« 人間飲むとき太っぱら | トップページ | 番外編 : いちごうとわたし »

2010年5月25日 (火)

判官びいきの血

[朝食]
ホテルにて、パンやコーヒー。

バナナを持って出て朝会社でぱくぱく食べながらメールをチェック。
朝ミーティングを一本こなしたら、東京に帰る。

りきまるの仕事は、見方によっては「だからそれがなんぼのもんじゃ。」と正直ベースで現場の人達が思ってしまう仕事である。
だから、まったく知らない人ばかりの福岡での初出張は、りきまるにとってちょっと緊張するものであった。

でもなんとか多少の成果は出せたかなあ。。
ちょっとほっとして空港に向かう。

[昼食]
福岡空港の博多うどん はちやにて。
・ごぼう天うどん
Dscf5155
一日半の出張で3麺。お前どんだけ麺好きなんじゃ!と自分にツッコミ入れるる。ま、うまいからいいけど。(このヒトの言い訳の行き着く先はいつもここ。)
帰りのフライトは曇り空。東京に近づくにつれて厚い雲に覆われてくる。
が。
雲の上は美しい青空。
Dscf5157_2
ちなみに今回のフライトはJAL。ANAでなく。
こういう時りきまるは、りきまる家に脈々と流れる由緒正しき判官びいきの血を感じるのであるよ
[夕食]
芝セレスティンホテルの碧麗春にて宴会。
餃子も食べたし、
Dscf5158
北京ダックも食べたし、
Dscf5159
でも最後はやはり麺で〆。
Dscf5160
その後二次会に行ったが、もうクタクタでぐうぐう寝ていたようである。とほほ。

|

« 人間飲むとき太っぱら | トップページ | 番外編 : いちごうとわたし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人間飲むとき太っぱら | トップページ | 番外編 : いちごうとわたし »