« 旅先での飲み屋探し | トップページ | 佐世保バーガー »

2007年8月26日 (日)

番外編 : ローカル線でめぐる平戸

何度も言うけど、長崎は暑い!
湾に向かってすり鉢状に山が迫る街は、盆地のようで、その上湿度が高いのである。
密集した建物の出す熱気が、この盆地の中から抜けないのか、昼も夜も東京顔負けの暑さである。

そんな長崎を脱出、今日はローカル線のいちにち旅で平戸へ向かうことにした。
まずは長崎から佐世保に向かう。
Dscf8481
青い青い海を眺めながら、電車は走る。
Dscf8480 Dscf8483 Dscf8484 Dscf8485
四枚目の写真、これは海のきわにある駅に止まったときの写真だ。

ぼーっと景色を眺めていたら、すごい田舎駅の駅前に、『分譲予定地』の看板。なーんでこんなとろこで分譲?って思ったら、次の駅、こんなものがどどーんと現れた。

はうすてんぼすだー !!!!!
Dscf8489
長崎に行くんだー  と言うと、十中八九、「りきまるさん、ハウステンボスに行くんすか?」と聞かれた。
行く訳ないじゃーん、若いOLじゃあるまいし!  って言ってたけど。。

ちょっと行ってみたいかも。若いOLのふりして。。

そうじゃなくて!
佐世保から松浦鉄道に乗り換えて、平戸に向かおう。
松浦鉄道は、佐世保から伊万里と、ものすごく長い距離を走るにもかかわらず、なんと一両編成。
Dscf8498
日よけは、カーテン!!!
Dscf8492
車両は後ろのりで、整理券を取る。運転手さんのところの電光掲示板で料金を確認する。
つまり、線路の上を走るワンマンバスである。
電車は単線。(もっとも、佐世保までも単線だけど。)
Dscf8497
のどかな景色を見ながら1時間半の旅である。

さて、歴史の教科書では何度も見た名前、平戸。
一時は海外貿易の拠点として、『東洋のフィンランド(注.なまってます。)』として名をはせた地である。

古いふるい建物。キリスト教の伝来の名残。往時をしのばせるものをたずねて歩く。
Dscf8500 Dscf8504 Dscf8506 Dscf8512 Dscf8516 Dscf8522 Dscf8519 Dscf8520
が、それらより心に残るのは、この美しい海である。
Dscf8542
空との境界がわからないほどの青い海
どこに行っても、振り返るとこの美しいが見える。
Dscf8526 Dscf8527

平戸城に上がる。
Dscf8531
殿様がどんなにこの景色を愛していたかわかる気がするなあー。
Dscf8535
ふと見ると、
Dscf8537
この美しい海で、一人で泳いでいる人がいる。(ちっちゃすぎてうつってないね。。)
Dscf8538
この海を独占である。なんて幸せなんだろう。

がしか、この島もまた、過疎に悩んでいるのだそうだ。
タクシーの運転手さんによると、この10年で人が半減したそうだ。若い人はみな、博多や長崎に出て行ってしまう。島に残っても仕事がない。
Dscf8540
対外貿易の拠点を、幕府の取り決めで強制的に、平戸から出島にうつしたあと、平戸の経済は激しく衰退したそうだ。そんな中、上杉鷹山のように、殖産を企画奨励して、平戸を経済復興に尽力した松浦藩主がいた。

今の平戸も、この美しい遺跡や自然だけてなく、そんな人が必要なのかもしれない。

またまたローカル線で長崎に帰る。
佐世保⇔長崎間も、二両編成のシーサイドライナーだった。
Dscf8552 Dscf8551
レンタカーにしようかなと思ったけど、多少不便でも割高でも、電車で良かったな。

車を運転するときは、『前』の景色しか見えない。
今日は、『横』の景色を満喫できた。

たまにはこういう旅もいいもんである。

|

« 旅先での飲み屋探し | トップページ | 佐世保バーガー »

コメント

海が青い!なんともいえず、いい景色だなぁ。
以前行ったオーストラリアの海が、本当に見たことのないエメラルドグリーンで感動しましたが、この青も日本らしくて素敵です。

胸がすぅ~っとするような写真ありがとうございます。

投稿: とうもろこし | 2007年9月 7日 (金) 10時26分

りきまるしゃん
(九州バージョン)
お久しぶりです。実は空き巣に入られバタバタしてました。警察に呼ばれたり
損保会社が、自宅へ調べにきたりと大変!
貴金属と現金で600万ほどやられました(泣)
まぁ、居直り強盗じゃなくてよかったと、まだラッキーだったと(笑)思うようにしてますが、当初は駆け付けた警察に「犯人見つけたら絶対射殺してくださいねっ!頼みますよっ!」と困らせました(笑)
そんな私には、とても海と空の青さが、眼に染みますねぇ……
独り者は経験ありありですが、一人旅はないなぁ…
でも楽しそうなので
一度、私もやってみたい
りきまるしゃんは
何をするにも楽しそうで
元気もらえるわぁ…
いつもありがとうね!

投稿: レイコ | 2007年9月 8日 (土) 07時55分

とうもろこしさん、
どういたしまして。
沖縄とも違う、太平洋とも、日本海とも、そして長崎とも違う、独特の美しい海でしたよー。
この日もものすごく暑かったんですが、天守閣でぴゅーびゅー風に吹かれると涼しくて最高!
ビールもって行けば良かったと後悔しました。  ケド。天守閣で一人でビール飲んで海見てる女。。やめて正解!(笑)

レイコさん、
お久しぶりですー。

ていうか、ろっぴゃくまんえんですか???!!!
それは、いわゆる魚屋のおやじが、「へーい、おーつりー、ろっぴゃくまんえんだー。」とダミ声で言う寒いジョークの6百万円ではなく、本当本物の6百万円ですよね。。そりゃー射殺ですねえー。(笑)

しかし、そのどろぼう、見所があると言うか、マーケティング上手というか。お宝発見というか。。ある意味すごいです。

長崎バージョン、ちょっとながながやっちゃいました。久しぶりに、現地で友達にも会わない完全一人旅を満喫したせいでしょうかねえ。
もともと一人旅が大好きなので、ちょっと舞い上がってたのかもしれません。
明日のアップからまた、猫とメシとデブに戻ります。(笑)

投稿: りきまる | 2007年9月 8日 (土) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 : ローカル線でめぐる平戸:

« 旅先での飲み屋探し | トップページ | 佐世保バーガー »