« 青春映画 | トップページ | なつかしの東京弁 »

2008年4月 6日 (日)

番外編 : 久々の横浜散歩

放送ライブラリーはみなとみらい線日大通り前駅にある。
Dscf2871 Dscf2872
これ、柳原良平?
まっすぐウチに帰るつもりだったが、駅の通路に飾られた絵を見ていたら、予定変更して横浜をぶらぶらしたくなった。

シルクセンターのそばにはこんな教会。
Dscf2873
おおー、いいねえー。手軽にちょっとした旅行気分が味わえるよ。

山下公園を歩く。何十年ぶりである。
Dscf2874

夕暮れの海。
Dscf2879
なんだかNY、バッテリーパークを思い出した。
Dscf2878
Dscf2877

氷川丸とかもめ。氷川丸に乗ったのは小学校の頃だっけ?
Dscf2882

その後は中華街で色々お買い物。
愛用の小型のせいろ。20年使用したものは、ぼろぼろに壊れてしまった。
台湾で買ったのは鍋のサイズが合わないのだ。
雑誌などで紹介されている有名な昭宝のせいろは、バカ高い割に金具で補強してあるのが嫌だし。
(きちんと作った蒸篭には、金具での補強など要らないのです。りきまるの和蒸篭もしかり。)

うろうろしていて、シュウマイの前、むかーしの『荒物屋さん』風の青木商店で、超好みの中華蒸篭を発見。
Dscf2883
これこれ、こういうやつ!桜の綴じ目のみで一箇所も金気はない。聞けば日本製だそうで、18センチ2段で1750円だ。昭宝より全然安いし、はるかに美しいフォルムだ。

青木商店のななめ向かい、清風楼のシュウマイも、りき的定番土産。
Dscf2884

重慶飯店の豚足と豚耳は、晩ご飯に。余ったのは小分けして冷凍。
Dscf2885
ホリデイイン前の売店で、いつも耳を買って帰る。

肉まん1個だけ中華街大通りの店で、源豊行本店ではピータン1個とくらげの頭を購入。ちょつとずつ買えるのも嬉しいよね。

照宝では蒸篭は買わなかったけど、プレーンな白いどんぶりを大小購入。
Dscf2886
これは味芳斎の牛肉ご飯を盛っているいるヤツだ。前から欲しかったんだ!

久しぶりの横浜探訪。結局は『食い』中心で終了。
にしても、なんだか嬉しくて買いすぎちゃったなあー。

|

« 青春映画 | トップページ | なつかしの東京弁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 : 久々の横浜散歩:

« 青春映画 | トップページ | なつかしの東京弁 »