« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月30日 (月)

お誕生会

[朝食]
アメリカンチェリー
R0011335

[昼食]
恵比寿のうどんやにて。
ものすごくまずいうどん。
R0011336
人生指折りのまずい外食。でもあまり気にならなーい!

だって今日はチームのみんながりきすけ50回目のお誕生日をお祝いしてくれるんだもん。

[夕食]
白金の大五にて。
R0011337
そうなのです。りきまるだーいすきな大五でお祝い会です。嬉しい!!
まずはヘルシーなつまみなんか頼んでみるが、
R0011338
かにサラダ
R0011339
里芋の揚げ煮
R0011340
ここでカロリーを気にするっつーのも野暮ってえモンであるからして。。

ヒレかつ!
R0011341
ロースかつ!!
R0011342
まぐろトロかつ!!!
R0011343
ご馳走様でーす♪

みんなから50本のバラの花を頂いた♪
R0011349
すげー。。腕にずっしりの重さだ。

[二次会]
師匠宅に移動して二次会。
シャンパンと、
R0011350
嬉しそうなホモカップルに
R0011351
(注.二人とも偽装結婚済み)
ししょー!この絵エローい!!(←酔ってる)
R0011357 R0011356
で強制記念撮影。
みんなで記念写真
R0011354
かんぱーい!!
R0011359
あんなに食ったのに、
R0011361 R0011362
またまたがっつり飲んで食ったのは、

きっととても嬉しかったからさ♪

ケーキまで用意してくれていた。。
R0011371
あまりに嬉しくて言葉がなかった。
ほんと、みんなありがとう!!!

[おまけ]
プレゼントにはにゃんこ用爪とぎ
R0011372_2 
かわいい!

「おーい!ご主人様がお帰りだよ~ん!!」と帰って開けてあげると。。。

さっそくおぼがお試し。
Nec_0100
これいいにゃー。。ごくらくごくらく。
Nec_0101
「あの、お気に入りのところ恐縮ですが、それ枕じゃないんスけどね。。」

まじ?! じゃニャに?!
Nec_0099

して翌日。

おぼが間違った用途を伝授したもよう。
R0011379
ね、爪、といでね。

| | コメント (3)

2011年5月29日 (日)

ぶっちぎり酒

[朝食]
湯葉と青ねぎとわらびの吸い物
R0011319
青ねぎは近江町市場のスーパーで買ったが、京都錦で買う九条ねぎより元気一杯。包丁を入れるたびその音に楽しくなるほどだ。

片付けものをしていて、小豆貝を買ったお店のビニールを見た。
かわいいデザイン。こういうのって捨てにくいよ。
R0011321

[昼食]
かまたまうどん
R0011320_2
だししょうゆをかけていただく。

午後は外出。母が新しい家を探すので、先日の田植えで知り合ったFちゃんのマンションも仲介してくださった会社を訪問。

[おやつ]
社長の奥様のお手製のケーキ。
R0011322
いただきます!こういうことをしてくれる奥さんをと人生をともにできるって、いいよね。男の特権だ。

社長とあれこ話して物件を紹介いただく。りきまると数世代下、若い社長である。最近は不動産業と言っても、りきまるが思い描くギラギラ系(いつぞやの京都で隣にいた人たち)じゃない会社ができているんだね。

にしても、ややこしい話に相談相手ができたことは嬉しく、表参道までぶらぶらと散歩して帰る。
R0011325
表参道の路地裏に咲き乱れる薔薇を見て、今年もヨーガンレールの薔薇を見に行くのを忘れたのに気づく。ヨーガンレール社の敷地の薔薇はすばらしいんだそうで。

[夕食]
キャベツとウインナのソテー   お揚げ焼き
R0011327 R0011328
お揚げは近江市場で買った、大鋸商店のもの
R0011326
天保元年って1830年、大塩平八郎の乱の8年前。(っていったいいつ。。?)
きんぴら                 みずのたたき
R0011329 R0011332
明るい時間に飲む酒はいいよねー。

いただきまーす!お休み最終日を満喫じゃ!
R0011333
と、飲み始めて、今日は夜英語学校であったことを思い出した。まっいっか!(よくないよくない。。)

やけになって仕上げの日本酒を飲んだ、
R0011334
加賀の酒で〆る7連休最終日でありました。 

| | コメント (0)

番外編 : 旅のあとのうち連中

ゆうべはやけによそよそしかったうちの連中。
三匹かたまっていたところを見ると、さしずめまた家を留守にしていたりきまるの悪口でも言っていたに違いない。

して早朝。
りきまるが目を覚ました気配でまず飛んできたが1号。
Nec_0098
胸の上に乗ってなでなでのおねだり。

怖がりなくせに人一倍甘ったれ猫である。

人間さまは朝イチでわらびの始末。
R0011301
昨日近江町市場で、新鮮なみずと一緒にわらびを買ってきた。まだ産毛がびっしりと元気についているこちらも新鮮なやつだ。

店舗にたくさん並んでいるところのは、いいものと古いものが混在しているのだが、通路に小さく店を広げているお店のは、どれもぴんぴんだった。大正解。小さいところは無駄な在庫がないからね。(←生協でお手伝いしての実感。)

わら灰と熱湯をかけて一晩あく抜きしたものを洗って再度水にさらした。確か本当は真っ青に仕上げるコツがあったかと思ったけどまあいいや。

と写真をとっていると。。。

ニャにニャに?
R0011303
りきまるに対する怒りも好奇心には勝てぬ猫のさがである。

して夜。

通常モードに戻った我が家の猫三匹。
晩酌しつつソファを振り返ると、
R0011318
はー、やれやれ。。と2号がぐっり眠っていた。

人間は非日常を求めて旅に出るが、猫にとっては『普通がいちばん』なようである。

| | コメント (0)

変わらないもの

[朝食]
キウイとバナナ ヨーグルト カフェオレ
R0011306
このヨーグルトにつけたスプーンは、
R0011307
1700年代後半のイギリスの銀のスプーン。
この年代のテーブルセッティングは、
R0011308
こんな風に伏せて置いていたそうで、家紋などは裏側についているんですって。

金沢の自分土産は、これと1800年代後半のスープ用の銀のスプーンだけ。

カラトリー入れに入れて驚いたのが、100年も200年も経っているはずのものが、最近買ったどのカラトリーよりも格段に美しく輝いていることである。
時を経ても価値が変わらない品質の物って、何で素敵なんだろう。これからは数は買えなくてもそういうものをひとつずつ探していこうと思う。

[昼食]
金沢の市場のスーパーでこんなものを買っちゃった。
R0011310
いただきまーす!
R0011311
うふふ。おいしいし。

今日は外出もせず、自宅でのんびりと過ごす。
夕方近くなり小腹がすいてきて、
パンをつまんだら、
R0011312
そろそろいっちゃいますか!って気になり、
お酒なんか出してきて、ミニスタート!
R0011313
でもって、わらびをマヨソースで
R0011314
舞茸のピザを焼いて、
R0011315
いただきまーす!
R0011316

焼きたてのピザには、おいしいオリーブオイルをたらーりとたらす。太るけどこのひとさじでおいしーくなる。

〆に小豆貝と日本酒で一杯やった。
R0011317
久々のピザがうまかったなあ。

| | コメント (5)

2011年5月28日 (土)

番外編 : 金沢の美しい日本家屋

KKRホテルに荷物を預けてぶらぶらと歩き出すと、すぐ近くに気になるところがあり入ってみる。

案内を読むと、アドレナリンとタカジアスターゼを発見した高峰譲吉氏の生家だそうだ。
入館料も無料とことなので、中に上がってみることにした。

隅々まできちんと手入れされていて、
R0011124 R0011125 R0011127 R0011133 R0011128 R0011129
日本家屋のすばらしさを実感するものであった。
正面の庭、
R0011122

もともとは別の場所にあったものを、明治村に移した後、再度ここに移設したと言うのだが、
R0011121
この美しい庭も復元したものなのかしら。確かに、植栽はそれほど大きくないものね。

二人の方が黙々と庭を掃いたり家の手入れをしている音以外何もしない。りきまる一人でこの贅沢な空間を独占している。

廊下から裏庭をのぞむ。
R0011131
あの。この家、欲しいです!!

隣には明治に当地に建てられた検事正の執務室とつなげてあるのだが、R0011123

これも確かに十分素敵だけれど、
R0011118

こちらの美しさには遠く及ばないと思う。R0011120

茶室の縁側に座り裏庭を眺める。
R0011142 R0011138 R0011139

あまりに気にいってしまい、観光も忘れてしばしのんびりしすぎちゃった。

金沢でたくさん目にしたものは、ここも、お城もお堀も、あらゆるところに人が入り、掃除や復元作業などでもくもくと働く人々の姿だった。

古いものをとても大切にしている。それが特別ではなく、日常で普通の行為として。
R0011153
そんな金沢の人って素敵だなと思った。

ご清聴ありがとうございました。
次回は機会があれば桜の季節に訪れたい、そんな町でありました。

| | コメント (2)

前編 : 近江市場で朝食を探す

市場で食べようかなと、朝早くから近江町市場に出かける。
お店はまだ入荷した魚をさばく真っ最中で大忙し。
お陰で呼び込みとかされないから、邪魔にならないようぶらぶらながめつつ歩く。

八百屋さんも準備に忙しい。
R0011220
今は買わないで、午前中市内周りが一段落したら、空港に行く直前に買って帰ろうと
R0011221
店をチェックして回る。
たけのこかー。。重いもんねえ。
R0011043

立派なこんぶに『天然』の表示。
R0011042
そうですか!安いのは養殖昆布なんですか!

一回りして引き上げる頃、魚もようやく小分けされてきた。
R0011219

この魚たくさん見た。一皿200円っとすごく安いけど、
R0011214
8匹も要らないからなあー。
黒ガス海老、回転寿司で食べたけど、
R0011223
これもこんなに要らないし。
いわしはうろこも沢山ついて
R0011224
死にたてぴちぴち。
刺身用かます。
R0011225
かますって生では食べない魚かと思ってたけど、要は鮮度の問題なのね。

欲しいけど持って帰る間にこすれて痛んでしまいそうだよね。
R0011222

市場内のスーパーも楽しい。お揚げとかはここで買ってもいいかな。
すごくブッキーなお寿司を売っていた。この青は何。。?
R0011217
怖いもの見たさで食べたい気もするけど、太りそうなのでやめておいた。

で、市場では軽くつまむものがなく、そのまホテルに戻りチェックアウト、空腹抱えて金沢城に向かった。

| | コメント (0)

後編 : 金沢城公園を散歩

二泊目のホテルは、大手掘前のKKRホテル金沢にした。
緑豊かで、建物も部屋も明るく素敵。どうしてじゃらんで5000円を切る位安かったのか不思議なほど良いホテルでした。
駅前のANAとか、でかくて高いところには行かないりきまる、再訪時もきっとここに泊まると思います。

ホテルに荷物を預け、大手掘りから金沢城公園に入る。

でっか!!
R0011236
『巨石文化』という言葉が頭をよぎる、でっかい石の石垣がお出迎えだ。
R0011237
がしかし、明治14年の火事で長らく主城としていた二の丸も燃えてしまい、藩政期の建物はわずかに残るのみである。
鶴丸倉庫、1848年に竣工した武具土蔵とのこと。
R0011255
この意匠、おしゃれですねえ。。
R0011252

ここの石垣は、バラエティに富んで楽しい。
A型がカドをきっちりと積み上げたと思われる鉄門付近の石垣の向こうには、
R0011271

切妻作りの三十間長屋が現れる。これは鉄砲倉庫で安政5年1858年竣工。
R0011274
ここの意匠もとてもきれい。
R0011275_2 
あまりにぴかぴかなので初めは明治あたりにコンクリ作りで再建したものかと思ってしまった。

一番古い丑寅櫓跡から兼六園を覗き見しようともくろんだが、
R0011263
入り口しか見えないじゃん!(つーか、不精せず今度ちゃんと金払って行きなさい!!)

聞いたこともない美しい声でさえずる鳥たちの声を聞きながらうっそうとした木々の奥に行くと
R0011264
ここが落雷で消失してしまった天守閣の跡。1602年のこと。
R0011266
それ以来再建されずにいるそうな。お山のてっぺんにさらに高い建物は、避雷針なしでは危ないよね。

その頃からきっと生きているなー。。なおじいさんの木が
R0011268
たくさんの支えを受けて立っていた。巨木の下に立つと、なんとも不思議な感情が自分にこみ上げるのがわかる。

城内には鬼ぐるみの木がたくさんあり、
R0011269
どうやったのか、すぱっと割れた殻など落ちていた。(これ、堅くてこんな風にはできないはずだが。。)
いもり堀から中央公園に抜ける。
R0011277
ここも素敵な公園で、
R0011279
晴れていて時間があったら、ベンチでのんびり読書でもしたいような場所であった。
R0011284
[昼食]
金沢駅のおた福にて。
きざみうどん
R0011290
麺は中太。
R0011291
本当は市場のうどんやに行きたかったんだけれど、駅前のデパートがスウィーツフェアをやってるので車が押しかけ、バスが一停進むのに20分もかかる大渋滞に巻きこまれ断念。
空港バスに乗り込む直前にあわてて食べた。

帰り道雨が降り出した。
R0011292
グレーの日本海。このすぐ向こうに中国朝鮮ロシア  という環境と、ずーっと果てにアメリカという環境、なんとなく県民性にも違いが出そうな気持ちがした。

[夕食]
きゅうりときゃべつの浅漬け
R0011294
あとは近江市場で買ったものをつまみに。
この不思議なかまぼこは、北陸ではスタンダードらしく
R0011293
立ち食いにも入ってたし、ひがし茶屋街のそばやのメニューでも使ってたんだよね。
R0011056
薄切りが貧乏くさい!と厚めに切ったら、ぼそぼそしていまいち。切り方も郷に従うべきかと感じ申した。

小豆貝は、やはり市場で買った山椒を入れてさっと煮付ける。
R0011295
みずをおひたしにした。金沢ではみずは『かたは』と言うんだそうです。
R0011296
いただきまーす!
R0011297
もういっぱい は、ふぐの卵巣の糠漬けを食べた。
R0011298
猛毒のふぐの卵巣、石川県美川町の名産です。でもしょっぱくて一切れでギブ。(あと少し怖くてね。てへへへ。) アンチョビ感覚でパスタに混ぜるのもよさそうだ。

[おまけ]
金沢のいたるところで見かけたハントンライス
R0011055 R0011071
特に香林坊のグリルオーツカ、ここで食べたかったが。長崎におけるトルコライス同様、痩せて再訪したときのお楽しみにしておいた。  っつーかそんなこと言ってると、死ぬまで食えないよね。くっすん。

| | コメント (0)

2011年5月27日 (金)

番外編 : 質実な武家の町並み

金沢に着いた第一印象はすこぶる良くなかった。
例年よりずっと早く入梅したせいもあり、
R0011047
こんなどよーんとした空が始終続いただけでないようである。

これは浅野川主計町にある料亭街。
R0011045
ま、昼だからだけど人気はゼロで寂しい感じ。いや寂しいというのかなー。。

ここはひがし茶屋街。
R0011061
建物はとても大切に整備されていて、
R0011064
古さとかで言ったら祇園とも変わらないんだろうけれど、なんか暗いというか。いや、暗いというのかなー。。

そうなのだ。なんとなく『閉じた』感じがするのである。

この路地
R0011053
あの路地、
R0011065_2
商店でさえ、
R0011052
なんとなく外から身を閉じているように感じる。
R0011048

よそ者に決して心は開いてはいないし、間口の奥を見せることはない京都の町屋や商店の数々。でも金沢よりはるかに『街に対して開いている』様に映るのだ。まあ、あくまでりきまるの印象ですが。。

長町武家屋敷跡に行ってみる。
R0011074
ここには奇跡のように藩政期の面影を保存している美しい路地がある。

武家屋敷の裏にはどうどうと音をたてる豊かな流れ。
R0011077
取水口から屋敷に水を引いていた跡もそのまま残る。
R0011080
ご家老の屋敷跡。
R0011081
今は出入り自由であるが、昔は御家人が入り口を守り簡単には人を入れなかったはず。

そうなのである。元来家とは雨風の自然や外敵から身を守る場所。武家の家なら尚更である。質実な武家の町として発達ししかも雪国である金沢と、京都ではおのずと町の成り立ちが違う。

自分が金沢に京都の面影を勝手に探していたことに気づく。京都は京都、金沢は金沢だ。
それぞれをありのままに受け入れて初めて、町となじみ町に受け入れてもらえるのではないかしらん。

がっちりとした長屋門。人を拒む造りの典型。
R0011082
でも一歩中に入ってみれば。。。
R0011087

そこには緑豊かで美しい庭園が広がっている。
R0011088 R0011089 R0011085


「昔の彼はこんなじゃなかったのになあー。」などと思っていると、今の彼ともうまくいかないのとおんなじだよね。
R0011069
などおもいつ、齢50歳、なにやら納得するりきまるでありました。

| | コメント (0)

前編 : 金沢で一人法事

[朝食]
ホテルのブッフェにて。
R0011111
サラダとおみおつけを取る
朝寝坊してゆっくりご飯。
フライトについているホテルはイマイチだったので、二泊目は良い所を取った。
食後、荷物を新しいホテルに預け、寺町に向かった。
R0011145
以前も書いたが、りきまるの母方のご先祖さまは金沢である。
維新後一族で東京に出てきたのだ。

15年ほど前に、祖父と母と、ご先祖様のお墓参りをしたことがあった。
祖父は百数十年前に引き払ってしまったご先祖様の菩提寺を知っていた。
ご住職に話すと、「もう随分と長い事、どなたもいらっしゃいませんが。。」と、小さな古いお墓に案内頂き、そこでお経をあげて頂いたのだ。

りきまるも母も、寺の名前は忘れてしまったが、記憶をたよりにその寺を見つけた。
多分ここだ。
Nec_0093
既にお墓はなく、一ヶ所に、とても古いと一目でわかる墓石が集められて供養されていた。

「もう誰も来ないので、処分頂いて結構です。」と話し、ご住職にお布施を渡していた祖父を思い出した。

本堂の前で手を合わせ、ご先祖様に挨拶して帰る。

[昼食]
寺町の杉の井にて。
R0011160
良さそうだったらお昼をと思ってチェックしていた所は、なんとお墓の真下にあった。
おー、なんか素敵じゃあありませんか。
R0011161

昼時を過ぎていたので、お客はりきまるだけ。奥の座敷一部屋を独占して
R0011163
庭を見渡せる座敷でのんびりと贅沢なお昼。
R0011162

それではお料理、いただきましょうか。
お酒なんかもいただき
R0011169
稚鮎の天ぷら
R0011167
お刺身
R0011168

あれこれちびちびとつまむ。
R0011170 R0011171 R0011172 R0011173

治部煮、初体験だー。
R0011166

いただきます!
R0011174
食べきれないくらいのつまみが終わったら

ちりめん山椒とお吸い物でごはん。
R0011175
だしがとっても上品で美味しかった。

もう満腹って思ったら、レディースコースの〆はくずきりだったので
R0011177
ふうふう言いながら平らげた。
もう晩御飯はいらないよね。。

食べながら遠い祖先を思っていた。
代々加賀藩に遣えて来たM家の人々は、維新直後に東京に出る決意をした。
誰が決め、一族でどんな話し合いがなされたのか。
家や家財を売り払い、費用を工面したのだろうか。

この美しい町を捨てての旅立ちの日は、どんな気持ちで最後の町を眺めたのだろうか。

引っ越し屋はおろか電車すらない中の、女子供を連れての東京までの道中を想像してみた。転職など及びもしない決意と行動力ではないか?

百数十年を経て、私は人生を自ら選択し、自由で豊かな生活を手に入れている。それは自分で勝ち取ったつもりでいるが実はそうではなく、過去から渡されて来た人生のバトンなのではないかしら。

そんな事を考えていたら、一人の座敷に、祖父やご先祖様もやって来て、賑やかな法事をしているような気になったのである。
時に自らのルーツを見つめる事は大切だね。

| | コメント (4)

後編 : 旅の出会い

満腹抱えて犀川を渡る。
R0011159

その先の竪町商店街をぶらぶらとしていて、フェルメールというヨーロッパのアンティークショップに入った。
ちょうどイギリスから帰ってきたばかりということで、店内はまさに荷物をあけているところであった。

実は西洋アンティークには殆ど興味はなかったので、ざっと眺めて立ち去るつもりでいた。が、ふとした話題から去り難くなり、結局3時間近くも話し込みむことになった。

店主のSさんや、常連さんとの出会いは、自分の心の奥底にぶすぶすといぶっていた価値観のようなものにぴかーっと光を当てたようである。
まだもやもやとしてまとらないので、後日きちんと総括するとしよう。

Sさんが編集長をしている金沢市のリトルプレス「そらあるき」をいただき、地図を見ながらしばし散歩する。
竪町商店街もとてもすてきだったけど、そらあるきに『金沢らしい』と書かれていたこの路地もとても素敵である。
R0011189 R0011194 R0011191 R0011197 
ちょっと口が悪いけど、何となく感性が合う気がした人が編集する雑誌でのお勧めは、やはり自分に合うようであり。
R0011193 R0011195 R0011196
もし金沢に住んでいたらきっと、お気に入りの散歩道になるであろう路地路地を歩きながら、ようやく自分とこの町がしっくりと馴染み合うのを感じた。
出逢いと言うものは、誠に不思議なものである。

昼食べたし、もう和食でなくていいかな。と、フェルメールでお教えていただいたバーを二軒、はしごしてみることにした。
[夕食]
野町のTHE THEATREにて。
雑居ビルの上、この上にお店なんかあるの。。?と不安になりながら上がって行くと
こんなかわいいお店が現れる。
R0011200
ビールをたのんで、
R0011198
キャベツのアンチョビソテーを食べた。R0011199
ちょっとしょっぱいけどとてもおいしい。ビールに合うね。
魅力的なフードメニューは沢山あったんだけど、昼の食べ過ぎを思い出してビビりはいり、一品でおいとました。

[二軒目]
香林坊のbar quinase(キナセ)にて。
スーパーハイボール。
R0011203
このグラスはフェルメールのSさんが、ボトルならぬグラスキープしている、なんと1700年代のものなんただそうな。

マスターによると、古いグラスは時の経過と共に少しずつ歪みが出るそうで。言われてよく見るとクラスの縁はカウンターと平行ではなく、どことなく味わいのある歪みがあるのがわかる。
ガラスみたいなものがそんな変化をするなんて驚きだ。うーむ。。欲しいほしい。。

そうそう、スーパーハイボールとは、スコッチのハイボールに、スコッチのベースモルトを浮かべて飲む飲み方なんだそうな。
R0011206
最初はタリスカーとジョニ黒、二杯目はラガブーリンとホワイトホース!
なんとも『アル中まっしぐら』な飲み物だけど、なんつうか、酒オタク心をくすぐるよね。

〆はドライマティーニ。
R0011207
ご馳走様でした!
さー、ホテルにけえるぜ!てっしゅう~!!!   と言いたいところであるが。。

りき爺としては、しょうゆで煮〆たような地元のオヤジ店もぜひ試したいよんよん。。
R0011202
[三軒目]
ということで、香林坊でちょっと気になってたこのお店で〆ることにした。
R0011209

超昭和なおでん菊一にて。
おでん 車麩 大根 たけのこ  熱燗
R0011208
うーむ。。
ゆうべといい今日といい、これさえなければのう。。

ということで、女一人旅だと言うのに、チェックイン10時半は周り、終わってみれば、やっぱりあたしはオヤジ。。。  な夜でございました。 

| | コメント (2)

2011年5月26日 (木)

金沢いちにちめ

[朝食]
メロンとヨーグルト
R0011036

さて、今日から二泊三日の金沢旅行である。
あまり強行軍にしたくないため、フライトも早朝でなく9時過ぎのにした。

[昼食]
近江町市場の回転寿司屋にて。ネタは市場に地物でたくさん出ていたものにした。
ガス海老に、
R0011039 
色はイマイチだけどうまいね。
赤イカ
R0011040

R0011038
近海三点盛りは、
R0011041
鯛、白貝、甘エビ

ご馳走様です!

[夕食]
香林坊の高崎にて。
R0011090
日本酒でスタート
R0011091
白貝のおさしみ
R0011092
ワサビの茎
R0011093
加賀太きゅうり
R0011094
などつまむ。
つぎを迷って、えいひれのから揚げを食べた。
R0011095
今回はほぼ準備ナシだったため、ホテルでネットで店を探して急遽ここに。いいお店ではあるのだが、どこかりき的にはしっくり来ず、さくっとあがる。

明日のためにお店をチェックして歩いたが、

どーもこういうメニューと
R0011100
こんなウインドウを見ると
R0011101
試してしみたくてたまらなくなる。くわばらくばら。

ところで、香林坊ってすごく賑やかなんだろうと思っていたが、
R0011097
飲み屋街に全く人が歩いていないのである。
道がこれだから、店はどこもがらんどう。どこもかしこも、まるで開演前の舞台装置のような店で店主が呆然としているのが見える。

雨とは言えどの店も顧客が全くいないのを見ると、すごく不安な気持ちになる。
飲食店がなくなったら、本当に街はつまらないものである。

昼に気になったパンやさんに来てみた。
[二軒目]
ひらみぱんにて。
R0011072
人参のラペに赤ワイン
R0011102
とても素敵なお店なのに、
R0011103
お客さんはりきまるだけ。
こういうのを見ると、『泣いた赤鬼』を思い出すんだ。店を放棄したら街が死んでしまう。
金沢初日は、今一つ『街にはまる』事が出来ないりきまるでありました。

[おまけ]
やはりというか
R0011104
麺半分だけど、食っちまった。(涙)

昼に駅で見た時そんな予感がしたのである。立ち食いというと試さずにはいられぬ己の性分。
R0011106
そして酔ってこんな写真を撮ったところを見ると、
R0011110
余程食いたかったものと思われる。

| | コメント (2)

2011年5月25日 (水)

ひたすら掃除

[朝食]
肉ライス メロン
R0011029
昨日我慢していた肉汁ライスを朝、ぱくぱく。

[昼食]
忘れた。
今日はいちにち自宅に篭って、ひたすら掃除した。

にしても、なんでこんなにモノに囲まれて生きているのだ。。。今はやりの断捨離でもやってみようかしら。。

[夕食]
あしたばのおひたし きゅうりのぬか漬け スモークサーモン
R0011033
王子スモークサーモンで、無添加のスモークサーモンの切り落としを買ってきた。普段食べているスモークサーモンとはまったく別物である。
己がいかに自然でないものを食べてなじんでいるのか実感する。

昨夜のワインを飲んで、
R0011034
最後はお素麺を食べ、、お休みの二日目が過ぎるのであった。
明日から短い旅に出ます。

| | コメント (0)

2011年5月24日 (火)

誕生日の労働

[朝食]
メロン

さて今日は記念すべきりきまる50回目のおたんじょうびである。




・・・・・・・

はあ〜。。。



だというのに、お休みまでとったのに、ま、ただの有給である。(涙)

せめてすきなモンでも食うとすっかね。

で。

好きなもの。それは、
R0011020
サッポロ一番味噌ラーメン!(このビンボー症!)
[昼食]
キャベツ入り、鍋直!
R0011021
インスタント袋麺大好きだけど太るからできるだけ食べないりきまる(除く、泥酔時。(涙))、今日は解禁。

そして午後は生協で仕事。昼から5時までばっちり黙々と働く。
バックヤードでバナナやら玉葱らやをひたすら詰めまくる。これが修行みたいに無心になれるんだよねえー。

[夕食]
この前Fちゃんに頂いた美味しい玉葱とルッコラでサラダ、
R0011023
あとは生協のほうきね牛のステーキ
R0011022
ワインは先日とあるかたから頂いた、ナパのものだ。
R0011024
美味しい。ありがとうございます!
いただきます。
R0011025
夕食を食べながら、昨日放送分のドラマ仁を再び見た。
番組の最後、田中久重という実在の人物と仁先生との会話がとても心にひびき、見終わってもう一度見た。
NHKドラマ白洲次郎で、次郎とロビンが戦前の日本の混乱期、どうすることも出来ない次郎に語ったせりふと重なり、今の自分の心情と重なるものだった。(スミマセン、自分のための覚書です。)

ところでこの田中久重役、どっか見でたなー。。と気になって仕方なくネットで調べてみた。浅野和之、やまとなでしこ(これも好きなドラマだ。)で、松島奈々子の合コン相手のかるーい男の役だ。ああびっくり。誠実で実直な語り口、今回の役とま反対ではないか。

いろんな人格を演じ分ける、役者とはほんにすごいものである。

| | コメント (15)

2011年5月23日 (月)

休暇前夜

[朝食]
メロン
R0011014

[昼食]
お寿司の出前を食べつつチームミーティング
Nec_0085

明日から、3月にとる予定だった5連続休暇なのである。
休暇直前なので、もう何がなんだかわからないはちゃめちゃな忙しさ。
ひたすらTODOを消しこんで行くが、なんか忘れてる事とかありそうだよねえ。。。(事実あって、休暇明けに発覚。とほほ。)

夜は英語の研修。あー、くたくた!ようやく休暇に滑り込んだ感じ。

にしてもここのところ仕事はなんだか自分にがっかりする事だらけだ。
こんな夜はとても孤独感にさいなまれ。。。

[夕食]
田町のうとらに行く。誰かと少しだけ話したい。
お遠しのポテサラうまい。
R0011015
おでんに、
R0011016
ささみの酢の物などつまみ、
R0011018
大将やおかみさん、カウンターのお客さんと軽くおしゃべりした。
R0011019
お客さんが金沢出身とのことで、旅の情報も仕込めた。

悪酔いしたのか、ふらふらになってしまい、タクシーで帰ると言う散財付き。

仕事で味わう充実と同じ位、自分の非力さを痛感する事も多いものだ。
そんな時に時々襲われる強烈な孤独感。広い世界で誰一人味方もなくひとりぼっちになってしまったような気持ち。

こんな夜にもがいても溺れるだけだし、酒でも飲んでじっとやりすごすにかぎるのである。

| | コメント (2)

2011年5月22日 (日)

麺の適正量

[朝食]
おにぎり  ルッコラのサラダ
R0010998
ルッコラにはごまドレッシング、ごまダブル味。

[昼食]
古川橋のホープ軒にて。
もやしラーメン  麺2/3
R0010999
「麺少なめで。」と言うと、具体的にどのくらい?と聞かれた。
一瞬迷って、2/3と言う。どーして半分って言えねえんだ、と自分にツッコミを入れた。

会社に行って少し仕事を片付けてた。
帰り道壊れてしまっていた白胡椒用のミルを買ってきた。プジョー製。
R0011001

ちなみにこれは黒胡椒用。
R0011000
24年前一人暮らしを始めた頃、青山の紀伊国屋で買って、今でも愛用中。こちらもプジョー製だ。

この部分にしっかり入るライオンのマーク。
R0011009
実はプジョーの車が大好きなりきまるのひそかなお気に入りである。

[夕食]
湯葉と高野豆腐の煮物
R0011002
しし唐と牛肉の塩炒め
R0011003
自家製の糠漬け
R0011004
いただきます。
R0011005

母が大切にしていた実家のテツが死んだ。まだ7歳くらいだったのに。

本当に可哀想だ。

暗い気持ちで帰宅して酒を飲んだ夜であった。

| | コメント (0)

2011年5月21日 (土)

たんたん田植えのいちにちの巻

[朝食]
グレープフルーツとカフェオレ
R0010979
最近平時は5時半、土日は6時起床なので、鼻歌ふんふんの早起き朝食でやす。
でもって、早起きしてここにやってきた!
R0010980
千葉の里山で田植えなのだよーん!
R0010982
田植えの前に里山を散歩したあと、みんなで山でビニールシートをひいて、木漏れ日浴びながらお昼なのだ。
R0010985
[昼食]
あさりぎっしりの潮干狩り弁当♪
R0010983
いただきます!
R0010984
とても残すことなぞできないよん。完食なーり。

食後はいよいよ田植え。みんなで苗を田んぼに投げ入れて
247008_1803085479483_1310230668_317
みんなでわしわし植えるのだー!
Dscn1276
(写真は主催者からお借りした)

田んぼはぬくくて、草と泥のいいにおい。
ゴキゲンのりきまる                Fちゃんと、都会育ちでへたりぎみのデブ君
Nec_0078 Nec_0077
りき的予言で言うと、来年デブ君が来ない確率100%!

みんな疲れて引き気味だったお次の田んぼも
225463_1803089079573_1310230668_317
全然元気だぜ!  疲れてなんか、ねーぜ!!

でも終わるとがっくり疲れてしまい、デブ君の車で新浦安まで送ってもらった。
で、
デブ君の車にあったこれ
R0010992
アンパンマンガム。
R0010993
そういや一時期酔っ払うと、やたら人様の額やら腕やらにボールペンで『肉』って書きまくっていたことがあったっけ。

最近そこまでバカになる酒を飲んでないよなー。。と、少しさみしく思うりきまるである。

[夕食]
まぐろと
R0010994
もろきゅうと
R0010996
ししとうはじゃこと炒り煮に。
R0010995
いただきまーす!
R0010997
土に触れると雑念がアースされるのかな。
気持ちすっきりぐっすりでありました。

| | コメント (4)

2011年5月20日 (金)

にらみ究麺

[朝食]
豆ご飯のおにぎり
R0010973
京都の豆ご飯。美味しいね。
健康ご飯をぱくつきながら、テーブルの上に放置された究麺をながめる。
R0010974
ほんと、この性格、治す薬があるならボーナス一括で買いたいよ。

[昼食]
芝のブランコにて。
ツナのスパゲティ 麺少なめ
R0010975

夕方、仕事でちょっとひと悶着した。いや、ひと悶着というか、自分の大人気なさに辟易する感じというか。
早くに会社を出て帰る。普段はなんとも思っていないが、こういう日は独り身が身に染みる。激しく人恋しいが、多分金曜の夜にりきまるのくだらない愚痴を聞くのもいやだよなあ。

[夕食]
買ってきたもので軽くにした。
インスタントトムヤムクン
R0010977
チキンの胡椒焼き 蕪の糠漬けは自分ちの
R0010976
いただきまーす。

テーブルの上にはまた究麺。にらみ鯛ならぬにらみ究麺で、食わぬようおのれの精神鍛錬中。。。。

が、

今日のりきまるにそんな精神力が備わっていないことは火を見るより明らかで。。

半究麺。(涙)
R0010978_2
で、冷凍庫に入れた半分も引っ張り出して食べた。嗚呼。。

自己嫌悪に追い討ちをかけるさびしい週末でありました。

| | コメント (0)

2011年5月19日 (木)

番外編 : それでもよし

いつものいやらしいカップル。
R0011007
ちくしょー、見せ付けやがって。。。

カメラを向けつついつものしょもないインネンをつける。

その後、

1号がトイレに立ったその時、
R0011010
2号がやってくる。でもにーちゃんの扱いはずいぶん違う。

それはそれでよし。
R0011012
と、何やら嬉しそうな2号でゴザイマシタ。

| | コメント (0)

テラスが素敵な一丁目一番地

[朝食]
蕗の葉のめはり 生姜スープ きゃべつの浅漬け
R0010954
野蕗の葉もこれでおしまい。
来年も島田農園で買って作るとしよう。

[昼食]
忘れた

今日は久々にデブ君の結婚式に行ったメンバー+Fちゃんとで宴会。
[夕食]
日本橋のバーレストラン ニホンバシイチノイチノイチにて。
R0010966
テラス席を陣取り、夜風に吹かれて日本橋を眺める。晴れていたらこの店最高ですねー。
お通しのゆず風味の鳥胸肉
R0010955
しっとりして美味しい。

残念ながら暗すぎて、
R0010958
料理はどれもピンボケ。でもどれも美味しかった。
R0010967
正直りきまるはこの手のダイニングバーの料理ってあまり期待していないのだが、良い方に裏切られました。

りきまるの誕生日が近いのと、師匠に初孫でできたということで、
R0010963
ダブルでお祝いしていただき、

りきまるは扇子をいただいた。
R0010964
みんな、ありがとう!

[おまけ]
あろうことか、帰りのコンビニでこんなものを買ってしまい。。。
R0010972
なんとか春雨のほうだけで踏みとどまった。恐るべし、わが食欲。。

ところで、今回のメンバーで、Fちゃん30代半ば、Sアラフォーの二人の女子がワンルームではない普通のマンションを買った。

ふと思い出したのだが、りきまるが入社した時、会社は親元通勤の女子しか採用していなかった。もっと言うと、四年生大学ではなく短大卒の女子の方が、企業でも家庭でも好まれていた。自宅から通っていて、小難しい主張などせず、自立自立など言わず、適度に教養を身につけた『お嬢さん』が好きであった。

りきまるの就職活動時代、女子の王道は青山学院女子短期大学、通称『アオタン』だ。いやそもそもちゃんとした『お嬢さん』の王道は、学卒後就職なんぞせず、家事手伝い後結婚というものだったと、会社のおじさん達が言ってたっけ。

バブル崩壊直後、前橋から東京に帰ってきた頃、まだ不動産は貸し手市場だったので、家探しは本当に大変だった。一人暮らしの女は嫌われ者。
不動産屋さんには、「世帯用マンションは、独身の女の人が入るとご近所の家族もちの方には、『風紀が乱れる』という人もいるから。。どうしてワンルームじゃだめなんですか?」と聞かれたりした。

今では手ごろな広さの一人用マンションが増え、女が一人で住む選択肢は爆発的に広がった。女の一人暮らしを『ふしだら』などと思う前近代的な思想は耳にすることがなくなった。

女を巡る環境は、かように大きく変わった。たった30年弱でこの価値観の変化にしみじみ驚くりきまるである。でも人生にいろんな選択の自由があるって、いいよね。

| | コメント (0)

2011年5月16日 (月)

朝倉山椒

今回京都での買い物のうち、もっとも嬉しかったものがこれ。
R0011305_2 
朝倉山椒である。錦の花やさんにあったのだが、あまりの香りのよさにノックアウトされ持ち帰ってきた。

ネットによると、山に自生する山椒は鉢植えや庭植えを好まず、突然死することがあるそうな。そうかー。。何回も山椒は買っているけれど、いつも枯らしてしまうんだよなあ。。大切に育てよう。

[朝食]
キウイとニューサマーオレンジ
R0010939

[昼食]
古川橋の近くのカフェにて。
カレー ご飯少な目
R0010940

[夕食]
近所のもつ焼きやにて。
サラダと
R0010941
もつ焼き
R0010942
本日はおとなしく、自宅二次会もなく寝た。

| | コメント (0)

2011年5月15日 (日)

子供の頃の味

[朝食]
せりのお雑煮
R0010923
昨日の京都の芹で今日はお雑煮。懐かしい味。りき家の雑煮は、子供の頃ずっと高知の田んぼで取ってきた芹で作ったお雑煮なのだ。

お昼に、やはり錦で買ったお豆を使う。
R0010922
子供の頃に母のお手伝いをした豆ってこんな感じだったんだよねえ。。つるがついていて、鞘の形も似ている。
[昼食]
豆ご飯
R0010925
あと、錦の鶏肉やで買ったものすごく良い砂肝も煮付けて食べた。(ピンボケで写真なし。)

午後、母のところに京都のお土産を届けた。
近所の工事現場は、クレーンの品評会みたくなっていた。
R0010927
ずたずたの我がふるさと。ちょっと切ない。

[夕食]
トマトサラダ
R0010935

錦でひとつだけ売っていたはもの子を卵とじにした。かかっているのは山椒粉。
R0010936
はも、でもまだ卵の季節にはちょっと早いそうだが。

生湯葉とあおねぎのお吸い物で
R0010934
お吸い物ってより、煮びたしですね。具を食べてる感じだし。

いただきまーす!
R0010937
もういっぱいは、お揚げの残りを焼いてつまみに。
R0010938
日曜劇場仁を見ながらいただいた。ああ、また仕事だねー。

| | コメント (2)

2011年5月14日 (土)

ホテルのあさごはん

たっぷりの朝寝坊。さて、朝食はどうしようかねえ。。外に行くのもいいけれど。。。
[朝食]
ホテルオークラのカフェにて。
フルーツ
R0010859
コーヒー
R0010860
この旅ではいつもよりコーヒーが好き。
フレンチトースト
R0010858
というセットをいただく。うまいうまい。
食べている間中、隣の席に、明らかにデベロッパーと見られるおっさん5人組み(しかも、偉い人から下っ端ーずまで、序列が手に取るようにわかる状態。)が、さかんにどこいらかの開発と地上げの状況と土地価格の話をしている。

見るからに、これから商談に乗り込むぞな気配。
いきなり現実に呼び戻されてげんなりするが、こういうギラギラした人達が回しているお金の一筋がりきまるのところにやってきて、こんな贅沢な朝ごはんを食べられるのだよね、きっと。

[おやつ]
通りかかった餅菓子やさんで、
R0010904
柏餅を購入。
R0010905
でもお餅が葉っぱにべたべたにくっついて、これははずれ。

寺町と川原町のいつも行くお店たちでお買い物のあとお昼。
[昼食]
川原町の魁力屋にて。
お子様用ラーメン ねぎ増し
R0010907
もう時間もなくて、雑貨やの向かいにあったラーメン屋でラーメンかっこむ。
その後錦市場で大急ぎでお買い物。久々の錦、とっても楽しい。

[午後の一服]
ギリギリで新幹線に駆け込み、まずはビール!
R0010908
車窓からは、水を引き入れたたんぼが見える。
R0010910R0010911
来週は田植えなんだー!楽しみだなあ。。
などと考えていたら、あっという間にビールがなくなった。ちょっと迷ったけど。。
車内販売でこれを買って、
R0010915
昨日買った柿ピーの残りを思い出してまたいっぱい。くー。。いい気分じゃ。外はまだ明るいけどね。
齢49歳にして、人目が気にならない人生を手に入れた。これはこれで幸せなんではないかしらねえ。

[夕食]
錦で買ってきたものでばんごはん。
まずはたけのこの木の芽和え
R0010916
ものすごく元気なせりを見つけたので、おひたしに
R0010917
お揚げを焼いて青ねぎをたっぷりのせた
R0010918
蓬の生麩
R0010919
いただきまーす!
R0010920
食後は買ってきた塩辛でいっぱい。
R0010921
この塩辛はイマイチ。自分で作ったものの方がずーっと美味しいんだよね。







| | コメント (8)

番外編 : 水と緑の京都

今日はいい天気だ!
体も疲れているし、あまり無理をせずのんびりいきたい。はやる心をおさえて遅い朝ごはんのあと、ホテルでレンタサイクルを借りて散歩に出ることにした。

大好きな高瀬川の流れと
R0010861
鴨川の景色。
R0010863
ひたすら東に向かう。
R0010864 R0010865
これ、なんだろと思ったら、
R0010866
国際交流会館だそうだが。。。正面にヒランヤのマーク  ってことは、もしやフリーメーソン。。?(思わず『龍馬はフリーメーソンだった!』の本を思い出すりきまる。わっはは。)

哲学の道にたどり着く。
R0010870
心地よい風に吹かれながら、自転車を押して歩く。
R0010871

向かった先は、法然院。
R0010874
生涯本願念仏の教えを説いて回った法然は寺を持たなかった。ここは、弟子の一人が開いた念仏場である。
入り口に立つとこんな碑が。。
R0010877
うーむ。。誰か解説してくだされ。酒好きで肉好きは入るべからずといっておるようじゃが。。さすればりきまる、入る資格ないじゃんかのう。(涙)

入るとすぐ左右にある白砂壇という盛り砂、この間を通ると心身を清めてくれるらしい。
R0010880
されぱ酒と肉肉星人のオレ様もお清め完了じゃー。わーはははは!(←このバチあたりもの!)

残念ながら本堂の中にははいれなんだが、
R0010883 R0010885R0010889
普通の寺のように、パンフもなければお賽銭箱もない。
R0010893 R0010887
質素で静かな空間がただそこにある。

静かに心清めて寺を後にした。
R0010899
実は法然上人はりきまるがとても尊敬している人物の一人である。そしてこの隣の安楽寺も法然ゆかりの寺であり、案内が出ていた。
R0010900
出家のための寺、貴族たちのための宗教であった仏教。それと真っ向対立し、町にいてで衆生を救う道を選んだ法然は、当時の宗教界の異端にして忌むべき存在であった。
だから彼も彼らの弟子たちも迫害を受け、ついには流刑にもなった。

しかしその頃の宗教界の中心にいて、策をめぐらせ法然たちを追いやった高僧達の名を後世の我々は知らぬのだ。

歴史というものは、その時々の勝ち組が記録するものであるから、権力争いに負けて非業の憂き目に会ったものは記録では抹殺されたり、歪曲されたりして後世に伝わる。

しかし法然についてはむしろ逆だ。
真実は時として為政者の策略を越えて伝え残ることがある。不思議なものだなあとつくづく思うのである。

などなど思いつつ、
R0010901
水と緑を満喫しての短い京散歩でありました。

| | コメント (2)

2011年5月13日 (金)

京都、そぞろ歩き

[朝食]
ホテル近くのふるーい昭和な趣の喫茶店にて。
トーストのモーニングセット
R0010810
ふわふわでかりっと焼かれたトーストに、昨日の博多を思い出す美味しいコーヒー。こういう朝食、大好きです。

昼から大阪のメンバーや、親会社の大阪本社の会議へ出席。

現場の主力がふた世代若返っているのを感じる。彼らが主役となる仕事の演出家として生きるのが、定年まであと10年となったサラリーマンに期待されることなのかもしれない。定年までいられるのかはしらないけれど。

[昼食]
北浜のかんてきや要にて。大阪の部長と昼食。
松花堂弁当
R0010812
天ぷらはかりっと揚がっているし、煮物も美味しい。お吸い物もとてもよい。
大正時代の北浜の商家を改装したという店内は、とても雰囲気がある。

お店の人の了解をいただき、写真を取らせていただいた。
R0010813
この1階席、とてもいいなあー。。

さて、出張の仕事も完了!ホテルで荷物をピックアップしたあと、京阪淀屋橋にタクシーで向かうが、途中でこれがあるのに気づき降りる。
R0010814
緒方洪庵の寓居跡と適塾だ。

京阪に乗って京都に出てチェックイン後、一杯やりに夜の街に繰り出す。
R0010816
[夕食]
京都のブラッスリーカフェ ONZEにて。
インゲンとマッシュルームのサラダ
R0010818
いんげんの湯で加減が大変好み。

京都の夕食の定番、れんこんやさんに行ったらなんとおかみさんが怪我をされたということで6月まで閉まっていた。
ならば、以前通りかかって気になっていた、四条から木屋町を下ったビストロに行ってみることにした。
パテとフランスパン
R0010819
どひゃーって量のパテ、もりもり。
ハウスワインをデカンタでハーフボトルでオーダー。安いけどとてもいいワインです。
R0010820
(ちなみにその前にシャンパン一杯やってます、このおばさん。)

ブダンをがっつり
R0010821
えーっと、一応解説しておくと、豚の血のソーセージですね。女が好んで食べると、日本ではもてなくなる料理の筆頭に上がると思われますが。

それとフリット!
R0010822
うまーい!!

出張疲れとあいまって結構酔っ払ってしまったが、お約束のお散歩に出た。
R0010831
いつも歩くコースは一緒なんだけれど、
R0010823 R0010825 R0010829 R0010830
やはり京都は美しいねえ。。。
R0010841
古い町並もだけれど、

なんと言うことはない、最近できた公共スペースでさえ、
R0010846
京の美意識に圧倒されるりきまるである。

ホテル近くのアイリッシュバーで一杯やった。
R0010853
今回の宿は、いつもより張り込んでオークラにした。
R0010854
とはいえ土日ではないので、じゃらんの安いプランで1万1千円である。ツインをシングルユースにしてくれて、とてもリラックスできた。

こんな贅沢も、会社でがんばることで手に入るのだから、仕事と今与えられた境遇に感謝しなくちゃいけないんだよね、きっと。

| | コメント (5)

2011年5月12日 (木)

駆け足の福岡出張

[朝食]
抜き

朝早い電車で羽田に向かう。
朝一番のフライトで博多入りして、夕方まで何本かのミーティング。

[昼食]
会社近くの喫茶店の定食
R0010793
時間もないし、『名物』とかでなくていいですよね。と言われここに。もちろんですとも。
ご夫婦でやっているこのお店、家庭的な味で美味しい。カツも揚げたて。その上ご主人がサイフォンで入れてくださるコーヒーはとっても美味しかった。なんだか得した気分。

夕方から大阪に移動。今回は新幹線を使う。
R0010794
博多駅が新装オープンされていてびっくり。

ホームに行くと。。
R0010800
九州新幹線が止まっていた。
R0010798
隠れ鉄っちゃんりきすけ、大喜びで撮影していて、自分の電車に遅れそうになりました。

[ゆうげの一杯]
ビールと明太ちくわ
R0010801
ふー。。今日は疲れたなあ。一日が長く感じられるよ。
でも乗り鉄っちゃんだから、未制覇の博多~広島間を乗るのが嬉しくて、
R0010804
嬉々として車窓からの見知らぬ風景を眺めていた。

[夕食]
大阪四ツ橋 ホテル近くのお店にて。梅田に着いたのも9時過ぎ。明け方から起きていたのでくたくた。
梅田で行きたかった店に行く気力もなくホテル近くの店にふらりと入る。
まずはワイン
R0010807
でも料理は全部外してしまい。。
水なすのマリネ
R0010808
どうしてこんなに硬いのか意味不明。
チコリとシェルブールチーズのグリル
R0010809
周りの甘いソースと合わせると、どうしたらいいのかわからない味。

ということで、疲れた上に晩飯には恵まれぬ出張でございました。

| | コメント (0)

2011年5月11日 (水)

[朝食]
納豆卵かけごはん しょうがスープ
R0010785
震災からこっち、ものすごく手に入りにくかった納豆が、少しずつ入荷してきたね。

[昼食]
芝商店街の生駒軒にて。
酢豚定食
R0010786

[夕食]
コレド日本橋の維新號 甬江にて。以前のプロジェクト時のコンサルさんと久々に会食。
今の会社に出向したとき、お祝いしましょう!と言っていただいていたのである。お会いするのも1年半ぶりくらいかなー。
すべて一人分ずつ取り分けてサーブされる。
前菜盛り
R0010787
海老と野菜の塩炒め
R0010788
牛の黒胡椒ソース
R0010789
これは何だったっけ。
R0010790
えっ、それをスープにするんだ。。。とびっくりした記憶はあるのだが。
個性的で美味しいスープであった。

蒸し魚
R0010791
北京ダックを食べたけど写真はなし。

〆は冷たい汁そば
R0010792
爽やかでとても美味しかった。 ご馳走様でした!

久々にお会いし、昔の仲間の話などを聞き、大いに話してとても楽しかった。

が、不思議なのだが、以前この方たちと話していたときの自分と今の自分、何かが変わっているのを感じた。自分の中の根っこが植わっている位置がほんの少し変わったような不思議な気持ちになったのである。

普段会わない人と話すと、これがはっきり自覚される。まるでその人を通じて自分の姿が映し出されるように。これは今までになかったように思うのだよねえ。

仕事と自分の関係、人と自分の距離感、社会の動きと自分の立ち位置というのがあきらかに変わったのだ。うまく説明できないけれど。
地震やその前から続けている社外活動とか、年齢を強く意識するようになったこともあるのかもしれない。

とあれ、嫌な変わり方でないことを祈るなあ。個性強い老人にはなりたいけれど、嫌なババアにはなりたくないからね。。

| | コメント (0)

2011年5月10日 (火)

地震の残骸

目覚めると二日酔い。
いちごのショットガンだよー。。あれすげえ強いもんね。。とのろのろとしたく。
[朝食]
マンゴーティー 果物
R0010778
最悪な気分とはうらはらに、しごく爽やかな朝食風景に撮れてるんですけど。

今朝は直行で海浜幕張に行く。
駅前の歩道を歩いていて靴のつま先がこつんと何かにひっかかった。何かと思って足元を見ると、地面ががたがたなのである。
びっくりして周りを良く見ると、コンクリのベンチは左右の足のついた地面がひどい段差になり割れていたり、道路標識や電話ボックスが斜めになっていたり。

見ていると平衡感覚がおかしくなる感じ。そうか、液状化ってこういう事なんだ。。

[昼食]
日比谷の国際ビル地下の飲食街KUNIGIWAのどこかの店で。
ビビンバ定食 ごはん半分
R0010779
帰り道、一緒に行った子とお昼。二人とも体重増加傾向で軽くしたかったんだけど、結局重いものしかなくてねえ。。
最近お弁当も定食も、ほんとドカン系が多い。あっさりという選択肢が少ないのでつらいよね。

夜はおやくそくのカイロに行く。ありえないほどあちこちがガチガチ。
程よくほぐれたら、やはりおやくそくのここに。

[夕食]
虎ノ門の大串にて。
焼き物は
R0010781
おやくそくより1本減らして、
R0010782
煮込みではなく
R0010783
らっきょやところてんで
R0010784
軽く仕上げた。すべて昨日の夜の反省からである。くっすん。

| | コメント (0)

2011年5月 9日 (月)

殺人たばこ

[朝食]
メロンヨーグルト
R0010767
残念なことに、1週間の禁酒の成果はまったくもって出なかった。まああれだけ甘いもの食べてたら当たり前といえば当たり前ではあるが。

営業部の役員、先週心臓の手術を受けたばかりだと言うのに、もう復帰していた。
心臓の血管の拡張手術。でも開胸せず手首の動脈を切ってカテーテルを入れての手術。

挨拶に行ったら、「見て見て、これ!バンドエイド。ふざけてねえ?手術の翌日からバンドエイドなんだよねー。」と見せてくれた。
血管からやる心臓の手術もすごいけど、動脈切ってバンドエイドもすごいよね。本当に医術の進歩はものすごい。

[昼食]
蕗の葉のめはり  おにぎり権兵衛のおかずテイクアウト
R0010768
お昼は軽くする。夜、宴会だしね。
たけのこ堀したときに買った野蕗の葉を塩漬けにしていおいたので、玄米じゃこのおにぎりを包んで会社に持っていった。柔らかな蕗の香りが良いね。摘みたての野蕗の葉は普通のものよりずっと柔らかである。

[夕食]
東麻布の魚亀にて。延び延びになっていたわがチームのキックオフ。
コースでいただく初魚亀。
かにとか
R0010769
さしみとか、
R0010770
焼き魚とか、
R0010771
〆にはつみれ汁。
R0010774
たっぷりお魚を食べる。欲を言うと、りきまるはもう少し野菜も食べたいけれど。

くだんの役員にも参加いただいていたのであるが、そんな大手術後だというのにタバコを吸っていた。いいんですか?!と聞くと、タバコの箱を見せてくれた。
R0010772
わはははははー。。
R0010773
いまどきのタバコには、箱にこんなこと書いてあるんだ!

りきまるが学生の頃、専売公社って絶対につぶれない会社のひとつのように思っていた。そのわずか20~30年後、タバコが今のように忌み嫌われると誰が想像しただろね。

かように未来のことなど絶対に判りようがないのである。
りきまるがばーさんになった時、どんな価値観の世の中になっているのであろう。わずか20年でりきまるは70歳である。

[二次会]
月曜だし少人数で麻布十番のプレゴに流れた。
お約束のハニートーストに
R0010776
いちごのショットガン(注.たくさん。)
R0010775
ハニートーストは、思い出しても恥ずかしいくらいがっついて食った。

一週間の禁酒もめはりもすべて一夜でぶっ飛ぶような飲み方をしてはいかんのう。。(涙)

| | コメント (0)

2011年5月 8日 (日)

連休最終日

[朝食]
メロン
R0010753
うまいうまい。もうちょっとだけ早く食べたほうがよかったけどね。

朝食食べながら1号を眺める。
R0010755
1号は最近また我が家のベランダを狙っているハトに釘付け。

昼前にかーちゃんところに行く。母の日なので、プレゼント代わりに役務を提供。重たい猫砂などを購入して自宅に運ぶ。

その後車でかーちゃんお気に入りの麻布十番のオーガニックストアに買出し。
[昼食]
麻布十番のサボイにて。
R0010761
二種類のピザをたのんで半分ずつ食べた。
車なので酒は飲めない。

今回1週間禁酒してみて思ったんだけど、「これは絶対酒抜きで食うのはきつい。」と思っているものでも、結構水でいけますね。

[夕食]
大根おろしにはじゃこと大葉をたっぷり
R0010765
新鮮ぴかぴかな山うどは酢味噌和え
R0010762
うどの葉っぱはおひたし。醤油と煎り酒の半割りをかける
R0010764
あとは豚汁。
R0010763
いただきまーす!
R0010766

あっという間に大型といわれる連休は過ぎた。
一人で一日ぼーっとしてることはなくて、毎日誰かか何かのために動いていたお休みだった。でも誰かのために動くと、逆にそれで自分が救われている気分になるものである。

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

休日出勤

[朝食]
メロン
R0010748
さーて今日はお仕事。震災の影響で延期されていた関係会社のキックオフミーティングに参加するのだ。
よりによって連休中の土曜に開催されるメールが来たとき、参加不参加で踏み絵を踏まされるような気分だったが、観念して上司、部下と隣の部の部長と参加した。

[昼食]
会場の食堂にて。
ねぎとろ丼
Nec_0042
ねぎとろって、まぐろに油を混ぜた偽者が多いんだけど、ここのは結構いけました。

夕方から懇親会。
以前出向もしていたこの会社とは、今の仕事でいろいろとお世話になっている。おまけに今期も現場からは協調の期待が高い。

ということで、立食パーティーではいろいろな人に挨拶して回る。

みんなフレンドリーで嬉しい。
出向している時は色々あったし人に嫌がられる仕事が多かったのだけれど、こうして元の仲間として協力してくれるのを見ると、経験に無駄はないものだなあとつくづく思う。

[夕食]
さやえんどうをマヨソースで食べたり
R0010749
鶏肉とたけのこの赤ワイン煮を食べたり、
R0010752
しばしのんびりすごした。
大型といわれた連休もあっという間にあといちにちだ。

| | コメント (0)

2011年5月 6日 (金)

食べログの評価

[朝食]
カンパーニュサンド  バナナとヨーグルト
R0010739
連休なか日、まだ電車もすいてるし、なんだか仕事をやる気がいまいち起きないんだよね。

[昼食]
会社の近くのとあるそばやにて
盛りそば
R0010741
さっぱりと上質なそばが食べたくなって、ネットで評判だったので来てみたが、うーん。。高い割にイマイチ。
最近ついつい食べログの評価をうのみにする事が多いんだけど、ほどほどが肝要であるよ。

[夕食]
こんにゃくと揚げボールの煮物 大根の糠漬け サラダ 明日葉のおひたし 松前漬
R0010747
いただきます!
松前漬ってこんな時期に食べるもんじゃないんだけどね。生協で買った松前漬の素があったのでね。
にんじんと数の子を沢山いれた松前漬、大好きなのであります。

| | コメント (0)

2011年5月 5日 (木)

禁酒焼肉

[朝食]
若竹汁 ヨーグルト ドイツパンにサワークームを塗ってバナナをのせた。うまいし。
R0010729
食べたら生協で仕事。

[昼食]
甘味やで買ったおいなりさん 太巻き かんぴょう巻
R0010730
甘味やさんでおだんごとかの隣に並んでいるこういうのが大好きさ。

[おやつ]
生協で買った、おやつ黒豆
R0010731
日配コーナーにいるNさんに、すごく評判いいんだよねと教えてもらったので試してた。甘さ控えめですごく美味しい。

[夕食]
あしたばとお揚げの煮びたし
R0010735
あしたばは、生協で買った祖師谷の島田農園さんのもの。やわらかくて美味しい。癖があるという個性的な香りも好み。

あと、焼肉!
R0010736
ことことさんのブログで見てにわかに食べたくなって、

おんなじ食べ方(ご飯レス) で
R0010737
ぱくり。   うまーい!   うー。。ビール飲みたい。。

で、

食後こんなんやるくらいなら
R0010738
ビールでも飲んだほうがいいような気もしないでもなく。。でもまだ禁酒は続くよ。

| | コメント (0)

2011年5月 4日 (水)

上町散歩

[朝食]
ちまき

今日は早くからきびきび家事!      というイメージとは裏腹に、朝からだらだら。
まあたまにはいいか、こういう休日と自堕落な自分も。
R0010716
と、追加のキウイヨーグルトを食べながら考える。

[昼食]
たまねぎどっさりのナポリタン
R0010718_2
天気もよいので食後は散歩で世田谷線に乗って上町に出る。世田谷線、のんびりしていいよね。
代官屋敷に向かったが、普段は一般公開なし。ということで、
R0010719_2
近くで買った柏餅味噌あんをぱくぱく。

[おやつ]
上町のfraoula(フラウラ)で買ってきたサバラン
R0010723_2
今週1週間の禁酒中。それをいいことに、すっかり甘いものぱくぱく。これではダイエットになりゃしない。

そんでもって、テーブルには花など飾っちゃったりして、(しかも色はピンクだし。。)
R0010722_2
なんか女子~な午後である。

ところでフラウラの近くで、荒木経惟に遭遇した。
なんと言うか、TVや写真で見るアラーキーそのもので(当たり前だが)、すごく遠くからも「あっ!アラーキーだー!!」とわかる存在感。

世田谷通り沿いの歩道にある、『コ○ドーム』のぼろぼろな自動販売機などを写真に取っていた。そんなモンがまだあるのを見つけるのはさすがです。

[夕食]
たけのこの木の芽和え
R0010726_2
こいつで日本酒いっぱいやったら最高なのになー。。
砂肝のサラダ
R0010725_2
この前ことことさんで試食させてもらった砂肝の塩和えを思い出しつつ作った。
ドイツパンのカナッペ 白いのはサワークリーム。
R0010724_2
国籍ぐちゃぐちゃな明らかに酒のつまみたち。

でも禁酒は続くよ。
R0010727_2
いただきまーす!

食後はマンゴーティー飲みのみ、煩悩を抑制。
アメリカの有名なフランス料理家のジュリアと、彼女の料理本のレシピ500以上を1年で作るブログを書いた女性の実話、ジュリー&ジュリアを見た。

どちらもだんなさんが大変だなーって感じ。パワーのある女性の夫になるというのはなかなか大変なのである。でもその分受け取る人生の楽しみもでかいはず。

ところで2年位前に行った、『全部お見通しですか!』な占い師に、「いやー、りきまるさん結婚はしますよ。なんと言うか、やさしい人ですけどね。」と言われていたのを思い出した。

あのう。。りきまるの運命のひと。
もじもじしてないでとっとと出てきてくださいなー。楽しい人生だけは保証しますぜ。うはははは。

| | コメント (4)

番外編 : おねえさんとあそんであげました

端午の節句も近いし、ちまきを食べた。
R0010695
うまいうまい。残った紐で2号と遊んでやるとしよう。

なーんニャ。
R0010710
あたちとあそんでほいしんニャか?
れんきゅうなのに、ろくなよていもニャいもんね、おねえさん。(うるさいぜ!)

むー。。。
R0010709

こういうのにねこはちょっとよわいんニャ。
R0010702

くんくんくんくん
R0010707
こういうのって、ついー。。  

てもでちゃうニャッ!!!
R0010704
ねこだもの。(そだよねー!)

くちもでちゃうニャ!
R0010697_2
(わはははー。変なかお~。)

ちょっとちょっとー。。
R0010703
ヘンがおなんか、ぶろぐにのせニャいでよね!(やなこった!わははははー。)


[おまけ]
にごうのえにっき。

ごがつよっか
ごーるでんういーくだというのに、でーともなくてひまでかわいそうなおねえさん。
さみしそうなのであそんであげました。
R0010696
ぶろぐように、かめらめせんもしてあげました。

ぼらんてぃあのつもりでしたが、
R0010711
おねえさんがひもをしまうと、ちょっとさみしかったです。

| | コメント (0)

2011年5月 3日 (火)

カップケーキのお手伝い

[朝食]
若竹汁
R0010686
薄口しょうゆを切らしていて、濃い口を使ったので色は茶色いけどしょっぱくないのよん。

今日もことことさんに、被災地支援のお手伝いにお誘いいただき出かけていく。今回はなんとカップケーキを900個も作るというのです。ケーキ作りも久々だけど、数が数だけにまったくどんな手順か想像がつかない。

まずは卵をばりばり割ったり。
R0010687
これ、一回焼く分。これを延々。割るのは楽だが生地作りは半端ない。ことことさんのたくましい手さばきを見ながら、パティシェって超重労働であることを理解するりきまる。

[昼食]
差し入れのおにぎりとか、豚汁とかパンとかみんなでいただく。
R0010688
ごちそう様です!ちなみにりきまるは何も持っていかなんだ。とほほ。
にしても、ケーキの焼ける匂いの漂うキッチンって、とてもも幸せ。被災された方々に、自分で調理する楽しみが一日も早く戻るよう祈らずにはいられない。

実家に行く用もあるので、4時くらいにはあがらせてもらって帰る。

新緑がきれいだね。
R0010689
ついこの前まで寒い春に震えていたのに、季節が進むのは早いものだ。

[夕食]
蕗と豚のソテー 島ラッキョウ塩漬け 絹さやとモロッコインゲンごま酢和え もずく酢
R0010694
などでいただきます!

| | コメント (4)

2011年5月 2日 (月)

海舟焼

[朝食]
メープル味のフィナンシェ ヨーグルト
R0010681
三軒茶屋のかごーくおいしいフランスパンのお店で買ったフィナンシェ。とてもおいしいのはいいが、最近こいう類のものが部屋にごろごろしていることは誠に遺憾。。。

今日から新しい人がチームメンバーに参加。
今の仕事を一人から始めたりきまる。人が増えるということは会社から投資されているということである。大変ありがたい。扶養家族も増えたし、気を引き締めて成果を出そうと思う。

[昼食]
芝グランドホテルのパンセにてランチオン
R0010682
昨日の摂取カロリーを考えると、絶対まぐろどんだと心は叫ぶが、誘惑にあっさり負ける最近の自分の精神力は誠に遺憾。。。(涙)

連休に仙台に帰省していたA課長が、個人的には萩の月より好きな(で、会社におやつに持ってきていたであろう)支倉焼というのをくれた。
R0010683
とっておきのお菓子、ありがとうです♪

[夕食]
サラダ
R0010684
ここのところのおのれの食行動を反省しつつあっさりまとめた。この反省が長続きしないのが誠に遺憾。。。(大泣)

と反省するそばから、
支倉焼を牛乳で食べた。
R0010685
A課長おすすめの食べ方。うまいです!

ところで、この支倉焼(ちなみに文倉焼ではない。念のため。)、伊達政宗の家臣で江戸初期にヨーロッパに渡った支倉常長をたたえるお菓子なんだそうな。
仙台が誇る郷土の偉人。各地にそういうものにちなんだ物産が色々あるよね。

東京も地方に負けず劣らず、歴史上の偉人も輩出しているのではないかね。しかし誰もそれについて語ろうとはしない。
海舟焼、海舟饅頭、勝煎餅とかあっても良さそうなもんだって思うんだけど、東京の人間は誠にあっさりしているものである。
いや、饅頭にしたらさ、勝先生は怒るかな。あはは。

| | コメント (0)

2011年5月 1日 (日)

前編 : イベリコ豚まるのたけのこ堀

[朝食]
バナナヨーグルト
R0010643
朝食済んだら車を出して、近くの駅で後輩をピックアップしてたけのこ堀に行く。
車の中で、後輩に聞かれる。
「りきまるさん、聞いてなかったんですけど、どこの山行くんすか?」

いやいや、山じゃないのよ。なんと世田谷区の農園でたけのこを掘るのよん。
R0010657
さーて掘るぜー!マイスコップ持参で掘る気満々のりきりき。

笹の葉に覆われてわかりづらいんだけど、できるだけ土から出てないのを探して。。
R0010647
ひたすら掘る!
R0010649

りきまる、実はこの頭の出てないたけのこを見つけるのが異様にうまくて、おのれの隠れた才能にびっくり。

「ここいら、ありませんねー。。」と後輩が言うそばから、
R0010650
大量の群生地まで発見したり。

おかげで、『イベリコ豚』と言われちまったが。
あのう。。
それはイベリコ豚じゃなくて、トリュフをみつける豚のこと言ってますかね。

多少掘るのに失敗しちゃったって、
R0010652 R0010655
自分で掘りあげたたけのこはうれしー!
R0010654
そよそよと葉ずれの音がする竹林はとてもさわやかで、
R0010656
青空が見えたらきっと最高だね。

そして島田さんの農園には、野蕗も沢山はえていて、これもつむことができる。
R0010660
沢山のたけのこと蕗を2000円で購入。
R0010659
やっすーい!秋の芋ほりに続き、ありがとうございました!!

自宅に帰ってたけのこを洗って、
R0010665
さて、宴会の準備と行きましょうか!!

| | コメント (2)

後編 : 掘りたてたけのこで宴会の巻

たけのこは、お湯を沸かして堀に行けと言われるほど、即ゆでがベスト。
さっそくぐらぐらゆでるが、スーパーで買ったものとは比べ物にならぬほど早く茹で上がる。

[昼食兼夕食]
若竹煮
R0010666
焼きそら豆
R0010668
野蕗のおひたし
R0010669
小雪蕪の浅漬け
R0010670
トマトサラダ
R0010672
たけのこのお刺身
R0010671
たけのこと豚肉の木の芽炒め
R0010667
木の芽はいつもの近所の緑道で後輩とつんできたもの。(後輩、びっくり。)

あれこれ用意して、いただきまーす!!
R0010673
あっさりめのスタートであるので、お次は少しこってりと。
タンドリーチキン
R0010674
これは麻布十番の有名なカレーショップ、きりん屋のタンドリーチキンのもとを使用。
フライパンで焼いたが、うーん。。やっぱオーブンにしたかったなあー。。という感想。焼き加減はオーブンには勝てないよね。

とっておきのワインをあけて
R0010675
お土産のパンも切って
R0010676
このパン、うまいねー。。

で、なぜオーブンを使わなかったのかというと。。。

キッシュを焼いていたからさ。
R0010678
ポロねぎとアスパラとブラウンマッシュルームと、ベーコン、チーズのキッシュ。
台まで自分で作るのは初めて。ギザギザになって王冠みたいなのはご愛嬌ということでご容赦くださいませ。

このキッシュ、渡辺麻紀さんの本のレシピだ。(正確に言うと、具は自宅にあったもの、アパレイユと台のレシピです。)
R0011030
見た目も楽しいし、とても美味しかった。今度はテリーヌを試してみよう!

〆はたけのこと蕗の薄味煮と、鯛の塩焼きのちらし寿司
R0010677
あー。。満腹満腹!ごちそう様でした

その後みんなで駅前のタリーズで一服。

酔っ払って記憶おぼろだ。
あんだけ食べたのに、シナモンロールを買ったのが
R0010679 R0010680
自分でないことを祈るばかりである。

残ったゆでたけのこはお土産で持っていってもらった。
皆さん、お疲れ様でした!!

| | コメント (9)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »