« 番外編 :鉄砲ぶちさんの案内で歩く冬の山にはまるの巻 | トップページ | 番外編 : 非難 »

2010年1月23日 (土)

念願のイベント

空の青さが目にしみルー。。。
Dscf3032
かなりのピンチをくぐりぬけてたどり着いた、

今週末のりきまるはこんなところからのレポートである。
Dscf3031
今シーズン最後の受講、農大の『マタギと一緒に山歩き』。一泊二日で山梨小菅村の多摩川源流大学だ!
朝もはよからおべんと作り♪
Dscf3029
歳につりあわぬかわいいおべんとばこ引っ張り出す。うふふ。念願のイベントにテンションは高めである。
[朝食]
・トマトとパイナップルといつものセット
Dscf3030
いつもの朝食を食べ、出る瞬間一瞬迷ったが、ぐいっとプーアル茶を飲んで出発。(これが大変な不幸を招く結果となった。)

集合場所は奥多摩駅前。中央線で向かうりきまる。
新宿で乗り換える時、ちらりと「トイレ行こうかな?」と頭によぎったが、まあ奥多摩って東京都だしさ、大丈夫だいじょーぶ。とたかをくくる。(注.東京都であることとなんら関係ない気もするが。)

しかし、プーアル茶は大変利尿作用の効くお茶で、ゆえに痩せるといわれているといっても過言ではない。(もう数年愛用中。『痩せる』真偽は不明)

電車はずんずん進む、りきまるの膀胱もずんずんたまる。(失礼!)

拝島の連結切替での停車も、トイレに行くチャンスであったが、まあ大丈夫かなと再びたかをくくる。

途中でかなりやばいと思ったが、一度電車を降りたが最後、集合には間に合わない。奥多摩から延々1時間タクシーを飛ばさないといけなくなる。

悶々としていると、青梅で少々停車のアナウンス。でもトイレの場所もわかんないし。。とこらえていると、電車が動き出した。

と。。ホームすぐわきにトイレがあったことを発見。こういう精神的ダメージが膀胱に与える衝撃はでかい。(涙)
かくして、ベルトを外して膀胱への刺激を軽減したり、冬眠前の熊のごとく電車内をうろうろと歩き回ったり。

ピ。。。ピーンチ!

こんなところでもらしたが最後、着替えもないしツアー参加は断念だ!(注.いい歳して電車で失禁している人いません。つーかこんなことブログで告白する人もいません。)

あと10分がどうにも耐えられず、手前の御岳駅で下車。涙目でトイレに駆け込んだ。ううう。
トイレがすんだら駅前にただ一台止まっていたタクシーに乗り込み、電車追いかけ奥多摩まで向かった。追加費用3千円強で、なんとか間に合ったー。。はー。。

こうしてりきまるのじんせいはいつもギリギリを今日も実践。(ていうか、いきなり『尿』話から始める時点でもう終わってますが。)
[昼食]
・にら玉 ・赤こんにゃく煮 ・焼きねぎ ・炊き込みご飯
Dscf3027
炊き込みご飯は豚ひき、ごぼう、赤こんにゃくを煮付けたものを玄米にまぜまぜ。仕上げに水耕栽培のセリを混ぜ混ぜした。

小菅村や源流大学の説明を聞いた後おべんと食べて、その後は『鉄砲ぶち』と呼ばれているマタギさん方の案内で山に入る。

[夕食]
小菅村の民宿山水で晩ごはん。農大イベントの時は料理倍増だそうで、食べきれぬほどの山の料理が並んでいた。
・川魚とこんにゃくのお刺身   ・煮物
Dscf3083 Dscf3084 
のっけから飛ばしまくりのうまさ。こんにゃくも野菜も全部自家製だそうな。
・胡麻和え              ・なます
Dscf3085 Dscf3086
・出ました!鹿肉です!    ・うど  香りが素敵
Dscf3087 Dscf3088
鹿肉はまったく癖がなくて、脂肪もない。何かのゼラチン質のところがまたいい感じ。
・山芋に              ・天ぷら
Dscf3089 Dscf3090
にんじんがびっくりするようなオレンジ色で味が濃い
・風呂吹き大根に         ・山女 あれ?岩魚だっけ?
Dscf3091 Dscf3093
多摩川現流域の小菅村では、美しい水を活かして川魚の養殖をしているそうな。
おかあさんのお手製の蕎麦。蕎麦の香りが高くておいしい!
Dscf3094
おつゆをつけずに食べたり。

そしてそして
出ました、しし鍋でーす。
Dscf3092_2 
ぐつぐつ煮えてきたらー
Dscf3095
源流大学のスタッフが、ストーブの上で温めていた自家製味噌をお鍋に投入。
Dscf3082
お玉ひとすくい、絶妙な味加減でぴたりと決まり最高!
イノシシは香ばしい感じで、超りきまる好み。同じテーブルで延々最後まで鍋にかじりついてがっついてしまった。

食後は源流大学の学長さんの司会で、昼間の鉄砲ぶちさんにお話を聞く。
ちょっとお酒の入ったまたぎさんの話は最高で、大笑い。

お話のあとは、若い鉄砲ぶちさんを囲んで、みんなで質疑。イノシシの足を見せてもらったり。
Dscf3097_3
ちょっ、ちょっとグロいですかネ。。りきまるは大丈夫なんすけど。。
夜遅くまで延々話は続き、楽しい夜が過ぎるのであった。

はー。。参加できて良かったよう。。今度から遠距離移動ではパンパースをはこうかなー。(オイ!!)

|

« 番外編 :鉄砲ぶちさんの案内で歩く冬の山にはまるの巻 | トップページ | 番外編 : 非難 »

コメント

♪アテント~♪(笑)
こんな硬派な一日が、こんな風に始まっていたとは・・・。
子供の頃両国の『もゝんじや』の前を通学路に通っていたので、このイノシシの足の毛質懐かしい。
日本昔話に出てくるような奥深い食卓、夢みたいです。

投稿: とうもろこし | 2010年2月 8日 (月) 08時24分

とうもろこしさん、
そうでした!大人はアテントです!
パンパースなんて、片尻すら入らない。ちょっとずーずーしかったです。(笑)
ももんじや、獣料理の老舗ですよね。こんなグロなもん、店頭に並べてたんですかー。そう言えば神田西口商店街のなかほどに、店頭に『雉』を吊してる店が以前ありましたねえ。。まだあるのかな。
シシは香ばしくて、豚とは全く異なる生き物である味でした。買えるなら買いたい。。
しかし。この授業が嬉しくて、あちこちで吹聴していたら、「りきまるさん、一体何になりたいんですか!?」と笑われました。自分でも自分に聞いてみたいです。(汗)

投稿: りきまる | 2010年2月 9日 (火) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 番外編 :鉄砲ぶちさんの案内で歩く冬の山にはまるの巻 | トップページ | 番外編 : 非難 »