« 懐かしい酒 | トップページ | 番外編 : ほどほどを学ぶ »

2009年8月29日 (土)

15年ぶりの出石

[朝食]
・ホテルの焼きたてパン3個 ・コーヒー
チェックアウトして出るとスキンヘッドでがたいのいい、ひと目でやっちゃん風のにーさんがりきまるの前を歩いていた。

ま、でももう目が慣れて全然OK!街はやばめだけど結構安全あんぜん。

チェックアウトしたあと、レンタカーも借りて一路向かうはここ。
Dscf0322
但馬の古い古い町出石である。

[昼食そのいち]
出石のよしむらにて。
Dscf0316
出石そばをいただく。
Dscf0317
こんな風に小皿に盛って出てくるのである。これがまっことうんまい!

15年ほど前、やはり大阪主張の時同じようにレンタカーを借りてわざわざ出石までおそばを食べに行ったことがある。
古い町並みと濃い出汁の効いた出石そばが大変気に入って、またいつか行きたいと思っていたのである。

そしてこのよしむら。食通の先輩オススメだけあって、お蕎麦もおつゆも極上であった。

蛤御門の変の後、幕府方に追われていた桂小五郎が潜伏していた住居跡の隣にある。
Dscf0315
(という、興味ない人には何の関係もない、いつものお侍ネタである。)

食後はお約束の古い町並み見学。
長屋門だけ見て通り過ぎようとしていた旧家老屋敷。
Dscf0336
看板を見る。
Dscf0325
ふむふむ。江戸のお家騒動千石騒動の中心人物千石左京の家か。獄門になり、鈴ヶ森に晒首。息子も島流しとなり極悪人とされていた。

が、その実態は、改革派として藩財政建て直しのため殖産興業とリストラを断行。守旧派との対立が、やがて左京の後ろ盾となっている幕府老中の権力闘争に飛び火。
結果左京はその犠牲となったと言うのか。。
Dscf0327
それってりきまるがはまっている山本周五郎の『樅の木は残った』の原田甲斐ではないか。。。!と遠い目になる。
(注.今、家老屋敷眺めるこのオバサンの中では、お侍好きの血がごーごー燃えてます。とほほ。)

2階がないように見える造りは、敵方から襲撃されたときに逃げられるようにとのことである。
Dscf0328
いつの時代も権力を求めるやつらのやることはあまり変り映えがしない。りきまるの会社でも、江戸時代でも。ただ現代は、負けたやつが死なずに済むのはいいよね。

[昼食②]
宝永三年(1706)、信州上田の城主だった仙石越前守政明が出石城に国替えのとき、いっしょに出石にやってきた。という古ーいお店南枝にて。
Dscf0354
またまた出石そば。
Dscf0355
この皿そば、店店でこんなロゴ入りのお皿なのである。
Dscf0356
このお皿が欲しくて探したけど見つからなかった。
出石焼きのお店は沢山あったのだが、
Dscf0348
こういう雑器は置いてない。結構売れると思うんだけどねえ。。

ここ出石は昔は川幅も広く交通の要所であったらしい。
Dscf0347
こんな常夜灯跡もある。ここで大量の荷の積み下ろしをしたそうな。
Dscf0346
南枝はこのすぐ脇にある。駅近のお蕎麦屋さんってところであろうかね。

ふるーい寿司屋さんもあった。
Dscf0345
真っしろな暖簾が素敵です。ものすごく試したかったけどお腹いっぱい。次回の宿題とした。

さて、歴史もおなか一杯になってきたのでそろそろここを立つとしましょうか。

立杭焼きの窯元も行きたかったけど、とても時間がなかったので、篠山城跡に立ち寄り、野菜など仕込んで帰る。

蛍が池からモノレールに乗る。隠れ鉄ヲタりきまる。いそいそと一番前に乗る。
Dscf0358
今りきまるのお尻の下はなんもない。ちょっとひやひやっとするこのモノレールが好きだ。

短い旅を終えて羽田に着き、バスと電車を乗り継いで自宅に帰る。
Dscf0363
曰く説明しがたいのであるが、自分を取り巻く全ての『東京的』なものに囲まれほっとする瞬間だ。
右も左もどこも知ってる安心感とか、自分と同じ言葉を話す人々とか そういうもの全体がかもし出す街の空気とでも言おうか。。

[夕食]
出石と篠山で買った野菜で晩ご飯。
・早生の黒豆の枝豆 ・もろきう ・ささげのおひたし ・原木しいたけ焼き ・つぶうに 
Dscf0368
最近野菜を買って帰るのが、昔よりとても楽しみ。

でもって但馬の酒!
Dscf0369
宿がしょぼかったせいか、自宅に戻りほっと一息のりきまるであった。でも旅はいいもんだね。国内旅行にちょいはまり気味なりきまるである。(注.お侍オタク旅だけどネ。)

|

« 懐かしい酒 | トップページ | 番外編 : ほどほどを学ぶ »

コメント

え~~~~!!!!!
うち、モノレール蛍池から、空港と逆方向に
1駅すぎた沿線沿いです!!!びっくり~~

お近くにいらっしゃったんですねぇ~

なんだか、嬉しいで~す(^o^)

またモノレール乗りにいらしてください!
私も、一番前が大好きです♪

投稿: しるこ | 2009年9月15日 (火) 13時22分

なんと、うちの父方が出石出身なんです。 行ったことがないのですが、なかなかの場所ですね。 しるこさんのご近所でもあるんですね。 ご縁を感じます。

投稿: Nobrin | 2009年9月15日 (火) 22時42分

しるこさん、
そうだったんですか!まさに通りましたよー!
この日は帰り道を考えて、レンタカーを宝塚で借りたんです。
このモノレール、ジェットコースターの最初のところみたいで楽しいですよね。できれば運転席に入ってみたいです。(^^)

Nobrinさん、
おー。。そうでしたか。。!
出石は若い頃田辺聖子さんの『窓を開けますか?』で読んだほんの短いエピソードが心にひっかかり、ずっと行きたく思っていて、15年前に訪問しました。
小さいけれどあまり観光化されてないいい町です。近くには良い温泉もありますよ。
しかしこれだけシンクロすると言うのは、私達の前世に何かご縁があるのかもしれませんね。。。

投稿: りきまる | 2009年9月16日 (水) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15年ぶりの出石:

« 懐かしい酒 | トップページ | 番外編 : ほどほどを学ぶ »