« 番外編 : そんな季節 | トップページ | 変わりゆくニッポンジン »

2009年11月18日 (水)

ドイツワインに開眼

[朝食]
・りんご  ・生姜スープ  ・カフェモカ
Dscf1860

[昼食]
大門の福の花にて。
・さば味噌煮定食
Dscf1861

今日は久々にnyuさんとその同僚の方のUさんと飲む。
お店は二人がいきつけにしているという、銀座は博品館の裏、ソシアルビルの上のほうにある。エレベーターを降りると、ちょっとひるむ。
こっ、こんなところに、ドイツワインのお店がほんとーにあるの??
[夕食]
銀座ローゼンタールにて。
・牡蠣のブルスケッタにてスタート。
Dscf1863
紫蘇の実が入っている。おいしい。  むむむ。今日はすごく期待できそう。

元バーかスナックだったらしいところを改装したお店のようであるが、時間を忘れる快適な空間になっている。
なんというか、そうそう!かもめ食堂の主人公が銀座で開店したらこんなお店ではないかと思うような。。

・季節の野菜のスキレットグリル 山椒風味
Dscf1864

・じゃがいもとポロねぎのブルーチーズ焼き
Dscf1865
nyuさんがチーズだめなので、今日初めてこれを食べるんだそうな。おいしいのにねえ。nyuさんってさ、舌が子供なんかな。うけけ。

・塩豚と干し蚕豆と野菜のスープ煮
Dscf1866
ドイツワインを飲みながら、極上の野菜料理をいただく。

辛口のボトル二本をあけて、もう一杯のみたいなーと、甘口ワインに行ってみる。
これがなんというか、『ドイツワインなんて甘くてね食事には合わないよね。』なーんて思っていた自分、深く深く反省する美味しさなのでありました。
何事も食わず嫌いは良くないね。

ここ、すごくおいしいし雰囲気も最高。大切な人にだけ紹介したくなる、そんなお店でした。

あー。。。おなかイッパイ!!
ってことで、デザートも炭水化物も仕込まず帰ってきたのに。

途中乗り越して反対側のホームまで走ったらなんだか小腹がすいて。
Dscf1867
スーパーで刺身買って一杯やりましたさ。

「りきまるー、帰ったら何か食うだろー。」
「食わないモン!」

てな会話を思い出しつつ寝酒飲む夜でありました。

|

« 番外編 : そんな季節 | トップページ | 変わりゆくニッポンジン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツワインに開眼:

« 番外編 : そんな季節 | トップページ | 変わりゆくニッポンジン »