« 再認識 | トップページ | 番外編 : おにいちゃんと一緒 »

2009年1月27日 (火)

猫の看護婦さん

[朝食]
朝起きるがやはり風邪が悪化している。
頭ががんがんしているが、消炎剤を飲んでいるので頭痛薬も飲めない。

前日の行動を思い出すと、『社会人失格』とか『リストラ有力候補』とか怖いワードが頭をぐるぐるするが、まあくよくよしても始まらぬ。とりあえず休みのメールをしたあと、生姜湯と薬を飲んでこんこんと眠る。(ていうか、少しは反省しろ。)

[昼食]
・豚汁
Dscf7174
昼過ぎに起き出して残り物をあっためてお昼。汁物以外入らない感じ。

再びしょうが湯と薬を飲んでベッドにもぐりこむと、猫の看護婦さんがやってきた。
Dscf7175

「さあ、おねえさん。おねつをはかりましょうかニャ。」
Dscf7177
りきまるの胸の上に乗って、ほっぺをにくきゅうででタッチ。

「ふむふむ。38ど1ぶ。  と。にくきゅうにめもしておきますニャ。」
Dscf7178
「なおるまでおさけはきんしですニャ。」

あの、かんごふさん、
「ニャ?」
Dscf7180
あの、ものすごく重いです。
あと、ホットミルク飲みたいので、おつり上げるから買ってきてください。

「・・・・・」
Dscf7182
看護婦さんに、ものすごく怖い顔でにらまれました。あはは。(でも本気でホットミルク、飲みたいんだけどねえ。。)

[夕食]
・野沢菜とこんにゃくの混ぜご飯  ・おみおつけ  ・キャベツサラダ ・赤大根漬け
Dscf7183
夕方起き出して久々にごはんを炊く。
看護婦さんの言いつけを守って、お酒なしで早寝早起き。
りきまる商店本日閉店です。

|

« 再認識 | トップページ | 番外編 : おにいちゃんと一緒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫の看護婦さん:

« 再認識 | トップページ | 番外編 : おにいちゃんと一緒 »