« 新種のりんご | トップページ | コーヒー原始人 »

2008年12月23日 (火)

番外編 : 視線

腫瘍が悪性だったら。。へこみまくってしくしく泣いていると、おぼがじーっとりきまるを見ていた。
Dscf6692
何かを語る視線。
もうずっと、自力でごはんを食べていないんだけれど。

目に力があるから、きっと大丈夫だよね。

視線に励まされるりきまるであった。

|

« 新種のりんご | トップページ | コーヒー原始人 »

コメント

りきまるさん、今年も宜しくお願いします。おぼくんは、「お姉さん、どうしたの?ぼくは大丈夫だよ。」って言っているのかな?お利口さんのおぼくんや、可愛い姉妹猫ちゃんのためにも、今年一年もがんばりましょう!!私も、当年で18歳になる爺猫のため(年相応に図太い奴です)にがんばります!今日から仕事始めですね。。。。

投稿: SUZU | 2009年1月 5日 (月) 07時56分

SUZUさん、
爺ちゃんにあやかって、おぼも長生きして欲しいなあー。
重い病気のご家族がいる方は、どれ程辛いだろうかと思いました。
おぼの主治医の先生はとても良心的な値段なんですが、にしても医療ってカネがかかるんだなあーと実感です。
おまんまと治療費稼ぎに、今年も頑張らねばです。

投稿: りきまる | 2009年1月 6日 (火) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 : 視線:

« 新種のりんご | トップページ | コーヒー原始人 »