« | トップページ | 前編 : おいでませ無人の街山口へ »

2009年8月 3日 (月)

後編 : 夜の店探し編

塔の見学が終わるとすでに17時近い。
さっきからやたら『ぞわぞわ』しているし、夜の寺廻りはやっぱりよくないなってことで、川沿いのサイクリングロードをぷらぷら。今宵の店を探すとした。
Dscf9764
県庁からわずか5分の場所がこの緑の深さ。
Dscf9765
と、ここでにわか雨に振られてスーパーでしばし雨宿り。

再び夕暮れの街を飲み屋探してぶらぶら。
Dscf9766
なかなか素敵な街並みです。

おお、どうせお昼麺ならこんなところでたべたかったけどな な、お店発見したり。
Dscf9768
がしかし、今回の店探しは難航。人があるいていない町には、飲みやも発見できない。

川沿いの料亭の隣に、料亭の経営するダイニングバーを発見。うーん。。ここもいいんだけどちょっと違うのよね。

そうこうしてるうちに、自転車を返す時間も近づいてきた。そろそろ決めないと。
しかたないので不本意ながら、商店街近くのこんなところで決定した。
Dscf9769 Dscf9770
[夕食]
山口市のMUTSUMIにて。
・お通しの小いかと小芋の煮物
Dscf9771
ま、これはいい味。
でもはいるなり、うーん。。違うのよー。。と思うりきまる。
やっぱりさ、地元のおかあさんお父さんのつくる小料理の食べられるお店に行きたいんだよね。
ここは多分地元の人たちが都会を感じに来るお店だ。
・野菜サラダ
Dscf9772
うーん。。水菜サラダだね。
・わさび菜のおひたし
Dscf9773
・お刺身 ひらそ、いか、はも
Dscf9774
ひらそって何?って聞いたのだけど、よくわからず頼んでみたらひらまさでした。
うむむー。だったらアジがよかったのう。

店としちゃ悪くないんだろうけど、望んでいたものと違うのでちょっとフラスト。山口駅から
Dscf9776
2両編成の電車に乗って、
Dscf9777

ひと駅となり、湯田温泉駅にとうちゃーく。
Dscf9778

今週末、山口は街中が提灯に彩られ、もっとも華やかな日を迎える。
Dscf9779
居酒屋前に飾られた灯りを見ながら、街の晴れ姿を想像する。

駅から少し遠周りしながら温泉街を歩くと。。
あるある
Dscf9783
あるある
Dscf9784
あるある!
Dscf9785
なあんだー!ここにあーるじゃありませんかー!
りきまるが行きたかったような居酒屋をごろごろ発見である。(涙)

足湯にも灯りがともって、昼間はなんだかイマイチな温泉街とおもっていたのが、化粧をしたように街全体が色気をまとっている。
Dscf9786

ホテルにも露天があるというが、向かいの温泉の無料券をもらい入りに行く。
部屋の雪駄に履き替えると、かわいいサンダルより似合うようで。ううう。(涙)
Dscf9789

お湯の帰り、酒屋で五橋と獺祭の小瓶を仕込んで帰る。お部屋2次会である。
Dscf9790
宿にチェックインしたらまず酒屋を探す。日常の習慣が役に立つ瞬間なのでありました。

|

« | トップページ | 前編 : おいでませ無人の街山口へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122895/45879889

この記事へのトラックバック一覧です: 後編 : 夜の店探し編:

« | トップページ | 前編 : おいでませ無人の街山口へ »