« のんびりすごす一日 | トップページ | 『お約束』を楽しむ »

2013年1月 2日 (水)

新春の氷川神社

今年の初詣は母と連れ立って久しぶりにここに行ってきた。
R0020835
氷川神社である。
R0020838

子供の頃から初詣と言えばここ。勝海舟の屋敷跡である氷川小学校の前で毎年、『勝海舟がどんなに素晴らしい人物であったか』講釈を受けた後この神社に来るのである。

今でこそ幕末史おたくな自分であるが、若い頃はナンの興味もなかったので、心の中で「フン、またか!」と話半分で聞くのが正月のお約束であった。

社殿は徳川吉宗の頃の建造。享保の改革の頃ということで、地味なんだけれどワタシは結構好きだ。
R0020839 R0020840 R0020841 R0020843
境内の樹齢400年の大イチョウ。
R0020845

その向かいのイチョウだって十分大きい。
R0020849

古い町名が掘り込まれた灯篭。このあたりってこんな町名だったのね。。
R0020852
江戸の古地図を見た時、この神社の裏にまだ麟太郎時代の勝の屋敷が書いてあった。この場所を歩いていたのだなあー。。と思うとちょっとじーんとする。
R0020844_2
(いつしか『理想のオトコ、勝海舟』。この歳でエベレスト並みに理想をつり上げてどうするよ、オレ。。)

大石内蔵助もこの神社に討ち入り前に別れを告げに来たそうである。
古い祠、写真に撮ったらやばいかなー。。と思ったら、
R0020850
やはり不思議な光が。。ひー。。

このあたりは藩屋敷も多かったようで、少し前までは周囲はこんな立派な石垣に囲まれたお屋敷があったが、もうすっかり開発されてしまった。
R0020836
奇跡のように、『江戸の面影』を残す氷川神社の一角でありました。

|

« のんびりすごす一日 | トップページ | 『お約束』を楽しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« のんびりすごす一日 | トップページ | 『お約束』を楽しむ »