« 番外編 : A型が造りA型が直す丸亀城 | トップページ | 番外編 : 旅はいつも昭和の面影を探して »

2010年8月 9日 (月)

電車の師匠

[朝食]
県庁そばにあるさか枝にて。
・きつねうどん
Dscf6328
朝6時半から開いているセルフのうどんやに行く。
今回4店行って、ここが一番好きかなあー。。しかし一言で讃岐うどんと言ってもに店によって出汁の味、麺の太さ柔らかさ、お揚げの味と全然違うんだねえ。

早朝で涼しい。しばらくチャリで散歩したあと、ホテルで一服。
その後チェックアウトして、再びチャリで高松駅に向かう。
Dscf6393
今日向かう先は丸亀。(この写真は昼過ぎのものだけどね。)

途中隣に座った地元のおばあさんから「雲はすっかり秋やけど、まだまだ暑いねえ。。」と突然話しかけられた。で、丸亀までおしゃべり。

次男さんはどこかの営業部にいるらしく、数字が上がらなくて上から、「代わりはいくらでもいるんだぞ。」と言われたらしい。(ひー、某社勤務のりきまる某も身近で聞いたことあるぞ。。)

「でも上司には上司の事情があるんや。上司もまた上から、その上司もまたその上から同じこと言われているんやから仕方ないね。」

うーむ。。おかあさん、すごすぎです。

40歳過ぎても会社に残りたかったら、遠くに異動になるそうで、次男さんも転勤しているそうだ。

「いつかみんな、お給料が高くなりすぎてしまったんかもしれんねえ。だから会社も大変。お給料が欲しかったら、人の嫌がる仕事も我慢するしかないんや。」

いかがですか。農家のおばあさん風のこの方が、とつとつと、小声で微笑みながら言った言葉です。思わず居ずまいを正すりきまる。人生、師匠はいたるところにいる。戻ったら給料にみあうように、真剣に働きます。。。

さて、お昼である。
骨つき鳥にビールでも。。となんて思っていたら、シャッター商店街でこんな店を発見してしまい。。
Dscf6382
[昼食]
気が付くと丸亀の浜一食堂にて、刺身とビールの前にいたのである。
Dscf6383
出てきた瞬間、なあんだ、まぐろにイカに鯛かあー。。と思ったが、鯛もイカもぴちぴち、赤身はヨコワかなあー。。切口が美しく光っていた。ワカメもツヤツヤだよね。

調子に乗って魚卵も食べた。
Dscf6384
ここ、フツーの定食屋なのだ。女一人、妙齢、白い花模様のワンピ、周りは仕事中のランチ。なんか総合的に『そりゃ、あなたダメでしょう。』でビールぐびぐび。もういいの、他人にどう思われたって。(涙)

ところで駅前に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館というのがあった。
Dscf6385
時間がなくて残念ながら入れなかったんだけど、
入り口に無造作に置かれている作品もすごく素敵。
Dscf6386
今回ここで見たアートの中で一番好みだった。次回は塩飽諸島訪問とあわせて訪問してみよう!

さて、そろそろ高松に戻りましょう。
電車の中で、香川名物豆パンもぐもぐ。
Dscf6391
車窓からこんな山々を眺める。
Dscf6392
讃岐の山ってこういうのが多かったよ。どうしてなんでしょうねえ。。

高松駅で自転車をピックアップ、デパートや商店街で少々買い物してから空港、そして東京へ。本当は魚を沢山買いたかったんだけど、あまりの暑さに重いものを持つのが嫌で断念した。

フライトは沢山の雲の上を飛んだ。
Dscf6396
分厚い雲から降り立つと、季節が1か月は進んだような涼しさ。浦島太郎の気分です。

リムジンからビルを眺める。ただいま、東京!
Dscf6397
都心のビルに比べ、天王洲とかは電気まばらな先が多く、稼働率が悪そうだったよ。

[夕食]
・高松の八百屋さんで買った隠元みたいの(なんか違う名前だったけど)
Dscf6399
・同じく、太いホワイトアスパラの上だけを買ってきた。
Dscf6400
いただきます!
Dscf6401
野菜不足だったので美味しい!
ちなみに魚肉ソーセージは、男木島で食べようと買ってたんだ。

高松にも沢山の宿題を残してしまった。芸術祭は10月までやってるみたいだし、また秋に行こうかなあー。。
国内旅行、行きたいところ満載のりきまるでありました。

[おまけ]
今回の自分へのお土産は。。。
芸術祭にあわせて『リ・デザインプロジェクト』というのをやっていた。
Dscf6402
しょうゆ豆、うちわ、手ぬぐい。どれもすてきなデザインだ。

伝統的なものも買った。
Dscf6404
アルマイト製品、あくすくい、後藤塗りのお弁当箱。

このお弁当箱、愛読ブログの方が高校時代に使っていたというのと一緒なの。ブログで拝見して一目ぼれ。で、お店に行って実物見てなお惚れた。
何より、30年も前とおんなじデザインのものをまだ売っているというのもいいよね。

最新のデザイン、転じて伝統のデザインとなっていく。双方を手に入れて満足のりきまるでありました。

|

« 番外編 : A型が造りA型が直す丸亀城 | トップページ | 番外編 : 旅はいつも昭和の面影を探して »

コメント

お〜〜〜〜、最後の写真に釘付け。
まさに1週間前、私はこのお玉を探していたんです!
最早、古い金物屋さんのデットストックを探すしかないのかな・・
とか思ってたのですが、あるんですねぇ。
この昔ながらの軽いお玉が欲しくて欲しくて・・・。
調べたら、合羽橋にありそう・・・ってなわけで、
合羽橋に行かなきゃって思ってたところなんですわ。

投稿: Boo*Foo*Yuu* | 2010年8月24日 (火) 10時32分

師匠!お疲れさまです(笑)
はい!
今は仕事の関係で県外に居ますが
ストレスが溜まると高松の夜が恋しくなり(笑)
マリンライナーに飛び乗り帰って来ます。
高松の街はギューッと小さくておひとり様女子にも歩き易いのです。

りきまるさんも結構ツボは押さえながら端から端まで私の知らない場所まで…。豆パンまで(笑)素晴らしいです!

あ!豆ですが…
インゲン豆は『コウシブロ』と言います。
高野豆腐と一緒に炊いたり、天婦羅でも美味しいです♪

オタマは兵庫町の金物屋さんで買ったのでしょーか。
後藤塗は讃岐漆器の名品です。愛情を注ぐといい色になってきます。

りきまるさん
次回の来高をお待ちしておりまーす!
美味しいモルトでも♪

投稿: 美味 | 2010年8月24日 (火) 13時16分

Boo*Foo*Yuu*さん、
そうです、かっぱ橋にあますよ。りきまるも一個あったんですが、不思議なことに何故かなくなってしまいかっぱ橋に買いに行こうと思っていたんです。

アルマイト製品、大好きなんですよ。煮物用、セイロ用といくつか持ってますが、おみおつけ用はそれしか許せないりきまるです。
あ、ちなみに私のお気に入りは、『鶴丸アルマイト』なんですが、これはかっぱ橋でなく、自由が丘駅前の金物やしかないようです。。

美味さん、
では次回は金曜夜、ます半助集合で!(笑)

本当に、高松って人が快適に生活するのにちょうどよい快適さがあると感じました。

金物はそうです!あのでっかい金物やさんですよー。
愛読ブログベースにあれこれ探したのですが、ツボを押さえられていたようで嬉しいです。

投稿: りきまる | 2010年8月25日 (水) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 番外編 : A型が造りA型が直す丸亀城 | トップページ | 番外編 : 旅はいつも昭和の面影を探して »