« ちいさな記念の日 | トップページ | 直売野菜ざんまい »

2012年6月30日 (土)

セカンドオピニオンの効用

実は昨日、大変やばいことがふたつあった。

そのいち。

大阪で買ってきたエースコックのワンタンメンを
R0017637
夜中に作って食っちまったこと。くっすん。

そのに

またまたおぼっちゃまくんの熱が上がってしまったということ。
R0017636
1号が心配して様子を見ている。

[朝食]
忘れた。

かーちゃんの包帯交換に行って帰ってからはひたすらネットで調べもの。

おぼの熱は下がっていない。
実はペットシッターさんからいくつかの大きな病院を教えてもらっていたのである。
ネットで施設や評判を読んで迷いまくる。今かかっている先生にするかどうするか。。
[昼食]
ねぎとたまごのチャーハン
R0017640

かーちゃんにもらったケーキも食べる。
R0017641

板橋の病院に決めて、午後の診療開始時間にあわせて自宅を出る。

混んだ病院で順番を待って、ようやっと診察。先生に症状の推移や今までの治療方針などを説明すると、

「ここで治療を開始するのもいいのですが、そうすると一から同じ検査をすることになります。それはおぼちゃんも負担だと思います。」
「お聞きする限り、今かかってらっしゃる先生の治療は正しいと思います。今日はセカンドオピニオンとして、今の先生で治療を継続されてはいかがですか?」

と言われる。

なるほど。。そうしよう!と迷いが消えた。
また一路いつもの先生に向かう。おぼよ、連れまわしてスマン。。

病院から帰るとまた、実家に向かいかーちゃんと外出。
R0017642
神保町のマザーズに行きたいと言うので。

[夕食]
六本木の新北海園にて。
焼きそばとか、
R0017644
酢豚とか
R0017645
餃子とか。写真はないけど、黄ニラとホタテのソテーが極上であった。

それにしてももうくたくたである。
ちょっとイライラしてかーちゃんにあたってしまった。申し訳なし。

おぼはこんこんと眠っている。熱も下がってきたようだ。

いつもの病院に行き、一目先生を見た瞬間、やっぱりこの先生がイチバンなんだと思った。

細かいことなんだけど、そこではりきまるを「りきまるさん。」とさん付けで呼ぶ。看護婦さんも先生も。

最近は「様」で呼ぶところが多いよね。でもどうもりきまるは好きじゃない。

さっき行った病院は、先生も「おぼちゃん。」とちゃん付けである。そう言えば別の病院もそうだったなあ。。オトコの先生が言うと、なんだかオカマっぽい。

いつもの先生は、「オボー!」と呼び捨てか「この子」である。看護婦さんもあっりした感じで、ベタベタ甘やかす訳ではない。でもちっとも乱暴な感じはしない。むしろ猫に対するやさしさと、まじめな治療姿勢を感じる。

やっぱりいい先生でいい病院だよなあー。。。

改めて実感する夜でありました。

|

« ちいさな記念の日 | トップページ | 直売野菜ざんまい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちいさな記念の日 | トップページ | 直売野菜ざんまい »