« 終わりが始まり | トップページ | 花見湯豆腐 »

2007年3月29日 (木)

飲酒健忘症

顔がぱつんばつんである。
腹もばつんばつんである。

全身の細胞に、もれなく栄養が満タンに行き渡っている 今のりきまる。

はあ~。。
デブだわ、オレ。間違いなく。

ふとルノワールの絵を思い出す。
生まれてくる時代を間違えたかも、オレ。
まるでただの『デブの水浴』。そんな体型が絵画の対象として愛でられた時代。こんな頃に生まれたかったかも。。。


2007_03300399[朝食]
・生協のバニーニ(ハムチーズレタス)
・トマト
・コーヒー
Nobrinさんのブログで以前みかけて、美味しそうだったので狙っていた生協のバニーニ。もちもちしてうまい。




2007_03300400 [昼食]
芝公園の來來にて。
・タンメン

お勧めのタンメンに、お勧めのラー油をたっぷり入れて食べる。
麺を2/3残す。が、スープをのんでしまう。
炭水化物は、夜に摂取するからね。
ものすごく往生際が悪くて、体に悪い食べ方。しょっぱくて午後のどが渇いて仕方なかった。


午後大変なことが続き、ものすごく気分転換がしたくなった。
そうだ!こんな時はあれがいいよ。

ってなことで、飲む前にネイルステーションに予約を入れ、ケアとカラーリングをしてもらう。
女の手に生まれ変わり満足。
ついでに会員になった。これでつきイチは女の手復活だい。
[夕食]
四谷三丁目ののがみにて。
・お刺身 いしがれい、かつお、あじなど
2007_03300402 2007_03300403 2007_03300406 2007_03300407









出始めの、脂のすくないかつおの方が私は好き。
稚鮎の一夜干。うまーい。  脇のおつけものがかわいかったよ。
2007_03300404 2007_03300405









さてさて、お次はお鮨。
・とり貝  身と ひもと。
2007_03300408 2007_03300409









・こはだ           ・春子鯛
2007_03300410 2007_03300413









・あまえび 身とみそと
2007_03300411 2007_03300412









・あなご           ・赤貝
2007_03300414 2007_03300415









・うに             ・おぼろこんぶのお吸い物
2007_03300416 2007_03300417









やっぱり最後は巻物で〆たい。
・わさび巻          ・とろたく巻
2007_03300418 2007_03300419









とろたくのたくあんは『いぶりがっこ』であった。おいしい!
いつもご馳走様です!

楽しい話で沢山笑う。
でもいつも不思議なんだけど、私の場合大して飲んでなくても、飲みながら大笑いした話題って、翌日にはきれいさっぱり忘れているのだ。不思議。飲酒健忘症な私。

でも心には、沢山笑って心の洗濯をした心地よさは、きちんと残っているのだけどね。

|

« 終わりが始まり | トップページ | 花見湯豆腐 »

コメント

はじめまして!
いつも楽しみに拝見させてもらってます。
といっても、最近お邪魔させて頂くようになったばかりです^^
私もお酒好き!(『チョー』がつきます・・・)
料理好き (気分次第ですが・・・)
何より、喰って飲んで。が大好き♪

あまりにも楽しくて、過去ログを読んでみたりしてます。

それで、
山猿2号ちゃんの表情にやられっぱなしです~~!

これからもお邪魔させて頂きます。
よろしくお願いします。

投稿: ごぶじん | 2007年4月 7日 (土) 23時36分

ごぶじんさん、
はじめまして!コメントありがとうございます。^^
物食えば、この世はたのし。(ダイエットブログの管理人の言葉とはおもえないケド。。(汗))
人生、おいしいものを食べてうまい酒飲んで、好きな友人や異性と一緒にいて、それが一番 なんだよーと、池波正太郎も度々小説の登場人物とかに言わせてます。

2号、お気に召していただいて、親ばかりきまるとしてはものすごく嬉しいです。笑う猫化け猫2号。今日がこの子のお誕生日なんです。来週、2号がうちに来たエピソードをアップロード予定ですのでお楽しみに。

楽しい日記がアップできるよう日々精進中です。よろしくお願いします!

投稿: りきまる | 2007年4月 8日 (日) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒健忘症:

« 終わりが始まり | トップページ | 花見湯豆腐 »