« 枯れ気味の食生活 | トップページ | 大根の使い尽くし »

2013年12月 5日 (木)

座禅と私

今朝はいつもの早朝座禅会。
20131205_065347
膝が悪いのですが、修行体験の行粥(お粥を頂く)の魅力に抗えず、参加。椅子座禅をさせていただき助かった。早く身体を治さなきゃ。

春から座禅を開始して、早朝座禅会は3クール目に入った。

朝5時前に起きて準備して会場に着くといつも迎香がしずかに漂っている。

更衣室座りやすいパンツにはき替え、ネックレスとピアスを外し素足になる。
装飾を外すことで、『ただの私』になる小さい儀式だ。

ここにくるまで、座禅って悟りの境地に至る修行  みたいなイメージがあったのだけれど。そうではなく、『唯一無二 飾らぬ私自身』を感じる時間なのである。

座禅だけでなく、毎回の修業体験や、一言禅語の解説も楽しみのひとつ。今朝の禅語は、『有時』。禅における時間の概念の説明です。
過去とは自分の脳のなかにある記憶に過ぎず、未来は自分の想像の世界。つまり今、自分が存在する現在、絶え間なく連続する『現在』しかない。存在=時間なのだ
という話を聞き、「おー!これはハイデッガーではないかー!」と思いました。禅、奥が深くて面白い。

|

« 枯れ気味の食生活 | トップページ | 大根の使い尽くし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 枯れ気味の食生活 | トップページ | 大根の使い尽くし »