« 『自分という人間である』という運命 | トップページ | 番外編 : ママちゃん毛布襲撃 そのいち »

2008年4月15日 (火)

ドイツ居酒屋で爆食

[朝食]
・いちご半パック・白菜と新玉ねぎのおみおつけ

[昼食]
GIOオーガニックカフェの・チーズパン・明太ごぼうサラダ・ミネストローネ

[夕食]
浜松町のフランツクラブにて宴会。
Dscf3038
昔は王様しか飲めなかったというビールでかんぱーい!
ドイツの海辺をイメージしたというこのお店、来て見たかったんだよね。つまみも色々ためしてみたいな。

・直輸入ハム盛り合わせ これは値段の割には少なすぎ。
Dscf3039
・ウインナー盛り合わせ このくらいの盛りならOK(だってハムもウインナも3000円以上したよ)
Dscf3042

意外にうまかった、砂肝サラダ。砂肝のコンフィが沢山のってました。
Dscf3041
ホワイトサラダは、まあまあ。
Dscf3040

シユニッツェルは切り分けてくれる。かりかりっと揚がってます。
Dscf3045

これはうまくてみんなリピート。厚めに切ったばら肉の生ハムみたいなの。
Dscf3046
ここいらからは、りきまる、あんまし食べてないよ。
Dscf3047 Dscf3048 Dscf3051 Dscf3052
豚のスペアリブは、お店の人オススメだけあって、おいしいらしかった。
でも今日イチバン感動したのは、ビールより料理より、
Dscf3049 Dscf3053
あつあつのプレッツエル、超意外なうまさであった。
Dscf3050
お会計で、ひゃー、たかいなー。と思ったけどさ、この食いっぷり飲みっぷり、当然だね!

なんとなーく、話したりない消化不良感があったので、友人Kを呼び出し十番で一杯。
Dscf3054
[二次会]
麻布十番のももたろうにて。
出張帰りのKの晩飯に付き合い、結構食った。
Dscf3056 Dscf3057 Dscf3058 Dscf3059
てめー!「あ、りきまる食べてきたからいらないよ。」の一言が何故出ないのだ!!!

最後にカメラに残ったこいつは。。。
Dscf3060
二個ともKが食ったと信じたいりきまるである。

Kはアグレッシブなビジネスマンである。モチベーションは高く、少しでも
いい仕事・高い年収を目指して24時間働く姿勢はいつも刺激になる。

一方りきまる。仕事は大好き。
でも、社会的地位が高くて年収が高い事が、自分の中ではそれほどの重要な価値観ではない。

「『お金じゃないのよ。』って感覚、Kにはわかんないでしょ?」
「まったくわかんない。理解できない。」

やっぱり。。。

以前から聞いてみたかった質問をしてみた。

「堺正章の元妻が、『お歳暮で高価な食材を頂くのが苦痛だった。1人になって、自分が食べたいものだけが冷蔵庫に入っているのを見て、本当に幸せだと思った。』と言ってすごいバッシング受けたけど、りきまるは心からその気持ちがわかるんだよねー。Kには理解不能でしょう?」
「うん、ありえない。まったくわかんない。」

「奥菜恵が元夫のサイバーエージェントの社長から『こんなに贅沢な暮らしをさせているのに何が不満だ』って言われてキレたってのも、りきまる、すごーく共感してしまうんだけどさ。Kには解らないよね?」
「うん、全く持って理解不能。何が悪いのかわからない。」

わははははー。

この部分の価値観については、二種類の人間がいる気がするんだよ。(男女の違いはない。)
だから同じ種類の人と結婚するか、相手の価値観を笑っちゃえたらいいんだろうな。

ちなみに、オットではなく友人を持っているりきまるにとっては、意見を聞くたび、見たことがない洞穴を覗き込むような楽しさがあると思うんだー。

|

« 『自分という人間である』という運命 | トップページ | 番外編 : ママちゃん毛布襲撃 そのいち »

コメント

おいしそう。全部好みだ。何人で行けばこのメニュー全部注文出来るだろう?

あ、さっき初夏のような天気にうっかり白いTシャツを着たら、おぶい紐で所々締め付けてるような自分の背中に引いたばかりなのですが。。。
しっかりジャケット着て行こうと思います!

私の叶わぬ夢は、お歳暮に『からすみ』が届くことです。(ってゆーか、カステラすら届かないけど・・・)
それをたっぷりこれでもか!と入ってるパスタを食べてみたいのです。

投稿: とうもろこし | 2008年4月29日 (火) 18時03分

プレッツェル、大好物です。あつあつって、いいな〜!

後半のK氏とのやりとり、うんうん頷きながら読みました。
堺正章元妻さんの言ったこと、当時私もすごく共感して
なんでバッシングされるのか、よくわからなかった。
(確かに、送った人にはちと失礼かもしれないけど)
そんな人生、確かに辛そうだと思いました。

お金云々ではなく、自分の人生を生きたいということでしょうね。
K氏だって、そこはわかるんじゃないでしょうかね。
(それとも、同じ裕福な暮らしができるなら、人の稼いだお金で
その人の言う通りに生きることもオッケーなんだろうか。。)

たぶん「自由」というものがどうしても必要な人種というのがいて
(私もその一人なんですが、りきまるさんもそうではないですか?)
そういう人は、自由を得るために、いろんなものをあきらめて
生きていっちゃうのかな〜なんて気がします。

なんか、重い話になってしまいまい、すみません。^^;

投稿: michiov | 2008年4月30日 (水) 00時23分

私には
わからなかった(笑)
当時、前夫の仕事が上手く行かず何もかも自分の肩にのしかかってきた。
必死に金策の為に働いてた私には、自由を考える余裕さえなかったから…
奥さんはきっと御中元、御歳暮を送ったりしたことなくて堺氏がしてたんだろうなぁ。彼女がすぐに再婚したとき、本当の原因はそっちかと思ったくらい(笑)

投稿: レイコ | 2008年4月30日 (水) 06時54分

とうもろこしさん、
りきまるは、『浜茹で直送』の冷凍してない越前蟹ですねー!味噌独り占めで1パイがっつりいただきたいなあー。(笑)

フランツクラブ、美味しそうでしょ?これは6人でした。調子に乗って酒がんがんやっちゃったので、ちょっと大人〜なお会計になるので要注意です。りきまるなど管理職は1万円、女子はいくらだっけなあー。5〜6千円くらい?


michiovさん、
当時のバッシング見ながら、「言ったら袋叩きに会うから黙ってるけど、密かに共感してる隠れキリシタンは結構いるだろなあー。。」と思ってました。(笑)

『女でも、結婚しても、自分の自由になるカネを稼ぐ甲斐性を持て』は、りきまる家の、ひーばーちゃん、ばーちゃん、かーちゃんと、女4代に渡る家訓で悲願です。(笑)でもって、子供の頃からずーっとそういい続けて育てたら、悲願は達成したけど、『こんな女』になっちゃったわけで。(笑)もー、責任者出てこーい!って感じですねえ。はははー。

レイコさん、
会見で彼女を見た時、「あー、スゲー、『マリーアントワネットボケ』を素でTVでやっちゃったよ。。袋だろうなあー。こりゃ。」とおもったら、やっぱり袋叩きにされてました。(笑)
パンがなきゃお菓子 発言はパリの庶民の逆鱗に触れて、女たち皆で武器持ってベルサイユに押し掛けちゃったんすもんね。(笑)

マリー様にはマリー様の苦悩があったわけですが、そんなのみんなにゃカンケーねえですからね。
このテの話はりきまるから見ると、次元の違うテーマに摩り替えられて非難が集中するように感じますです。ま、沈黙は金 とは、昔の人はよく言ったもんです。特に幅広く人々に思い至らず配慮できないりきまるみたいな人種は。(なのでこのネタはちょいとどきどきしながらのアップでした。(笑))

投稿: りきまる | 2008年4月30日 (水) 09時48分

『アントワネットボケ』に笑ってしまった。
人それぞれ思いも価値観も違うので、きっと答えはないのでしょうね。
愛だけでお金だけで解決するものはないと思うので、私は神様にお願いするとしたら………
「ミックス一つ!」ですかねぇ(笑)

投稿: レイコ | 2008年4月30日 (水) 12時57分

レイコさん、
そうそう。
または、『ダブルでお願いします!』ですかね。(笑)

投稿: りきまる | 2008年5月 1日 (木) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ居酒屋で爆食:

« 『自分という人間である』という運命 | トップページ | 番外編 : ママちゃん毛布襲撃 そのいち »