« 食育フェア | トップページ | はまりやすい性格 »

2009年10月12日 (月)

番外編 : 食卓の周りの笑顔

さて、楽しみにしていた食育フェアー。講演は3つ聞く。
そのひとつ、
 − 牛・豚・鶏の幸せとは何だろう

どたまをかち割られるほどの衝撃を受けた。聞いていて見ていて思わず涙がこぼれた。

なぜ卵や牛乳を安く特売できるのか(牛乳が水より安いなんて。。)、なぜ立ち食いそばより安く牛丼が食べられるのか、なぜ食肉の産地をドライブしても牛豚鶏を目にすることがないのか。

ずっと不思議に思っていた、いろんなことに回答をもらったようである。

ま、このブログはお気楽のままにしておきたいので、ご興味のある方は、『家畜福祉・アニマルウェルフェア』などなど、ネットで調べてくださいませ。

楽しい展示も沢山あった。
給食の歴史もこそのひとつ。
明治22年、質素な食事である。
Dscf1187

大正と昭和初期。
Dscf1186Dscf1188
意外にも今っぽい食卓にちょっと驚く。

戦争中に。。
Dscf1189
終戦直後。
Dscf1191
これでも精一杯の食事だし、子供たちには嬉しい食事であったんだろう。

揚げパンにソフト麺。りきまる時代の給食の定番。
Dscf1197Dscf1196_2
とはいえ、りきまるが給食の恩恵にあずかったのは、昭和42年からだけどね。おほほ。

りきまるが就職する頃。グラタンもすっかり家庭料理化しているよね。
Dscf1202

小学生がバイキング。。
Dscf1206_2 Dscf1208_2
バブルピーク。給食もバブっていたことを知る。
Dscf1207_2
そして平静を取り戻した現代。給食も国際化であるね。
Dscf1209
でも明治の頃と比べると、やはり日本人が食べ過ぎているのがよくわかる。

もうひとつの展示は、地球の食卓写真展〜世界24か国の家族のご飯〜。
文字通り、世界24か国、1か月分の食料を撮った写真だ。面白くて、一枚一枚解説とともにじっくり見る。
アメリカ(40,355円)              ドイツ(59,008円)
Dscf1251_2 Dscf1268
先進国はいずれも、ファーストフード・瓶詰め・缶詰などが大半を占め肥満と戦っている。
それは美食の国フランス(49,554円)も例外ではない。Dscf1269

一方、りきまるが心惹かれ、食卓に呼ばれたいと思ったのは。。
エジプト(8,087円)や           トルコ(17,214円)
Dscf1270 Dscf1256
ガテマラ(8,933円)など決して豊かではない国々だなあー。
Dscf1259

そして思ったこと。
マリ(3,113円)
Dscf1264
難民暮らしのチャド(1,143円)。
Dscf1276
どんな環境にあっても、家族を思い、家族のために調達し、食を囲む人々の笑顔はとても素敵だと言うことであった。

食べることは生きること。この世界に何か係われるといいな。そんな思いを強くしたイベントでありました。

|

« 食育フェア | トップページ | はまりやすい性格 »

コメント

りきまるさんこんにちわ。
先日、豆腐のマリネのレシピを教えていただき、
早速作って早速メールしたのに、
何故か消えてしまっていた・・・(涙)。
ですのでここで報告。
とってもおいしかったです。
豆腐に塩コショウの組み合わせが新鮮でした。
リピート決定です。ありがとうございました。

さて、この「地球の食卓写真展」にやられました。
マリの皆さん、実にいい笑顔ですね。
私もりきまるさんと同じ思いです。
心して食卓を整えなければ、とあらためて思いました。

投稿: pooh | 2009年10月27日 (火) 09時46分

phooさん、
気にいって頂いて良かったです!りきまるも久しぶりに今夜やろうかなと思います。ゆうべがっつりお座敷天ぷらやってしまい、朝1.3kg増量していたので調整せねばなんです。


この写真展、本当に面白かったです。写真の説明文も楽しいんですよ。
マリの人達、素敵でしょう?文章のタイトルは、「貧しいけれど元気」でした。うーん、わかりますね!(笑)

自宅で一人メシでもちゃんと、『いただきます』を言うようにしました。最近、言わなくなってるなあー。。と思いました。食べるものがあることが当たり前になっていた自分に反省を込めて。。

投稿: りきまる | 2009年10月28日 (水) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 : 食卓の周りの笑顔:

« 食育フェア | トップページ | はまりやすい性格 »