由来同様、あっさりしたお寺です。

この門の正面に、古い民家が二軒残っている。この家の角を曲がって小学校に通っていた、今では残り少ない子供の頃の記憶を支える風景である。

| | コメント (0)


母の検査結果も良くてちょっと安心。。と気が緩んだんだよね。と、二郎ラーメンのぶっとい麺をもぐもぐ。
野菜と豚増しは午後仕事にならなそうだからやめておきましたよ。

| | コメント (0)


会社の帰り、3×3laboのセミナーに参加した。今日のテーマは『排泄物の可能性と人間の関係を探求するセミナーシリーズ~第1回:インドネシアのスラムでトイレをつくる挑戦-北海道大学の取り組み-』。

インドネシアとブルキナファソ(アフリカ)でトイレを普及させる活動の紹介だ。
アフリカではトイレそのものがなく、『そこらへん』でする所謂のぐそ状態。蚊に刺されマラリアの危険や、女性は夜まで待ったりすることで逆にレイプの恐れがあったり深刻な問題がある。インドネシアはあるけれど川にそのまま流すことで衛生環境の悪化を招く。

プロジェクトではトイレを設置する費用の捻出を、コンポスト化することで人糞堆肥を作って賄おうと考えている。
少しでも使いやすく、プロジェクトのメッセージをデザインにのせるべく、デザイン事務所もプロジェクトに参加。私でも欲しいような素敵なトイレの試作品を作っていた。

プロジェクトの理念は素晴らしく、参加者でケニアで同様の取り組みをしている人も意見を述べていたが。
しかし費用捻出を人糞堆肥の販売でというのは、『全く新しい商品を見知らぬ国で成立させる』苦労があり、なかなか大変だなあと思った。

そして、人糞を使って循環型農業の仕組みをを完璧に実現したのは、実は日本だけなのだと聞き、江戸時代の日本人、すげえじゃん!とちょっと誇らしく思った。とともに、そんなすごい文化をあっという間に手放して、わざわざ化学肥料の原料を外国から輸入している今って何なんだとも思う。

エネルギーや農業の課題について議論すると必ず「じゃあ江戸時代に戻れというのか。」という極論の反論を受けることがあるのだけれど。
むしろ『戻った』方がいいような事柄もある。そして戻らなくていいけど、あの頃にあって捨ててしまったものをもう一度今の社会システムや農法に組み込見直せないものかと思うのであります。

| | コメント (0)

2014年7月30日 (水)

トマトトマトの日


昼、赤羽橋の大村庵で以前から気になっていたトマトサラダそばを頂いた。

むー。

トマトを乗せる意義がイマイチわからん。ははは。

| | コメント (0)


夜、畑の野菜がまだたんとあるのよね。

ということで、
トマトと十六ささげとバジルのサラダ
丸なすの煮物
蜆と空芯菜のニンニクソテー

蜆は一旦実をはずして混ぜた方が良かったなあ。

食後の一杯は、沢庵などかじりつ日本酒ちびり。
この沢庵、伊勢原の講座で頂いた練馬大根をつけたものの最後の一口。
春先に樽から冷蔵庫に移して、楽しみに少しずつ食べてきたのですが。程よく酸味も出て、こんなのを食べちゃうともう市販の沢庵は食べられないのであるよ。

| | コメント (0)

2014年7月29日 (火)

お知らせおしらせ

また『田園生活』に最新のりきまる農婦の生活をアップしました。よろしければご覧くださいませ。

実は本編より田園生活の方が、管理人は書いている時気分アガってます。ちなみにアクセス数は1/10位なんですよねー。『お金よりココロの幸せヽ(´▽`)/』ってところでしょうか。違うか。ははは。

| | コメント (0)

ほうれん草並のルッコラ


日曜の浅漬けの残り、ルッコラと自家製サルシッチャのソテーで晩ごはん。
畑のルッコラが至極順調な生育で、まるでほうれん草の大束みたいな配給が来るのが嬉しい。スーパーだと薬みたいにちょびっとだもんね。

| | コメント (0)


食後はさっそく昨日作った&買ったキャンドルに火を灯してみた。

わー!すごーく気分が上がりますね~♪
ミカさんのキャンドルは、白く明るい光を部屋に放っていました。

| | コメント (0)

2014年7月28日 (月)

キャンドルワークショップ


お昼。
久々に寿司芳。相変わらずサービス満点の盛りである。
夜ワークショップであまり食べられないから、がっつりいただくのである。

| | コメント (0)


今日はキャンドルアーティストのノウノミカさんのアトリエに伺った。

キャンドルの灯でお迎えいただく。
素敵ですねー。

| | コメント (0)


ではキャンドルを作りましょうか。
カップケーキみたいなのに好きな色のロウをとりどり入れて、温めたロウを注いで、じっくりロウの熱を全体にいきわたらせます。
そのあと取り出して、ゆっくりと、捏ねたり捻ったり。

まさか最初のひとつにピンクを選択するとは思わなかったり。
きれいにしようと画策せず、直感的に選んだものがすごく素敵だったりとか。(ピンクの左、薄紫が一番気に入った。)

右下は参加二回目の方の作品。ミカさんも私も見とれる美しさである。こんなのが作れるようになりたいなー。

| | コメント (0)


ワークショップ終了後は、作ったキャンドルに火を灯して、ビールとワインを頂いた。
上の半分に切ったの。切った瞬間、「きゃーっ、気持ち悪い。。!」と思ったのであるが、ミカさんから、「いえ、これ火をつけるときっときれいですよ。」と言われて試すと。
なんとなんと、別物のような輝きを放つのである。不思議ですねえー。。人と一緒かも知れないなと思いました。

ミカさんの作品にも火を灯した。あまりに美しくて、ひとつ購入して帰りました。
夜、キャンドルを灯すひとときも良いものですね。

| | コメント (0)

2014年7月27日 (日)

極楽の昼餐


昨日は畑と実家と動物病院まわりで結構疲れていたけれど。
先週蒔いた大豆と小豆も気になるし、どうしても行かねばならぬと朝早く出て伊勢原で畑仕事をした。

熱射病寸前で車に飛び乗り帰宅。クーラーをガンガンきかせてお昼にした。
育ちすぎた四葉胡瓜のニンニクソテー、万願寺唐辛子の生姜炒め、バジルたっぷりのペペロンチーノ。
きりっと冷したオーガニックワインで極楽である。

食後、今日は心置きなくたっぷりと昼寝。
夕方の雷雨のあとは少し涼しくなってて、夕暮れの町を少し散歩。夏も悪くないね。

| | コメント (0)


夜、十六ささげと玉ねぎのかき揚げを山椒塩でいただく。
もう一品は百味加薬漬。胡瓜や茄子を薬味とともに青柚子で漬けた浅漬けです。

こちらのレシピで見つけて、ここ数年毎年夏に作っているのですが、これ浅漬けのなかでは一番好き。
この、ダイヤモンドオンラインの江戸料理シリーズは、どれもとても美味しくて、ちょっとした料理本なんか顔負けです。見てるとあれこれ作りたくなる。江戸料理、すごいねえ。

| | コメント (0)

2014年7月26日 (土)

野菜尽くしの週末


土曜日の昼、畑から戻るとまず野菜を仕分けて、洗って、萎びた葉ものを水につけて。
週末の野菜料理の計画と、保存食作りに勤しむ。新鮮な食材に触れてあれこれ考えるのは楽しいけれど、『捨てずに食べきる』のはそんなに簡単なもんでもないし、2ヶ所の畑のケアと家事と料理とか、週末は平日以上の忙しさだ。

だから今週は簡単な食べ方が中心となる。

もろきゅう、ししとうの生姜炒め、枝豆。
近所の直売所で買ったトウモロコシ。

ゆうべ帰ったのが2時過ぎだし、クーラーきかせてしばし昼寝。あー、極楽。

| | コメント (0)


1時間ほど仮眠したら、先週手術で連れていったノラのみけちゃんをピックアップに行った。

先生によると、みけちゃんはとても高齢で、ノラててこんなに長生きはできないので、元飼い猫だったんじゃないかということである。可哀想に。。これからは皆が面倒みてくれるから安心だよ。。と思ったのだけれど。
先日の大捕物帳を恨んでか、すっかり警戒されて、全然寄り付いてくれないのである。(涙)

夜、ウチに戻って野菜めし。

・塩豚を解凍してフライパンでかりっと焼いて、大量にルッコラをかけて、胡椒、柚子酢、醤油をかける。
・糠漬け
・十六ささげと玉ねぎのサラダ
・ピーマンの生姜炒め。これ、はまってます。
フライパンで軽く焦げ目をつける位焼いたら、お酒と醤油同量をいれて蓋をして火を通す。蓋をあけたら生姜を入れて、強火でたれを煮詰めて絡めていただく。

ただの生醤油だけよりずっと上等な料理になります。取れたてだと種ごと食べた方が美味しいよ。

| | コメント (0)

番外編 : 今年もこの季節


熱帯夜明けの朝、起きるとうちわをねこに奪われていた。

「あのう。。 うちわ、返してくんない?」

「。。うあ?」

ねこにも人にも厳しい夏がやってきました。

| | コメント (0)

2014年7月25日 (金)

きのおけない仲間と飲むしあわせなヽ(´▽`)/週末


今日は宴会。何を言っても大丈夫と安心感のある飲み会はとても貴重である。

お店は、ワタシが指定。大好きな白金大五で揚げ物祭り。(ヘルシーなつまみは全て写し忘れた。本当よ。)
あー、やっぱり大五の豚カツは最高だわ。

二次会はこれまた近所のバーにて。何回行ってもお店の名前をおぼえないのだけれど。
2階のソファーを独占して、我が家のように寛いで過ごせるのがお気に入りで、いつも電車の時間など忘れてしまうのであるよね。

| | コメント (0)

2014年7月24日 (木)

久しぶりののがみさん


久しぶりののがみさん。
友達に誘ってもらい急遽予約して訪問。

つきだしは、無凍結の釜あげしらす。
鮃は刺身、〆、縁側。そして肝醤油でいただく。
新さんま、白いか。
そして普通のとのがみさんのと、二種類のガリもつまむ。

| | コメント (0)


お寿司のスタートは、夏のお寿司。新いかと新子。
この細かい繊細な作業に頭が下がりますねー。

| | コメント (0)


お寿司、続き。
鯵、卵焼き、いわしの新子、雲丹、さば。
そしてさびまきと太巻き。
のがみさんの中太巻きは美味しいの♪

| | コメント (0)


本日のお酒、4種を半合ずつ頂いた。
一杯目のくろさわが、微発泡(発泡までいかない位の微かさ)でとても私好み。

実は今日は、朝母の診察に同行して二人で所謂『余命宣告』を受けた日でした。
もう20年も前から本人も家族も覚悟はしていた事だけれど。
でもさすがに母の様子が心配で、夜様子を見に行ったのであるが。
自分のからだに何が起きているのかが解らず不安に思っていたところがはっきりしたせいか、むしろすっきりして元気を取り戻していた。

先生も、至極サッパリと、『どうなって亡くなるのか』と、どう生活していくか淡々と説明されていた。
高齢者への今時の告知ってする側もされる側もこんなサバサバしているものなのか、私ら親子がサッパリしすぎているのか、それとも実感がないのか。

とあれ母に残された時間を少しでも快適で有意義にさせる責任を担っている訳で。
少しずつ調べていかなくてはね。

| | コメント (3)

美味しいものを食べたい気分の日


「たまには美味しいもの、食べませんか?」
「あー、美味しいもの食べると元気になりますよね!」

と、嬉しそうに食べていた元部下のM君の事を思い出して、お昼はセレスティンでカレー。サラダバーはお恥ずかしいほどどっちゃり盛りにしてしまった。太ろうとどうしようと、そういう気分の日である。

カウンターで食べると一人や少人数でも落ち着く。サラダバーのドレッシングがジャンクなのしかないのだけがちょっと残念なんだけど。(塩、油、酢をおいといてくれれば良いのになあ。)

そういえば朝から、上海の工場で、消費期限切れや傷んだ肉を加工品にしていた話でニュースは持ちきりである。

少し前は『汚水油』なんて話もあった。
そういう偽装は本当にいけないことだけど、最近は「消費期限切れでも食えるんだ。」とか「多少いたんだもの食っても人間は平気なんだなあー。。」という方にばかり気が行ってしまうのであるよ。

| | コメント (0)


カレーを食べていたらカウンターに、こんな本を発見。
実家付近とか、勝海舟邸とかあれこれチェックした。

かーちゃんが好きな蕎麦屋が、ウチの家族皆が尊敬している山岡鉄舟の行きつけだったり。あの辺りを勝や西郷が、もしかすると坂本龍馬も歩いていたのだよねと思うと、町を見る目が変わりますね。

| | コメント (0)

2014年7月23日 (水)

お知らせ

ちょびっと、〈田園生活〉に、最近の畑暮らしをアップしました。
よろしければご覧くださいませ。

| | コメント (0)

2014年7月22日 (火)

番外編 : 虎ノ門のクラシカルなビル


かーちゃんの病院の紹介状を頂きに、虎ノ門実業会館までやって来た。
ギリギリに駆け込んだので、入った時には気がつかなかったけれど、よくみると実に味のあるクラシックビルなのである。

曲線と大理石を多用した作りに感心感動。

素っ気ない外観とは裏腹の、コンパクトだけれど設計者の美的意識の高さが伝わる内装は、色使いも粋ですっかり気に入ってしまいました。

| | コメント (0)

昭和な洋食店


ほんとはランチは軽く済ませるつもりだったのだけれど。昼時に虎ノ門にいたので、つい交差点近くのケルンに行った。

ちょっと古くさい昭和の洋食店。いつもはハンバーグかナポリタンだけど、今日はカニクリームコロッケ。

今時の飲食店には珍しく、ホールに人がたくさん。しかもバイトでなく、ちゃんとした年配のサービスマンがたくさんいるお店なのも好きな理由のひとつです。高級店ならいざ知らず、リーズナブルなお店で最近はなかなかないよね。
あまりに合理化し過ぎない、そんな昭和な洋食店にも、頑張って残ってほしいなあ。

| | コメント (0)

番外編 : 笑うねこ


火曜水曜と大阪出張。
ペットシッターさんから送られてきた写真を見て、思わず、オー!と驚く。
ウチいちばんの臆病者で、人に姿を見せないことで有名な2号が。。


「笑っとるがな!!」

やはりプロの仕事とはすごいものであるよね。

| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

番外編 : 初のTNR


実家のねこ、まゆちゃんが亡くなる頃から、新しい三毛ねこがかーちゃんの元を訪れるようになった。まるで我が家に欠員(注.ねこ)が出たことを、ねこ新聞か掲示板ででも見たように、しばしば我が家にはそういうことが起きる。

しかしもう母も高齢でこれ以上の猫は飼えないし、みけちゃんもさほど人間に慣れているわけではないので、そのまま外ねことしてご飯をあげていくことにした。

問題はみけちゃんがメスねこだということである。このまま置いておけば、この夏にも子供が増えてしまうだろう。
近所にはねこ嫌いの家もあるので、可愛そうだがみけちゃんに避妊手術をする事に決めた。

知人の紹介で、猫ボランティアをされている方から捕獲器をお借りしたが、何しろ私が忙しくて、しかも日曜は動物病院がお休みの所が多い。

実家近くで祭日午前中だけ開いている所を教えて頂いた。すなわち20日夜か21日朝、ご飯をもらいに来たところをワンチャンスで捕獲しなければならないのである。

失敗を恐れたかーちゃんの指令(トホホ)で、捕獲器ではなく洗濯物ネットで捕獲を実行。実家の大家さんと二人で大捕物帖。大家さん流血の事態だったが、無事捕獲。
翌朝いちばんで動物病院に持ち込み。完全野良だと聞いた先生が「閉じ込める時間を出来るだけ少なく。」とお休みの午後に手術してくださった。色んな方々のサポートんでを受け、人生初のTNR、無事完了である。日頃交流ある猫ボランティアさんたちの苦労の一端を知る思いである。

ここのところずっと頭のなかが「みけちゃん、捕獲。みけちゃん、ほかく。」で一杯だったから、本当に安心しました。みけちゃんにとっては、痛かったり恐かったり散々な目のはずですが、これで不幸な子猫が増えずに済むし、野良の身で子育てする大変さからも解放され、生涯を地域猫として生きて行けます。
皆さま、本当にありがとうございました。

てなことでつい、嬉しくてお酒、買いすぎましたヨ。ははは。

| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

お岩の連休


実は昨日、伊勢原の畑であろうことか両まぶたを何かの虫に刺されたのであるが。

朝起きると、見事にまぶたというか下まぶたまでパンパンに腫れて『お岩さん』状態になっていた。ひー。。
自然って実は全然人間には優しくないのであるよ。農家だったら、「許せーん!」と薬撒くかしら。人によるかな。。私は今んところ「仕方ない、なんか刺されない方法を考えよう。。」と、ひどい顔を見ながらため息をついていた。

目は腫れても腹はすくので、久しぶりに買った三重の金魚印の冷や麦を食べて心慰めた。薬味の大葉は、去年ベランダに植えていた大葉がこぼれ種で出てきたものを間引いたの。
ベランダにちょっとした青物がある生活は楽しいね。

| | コメント (2)


そんな『お岩』な晩飯は、グリーントマトのフライ。
毎年1度は畑で青いトマトをひとつ頂いてきて、『フライドグリーントマト』を見ながら食べる というのが、数年前からの我が家の初回の定番行事になった。

アメリカ南部に本当にある料理らしく、本場では、コーンミールをまぶしてベーコンの脂で揚げる とある。
どちらもないので私はパン粉つけてウスターソースで食べるんだけどね。うまいよ。

| | コメント (0)

2014年7月19日 (土)

怒るねこ


畑そのいち→四ツ谷にて実家の外ねこのTNR用のトラップ受け取り→畑そのに

と忙しい1日を終えての晩酌。
- 黒豆枝豆
- 精進揚げ[なす、しし唐、おくら、十六ささげと玉ねぎのかき揚げ]
- しし唐とじゃこの山椒炊き
それと下ろしても下ろしても乗ってきてケツを向けるねこ。彼の怒りが伝わって参ります。

「明日はお休みよ~♪」と言ったら、おうちにいなきゃダメなんだよね。ごめんね。

| | コメント (0)

怒るねこ 続き


そして食事が終わると、ひとしきり耳をかいてどこかに行ってしまった。。

と思ったら、遠巻きに私を観察。
「だから悪かったっていってるじゃーん!」
明日はディズニーランドだよ~♪と言って、急な仕事をいれちゃったオヤジと一緒みたいです。。(涙)

| | コメント (0)

2014年7月18日 (金)

びしっとした昭和な喫茶店


今日は一旦出社したあと、母と北里研究所病院に行った。
問診票を私が書いたり、病状も私が説明したり。何だか一気に老け込んで心配である。
昔は世話を焼いてくれていた人の世話をするのは、ちょっと複雑な気持ちになるものである。

検査なども続くため、私だけ先に失礼して病院入り口にある昭和な喫茶店に入った。
一昨日のことぶきの食べ過ぎで体重増加してるけど、何かを口にすると気分も変わるしね。

興味半分で入った喫茶店は、私の母より少し若いかなというおかみさんが、びしっと管理しているのか、とても清潔で快適。昭和なメニューはどれも試したいものばかりでした。
治療も続くみたいだし、色々試してみるとしよう。

| | コメント (0)


夜は友達に誘われて久々にN響のコンサートでモーツァルトとラヴェル。どの曲も、それぞれの持つストーリーも含めてとても素敵だった。
最終のラ・ヴァルス、プログラムには、[第一次大戦後の喪失感と最愛の母を亡くした心身の衰弱の中かかれた] とあるが。
絶望の中にあっても人の心とは、こんなに美しい曲を紡ぎだすことが出来るものなんだなあー。。としみじみ聞いた。

幕間につまんだサンドイッチの残りでおうち二次会。

クラシックの手解きしてくれたのは今はなき父だった。音楽好きの母と私のために、当時とても高価だったエレクトーンを買ってくれた。
料理は母に小学生の頃から、材料の見極めからみっちり仕込まれた。読書の大切さ、学び続ける生活習慣、価値観や人生観等々。
今私が持っている人生を楽しむ術や土台となる知識や知恵はみな、親がくれたものである。親の教育なんとありがたいことだろう。

そんなことを、母の病状が深刻であることを改めて知った今夜、しみじみと思っていた。

--------
今日コンサートに誘ってくれた友達のお父様は、終わった直後に容態が急変、翌朝ご家族に見守られ息を引き取られた。

美しい音楽に心満たされながら、親を思う。  二人にとって、そういう符号の夜だったのかもしれません。
心よりご冥福をお祈りいたします。合掌。

| | コメント (0)

2014年7月16日 (水)

私ごのみの居酒屋


新宿のことぶきは、20年以上前から大好きな居酒屋である。
付きだしのおでんから、ちょっとアガる美味しさだし。丁寧に一品ずつ作られるつまみは、本当に美味しい。

メニューになかったなめろう。鯵はミンチみたいなのではなく、適度な大きさに切ってあった。親父さんいわく、「ネチネチ細かく叩くの、嫌なんだよね。」の通り、確かにこっちの方がずっといい。自分で作るときは真似しようと思う。

初めてことぶきに来た頃は、随分混んでいてなかなか入れなかったものであるが、最近では予約なしでも十分はいれるようになった。
聞けば、常連さんが退職していっているそうである。
今の5~60代のいきつけは若い世代に承継されていないんだねえ。食べログの評点も不当に低い。

[飲み放題付き ○千円 クーポン付き]
みたいなお店より余程安くて美味しいと思うのですが。
こんなひそやかな私ごのみの居酒屋がなくならないよう、時々お店に行かなくっちゃ。

| | コメント (4)


ここのじゃこ炒めは本当に美味しい。かりっと仕上がったじゃこは雑味も臭みもなくて、いつもたのむのに、今回忘れていた。

お腹いっぱいだけどどうしても食べたくてオーダーした。
大将が炒める後ろ姿をみていると、本当に大切そうに丁寧に炒っているのが伝わってきた。

食べきれない分はお土産にしてもらった。翌日の晩酌でまた味わうとしよう。

| | コメント (0)


[おまけ]
いつものお約束なんですが。
翌日カメラを見て、二軒目でまた食べた事を把握。

最近の自分、酒のんでダメ人間化するスピードが上がっている気がします。(涙)

| | コメント (2)

2014年7月15日 (火)

予感


予感は当たる。
オラの予感はマジ当たる。

今日外出のついでに、古川橋のタンメンで有名な大宝で、冷やし中華をたのんだとき。

グラドルのオッパイ並の盛り盛りな冷やし中華を見て、「ま、いっか、夜食わなきゃ。」
と思うと同時に、
「『食わない』と誓って本当に食わなかった日が今まであるのだろうか?(いや、ない。(涙))」
とも同時に思った予感は、夜に実現するのであーる。。

| | コメント (2)


『体のなかで、楽なところがどこにもない。。』状態で、いつものマッサージに駆け込み寺でら。

鎧の錆び付きが少しだけ良くなったので、虎ノ門の魚菜さくらにて一献しました。

付きだしは鮎か?
ひらめのお刺身
小芋の田舎煮
アスパラのおひたし

で澤乃井の冷や酒をぐびり。

しごと(一応一番。)

ねこ×3
ワタシの生活
かーちゃんの体調
かーちゃんちの外ねこ避妊問題

もうわたしのちっちゃなバケツはいっぱいなんだけどなあー。
少し緩んだら、調子に乗ってパクパク。このあともずく酢におからと順調に食い進んでおります。(涙)

| | コメント (2)

2014年7月13日 (日)

金魚印の冷や麦


本日はもう一ヶ所の畑。
こちらは逃げも隠れもできない、70平米を自分の手で畑にしていく作業だ。

楽しいんだけれど、もうへとへと。
その上今日もかーちゃんの様子を見に、実家に行くし。
畑→かーちゃん
畑→かーちゃん
と2日連続。つくづく丈夫なからだで良かったと思いながら、まだ明るさが残る時間に晩酌である。
ムール貝の酒蒸し
もろきゅう
空芯菜のニンニクナンプラーソテー
焼きナスのヌクチャムあえ

それと茄子をめんつゆで煮たものをつゆごとキーンと冷やして薬味と共に冷や麦にかけて食べる夏の麺、大好物なんだよねー。。
麺は三重県の大矢知金魚印の冷や麦。生産量が少ないので、都内では手に入らず、通販で買っている。

ま、何となく『どこの国の人かわからん』メニューではあるけれど、うまいから良しとしてください。

そして。昔ならすごく精神的に堪えるかーちゃんの病気も、なんとかなるさと受け止められる自分がいるのは、土と野菜に触れる週末のお蔭なんじゃないかと思う今日この頃であります。

| | コメント (2)


[おまけ]
今日はお盆の入り。子供の頃から我が家のあたりのお盆は7月だ。

今年は実家のねこ、まゆちゃんの新盆なので、オガラをたいた。私とまゆちゃんは友達だったから。

久しぶりにオガラに火を入れると、子供の頃のことが次々と頭に甦る。でも登場するほとんどの人達は、既に鬼籍に入ってしまったのである。

火が消えてきたら、「これを跨ぐと下の病気にならない。」とばーちゃんが言っていて、意味も解らず跨いでいた子供の頃と同じようにした。

若い頃は興味もなかったこんな行事。実は流されやすい日々を立ち止まり、色んな命の連続のなかで生きていることを思い起こさせる大切な意味があるんだなあー。。と、消えて行く火を眺めながら思ったのであります。

| | コメント (0)

2014年7月12日 (土)

今年も夏野菜の季節


今年も夏野菜の天ぷらの季節。

畑の野菜だけの緑色の夏恒例の『バッタ飯』。
いんげんのいり酒あえ
ジャンボししとうの焼いたの
ルッコラとミニトマトのサラダ
野菜天<オクラ、モロッコいんげん、ピーマン、茄子、大葉>
自然農の方の畑のミニじゃがいも揚げ

日本酒は大好きな福島の仁井田酒造をキーンと冷やしたの。

プロの作った野菜に比べて農業クラブの野菜は、劣化が早い。だから帰ったらすぐ下処理してPプラスに保存するのですが。

収穫した日に食べる味は、高級スーパーの野菜も自然食品店の有機野菜もかなわぬ幸せがあります。

でも油まみれで全然ヘルシーではないんだよね。。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »