« 油断 | トップページ | オットさんの気分 »

2012年1月25日 (水)

とめきち、野生に戻るの巻

[朝食]
フルーツ盛
R0015259
心配な気持ちをカラフルなフルーツでアゲよう。
いってきまーす!とっても心配だけど、仲良くお留守番してね!

[昼食]
芝商店街の寿司芳にて。
ちらし ご飯少な目
R0015260
[夕食]
水菜のおひたしに大根の酢味噌和え
R0015262 R0015263

おでん
R0015261

いただきます。
R0015264
寒い寒い夜にはこんなのがやはりいい。

自宅に帰ると何やら騒動があったげな様子。
女子チームは見るからに怒りのオーラがびしびし出ていて、気に病んだお坊ちゃま君はびくびくと腰と尻尾を落として歩いている。

とめがご飯を食べようとリビングに来ようとすると、般若のような勢いで女子チームが追い払うのである。

寝室に行くと大体の想像がついた。
布団をのせているクロゼットの上の棚は、女子チームの大のお気に入りの場所である。

どうやらそこにとめが入って大喧嘩になったと思われる。
客用布団が下に落ちていた。やれやれどうしよう。。。と思いながら、疲れていたのでそのまま寝ると、

夜中にものすごいうなり声で目が覚める。とめと2号が地獄のようなののしりあいをしているのだ。おまけにとめが落ちていた客用ふとんの上でじゃーじゃーとおしっこをしてしまった。あああああー。。(涙)

仲裁に入ろうとしたら、とめがものすごい勢いで今度はりきまるを威嚇した。
実家で子供に頃からウチ猫外猫と、長年たくさんの猫に囲まれてきたが、ノラにもこんな風に威嚇されたことはない。

ショックで呆然とする夜でございました。

|

« 油断 | トップページ | オットさんの気分 »

コメント

にわかにおぼちゃんの健康が心配になりました。時間が解決するのを待つしかないでしょうか?
りきまるさんも、お体にお気をつけてくださいね。

投稿: たら | 2012年2月14日 (火) 10時10分

普通は新入りの猫はゲージに入れて別室に隔離して
様子を見ながら始めると思うのですが、
なぜいきなり同じ部屋で飼い始めたのでしょう。
後から入って来た子が群れに入るという事を理解して
先にいた子が仲間に向かい入れるという儀式を通過して
なかよくくらせるものだと思いますよ

投稿: とおりすがり | 2012年2月14日 (火) 12時20分

少し落ち着きましたか?
とめきちくん
きっと怖いんでしょうね。
女子チームは自分達の縄張りを荒らされた気がして
ストレスも大変かと…
優しいおぼくんも間に入ってストレスでしょうし
つらいですね。
友人は捨て猫ばかり6匹飼ってますが
慣れないニャンコはいまだにゲージから出てこないって笑ってます。
合わない子達もいるからと割りきってるようです。
仲良くなるのが一番ですが相性もあるからと
開き直りも必要なんではと思ったりもします。
りきまるさん
大変かと思いますが元気出してね…。

投稿: レイコ | 2012年2月14日 (火) 21時27分

意見はいろいろとありますでしょうし、
猫のことはよくわかりませんが、
みんな慣れて仲良くなるといいですね!

りきまるさんの、見捨てられない
「私が面倒みる!」のような
男らしさ、ステキダ。

投稿: のの | 2012年2月14日 (火) 23時16分

とめきち、女子チーム、おぼくん、みんな頑張ろうね。
(そういえば、父方の爺さんの名前が「とめきち」でした。おい!とめ!みんなになかよくしてもらうんだよ!)

投稿: SUZU | 2012年2月15日 (水) 07時56分

たらさん、
ありがとうございます。おぼし低位安定で、何やら不愉快そうではありますが、なんとかやってます。。
ほんに、、体壊して入院でもしたらほんとに大変なことになってしまいますもんね。(実は最近忌引きやら何やらで病気になり、今日は休暇中です。)

とおりすがりさん、
そうですね。最近はそれが主流だととあとからお聞きしました。
ただ、とめきちがとても『猫が好き』な猫であったことと、先住が当初全然毛嫌いしていなかったのとで、リビングの中に隔離空間を作って同居させていました。(とめの預かりボランティアしていた方からもケージにしないで慣れさせた方がいいのではと当初アドバイスあり。。)

結果的には全員にえらいストレスをかけてしまったのでもう少し早くそうすればよかったと思っています。

レイコさん、
この事件のあとはさすがに相当へこみましたねえ。。
でも、今回とめを頂いたボランティア団体の方々が、全面的にサポートしてくださり、当初から毎日のようにアドバイスをいただけて、ほんとに涙が出るほどありがたいです。

皆さんにもはらはらさせて恐縮ですが、この話はまだ落ち着いておらず。。今週末までに先住との折り合いの見込みがなければボランティア団体で再度引き取り。。と言う話にもなっています。
ほんとにいい子なんでなんとかしたいし、引き取りに戻ると猫も傷つきますからね。ワタシも手を変え品を変え作戦立てつつ頑張っています。応援ありがとうございます。

多分ノラを多頭飼いするケースで、引き取り後こんなに手厚くプロの方々のアドバイスを頂ける機会もなかなかないはずです。
同じような悩みに今、または将来直面する方の目に留まればと思い、お恥ずかしい話ですが、ワタクシの失敗談を詳しく載せています。

引き続きよろしくお願いします。

ののさん、
ありがとうございます!
とめはいまだ触れないものの、ケージ越しに話しかけると特大のゴロゴロで答えるくらいまでやってきました。
どんなにシャーシャー怒られても、女子チームを見かけると、「あ、オバチャ~ン!オバチャ~ン!」と大声で呼びかけて甘えるとめなんです。

もう一歩、ほんとあともう一歩なんですけどねえー。。

SUZUさん、
ありがとうございます!
そうそう、昔『とめ』さんって結構いましたよね。
大人になり初めて意味を知りました。あと、とめさんに弟とか妹がたまにいたりしてね。(笑)
ウチの連中の結束力のよさが災いしているようで。。
とにかく全員、(一丸というよりばらばらに・笑)鋭意努力中です!

投稿: りきまる | 2012年2月15日 (水) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 油断 | トップページ | オットさんの気分 »