« 立ち食いへのこだわり | トップページ | おやつ編 : おとこの気持ちを理解するの巻 »

2010年5月 1日 (土)

夕食編 : 食い意地のゆくえ

チャリチャリ。 チャリチャリ。いやいやいのんびりしすぎた。

遠く今宮神社からあせりつつ向かったのがここ。
Dscf4703
今回の旅の本来の目的、
Dscf4787
長谷川等伯展の京都国立博物館である。
Dscf4704
事前準備で、朝一より夕方が空いていると聞いていたがそのとおり。9時前に見たら既に40分待ちだったが、17時からだと待ち時間ゼロ。展示もゆったりと人に邪魔されずに堪能できた。
いつものとおり、一通り見た後逆走して見て、更にお気に入りの絵の前でたたずみじっくりと見られた。

りきまるごときの品評は陳腐だから差し控えるが、京都まで来て本当に良かったと思える、感動的な絵画展だったと思う。

ということで、旅の目的も果たしたし!(注.ラーメン、あぶり餅、長谷川等伯。)夕暮れの鴨川眺めつつ北に向かう。
Dscf4705
途中、五条高瀬川付近の渋い町並みも気に入った。
Dscf4708
今回時間がなく断念したのだけど、京都って銭湯が多いんだよね。
Dscf4707
次回はぜひ銭湯、試してみたいなあー。。
Dscf4716
夕暮れの高瀬川、前回見た桜は新緑に代わり
Dscf4709
素敵な夕暮れである。さあて今宵の晩酌はいずこに行くかいな。。

[夕食①]
寺町通り二条下ルのえいじにて。
Dscf4711
・枝豆にビール!
Dscf4712
くーっ。。一日走ったからビールがうまいぜ~!
・おばんざい盛り
Dscf4713
この近くのにりきまるが京都に行く度お気に入りで訪問するアクセサリー店と器やさんがある。今日もアクセサリーやさんで買い物しながら店主と話していて、このお店を教えてもらった。
カレーうどんで有名なお店らしいが、店主の方も時々ここで一杯飲んで帰るのだと。

而してなかなかリーズナブルでおいしい!おばんざいもひとつずつ丁寧な調理で味わい深い。
・牛筋煮
Dscf4714
京都の地酒を熱燗でいただき、いい気分。
Dscf4715
酔った頭で二軒目を思案する。(注.はしご酒思案中のこの女、世間的に言うと『京都女一人旅中』です。)

この前異様にウマかったれんこんやの厚揚げも食いたい!

この前部長につれてってもらった餃子の泉門天ももう一回食いたい!!

昼食べた新福菜館のラーメンスープで味付けした茶色いチャーハンを試してみたい!!

ちぢに乱れるわが心。食い意地果てしない。

さあてこのおばさんの食い意地の行方やいかに?!

死ぬほど迷い、一番ヘルシーなれんこんやに行くが満席。

ということでうろうろしていて、祇園でこんなシャビーな店を発見し。。
Dscf4720
気づくと鉄板の前でビールと
Dscf4721
豆腐食ってるおのれがいた。(汗)
Dscf4723
で、お好み焼き!ふわふわでおいしーい!
Dscf4722
おそらく食べログでも何でもどこにも出ていない、フツーの京都のお好み焼き屋。今回の京都旅の〆にふさわしい二次会と言えるかもね。
あ、摂取カロリーを考慮しなければだけど。(涙)

新幹線に乗ってワインを一口飲んだら、
Dscf4725
品川まで爆酔。疲れたけど楽しい京都のいちにちでありましたとさ。

あー。。京都って、ほんとーにいいッスねー!!
Dscf4717
(籠には新聞紙で包んでるネギ。どう見ても観光じゃなくオバチャンの買い物状態。・涙)

[おまけ①]
今回の京みやげは。。
Dscf4727
名残のたけのこ、丹波の野蕗、町のフツーの豆腐屋さんのお揚げとひろうす、京都のわらび、九条ねぎ、京都に行く度買う、寺町二条近くの八百屋のおいしい梅干。(6個で150円。やわらかで極上のうまさというのに。)

観光っつーか、買出し?

[おまけ②]
今回の旅で参考にしたのがこれ。
2004年4月発売のBRUTUS。
Dscf4985
『外国人に学ぶ京都案内!?』という特集号である。これが普通のガイドブックと違う視点で書かれていて大変興味深い。
そういえば海外ガイドブックもロンリープラネットが秀逸であるもんな。今度ロンリープラネットで紹介されている日本という旅も良いやも知れぬ。

[おまけ③]
その後本屋でこんなんをみつけた。
Dscf4986
ナマの京都 グレゴリ青山 メディアファクトリー出版
手に取った瞬間、「そうそう!りきまるはこの時こういう京都を見て回りたかったんだよね!」と大喜びした漫画である。

本で紹介されてる南区のお好み焼き食いに、また行きますかね!京都!(新福菜館のチャーハンも食いたいしね!)

|

« 立ち食いへのこだわり | トップページ | おやつ編 : おとこの気持ちを理解するの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 立ち食いへのこだわり | トップページ | おやつ編 : おとこの気持ちを理解するの巻 »