« 翌日の節制 | トップページ | 念願のイベント »

2010年1月23日 (土)

番外編 :鉄砲ぶちさんの案内で歩く冬の山にはまるの巻

小菅村の鉄砲ぶちさんしゅうごーう!
Dscf3035
今日りきまるたちをご案内くださる皆さんです。びしっとかっこいいッス。

かなり上まで車で運んでもらえたので、尾根づたいに鶴寝山に入れる。
Dscf3036
が、日頃の不摂生で筋肉を極限まで緩ませているこのおばちゃんには、結構な重労働。でもこうして見ると、山っつーより公園。

それでも広葉樹の明るい山は、ものすごく気持ちがいい!
Dscf3038
空もきれいで、酒で汚れたりきまるの心も洗濯される思いだ。(注.心が汚いのを酒のせいにしてはイケナイ!)

動物の痕跡をいろいろと説明いただく。
丸く囲った中は、鹿の足跡。
Dscf3037

てんの『う○ち』に鹿の『う○ち』。鹿のはウサギみたいだね。
Dscf3046 Dscf3040 
どうしてりきまるのツボがわかったんスか?(オイ!)

そうじゃなくて、こういう動物の痕跡を見て、新しいものか近くにいるか判断したりするそうな。
これは古い熊の跡。
Dscf3053
何かというと、
この木に登ったんだって!
Dscf3052
やるなー。。熊。人間で言えば、筋肉質で機敏なデブって感じ?

『ぬた場』と呼ばれる、水の湧き出ているところに降りていく。
Dscf3070
ここは色々な動物がやってくる。例えばイノシシは全身に泥を塗りたくってから木で体をごしごしするそうだ。泥パックじゃん。ぬた場はイノシシの銭湯かエステだね。

で。お風呂に来たシシを
Dscf3074 
こういうところに隠れて撃つ!  ダーン!(注.すっかり気分はマタギ。)

ほわー。。なんというか、山の中で動物と人間のそういう戦いが繰り広げられているとはねえ。。

そして今回の大きな発見は、山歩きの楽しさでもあった。
Dscf3063
小菅村は実は巨木の村でもあるそうで、
Dscf3054
大きく美しいブナを沢山見た。
Dscf3060

これはなんだかわかりますか?
Dscf3096
答え 数年に一度しかつけないブナの実。
これを満腹に食った12月のメスのイノシシは、それはそれは美味しいんだそうだ。
うーむ。。それ食いにまた行きますか!小菅!

これは笹の花のあと。一面の熊笹は、70年~80年だかに一回わーっと咲いて一斉に枯れるんだそうだ。
Dscf3065
りきまるが生きているうちは、もう見られないのね。。残念。

イノシシ一家が総出で掘り返した現場も見学。ミミズでもマムシでも探していたのか?マムシはイノシシの大大大好物なんだそうだ。
Dscf3041 Dscf3045
そこここの地面はカチカチだったのに。鼻だけでこれだけ掘り返せるとはねえ。。イノシシ君、食うに困ったら地元の土建屋さんに就職したまえ。

ぬた場近く、けもの道を教えていただく。
Dscf3072
わかりますかネ。写真上から1/3くらいまでの真ん中に、縦に少し黒っぽい筋があるところ。

そこここで、自然に倒れている木。
Dscf3062
ぱしぱしと写真を撮っていたら、スタッフの人に
Dscf3075
「もしや『倒木好き』ですか?」と聞かれた。あはは。だって何ともかっこ良くて気に入ったんだよねー。

日陰の斜面を一列で歩く。
Dscf3079
自分たちが山に溶け込み山の一部になってしまったような気分。

山、さいこー!!!ちょっと病み付きになったりきまる。
Dscf3081
でもそれは、ただ歩くのではなくて、山の営みを知り尽くした鉄砲ぶちの方たちの話が面白かったからというのが一番大きかったんだろうなあー。

[おまけ]
今年はどんぐりが大変豊作だそうで。。
Dscf3080
どんぐりをたんまり食った冬のイノシシは、毛皮をはぐとびっしりと脂肪なんですと。

むー。。これだけの起伏を上がり下りしていて痩せぬとはおそろしや。。

りき的結論 ;  運動は痩せない!
          炭水化物を食べて寒いところにいると太る!

皆さん、気をつけましょう!!

|

« 翌日の節制 | トップページ | 念願のイベント »

コメント

ちゃのです。
こんにちは。りきまるさんのブログを拝見に来ました!
レポートしてくださってありがとうございます。
また是非小菅村にお越し下さい!お待ちしております!!

投稿: | 2010年3月31日 (水) 11時21分

わー!ちゃのさん、
ご訪問頂きありがとうございます!
楽しかったですよねー。帰ってからみんなに自慢しちゃいました。これからの新緑の季節も良さそうですね。また是非伺います!

投稿: りきまる | 2010年4月 1日 (木) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 翌日の節制 | トップページ | 念願のイベント »