« 番外編 : 大名庭園の極意に出会うの巻 | トップページ | 番外編 : 牛を愛した人々の島 »

2010年8月 8日 (日)

今日もぶらぶら旅の高松

さあて今日は瀬戸内芸術祭で沸く、瀬戸内の島々に行くのだ。

が、ぐずぐずしていてなんだかギリギリ。(お約束)
朝ごはんは駅前でうどん食べたいので、とりあえずタクシーに乗り込む。
これがナカナカいい運転手さんで、オススメのお店を教えてもらった。
[朝食]
高松駅前の味庄にて。
・セルフできつねうどん
Dscf6262
おいしい!昨日の立ち食いよりりきまる好みかな。

島を二つはしごしようと思ったんだけど、すっかり暑さにやられて、高松に戻って来た。
[昼食]
扇町の安生にて
・なすびのうま煮、餃子で生ビール。
Dscf6301
ぷはーっ!しみるー!餃子を頼んだ後、お店のホワイトボードに、美味しそうな地魚のお刺身がメニューにあることを知る。がっくり。

安生の前にちょっとだけ古い家並みが残っていた。
Dscf6303
実は市内でほとんど見なかったので、朝の運転手さんに空襲がひどかったのかきくとやはりそのようであった。
空港の方から市内が真っ赤に燃えて見えたそうだ。

高松の商店は日曜お休みのところが多い。お気に入りの商店街は少々さびしい。ヨーロッパみたいね。そんな中で古本屋を発見。居合道入門本を熱心に立ち読み。これすごいです。
形の最後に、『血振り』というのが必ずある。つまり刀で人を切るので、終わったら『血振り』してから刀を鞘におさめる。ぶるぶる。

その後商店街の『一軒だけ合羽橋』みたいなお店で調理用具を買ったり、
エビスヤでお団子買い食いしたり。
Dscf6304

ホテルに戻り、お昼寝というデブの王道を実践。パンフにあったシモンズのベッドは、本当に寝心地最高です。

ところで今日は市場もお休み、なのでお魚を食べられそうなお店は残念ながらほとんどお休み。色々探すのめんどうになってしまい、ホテルにあった市内お勧めのお店にあったここに向かう。

[夕食]
古馬場町のすし華にて。
小さい地のフグとサワラのお刺身で一杯
Dscf6307
お次は、赤穂という地魚を煮付けにしていただく。
Dscf6308
ほくほくの身が最高!もう無言でひたすら身をほじほじ。
煮魚ってすごくお国柄が出る料理だと思うんだよね。。経験上一番『甘さ』が際立っていたのは長崎だった。

にぎりをいくつか頂いた後、最後はあなごで〆た。
Dscf6309
おかみさんお手製のデザートをいただく。
Dscf6310
もっちりして美味しい。ごちそう様でした!

町はまだ明るい。
Dscf6312
桃色に染まる町をながめながら自転車で散歩した。
Dscf6313
スーパーに入り、食文化の特徴を探すのはお約束。
自宅でもつくるのか、麺を買ってきて天ぷらをつくるからか、小麦粉のコーナーは充実。
Dscf6320
高松ってうどんだけでなくお好み焼きやさんも多いんだよね。
Dscf6319
ということでお好み焼き粉も充実。

香川名物にソラマメを固めにゆでて味付けしたしょうゆ豆というのがあるのだけど。。
Dscf6322
ソラマメを使った醤油もあった。興味深々。

今回一番買って帰りたかったけど重くて断念したのがこれ。
Dscf6321
創業260年中橋造酢の二尾酢と、221年神崎屋の吉の酢。
樽仕込みの老舗のお酢がフツーにスーパーで買えるなんてうらやましいなあ。。

ごくひかえめに食べたから小腹が空いた。
ここ、ふみや、ずっと気になっていたんだけど。。
Dscf6305
ネットで見たら、高松のソウルフードとして人気高いけど、脂ギトギトだわ、お酒は飲めないわ、お店の態度は横柄だわらしく行かなくて良かった。。
うー。。餃子、食いたいなあー。。
Dscf6314
どーして夜まであちこちうどんやが開いてるんだ!!(涙)
Dscf6323
これ以上の散歩は危険なので、ホテルに戻ってTV見てビール。

シベリア抑留者のレポートを見てしまった。ソビエトがシベリア抑留者の管理に旧日本軍の軍隊組織をそのまま活用したらしく、そこで起きたトラブルなど聞いていたら 会社を思い出した。
昨日の夜はハゲタカを見てしまい、会社をばりばり思い出し、せっかくのリラックスが台無し。南の島のビーチで勝間本を読んでる気分とでも言おうか。。

旅の夜のTV選択はまっこと重要ぞね。。と思うりきまるでありました。(なっ、なぜ高知弁?)

[おまけ]
商店街に屋台が出てる一角があった。うーん。。行ってみたい。
Dscf6317
と眺めていたらなぜか、ゴッホがアルルで描いた『夜のカフェテラス』を思い出したよ。
15953_o
帰って調べたら、ちょっと違うなー。。なんだけどね。あはは。

|

« 番外編 : 大名庭園の極意に出会うの巻 | トップページ | 番外編 : 牛を愛した人々の島 »

コメント

こんにちは。
初めまして美味と申します。
りきまるさんのブログを数年前から楽しみに読ませて頂いております。

りきまるさんが
高松にいらしてたなんて!

今まで勇気が…無く(私にとってりきまるさんは雲の上の人ですし)後悔しながらの初コメントです。(涙)
今回も
流石!って写真を見て感心しました。
高松の美味しいお店が!
それと私も行きたいと思ってたお店に…。
ホテルも私が常宿にしているところです。

次回はお供させて下さい!師匠!(師匠と呼ばせて下さいっ(笑))
宜しくお願いします!

投稿: 美味 | 2010年8月23日 (月) 17時25分

美味さん、ご愛読&コメントありがとうございます!

美味さんは香川ですか?今回あまり食べられなかったのですが、ぴちぴちの海老やしゃこ、地魚を魚やさんで沢山見て(しかも夕方には売り切れる)、本気で羨ましかったです。
色々不完全燃焼で帰って来たので、アップしながらまた行きたくなっているりきまるです。

雲の上なんて。。(笑)地味なブログ管理してる、大食いのおばちゃんなんですよん。

では、『食意地と大食いの師匠』と言うことにしておきましょうか。(笑)
引き続きよろしくお願いします!

投稿: りきまる | 2010年8月24日 (火) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 番外編 : 大名庭園の極意に出会うの巻 | トップページ | 番外編 : 牛を愛した人々の島 »