« | トップページ | 番外編 : 関心ごと »

2009年10月24日 (土)

ぴちぴちの鯖の調理

[朝食]
・鴨うどん ・みかん  ・いつものセット
Dscf1461
鴨のスープをとろうと煮ていたのだけど、すぐに食べないからと何度も火入れしていたら身が柔らかくなりすぎてしまった。
バーミクスで全部くだいて、七蔵風の稲庭うどんで食べてみた。まあまあ。(もう少し身の割合が少ないほうが七蔵っぽいかも。)

さて、今日の野菜買出し。
Dscf1471
ちょっと控えめ。何故なら干し白菜など細々と残っている野菜があるからね。
頑張って食べても意外に減らないんだよねえ。無駄なく野菜を購入して、飽きずに食べるのは難しいよ。
[昼食]
・ラーメン 麺半分 青いのはにんじんの葉
Dscf1472
食後葉付にんじんをぽりぽり食べる。
Dscf1473
昼前、久々に近所の魚屋に行く。早く着き過ぎプロでごった返し、シロートのおばちゃんはなかなか相手してもらえない。
仕方ないので、下がっているビニール袋をびりりといただき、自分で氷の入ったスチロールから欲しい魚を取り出した。

で。
ぴちぴちの鯖一本と、同じく吸盤に手が吸い付くようなするめいかを1パイ購入。
Dscf1474
さばは、半身がしめ鯖、半身を塩鯖にする。死にたてのぴちぴちのせいか、さばいても内臓を処理しても〆たりしてても、マッタク手が生臭くならない。素晴らしい!
するめいか、身は一夜干にした。げそとえんぺらは塩辛となる予定。
[夕食]
・揚げ茄子
Dscf1477
なすは冷蔵庫にひっそりと残っていた2週前に買った最後の1本。 でもそんなの微塵も感じずうまい。今の野菜は長持ちするから捨ててはいけないよね の典型である。

余談であるが、イタリアに行ったとき、野菜がとってもウマいと思った。でも野菜が長持ちしないんだって。野菜室に入れても1週間もたないって。日本の野菜は、流通業者の都合ととずぼら消費者のために改良されている気がするよ。
  
・舞茸とにんじん葉の胡麻和え
Dscf1478

・しめ鯖
Dscf1476
あ、レタスはベランダ産です。レタス、パセリ、バジル、欲を言えば大葉が一株ずつあると、何かと便利。育てる手間もかからないしね。

うーん。。   こんなつまみだと、熱燗がぐいぐい進みますネー。
Dscf1480

でも、本日一番は船場汁 
Dscf1479
作り方は本など見たわけじゃなく、すごくテキトー。

頭はえらをはずしてから血などしごき、よーく水で洗って出刃でふたつに割る。しめ鯖を作る半身のすいた腹骨・尻尾などと一緒に塩を振ってざるに20分ほど置く。
出てきた水分を洗った後、更に熱湯をかけて霜降りに。

昆布を水に入れてふつふつしたら引き上げ、沸騰したら鯖(っつーか、頭と骨だけど。)と、しょうが半かけの薄切りを入れる。

あくを取って少し煮たら、厚めのイチョウに切った大根を入れて、大根に火が通ったら塩味をつけ、鍋のまま冷ます。(これで大根においしい味がしみるはず。)

夕食時になったら、鍋を暖めてどっさりの小口ねぎを入れて火を止める。ねぎはくたくたにならない程度の火入れ加減が好きだ。

椀に盛り付け、黒胡椒をごりごりひいて出来上がりー!

うまいよー!頭についた身もほじほじと全部平らげた。うまさはしめ鯖以上である。

久々に魚をさばいて、休日を堪能するりきまるであった。

|

« | トップページ | 番外編 : 関心ごと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぴちぴちの鯖の調理:

« | トップページ | 番外編 : 関心ごと »