« 後編 : 旅は道連れ | トップページ | 28日、すし屋でイカフライ  1日、記憶のない店 »

2011年2月27日 (日)

前編 : おのれの気づかぬおのれの魅力

[朝食]
ホテルのバイキングにて、おみおつけとか、フルーツとかをつまむ。

さて、最後の訪問先は白しょうゆメーカーの七福醸造さんである。

お約束の製品説明を受けるが。。
Dscf9166
ここは独特の経営をされていて、企業理念とかいった話が中心となった。

塩を使った製品を製造しているから機器類は普通
Dscf9169 Dscf9171

塩害で錆びてぼろぼろになってしまうらしいが、
Dscf9170
機器はみんなぴっかぴか。
Dscf9174
なんでも精神修養の一環として、従業員全員で場所を決めて機器を磨いているらしい。まあ、モノを大切にするのは良い事であるがね。

「身の回りの整理整頓ができない社員は仕事もできない。査定の時期は、私物入れもチェックします。」

ひー。。。

そうなんだけど。そうなんだけど。。そうなんだけどさあー。。。

思いっきりの自己反省と、仕事を思い出しそっと汗を拭くオレ。とほほ。

気を取り直して、製品の説明を受ける。
普通のしょうゆの原料は大豆、が白しょうゆは小麦が主体。
Dscf9172
本当は小麦100%にしたいのだそうだが、大豆が入らないと『醤油』と呼んではいけないそうなので、少し大豆を使用している。

白醤油の味見をさせていただく。これが醤油かって驚くよね。
Dscf9173
一口なめて、『ヴァイツェン』(白ビール)を思い起こす風味を感じた。なるほど。。ヴァイツェンもこれも原料は小麦だもの。

白しょう単品は主に料亭に業務用で出荷さている。家庭用はこれにだしを加えた白だしを主力商品として販売。

この樽は、新しい素材を使用する試験に使っているそうである。
Dscf9178
売店で試食をして、お土産に白だしをいただいた。白しょうゆを買おうとしたら、なんと1升しかないとのこと。ああ。。。残念。

最高のだしを加えて最高の商品にしたてているからそれを買って欲しいというメーカーの自負はとてもすばらしい。
が、りきまるは白しょうゆを使って、いろいろな料理に試してみたいのだ。
ドレッシングにするもよし、ベジだしに合わせるもよし。メーカーのお仕着せでなく。料理好きなヤツの調味料へのアプローチってみな、そうなんじゃないだろうか。

だから小さい容器に入れた白醤油単体で商品化したら、もっと売れると思うのだけれど。。。
などなど思う。


ということで、一泊二日、碧南市を巡る授業は終了した。
今回は珍しく飲みすぎもせず、夜更かしもせず、ゆったり授業を受けられた。一方ちょっと物足りなさを感じたこともまた事実である。

昨日醸造所を回っていた時、素通りされてしまってがっかりしたのが、碧南の古い町並みである。

醸造の文化とともに歩んできたであろう、板塀の路地や古いお寺々(びっくりするほど沢山ある。)も、あわせて散策できたら、もっとこの町の魅力が増すのではないだろうか。

その土地の美しさ、よそものから見た時、ぴかぴかと輝いて見える魅力は、なかなか地元の人にはわからないものであるよね。
まるで自らの美しさに気づかず、コンプレックスを抱いている美人のように。

終了後のアンケートに、そんな要望も入れた。この授業は今回が初の取り組み、次回以降も継続するそうなので、きっとどんどんパワーアップすることでしょう。

醸造の町、碧南。独特の醸造文化に触れたい方はぜひ一度訪れてみてくださいませ。

|

« 後編 : 旅は道連れ | トップページ | 28日、すし屋でイカフライ  1日、記憶のない店 »

コメント

偶然にも、ほんの数時間前、七福さんの白だしを、スーパーで手にとって眺めていたところでした。 びっくり。
いつも置いてある三河白だしがなくて、どうしようかなぁ〜と。

今日は買わずに帰ってきたけど、買ってみます!^^
おすすめの使い方があったら、また紹介してください。
(私はいつも、うどん、茶碗蒸し、白和え、出し巻に使ってます。)

投稿: chov | 2011年3月28日 (月) 16時46分

chovさん、
茶碗蒸しと白あえ!そうですね♪ひとり分のだしをとるのは面倒で、食べたくてもらやずにいました。
これからの季節は、蕗や竹の子なんかの煮物に使っても、色よく仕上がりそう。
色々試してみますね!

投稿: りきまる | 2011年3月29日 (火) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 後編 : 旅は道連れ | トップページ | 28日、すし屋でイカフライ  1日、記憶のない店 »