« 番外編 : ジム トンプソンハウス | トップページ | 番外編 : バンコクのわんことにゃんこ »

2008年8月 3日 (日)

晩メシリピートの恐怖

[朝食]
ホテルのビュッフェにて。
・おかゆ          
Dscf4869
ジャスミンライスのおかゆはうまい。豚の皮をカリカリに揚げたのをトッピングにして食べた。
・アスパラのサラダと巾広麺の焼きそば
Dscf4870
アスパラの下にあるのは、高知でも買ってきた葉脈の赤い葉っぱ。こんなとこでこれに出会うとはぴっくりである。

さてさて今回の旅で忘れたものの中で、実は一番問題だったもの、それは絆創膏である。一日中歩き回り足はぼろぼろ。
ということで、バンコクの薬局で買いまくったのがこれ。
Dscf4865 Dscf4867
年中が夏。サンダルで歩き回るバンコクの人達にも必需品らしく、どこの薬局にもレジ脇に壜入りでばら売りしている。

さて、準備万端!今日もお出かけだー。

チャトゥチャックウイークエンドマーケットに行こうかと思ったが、何故か今回は自分用のお買い物の欲望が低い。ということで、ジム・トンプソンのおうちに行くのを本日のメインとして、あとはのんびり過ごすことにする。

ジム トンプソンハウスのカフェにて。
・ライムソーダ
Dscf4922
今回驚いたことのひとつが、バンコクの涼しさである。湿度が高いので、歩いたりするとたまらなく暑いのだけど、こんなところでお茶をしていると、東京より全然涼しい。

最後のお土産探しでバッポン通り付近にやってきた。休日だが沢山の屋台が出ている。あれこれ迷ったが、このおばちゃんの中華なべを振る音に惚れてここに決定。
Dscf4935
オーダーしたあと、テーブルについて料理を待つ。
Dscf4936
平和なバンコクの昼下がり。
Dscf4937
暑くて臭くてうるさくて。(街中開発中で工事の音がうるさい。)ひーひー言いながら街を歩き回っていたが、今日で最後とおもうとちょっと寂しい。
[昼食]
鳥のバジル炒めごはん 目玉焼きのせ
Dscf4940
普通はパクチーはのせない様だが、手振りでのせてくれーとオーダー。

生唐辛子をナンプラーにつけたものをばしばしかけて頂く。
Dscf4938
うまい!滞在中の屋台メシイチバンのうまさだ。おばちゃんナイス。りきまるの目に狂いはなかったな。

食後バッポンのBOOTSに絆創膏を買いに入る。志村けんのバカ殿みたいな化粧をした誠にわかりやすいオカマの店員さんに目が釘付け。おっかまー!
嬉しくてここで会社のお土産を購入。

バンコク観光最後に、ルンビニ公園を散歩。緑の中を涼しげに歩くっつーか。。。
Dscf4963
あつーい!!!
Dscf4962
りきまるの嫌いな、真夏のゴルフ場みたいな暑さだ!!
Dscf4964_2 
スカイトレインに乗るつもりが道を間違え、結局ホテルまで歩くはめになった。
ホテルにつくと、顔なじみになったドアマンと日本人スタッフがびっくりしていた。あせだくだく。

シャワーを浴びた後チェックアウトを済ませ、フロントに荷物を預けてプールサイドのバーで一休み。
Dscf4970 Dscf4972 Dscf4971
[午後の一杯]
・ビール   うんまーい!!!  無事バンコクの旅終了に乾杯である。
Dscf4969
風が抜けるプールサイドはとっても爽やか。写真を整理したり、ブログの記事を下書きしたりしてのんびり。
マルガリータを飲んだ後、空港に向かうためフロントに向かう。
Dscf4973
「ここからイチバン近いエアポートエクスプレスバ乗り場はどこ?」と聞くと、お父さんのようながっしり風のホテルマンはりきまるの荷物をちらりと見て「タクシーをお勧めします。」と言う。
えー。。タクシー、高いしさ。「空港までいくらぐらいかかりますか?」と聞くと、「400バーツくらい。」ときっぱり。

とても逆らうことが出来ず、タクシーを呼んでもらう。シャトルバスなら150バーツ。500円足らず。でもよくよ考えたらタクシーだって1200円ちょいだよね。東京のことを考えたらアポみたいな違いだよ。

空港到着。っつーか、早く着きすぎ!
Dscf4974
チェックインができないので、肩のマッサージをしてもらったり、真っ黒な衣装を着けたアラブ人などながめつつ時間をつぶす。

[夕食]
空港のフードコート、マジックフードポイントにて。
Dscf4981 Dscf4982

まずは牛肉麺。もつなど全部入りで。たしか35バーツくらい。
Dscf4976
うーん。。うまいっすー。。 この味ともお別れと思うと大変悲しい。
さて、お次、ソムタムも行くかねー。。。
Dscf4979
と思うが。。。お隣のブースの食い物に目が釘付け。
Dscf4980
いやしかし、これ食ったら晩メシ二食と一緒だし。。。 うー。。と死ぬほど迷って。。

食いましたー、鳥ご飯!!!  いいの、太っても。(注.いや、既に太ってるし。)  Dscf4977
鳥のスープで炊いたご飯に、甘しょっぱく焼き付けた鳥をのっけて食べるのだ。海南チキンライスとも一味違うが、めちゃくちゃうまい!これも35バーツ。

市内向けシャトルバス乗り場の前にあるここは、どうやら観光客向けと言うより空港職員向けの食堂のよううで、メニューも価格も屋台価格である。上のカフェに行くと飲み物だけで、ここのメシの何倍もするのだ。
にしてもりきまる、アジアの庶民メシがこれほど合うとは思いませんでした。恐れ入りました!

最後に空港のいろんな神様にお礼。
これはヤック。日本で言う夜叉。
Dscf4988 Dscf4989
派手派手なタイの神様たち。ありがとうッス!!また絶対来ます!
Dscf4983 Dscf4984 Dscf4985
飛行機に乗り込み、あとは酒飲んで寝るだけ。と思ったら、メニューが配られ。。。

[第二夕食]
・機内食
Dscf4990
はあ~。。。   
食っちまいました、オレ。都合本日の夕食三食。残せないおのれがにくい。(泣)

てなことで、なんだかんだで、激しく食いまくったバンコクの旅が終わったのであった。

|

« 番外編 : ジム トンプソンハウス | トップページ | 番外編 : バンコクのわんことにゃんこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩メシリピートの恐怖:

« 番外編 : ジム トンプソンハウス | トップページ | 番外編 : バンコクのわんことにゃんこ »