« 旅にいざなうもの 今回は | トップページ | 京の夜でもおやくそく »

2008年9月27日 (土)

番外編 : 普通の京都

京都に関する本や、京都通の語る名所は枚挙にいとまがない。そんな中、りきまるなんぞが京都を語るのは、誠におこがましいとおもう。
だからこれは、りきまるおじさんの個人的な覚書でございます。えへへ。

学生時代から10回以上は来ているが、りきまるは『普通の散歩』が一番好きだ。

なぜなら。。
何と言うことはないお寺なんだけど。。
Dscf5471
東京なら大威張りの由緒があったり。

ホテルの並びの寺。
Dscf5447
左に道を切って、正面からの植栽に意匠を凝らす。
Dscf5448
そんな『美に対するしぐさ』とか、小さい発見がたまらなくいいんだよね。

置き屋のある街並みは素晴らしい。
Dscf5530 Dscf5532
その奥にあるものを確かめたい衝動にかられたりする。
ま、りきまるが若い頃は、置屋置屋とあんまり騒いではいなかったけどねえー。

京都という大都市の中心街にこんな建物がのこっいるっているって言うのは、現代日本ではある意味ひとつの奇跡でもあると思うんだ。
Dscf5449 Dscf5500

りきまるの好きな散歩道のひとつは、寺町界隈。京都に来ると必ずこのあたりを散歩する。

そして、寺町あたりのごくごく普通の古い町が好きだ。
Dscf5452_2
由緒ある街並みではないんだけど、河原町からわずか15分の都心の昭和の風景。
Dscf5453
こんなごく普通の甘いものやさんが近所にある生活。
Dscf5457_3
いいなあー。。 りきまる、もし京都に住むならこういうところがいいなあ。。

家々の軒先にはいろいろなものが。。
Dscf5454
由緒由来を聞いてみたいたいねえ。
Dscf5455

今回京都で不思議だったもののひとつ。それは牛乳箱だ!
あの家     
Dscf5456
この家
Dscf5467
軒先にある牛乳箱。ここの町には、牛乳配達が健在?

行くたび発見も多くて、またまた行きたくなる。
そんな中毒性もある京都のあわただしい旅でありました。

[おまけ]
市役所近くでみつけたお店。
Dscf5461
ななななななーんだいのー。。これは。
Dscf5463
看板も謎だ。さてさてここはなんでしょう。。
Dscf5462



答えはビリヤード場でありました。
Dscf5529
なんか不思議。どういう人が集うんだろう。京都はナカナカ奥深いねえ。

|

« 旅にいざなうもの 今回は | トップページ | 京の夜でもおやくそく »

コメント

>いいなあー。。 りきまる、もし京都に住むならこういうところがいいなあ。。

いやいやいや・・・・京都は観光が一番ですよ!
間口狭くて、うなぎの寝床みたいな建物が両隣きゅうきゅうに立っているのは、中暗い!!
冬は頬に突き刺さる寒さ、夏はすべての思考回路を麻痺させる暑さ。
それになにより、人付き合いが、噂通りキツイ。りきまるさんが写したまさにディープな京都は
・・・京女の私でもしんどいです。

夢のない話をしてすみません・・・

ともあれ、京都を楽しみに訪れていただけるのは嬉しい限りです。
私は今から紅葉シーズンの京都が一番好きです。
桜の季節もいいですが、この時期、三方の山々が色んな深みある紅色に染まっていく様子を毎日みるのが好きでした・・・今我が家から見えるのは夕日に照らされた無機質な高層ビル群ばかりです(涙)

投稿: sivacci | 2008年10月20日 (月) 23時24分

sivacciさん、
おお、そうでした。 sivacciさんって京女でした!
そうですかー、人間関係、きっついですか。。 がさつな東夷りきまるにはきっとつとまらないんだろうなあー。(笑)

でもやはり京都は素敵ですね。
りきまるは高知で子供時代を過ごしたので、市内を流れる川のある風景にも惹かれます。
なので鴨川があるのもとても素敵だと思います。
東京の川は下流だからでかすぎて情緒はないですからねえ。。

投稿: りきまる | 2008年10月21日 (火) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 : 普通の京都:

« 旅にいざなうもの 今回は | トップページ | 京の夜でもおやくそく »