« はまりやすい性格 | トップページ | 大食いの血脈 »

2009年10月13日 (火)

チャリティ ナイト

[朝食]
・りんごといつものセット
Dscf1351
[昼食]
ハマサイトの炒伽哩にて。
・グリーンカレー ご飯小を更に少なめ
Dscf1352
野菜ごろごろのカレー。

さて夕方。
いろいろ迷ったが結局こに行ってみることにした。
Dscf1500
[夕食]
神楽坂のトライブスにて。
ハンガーフリーワールドのチャリティナイトに参加。
・アフリカビールに牛のケバブ食べながら、
Dscf1353
19時半からと20時半からの2回分、エチオピアの農業と酪農の実態について、ジャイカの方の講演を聴く。
今までりきまるは、アフリカの支援に一番大切なものは、井戸とかの水源の確保と農業技術の伝授、それがあれば十分だと思っていた。がしかし、違うのねえ。。生産物を、欲しい人をみつけ、そこに届ける物流や市場インフラの構築がなければだめなのだ。困ると一斉にウシを売りに出すから、せっかく育てたウシが10分の1に値崩れしたり。

社会科の基礎みたいな事実に、改めて眼からうろこである。
あ、市場形成の一策では、携帯を配布して生産情報を消費側に伝えるのがすごく有効だったというエピソードが、『今』っぽくて気に入りました。
その後二駅ほどあるていから帰り、
いんげんと豚肉の醤油煮とか
Dscf1354
ちょっと足りなくて、ありあわせの野菜でサラダも食べた。
Dscf1356

|

« はまりやすい性格 | トップページ | 大食いの血脈 »

コメント

りきまるさん、こんにちは!ダイエット成功おめでとうございます!でも大食い路線が復活か…と実は少し楽しみにもしてたりして(ウシシ)…。食欲の秋ですから多少はおおらかに行きましょう!

別の日のブログですが、世界の1か月の食べ物、私も(もしかしたら違うかもしれませんけど)写真集を見たことがあります。欧米の豊かさ、日本のごちゃまぜ加減(まあそれがいいところかもしれませんね)、アフリカ諸国の衝撃的な程の量の乏しさ、どれも心に残っています。「今日のお献立何にしようかな」と悩むのは(私にとっては時に)面倒なことでもあるのですが、なんともぜいたくな悩みなんだなあと、特に難民キャンプの写真みて思いますね。

先日のブログでのユニクロの話といい、安い食べ物が横行している話といい、安物を買って非常にミクロなレベルの満足を得るより、もっと全体のことを考えにゃーあかんと痛感します(とはいえ、安物買いはなかなかやめられまへん…)。

りきまるさんが常々力説されるとおり、大切に育てられた食べ物がそんなに安く売られることはないし、そうあるべきではありませんよね。

最近「世界屠畜紀行」という本を読んだのですが(解放出版社の本ということでディープな内容も多少はあったのですが)
伝統的な狩猟社会での肉食とは真に対照的な、アメリカの食肉事情を垣間見て、やっぱり大切に育てられたお肉を(←お財布の範囲で、ですけど)適正な量だけ食べたいなあという思いを強くしました。

美食・爆食(笑)・旅行などの他にも、非常に示唆に富むりきまるさんの日記、これからも楽しみにしてます!!

投稿: ほっぴー | 2009年10月29日 (木) 10時49分

ほっぴーさん、
ありがとうございます!とても嬉しくコメント拝見しましたです。
「ウチのダンナ、ボーナスカットで生活苦しいのよー!」と言う人達でも、日本人は地球レベルでみたら大富豪なんですよね。だから私達はみな何かしら、ノブレス オブリージュ(高貴なるものの義務)を背負っている。。と、思うんです。白洲次郎じゃありませんけど。(笑)
まー、でも、この食を巡る問題は難しいです。ちょっとでも『説教のニオイ』がすると、人は聞いてくれませんし。。だからブログに書く時も、実はいつもどきどきしています。りきまる自身も長らく、「有機好きって、なーんかうるさいんだよね。大した違いもないのにさ。」と思ってきたクチですから。(笑)

ま、りきまるも、『ボーナスカットで苦しいのよ』の一人でもあるので、『(有機的。(笑))不健康』な安いものに、『ノブレス的な生活』を混ぜ混ぜしていこうと思います。

爆食系。。。マズイんですよー。今朝1.5kg増量、確認してびびりました。(涙)なのになのに今日、大地から肉と生クリームが届くんです。
『渡辺徹への分かれ道』に立ってるりきまるです。うう。

投稿: りきまる | 2009年10月30日 (金) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャリティ ナイト:

« はまりやすい性格 | トップページ | 大食いの血脈 »