« あと二日を耐える金曜 | トップページ | 番外編 : 布団小僧 »

2010年11月27日 (土)

木々は雄弁に語るのである

[朝食]
りんご

今日は気功体操。くたくただが、りんごかじってとにかく向かう。
昨日からの頭痛は引きずるわ、胃はカチカチな感じだわ大変な体調。背中をさわってもらうと、胃の裏あたりで固まってしまっているとのこと。

みっちり体を動かすと少し楽なった。
[昼食]
新宿駅南口近くの構内立ち食いそばやにて。
なめこそば  麺少なめ
Dscf8112
時間もないので、立ち食いですます。
大急ぎで農大に到着!銀杏がきれいだねえー。。
Dscf8113_3
が、教室にいくと誰もいない。事務所で聞くと、今日は砧公園で実習だったことを思い出す。体調も悪いが、どうしても実地で聞きたいので、根性で砧公園まで追いかけた。

砧は秋一色。
Dscf8137
無事合流もでき、授業を受ける。
Dscf8120

針葉樹の枝を落としたところ。年輪の真ん中は上の方についている。
Dscf8116
下の年輪の幅が広くなっていて、その部分が枝を支えるのよん。

木は何かに接すると、それを押し出そうとするができないとわかると
Dscf8127
このように飲み込みにかかます。

砧公園は元ゴルフ場で、自然林に比べて地盤が固いので、
Dscf8125
根が地価にもぐれず、こんな風に表に出ていたりするんだって。

これは最近落雷があり切り倒した木。
Dscf8126
中の黒い年輪は、風で強く左右にゆさぷられた時にできたクラックなんですと。(しかも年輪から風が吹いた方向までわかる!)

左の枝にやたらもしゃもしゃ出ているのかやどり木。クリスマスに飾るミスルトゥ。
Dscf8133
実を鳥が食べるのだが、種の周囲が強い粘着質なので、鳥が糞をしても下に落ちず枝つき、木に寄生することになる。

ところで大きな木の下から上を見上げるのが好きだ。なんだか落ち着く気がするのは
Dscf8135
人間の祖先が森に住んでいた頃の遺伝子の記憶ではないかといつも思う。

いろんな病変の観察。これは瘤。病気です。
Dscf8134
これはオーストラリアから入ってきたきのこ。乾燥すると木に寄生する。
Dscf8147
これがつくと大きくえぐて弱くなり、いずれは木がだめになる。都市部で大発生しているそうな。そう言われてみると、どこが出見た記憶があるよ。

これも病変。うつる病気なので、昔の人は森の中でこの病変を見つけるとただちに切ったそうだ。
Dscf8148
間違った枝打ちをして木を痛めているものも多かった。
昔の人々が積み重ねてきた木を育てる知恵が断絶してしまいつつあるんだって。

3時間、木がその形から様々なことを私たちに語りかけてくる様子を書ききれないほどみっちり学んだ。
Dscf8146
静かに見える木々の生態はアグレッシブで、つぎつぎに環境に順応している。じっと観察するとくまなくそれを知ることができる。木々はとても雄弁に語っているのである。

[夕食]
今夜もかーちゃんと車で買出し。母の分の食料と猫たちの食料。
Dscf8149
ちゃんと作るつもりだったけど、あまりに疲れて全部買ってきたお惣菜にした。

かーちゃんを実家まで車で送って、自宅に戻ると12時を回っていた。
頭ががんがんする。ベッドに倒れこむようにして寝る。10月から続いていたハードスケジュールも今日で一段落だ。

|

« あと二日を耐える金曜 | トップページ | 番外編 : 布団小僧 »

コメント

>中の黒い年輪は、風で強く左右にゆさぷられた時にできたクラックなんですと。(しかも年輪から風が吹いた方向までわかる!)

木は語る、ですね。深いですね~
そういえば、人生は顔に出る、とも言いますね。
顔のシワはまさしく年輪ってところですな(笑)

今日の日記を読んで星野道夫さんの「旅をする木」を思い出しました。
単なる「木」つながりですが(笑)

投稿: nyu | 2010年12月16日 (木) 19時56分

nyuさん、お久しぶり〜!
そーなんですよう。
年輪を重ねた木は、木陰や実りで人を癒しますが、年輪を重ねた人間は、うるさかったり、意地悪だったり、ずーずーしかったり、側にいて快適じゃない人、多いですねー。(笑) あ、自戒の意も込めて。

今回の講義依頼、道を歩いていて、木が気になって、いつも観察しています。

投稿: りきまる | 2010年12月17日 (金) 08時40分

すごいためになる話っすー。
私も木が大好きで、したから見上げるのが大好きです。
往々にして何か見上げるということが好きだな、と
読んでて思いました。

投稿: elena | 2010年12月17日 (金) 14時31分

elenaさん、
食と農周りをうろうろしていたら、『林業』に行き着き、こんなおもろいことがあったとはー。。とびっくりです。
大きな木の下にいるのって、なぜか落ち着きますよね。[寄らば大樹の陰]っつーのはあたってると思います。

投稿: りきまる | 2010年12月19日 (日) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あと二日を耐える金曜 | トップページ | 番外編 : 布団小僧 »