« 呪文の街に到着 | トップページ | まいご迷子で日が暮れる »

2008年8月 1日 (金)

番外編 : 文化のるつぼの寺

バンコクに着いてイチバンに驚いたこと、それはこの街がNY顔負けな『人種のるつぼ』であるということであった。
欧米、アメリカ、アラブ、東アジア、インドそして多彩な東南アジア。
ありとあらゆる地域の人種が歩いている。ここは文明の交流地点なんだね。

そんなバンコクの街を反映してか、ここワットポーも、ごったまぜな文化をそこここに感じるの場所であった。

まずは脇の入り口から入り、イチバン近くにあったお堂をのぞく。
Dscf4726 Dscf4723
日本人的に言うとお堂と言うには随分派手っスけど。。

きんきらきんの大仏様。
Dscf4724
石像木像や乾漆仏を見慣れた目には、なんでか違和感があるんだけど。まあ、これはりきまるがイメージする『タイの仏教』であることは間違いない。

ま、この程度のきんきらなら、なーるほどー。。って感じなんだけど。。

これでもかーっ! て並べ倒すのも
Dscf4755
同じくタイ式?
ちなみに外に出ても似たような風情なのはちょっと笑った。
Dscf4756

ここでは文化は混じらずに、それとして存在している。
Dscf4725

「ふぉっふぉっふぉー」           凧の絵にできそう
Dscf4729 Dscf4733
まんま、中国のどこかにこんなんありそうな感じ。

びみょーな銅像もあり。
えべっさん系に。。
Dscf4734
これは近所におじさん風だが、
Dscf4736
なんの神様なんだろうネ。

しかし建物たちがあまりに派手すぎて、『敬虔な気持ち』になれないのは、
Dscf4730
侘びさびを感じるニッポンの寺社仏閣に慣れているせいだろうかね。

近寄ってみると。。。
Dscf4731 Dscf4732
派手っていうか、ラブリー。西洋を感じるモザイクで飾られている。

仏舎利を眺める。
Dscf4737
心に去来する似たもののイメージとしては、インドとかトルコとかロシア正教会。

ニッポンも発見。
こま犬さん というかシーサーというか。
Dscf4753 Dscf4754
日本のこま犬は左右の犬が、「あ」「ん」と言っている。こちらは口あけっぱ。

さあて、そろそろご本尊様にご挨拶に行くか。
ちなみにご本尊様の入り口で下足番をしているじーさんは、あらゆる人種の国籍をひとめで見分けて、その国の言葉で「靴を下駄箱に入れてくださーい。」と呼びかける。すごい技である。

さてさて、釈迦殿に入ってー。。。

「おっしゃかさま~!」

「はーあーい~♪」(いや、絶対そう返事してるって!!!)
Dscf4738 Dscf4739_2

こっこれはある休日のりきまるの姿そのもの。。。
Dscf4740
ニッポンのお釈迦様って、やっぱり生真面目で、モノづくりが得意で、英語が苦手なんではないかとふと思う。(いや、お釈迦様はインドだろうがタイだろうが一人だけどさ。)

お釈迦様のうしろにこんなコーナー。占いだ。20バーツを払ってコインに変えてもらう。
Dscf4741
そんでこの托鉢鉢にてきとーにコインを入れていく。見事最後のひとつの托鉢鉢に最後のコインを入れられたら願いがかなうんですと。
Dscf4743
りーきーまーるーがーおーよーめーにーいーけーすーまーすーよーうーにー。。

・・・・

コイン、足りねえ!

ここタイでは、お坊様はたいへん尊敬される存在なんだそうなので。。
修行中のお坊様をぱちり。ご利益がありますように。。。そんでもってお坊様、
Dscf4747
りきまる、お嫁にいけますかネ?(注.お坊さんは占い師ではありません)

[おまけ]
ぺかぺかの境内を回っていて気がついたこと、それは。。
Dscf4745
タイのこの建築様式が、見事な『セブンイレブンカラー』なことである。
Dscf4749
ここらへんに『セブンイレブン』の看板置いてもナチュラルに馴染みそうじゃないスカ?
Dscf4752
(注.ばちあたりな事言う女にご利益はありません。)

|

« 呪文の街に到着 | トップページ | まいご迷子で日が暮れる »

コメント

りきまるさん
楽しんでおられるようですねっ!
今回は一人旅ですか?
ちょうど友達が舞台で
千利休役をすると連絡をもらって
「そんなに太って茶室に入るの一苦労やね」と笑ってたとこでした。
わびさびの世界かぁ…
たくさん美味しいもの食べてきて下さいね。

投稿: レイコ | 2008年8月 2日 (土) 08時51分

レイコさん、
そーなんです。今回は一人旅ですー。
しかもケチケチ旅で、屋台とフードコートでばかり食っててレストランなしです。
でも、屋台メシがんがん食って、お腹もぜんぜんOK。いや、むしろめずらしく便秘ぎみかも。
っていうか、お腹こわす人いるんすかねえ。。。地元の人も食べてるんですもん。

太った千利休。。  なんか笑えますねー。少なくともわびさびはないっすね。(笑)

久々にブログもアップしたし、散歩と晩飯、行ってきます!

投稿: りきまる | 2008年8月 2日 (土) 18時24分

私の中の利休のイメージは「鶴」なんですが
彼は「フラミンゴ」です(笑)私も
少々傷んだもの食べても
臭ってても平気(笑)
でもこれって自慢にならないよなぁ…
いいかっ!
オッサンやし(笑)

投稿: レイコ | 2008年8月 3日 (日) 22時08分

レイコさん、
ワタシ的千利久は、痩せ型の頑固じいさん。ちょっと思い返すだけで、取引先や会社で「あーんな感じ!」って顔が浮かびそうなタイプの。(笑)
7時過ぎに無事成田に到着、くそ高い成田エクスプレスで朝ごはんにおにぎり食ってます。午後から出社です。あー、働きモンだー、アタシ。。。
ま、また次の旅の旅費稼ぎと猫3匹食わすためにも、頑張ります!旅のアップ、しばしお待ち下さいませー。

投稿: りきまる | 2008年8月 4日 (月) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 : 文化のるつぼの寺:

« 呪文の街に到着 | トップページ | まいご迷子で日が暮れる »