« 今日もお勉強 | トップページ | 農場ですごすいちにち »

2009年12月20日 (日)

農場見学 : 八王子磯沼ミルクファーム

この秋以降興味を持ち勉強しているアニマルウェルフェア。

しかしどう考えてもこれは、座学だけでどうこう意見言うべきものではない。生産現場を見て生産者と話し、実学で学び考えるテーマである。

そんな思いに駆られ、見学したり体験できる牧場をネットで探していた。

そうしてであったのが、この磯沼ミルクファームであった。
今年最後のイベントに参入させていただくお願いをした。

京王線山田駅を降り数分歩くと。。
Dscf2450
東京近郊と思えぬ景色が広がり、

わー!うしだー!!
Dscf2452
牛牛!
Dscf2459
念願の本物の牛達に出会い、早くも舞い上がるりきまる。

磯j沼さんは、非常に難しく少なくなってきてしまっている、都市酪農を実践されているファーマーだ。
ホルスタイン・ジャージー・ブラウンスイスという3種の牛を飼育。(牛種の異なるのを育てるのはなかなか大変なんだそうだ。)将来は7種の牛を飼いたいとおっしゃっていた。

積極的に地域との交流を行い、イベントも頻繁に行っている。
避けて通れぬ臭いについては、コーヒー・カカオかすを牛舎に撒き、見事脱臭を実現。

普通これだけの頭数の牛を飼っていたら、ものすごい臭いのはずだ。りきまるが以前調布に住んでいたころ、近くの小さい牛舎から強烈な臭いがしたものであった。

これは、堆肥作り小屋。コーヒーとカカオかすと牛糞は化学反応で自家発熱して、
Dscf2467
切り返すだけでさらさらの良質の堆肥ができる。

次々と周囲に増える家々、O-157騒動など、都市酪農家として色々とご苦労があったのではないだろうか。
地域との交流については、イベントだけでなく牛の世話をする『カウボーイ・カウガール』を毎年募集されていたりする。これがまた、昨日今日はじめたモノでないことを知る。この日も小学生の頃カウガールで、今では結婚してご主人とイベントに参加されていた女性もいた。(ご主人は料理づくり担当)

みんなで野菜をきざみ、         釜に火を入れ
Dscf2468 Dscf2466 Dscf2474 Dscf2481
ピザ生地をこねて、             おいしいおいしいピザを作る。

いただきまーす! もちもちでおいしーい!
Dscf2476
たくさんのボランティアさん、ご近所さんがお手伝い。磯沼さんがいかに地域に愛されている酪農家さんかが伝わってくる。

生クリームを必死で振って、濃くておいしいバターを作る。
Dscf2469 Dscf2475 Dscf2478
この子は、カウガールの一人。上手に牛をあやつる。
Dscf2499
実はこのサイズで子牛。りきまるは振り回されてまともに散歩できなんだ。(涙)

放牧場も見学。都心から1時間と思えぬ光景
Dscf2493 Dscf2492
でも振り返るとすぐアパートなど普通の家々が並ぶ。

牛とひつじにガン飛ばされるりきまる。あはは。
Dscf2489
牛も羊も好奇心旺盛なのか、磯沼さんの育て方の成果か、とても人になじんでいる。

色々と説明も伺う。
『牛は本来草食動物なので、デントコーンなど穀物ではなく干草などの粗飼料で育てたほうが体にいい。が、消費者が濃い牛乳を望むので、穀物を与えることが多い。』
とは、りきまるが座学で得た知識。
Dscf2456
牛たちは、実にうまそうに干草を食べていた。
でも大人になって干草を食べるようにするには、子牛の頃からたべさせたり工夫する必要があるんだとか。なるほど。。コーンはいわば、スナック菓子のようなものかねえ。。

そして粗飼料で飼育すると、お腹を壊さなくなるので牛の体にも良く、お医者の費用も少なくてすむそうだ。なるほど。。費用がかかる上に、薬を投与したらそのお乳は出荷できないのでダブルパンチだよね。。

一日○㍑以上お乳が出ないと赤字になる  と言う話や。  なるほど。。
確かに。私たちはスーパーで紙パックの牛乳を手にとってかごに入れるだけだと
Dscf2485
すっかり忘れているが、牛乳は健康なお母さんから出るおっぱいだ。当たり前だけど。
でも生き物だから体調よって乳量も変わるし、乳の質も変わる。病気で乳がでなければ、コストだけがかかってしまうのだ。

牛乳を売った代金から、
  牛を買ってくる費用
  種付けにかかる費用
  飼料代
  水道料金(当然牛はたくさんお水を飲むし、おっぱい絞る前に洗浄する)
  お医者さん代
  施設のメンテにかかる費用
  従業員の人件費
  借入返済金
を払えないと、酪農家はやっていけない。
生き物を育てて収入を得るという仕事はそれだけで大変そうであるが、さらに『毎日安定供給』を要求される日配品を生産するというのが、どれほど大変なことか、改めて実感するりきまるである。

でもそんなこんな考えたりしたけど。それより何より。。
牛ってかわいいね!
Dscf2462


でっかいかーさんもブスかわいー!
Dscf2453


何が気に入ったか、このおにいさんに向かって猛ダッシュで走ってきて、
Dscf2496
甘える牛。ハンサムなにーさんだった。牛もイケメン好きのようである。あははは。

まだかーさんの恋しい赤ちゃん牛。   一回り上のねーさん牛達は、にんじんはむはむ
Dscf2470 Dscf2461
子牛たちはとても仲良し。
Dscf2507
こうして大人になっても同じ牛舎で仲良く生活できるのだそうだ。

磯沼さん、スタッフ、そしてカウガール・カウボーイたちが大切に育てている牛たちは、みんなとってもかわいいのである。
霜柱の立った寒い寒い日、一日中戸外で過ごしたけれど、初めての体験に全く寒さを感じることがなかった。

初の農場体験。アニマルウェルフェアでもなく、畜産福祉でもなく、生の活きた生産の現場は、りきまるに様々な思いを投げかけたのであった。

[おまけ]
「りきまるさん、楽しかった?」  笑う羊が話しかける。
Dscf2494
うん、最高!ありがとう、また来ます!

|

« 今日もお勉強 | トップページ | 農場ですごすいちにち »

コメント

りきまるさーん!磯村さんじゃなくて磯沼さんみたい、、、よ!
私も行ってみたい!毎週日曜に体験教室があるみたいですね。
何がどう大変なのかって、結局話しで聞いても想像でしかないんですよね。実際に自然と動物と気候と毎日付き合っていくには
好きだけではなくて忍耐が必要だと思うなぁ〜
あとは磯村さんと言う方の人柄なんでしょうね。

投稿: chukita | 2010年1月 4日 (月) 21時33分

chukitaさん、
わー!ありがとうございます!慌てて直しましたです。(大汗)
そうなんですよ、磯沼さんのお人柄は、しみじみ感じました。
今年は近隣農家の方々と共同企画とかもする予定だそうですよ。HP、要チェックですね。
この日も、有機野菜や、あい鴨農法でお米を育てていらっしゃる農家さんが参加されてました。こちらのイベントもしっかりチェック中です。
本当は『体験』ではなく、『マジのお手伝い』をしたいのですけどね。。毎週末とかが無理なので、かえって農家さんの迷惑かなと。。
でも今回農場訪問があまりに楽しかったので、今年は本気で『農業畜産同好会』を立ち上げて、メンバー募ってあちこち行ってみようかと思ってます。

投稿: りきまる | 2010年1月 5日 (火) 08時42分

すごい興味あります!
日程が合えば私も参加してみたいです。
すごいです、りきまるさん!
行動力、尊敬いたします。

投稿: chukita | 2010年1月 5日 (火) 21時58分

cukitaさん、
わーい♪もちろんですー。お知らせさせて下さい!
実は行きたい農場や農家のブックマークがたんまりしてきました。
新年早々、企画ねりねり中です。チームタオル(首に巻く用(笑))作ろうかとか。
今年の目標は、『トラクターの運転習得』です。ふっふっふ。

投稿: りきまる | 2010年1月 6日 (水) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農場見学 : 八王子磯沼ミルクファーム:

« 今日もお勉強 | トップページ | 農場ですごすいちにち »