« 番外編 : 昭和の食堂で美味しいランチ | トップページ | 番外編 : ルアンプラバンの朝 »

2013年8月 5日 (月)

番外編 : 市場めぐり

タラートポーシーという町いちばんの市場に行こう。
R0023239

市場へはトゥクトゥクを使った。行って1時間くらい待っててもらってまた帰る。〆て400円くらい。
R0023184

ルアンプラバンは小さな町なので、以前見た大都市の市場に比べるとずっとコンパクトだ。
まずは野菜売り場。
R0023185
はやとうりは鹿児島とかで売っているよね。 右手手前はタマリンド。とてもメジャー。
20130805_102232 20130805_102319

なすは、カレーにサラダに活躍する。  パパイヤサラダは実はラオスが起源だそう。
R0023186
R0023188
ちなみに茄子の左の実はバナナの実。
たけのこはとてもメジャーに食材なんだそうである。そしてこの右の棍棒みたいなの。
R0023189 R0023195
いろんなカタチのものがある。一体なんだ?と思ったら、
R0023201
スープの香り付けに使うのだそうだ。(後日肉と間違えてクチに入れてしまい大変なことに。。)
フルーツは輸入が多いらしく、あまり種類はなかった。
20130805_102401R0023202
R0023197

青果の横には生活用品。竹製品は豊富だ。
R0023199 R0023200
左のかごみたいなものでもち米を蒸して、右のせいろに入れて食卓に出す。
バナナの葉は包んで蒸したり皿に敷いたり色々に使う。
20130805_102343 R0023237 
ルアンプラバンの人は実にきれい好きで、あちこちでいつも掃き掃除をしていた。だからかほうきも色々。ちよっと欲しかったなあー。

肉や魚の売り場は、日本人にはちょっとキツめだと思う。(写真は相当割愛。)
R0023206 R0023205
豚はロースとかわかりやすい肉のほかに、内臓・ネックやら顔やらの中途半端な肉片をこそげとったものすごくスプラッターな肉の山、肉をこそげとった頭をかぶと割りにしたもの  などが並ぶ。なんとなく並んでいる素材の量で、
「ふむ。この店は1頭をつぶしたか。」
と思い、豚足の数を見るとやはり1頭分の足が並ぶ。今日売る分を屠畜して持ってくるようだ。

生の腸を山盛りたらいに入れいるところを、素手でよりわけて買おうとしているおばさんがいたので、写真をとっていい?と聞くと腸を持ってにっこり笑った。(ちょっとスプラッタなので掲載は自粛。。)
いずこの国もおばさんはたくましいねー。。

鳥肉は一匹丸々で買って自宅でさばく。どれもぷりぷりの地鶏。多分豚同様、ブロイラーなんかじゃなく、今朝まで元気で生きていた鳥のようだ。

卵。にわとりはきれいだけどアヒルは泥つきっぱなし。
R0023218
つまり無洗卵。

さすがに海のないラオス、魚は基本川魚。いけすはたらいだ。ははは。
R0023221_2 R0023214_2

さすがにおコメの国の人たちなので、おコメもたくさん。
R0023224_2

米の麺。                        いろんなチリ。
R0023229_2 R0023222_2
魚醤、まるでどぶ汁を袋につめて買っていく。日本人にはキツめだが、これを瓶詰めにしてスーパーで買うようになったらラオスらしさはなくなってしまうのだろう。
R0023223_2 R0023219_2
お菓子売り場にもものがあふれているが、何を売っているのかマッタクわからないー。
何故なら。

ラオ語ってこーんなマンガみたいな文字だから。
R0023228_2
こんなだから、わずかな日本語にもびびびびびびっと反応してしまうのだ。
結構頑張ってます、ニッポン企業!
R0023216_2 R0023217_2
しかし日本では頑張っていない企業も多くて、
R0023231_2 R0023233_2
松井のわさびにかしわの炊飯器。一体どこの会社なんだろう。
家電はアジアでは赤が好まれると聞いたけどほんとそうで、扇風機まで赤。
R0023234
扇風機に至るまで赤。日本企業も現地化が必要だね。

全体にここはのんびりして、
20130805_102333
ホーチミンで行った市場のオバサンみたいな、交渉しないとこっちがやられそう!みたいな感じはない。

|

« 番外編 : 昭和の食堂で美味しいランチ | トップページ | 番外編 : ルアンプラバンの朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 番外編 : 昭和の食堂で美味しいランチ | トップページ | 番外編 : ルアンプラバンの朝 »