« | トップページ | 初の屋形船遊び »

2014年6月12日 (木)


日が落ちてきて、素晴らしい夜景が浮かび上がってきた。

屋形船遊びは江戸時代に大流行したそうで、内装もさぞ素晴らしい船を仕立てて楽しんだのであろう。贅を尽くした船に美しい着物姿の人達を想像してみる。

100年200年前の人達が見たのと、同じ海同じ月なのだということが信じられない。

今から100年200年後の日本人も、景色は違えど同じように美しい月をこの海で見ることが出来るんでしょうか。そうできるように、私たちは今の時代を生きなくてはいけないんじゃないか なんて事を考えていた。

|

« | トップページ | 初の屋形船遊び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | 初の屋形船遊び »