« 博多爆食街道 : ぴちぴち海鮮編 | トップページ | 番外編 : 執着 »

2007年12月22日 (土)

博多爆食街道 : 昼間の酒の飲み方

はい、では気を取り直して、爆食翌日の昼食のレポートである。

そして今日の昼食から、台湾のFちゃんが合流。
おみやげは魯肉の缶詰だ。うれしー!Fちゃん、ありがとー!
Dscf1086_2

[昼食]
水炊き長野にて。スープ炊きのコース。
Dscf1079
何年も前からりきまるが行きたかった、博多の水炊き。
この旅行の発案者特権で、すべての意向を無視して、今日の昼飯にムリムリ予定を押し込んだ。

ごくナチュラルにビールをついで、まずは鳥の酢もつとスープからスタート!
Dscf1082
うおー。スープ、うんめー。

続いてぐらぐらと煮立った鍋からー
Dscf1081
骨付きのとりにくをだしてー、
Dscf1083
ぐらぐら煮たのに、鶏は歯ごたえがあり味わい深い。このたれがまた、うまいのだ。酢醤油になんだけど、すっぱくなくうまみが強い。

ビール、さっくりあく。
お次ね何飲みますかー?
りきまるの前で、X君とKちゃんが言う。
「昼間の酒って、何頼んでいいかわかんないよね。」
うんうん。確かに。



ていうか。。。

ボトルかい!(飲んだけどさ。)
Dscf1085

気を取り直して鍋に戻る。
つみれ、もも肉、むね肉、もつが美しく盛られた皿から、仲居さんがぼんぼん鍋に投入してくれる。
Dscf1087
しばらくすると、つみれとともに、表面に危険物が浮いてきた。
Dscf1088
おたまで除去していると、仲居さんに注意される。
「それをとると、こくがなくなりますからね。」

いや、りきまる達ね、もう『こく』や『脂』は要らないんですヨ。

でもまあ、ゆうべあんだけ食べておいて、大スプーン1杯程度の脂にびびったって仕方ないか。(いや、ダイエットとは、そういうところから始まるのであるが。)

肉を堪能!
Dscf1089
続いて野菜も投入!細ねぎって、こういう使い方もできるんだね。ふむふむ。
Dscf1091
キャベツって消化にいいんだよね。
Dscf1092
わしわし、ちゃんこ状態でぱくぱく。うまいうまい。

かくして、
野菜好きの鍋(りきまる、Fちゃん、X君)VS肉好きの鍋(W、S、Kちゃん、デブ君)
Dscf1093 Dscf1094
終わり方に違いが出るのであった。 あんたたち、ばちがあたるよー!

ぞういすにしたかったけど、もう満腹で断念した。勿体無いお化けが出そうである。

あー、うまかったー。ごちそう様でした!

さて食後、あいにくの雨とか、帰りの時間とかを考え、大宰府観光は断念。
赤坂の稚加榮でおみやげの明太子を買ったり。。(こんな満腹でよくまた食い物のことを考えられるな、オレ達。。)

稚加栄の帰り、地下鉄駅に向かっていると、女子チームが来ない!

女子チーム+デブが屋台の前から離れないのである。ねえねえ、何してんの。。。?
Dscf1095
ひゃー!この上プリン!?(注.わたしら稚加栄で試食までしたよね?!)
Dscf1096
この人たちと付き合っていたら、帰宅するまでに相撲部屋から勧誘を受けそうだ。

とりあえずここで別れ、りきまるは大好きな雑貨や、ORGANに向かったのであった。
Dscf1100

夕食は、海鮮編に続く!

|

« 博多爆食街道 : ぴちぴち海鮮編 | トップページ | 番外編 : 執着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博多爆食街道 : 昼間の酒の飲み方:

« 博多爆食街道 : ぴちぴち海鮮編 | トップページ | 番外編 : 執着 »