« 旅行前夜 | トップページ | 高松のソウルフード »

2010年8月 6日 (金)

幻の焼き鳥を求めて行く高松

[朝食]
・卵サンド
冷蔵庫のドアポケットで、きっちり1か月以上経過した卵。

いい卵だし、もったいなくて念のため茹でて皮をむくと、ヘンな臭いもせず、フツーのゆで卵だった。しめしめとパンに挟んで食べた。食材の消費期限、実はおのれの鼻が一番確実だと思う。

昼過ぎまで仕事したら、会社のトイレでワンピースに着替え、スーツケース持ってお休み突入です。

の前に大きな病院で検査。股関節の骨は先生曰く「標本のように完璧。事故の後遺症は、もう心配しなくていいですよ。」とのこと。やったー!

いそいそと空港に向かう。フライトまで少し時間があるので。。
[午後の一杯]
羽田空港のライオンにて。
・生ビール
Dscf6084
・つまみの王道、フライドポテト♪
Dscf6085
ビバ!夏休み♪
雲の多い中のフライト
Dscf6088
お約束のビールとつまみで、ビバ!夏休み♪を反芻。
Dscf6087
富士山の山頂だけ
Dscf6091
雲が切れていて不思議だったよ。

夕暮れ、高松に到着!フライトも少ないのか、JALも小さい飛行機だった。
隣のANAは。。と見ると、
Dscf6098
なんとも古い機体!

ANAのマークがこんなんだったっていう記憶がある人って、
Dscf6096_2
何歳くらいまでなんだろね。

さて、空港バスは一路高松市内を目指す。
Dscf6101_2
こういう風景、ぐぐっと旅気分が盛り上がるね。

ホテル近くのバス停で降りると、街路樹にものすごい量の鳥が休んでいて、蝉時雨を越えるうるささ。
Dscf6102_2
そして美味しそうな焼き鳥のにおい。
これはりきまるが今宵行く予定にしているお店のにおいでは。。?

[夕食]
高松市の半助にて。
Dscf6103_2
平日のみわずか4時間くらいしか営業していない幻の焼き鳥やである。
・肉、皮、肝のたれと
Dscf6104_2
・同じく塩  の六本セット
Dscf6105_2
うまい!!うまい!!!たれの味は今で食べた中で一番好きだ。

皮を塩とたれで一本ずつ追加。こりこりとした歯ごたえの親鳥の皮が気に入った!間に挟まっているのはたまねぎで、焼き加減が絶妙。

ちろりでつけた日本酒を飲んだ。

実はここ、もうずっと前から愛読しているブログで見て、ずっと行ってみたかったお店なんだ。
NY在住で高松出身の彼女(おそらく同世代)のきっぷのいい語り口と料理の数々、そして高松帰省の記事をいつも舌なめずりをしながら読んでいたのだ。(今回あまりにマニアックにお店をトレースしてしまっので、恥ずかしくて彼女にメールもコメントも入れられない。とほほ。)

ほろ酔いで商店街を歩いてホテルに戻る。
ラーメン、うどん、炭水化物の誘惑が高波のように押し寄せる。
Dscf6108
高松、なかなか好みの街。明日からの散策も楽しみである。

|

« 旅行前夜 | トップページ | 高松のソウルフード »

コメント

りきまるさんの旅日記、大好きです。
この焼き鳥屋さん、ツボです。行ってみたい。
しかし,高松・・・遠いですねぇ。
私はりきまるさんの旅日記を見て楽しむことにしましょう。

↓おぼくん、いいお顔見せてくれますね!
いつまでも元気でいて欲しいです。

投稿: Boo*Foo*Yuu* | 2010年8月21日 (土) 23時01分

おいしそうな焼き鳥やさんですね!
そのブログとは、『グンジ家の食卓』でしょうか?^^

私もNYに住んでいたら、まち子さんのお魚料理教室に
通いたいと舌なめずりをしながら拝見しているブログ
ですが高松まで焼き鳥を食べに行かれるりきまるさんの
フットワークに脱帽!!!
私も見習いまっす^^v

投稿: まゆ@ぎふ | 2010年8月21日 (土) 23時25分

私も力丸さんのファンです。女「吉田類」ですね。小食の私にはうらやましい限りです。鬱病はある日突然何も食べられなくなります。やっとビールくらいまで回復。肉はまだまだ。かろうじて御寿司で生きています。でも不思議とウイスキーは大丈夫。好きだった日本酒が全くダメです。最近「うとら」の頻度多いです。是非帰りに「クラッシク」にもお寄りください。

投稿: Clipper | 2010年8月22日 (日) 01時47分

Boo*Foo*Yuu*さん、

高松、確かに遠いですよねえ。。
りきまるは高知にずっと住んでいたので、なんとなくお隣町的な感覚ですが、東京から四国は遠い。
でも今回をきっかけに再び四国めぐりをしようかしらんと。。

うちの連中、完全にカメラというものを理解していて、カメラ目線はするわ「今は嫌。」と拒否するわ。いっちょまえにモデルさん状態です。(笑)

まゆ@ぎふさん、

あー。。ばれちゃった。(笑)
そうなんです。でもまち子さんには暫く内緒にしてて下さい。大ファンなもので。(照)香川漆器のおんなじお弁当箱を発見して買っちゃうストーカーぶりです。

この焼き鳥を食べただけでほんとに高松に行って良かったなあー。。と思いました。こだわりの焼き鳥やさんとは対極にある感じですが、『ニッポンの正しき焼き鳥や』に出会えたというところです。

Clipperさん、

では夢を壊さぬように、暫くうとらさんはご遠慮を。。いやほんとに。ただのおばさんですから。(笑)

もうほんと、底なし沼のような食欲なので、体重コントロールは人生最大の課題です。まあ、仕事上は便利ではありますが。
仕事上の会食が連続して胃が疲れてて、あまり食べたくも飲みたくもないようなときでも、丹田に力を入れるとがっつりいけちゃいますからね。(「心頭滅却すれば火もまた涼し」と心で唱えながら飲んで食ってます。)

投稿: りきまる | 2010年8月22日 (日) 10時07分

りきまるさん、グンジです。ギャハ〜〜〜〜〜〜、半助行っちゃったんですか、東京から、しかもこの夏!!!半助、気に入ってもらって涙が出るほどうれしかったです。ただのしがい焼き鳥屋ですが、私の故郷への思いが凝縮された場所なんです。今度帰国の際にはぜひ東京のおいしいところに連れて行ってください。楽しみにしてます。わざわざ高松までありがとうございました。涙、涙。

投稿: machikogunji | 2010年9月22日 (水) 04時37分

ぎゃーーー!バレたーー!(早朝のリビング、心で絶叫。)ぜいぜい。。

グンジさん!はじめまして。ストーカーりきまるです。(笑)『部活のセンパイんちをこっそり見に行ったら、センパイが出てきちゃってびびる、小太り女子高生気分』を味わってます。。

半助、最高でした!近くにあったら週イチ通います!と言う感じでしたねえー。焼き鳥に酒、店、お客さんにおやっさん、三位一体ですっぽりはまれる素敵な空間 と感じました。こちらこそ、素敵なお店を教えて頂いて、本当にありがとうございます。

こんな出会いがあるから不思議ですね。。
東京にいらしたら是非!引き続きよろしくお願いします。

投稿: りきまる | 2010年9月22日 (水) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旅行前夜 | トップページ | 高松のソウルフード »