« 京の夜でもおやくそく | トップページ | 番外編 : 変わる伊勢 変わらない伊勢 »

2008年9月27日 (土)

幕末志士をしのぶオッサン旅

京の朝。二条大橋から鴨川を眺める。
Dscf5446
いい天気。秋が来た!って感じ。

さて散歩始めるか。。と歩き出すと、ものすごくかわいいわんこを発見。じーっと見てから歩き始めると、
「おはようございます!」  と、声をかけられた。はて?

「れんこんやでございます。」
ゆうべお世話になったれんこんやさんのおかみさんであった。ああー。びっくり。

ご挨拶をして散歩開始。乾燥して空気が軽く、すごく気持ちがいい。
寺町あたりでこんなパン屋さんを発見。朝メシをここで買うとしよう。
Dscf5450
[朝食]
・ベーグルドック
Dscf5451
ベーグル生地でウインナを包んだパン。パリパリもちもちうまいうまい。

さて、幕末史おたくりきまるが、まず向かうはここ。
二条城。
Dscf5459
幕臣勝海舟が京に来ると、きっとまず二条城に登庁しただろうということで。

そして。。。
Dscf5460
勝海舟派の幕末史おたくとしては、二条離宮ではなくて二条城なんすけどね。

でも時間もないし、入場料も高いから外から記念撮影しただけ。(ケチ!!!)

バスに乗り込み一日券を購入。タクシーはつかわないつもりである。
買い物してはホテルに預ける を繰り返し、コインロッカー代も節約する女。今回はケチケチ旅なのだ。
食事だって、『観光客向け 高級京風』なんかじゃなくって、京都の人が普通に食べてるものがいな。
ということで、京都に行く度必ず立ち寄る雑貨屋、河原町のアンジェで色々大人買いしたあと、市役所裏あたりで。。
Dscf5465
多分市役所の職員がお昼に行くかなーなお店を物色。出石そば屋を発見。
[昼食]
寺町の出石そばやにて。
Dscf5468_2
出石そばはこーんな風に皿に入ってる。
Dscf5470
10年ほど前、大阪出張に便乗して出石に行って、そのおいしさに驚いたのである。特にそのおつゆの味の、東京との違いにおどろいたものであった。

ここのはちょっと違う気がした。ああ、あのおそばを食べに出石に行きたいなあ。。(また食いモンかよ!!!)

さて、メシの後はいよいよ、京都御所蛤御門に向かうとしよう。
**管理人による警告** 
ここからしばらく『歴史好きオッサン女』による、一方的な思い入れが続きます。
ご興味のない方、要注意。(最近は友達も、「あー、はいはい。」と呆れ気味だす。。)


まず京都御苑に入り向かうは鷹司邸跡。
Dscf5472
元治元年、長州藩尊王攘夷急進派は、汚名を返上と孝明天皇奪還を図り、京の町で武装蜂起。蛤御門の変をおこす。
『天皇を擁したモンの勝ち』という、まことに日本人チックな革命というか戦争なのが、現代人りきまるにはおかしいのだけどね。

とあれ、長州勢はここ鷹司邸に火を放った。
Dscf5474
この火は京都の町を焼き尽くし、あの本能寺まで燃えてしまったのである。

さあて勢いづいた長州勢は玉体奪取に向かうのだけど。。
Dscf5475
まだまだ遠いっスねー。。玉体おわす御所は。  頑張れ、長州。

さて一方、りきまるの大好きなじーちゃん戦士来島又兵衛率いる一派は、蛤御門を責めていた。(司馬遼太郎の竜馬がゆくでは、サイコーにおもろいキャラに書かれている。)
Dscf5485
有名な弾痕。じゃんじゃんあるよー。
Dscf5482 Dscf5486
さわってみる。
Dscf5483
このあたりで日本人同士が、馬に乗ってたり斬り合ったりテッポー撃ったりしていたなんて、なんだか不思議だねえ。。。

ところで戦争、老人戦士又兵衛はこの椋の木のあたりで撃たれ、甥に介錯をたのみ槍でのどをついて自害して果てた。
Dscf5480
玉体は目と鼻の先。
Dscf5479
走って数十秒、馬なら数歩で建礼門だよ。
Dscf5477
あと一歩で息絶える又兵衛はどんな思いであっただろうねえ。
それもそれも、つわものどもの夢の跡。御所には彼岸花が咲いていた。
Dscf5476

さーて、しみじみひたったあとは。。

薩摩藩邸跡を通ってー、
Dscf5490_2 
御所北の相国寺。薩摩藩士のお墓に行こう。
Dscf5495
たくさんの建物が点在する相国寺。

多分なんてことはない建築物どれをとっても、東京のそれより古かったり
Dscf5492
立派だったり素敵だったり。
Dscf5493
やっぱすごいわ、京都。

で、寺の東に薩摩藩士の墓、立派立派でありました。(注.りきまる、墓の写真は撮らない主義。怖いから。あはは。)
Dscf5497
寺の西には長州藩士の墓。こちらはいくら探しても見つからなかった。いつの世も、負けたものは少し切ないね。

|

« 京の夜でもおやくそく | トップページ | 番外編 : 変わる伊勢 変わらない伊勢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幕末志士をしのぶオッサン旅:

« 京の夜でもおやくそく | トップページ | 番外編 : 変わる伊勢 変わらない伊勢 »