« あこがれの森に出発 | トップページ | 番外編 : 倉吉 地震に負けない梁 »

2012年8月27日 (月)

旅ふつかめ 西粟倉⇒鳥取

[朝食]
朝、ユゴー・エ・レオ(宿の様子は⇒クリック)に併設されたカフェ&ベーカリーにて美味しい朝ごはんをいただく。⇒クリック

駅まで送っていただき、あわくら温泉の駅から村を見渡す。
R0018658

りきまるが子供だった頃の昭和の風景がここにある。
そんな気持ちになる西粟倉村。 都市化の波が押し寄せる前に、春夏秋冬 、再び訪れてみたいと思います。

お次の目的地は、智頭急行線で一路鳥取。
R0018667
昼前に鳥取到着。さあてどうするか、市内散策もいいけれど。。

鳥取駅から更に西に山陰線で、古い町、倉吉に向かうことにした。⇒ クリック

車窓からの風景がなかなか素敵。
R0018669
海沿いにちいさいみずうみがぽつぽつとあり、
R0018671
ほとりにたたずんで眺めたくなる。

海は日本海らしい落ち着いた色をたたえている。
R0018674

粟倉に行ったせいか、木を見るとすごく気になったりしてね。
R0018675

倉吉のお昼はさんざん迷って、
R0018681
この店にした。

クーラーに触れてほっと一息。今年の暑さは本当に異常。
[昼食]
倉吉の打吹庵にて。
おそばをいただく
R0018683
麺半分で と言うと、「少ないですよー。足りませんよー。」と力説されフルサイズ。(涙)

夕方に鳥取に戻りホテルにチェックイン。
疲れてしまったし、うろうろ歩くのも嫌なので、ホテルのお勧めの居酒屋に予約を入れておいていただいた。
[夕食]
鳥取の食遊処 一慶にて。
まずはお通しにビール。
R0018745
あー。。美味しい。 この白いちくわ、食べたかったんだ。

ご夫婦二人でやっているカウンターのみの居酒屋。このご夫婦の会話が楽しい。夫婦漫才みたいな感じ。

お刺身は今日市場に揚がったと言うあじとしろいか
R0018746

ところでこの地の醤油も甘いのである。鹿児島の醤油みたいね。
これで刺身って信じられないって人も多いが、りきまるは結構好きだ。自宅でやろうと思わないけれど、旅先では不思議にうまく感じるものである。

ここのお醤油はキッコーナンだそうで。
R0018748
なんかバッタ臭いが各地でキッコーがつく銘柄の醤油は多い気がする。何故だろう。

鳥取の珍味という、はたはた寿司
R0018747
これ、ものすごく日本酒に合いますね。

ぴちぴちのかれいをから揚げにしていただく。
R0018749

カウンターの人ともおしゃべりしていると、なんと考古学関係の人たちだった。りきまるも歴史学科で中国古代史専攻である。

学生時代は、敦煌で発掘された木簡(くずれてバラバラになっているもの)を読み解くゼミに入っていたと言うと、

「おー!同業ですなー!」

と盛り上がった。彼らは日本の木簡を研究しているそうだ。

ひとしきり考古学ネタで盛り上がったがそろそろお開きにしよう。

[ホテル二次会]
大山ビールとキムチで一杯。
R0018751 R0018753
なかなか楽しい鳥取の夜でございました。

|

« あこがれの森に出発 | トップページ | 番外編 : 倉吉 地震に負けない梁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あこがれの森に出発 | トップページ | 番外編 : 倉吉 地震に負けない梁 »