« あんこ、マイブーム | トップページ | 綿徳で宴会 »

2012年4月20日 (金)

番外編 : 赤い糸の神社

この日は午前も午後も霞ヶ関で仕事。
昼食後、坐骨神経痛の治療に行った後霞ヶ関に戻りがてら、虎ノ門の琴平宮に寄って行く。

以前ブログにも載せたが、ここ、琴平宮はりきまるが子供の頃からのいちばんのなじみの神社である。

そんな生活の場、何気ない場所がこれ。
R0016410
この鳥居、安政年間に京極家が奉納したものだそうである。

ほほーっと表示を読みながらお参り。本殿にて色々お願いをした。

子供の頃、毎月10日のお縁日には必ず行った。
本殿右手に出ているおでん屋台でおでんを食べ、あんずあめを買って金魚すくいするというのが、りき的一ヶ月サイコーのイベントである。
そのあとは、母と外堀通りに出ている植木市をひやかしてから、ひいばーちゃんとの小鳥やさんによって帰るのだ。
ほんのこの前。。と思っていても、40年近く前のことである。沢山の人たちが彼岸に行ってしまったのもむべなるかなであろう。

前回も行ったけど、
R0016413
結神社に気づく。

ふと見れば、奉納された赤い糸だらけ。
R0016414
瞬間りきまるも。。と思うが、『知ってる人に見られたら。。』というテレとか、(「りきまるさん、なんだかんだでケッコンしたいんスねー。。」とか。)

こういうモンは効かないという、ババアの分別とか。

ないまぜになりながら、
R0016415
神社を後にしたのでゴザイマシタ。。

|

« あんこ、マイブーム | トップページ | 綿徳で宴会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あんこ、マイブーム | トップページ | 綿徳で宴会 »