« 番外編:台湾のおさかなたち | トップページ | 台湾観光二日目:九イ分編 »

2007年2月10日 (土)

台湾観光二日目:海鮮編

台湾二日目。
長いので2本に分けてアップします。

今日は九イ分に行くのである。Fちゃん、Fちゃんの友達と台北駅で待ち合わせである。
少し早く着いてしまったので、駅の周りを散歩してみることに。

「ぼく、マックの値段表見たいです。」
「おお!買ってもいいんだよ。」
「いりませんよー。お腹一杯。」
確かに。昨日3日分くらい食べたもんねえ。。

おっ、あそこに何かお店が。そこを回って待ち合わせ場所に戻ろうね。
と角を曲がるとそこは。。。

朝メシ調達ストリートであったー!
2007_02110474










どうしてデブたちは飯屋を見つける嗅覚が優れているのだろうか。

2007_02110478そしてそして、腹いっぱいと言っていた全員が、この通りを出るときには朝飯を手にしていたのである。怖い。







わたしの朝メシはここで調達。
2007_02110473 2007_02110472 2007_02110471





麺好きのりきまるに素通りはムリ!

2007_02110479[朝食]
・搾菜肉絲麺
台湾駅の待ち合わせ場所で、麺1/4程度食べる。スープがうまい。







2007_02110475やってきたFちゃんにお店のメニューを解説してもらう。
謎であった中西式。(なかにし式)
「これは中西さんのお店ではなくってー。
中国風と西洋風のミックスという意味なんです。早餐は朝ごはん。
法式はフランス式。土司はトーストです。」
ほほ~。

ところで、台湾駅はやたらでかいよー。
2007_02110481










改札は普通。日本とおんなじ感じ。自動改札だし。
2007_02110488 2007_02110489





私達の一台前の電車。やったら長い。検札のおじさんは足が鍛えられそうである。
2007_02110490 2007_02110491

2007_02110492さて、台湾初体験、この電車に乗って出発。







2007_02110495車中、ナチュラルに隣の子に中国語で話しかけられるデブ君。
昨日の刀削麺屋でも、台湾人に間違われてたよね。(レジのおばさんに『日本人だ』と言ったら、信じられない!とびっくりされていた。ははは。)

2007_02110494確かに、『ヘンなニホンゴ話す現地ガイドさんとニッポンのOLの記念撮影』って感じ。




1時間ほどで基隆に到着。雨にけむる落ち着いた港町。
2007_02110496 2007_02110497





雨でくすんで見える趣のある街。ここの夜市も有名らしい。
2007_02110498 2007_02110499





バスに乗って、碧砂漁港に向かう。
愛読しているKさんのホームページで発見。九イ分に行くなら行って(食べて?)見たかったところだ。

なんか、焼津お魚センターに似ている。でもこっちの方が全然新鮮な気がするなあ。明るくて清潔でにおいがしない。
2007_02110583










ぴちぴちが並ぶ魚屋さん   お刺身はここ一軒だけ。
2007_02110584 2007_02110585





おすし屋さんも見なかったし、やはり生食は抵抗あるお国柄なのかな。

燻製やさん。魚卵の燻製、激ウマ。 茹で立てのえびやいかも。
2007_02110578 2007_02110533





みんなで試食しまくる。
写真撮ってると、「りきまるさーか、これこれ、食べてみて~。」と声がする。
皆がイナゴの集団のように試食にたかってるのが見える。
いや~ん。。。ニッポンジンの評判のために、食ったら買ってね!

2007_02110553さて、そろそろお昼の準備だ。
ここ、海世界で買うことに決めて、色々選択。
メニューはKさんのHPのものをほぼ踏襲した。
   
袋の中でぴちぴち動く魚介類を持って、レストランに向かう。

[昼食]
碧砂漁港の海鮮料理屋にて。
・青菜炒め        ・あさりのバジル炒め
2007_02110556 2007_02110557









・茹で海老         ・やきそば
2007_02110558 2007_02110559









えびはわさび醤油につけて食べる。
・焼きはまぐり       ・台湾風味噌汁。ちょっと甘い!
2007_02110560 2007_02110561









・いせえび。ガーリック味でおいしいよー。
2007_02110563 2007_02110564









ガーリックの効いたたれを、やきそばにちょっとつけるという狼藉を働くりきまる。
・清蒸鮮魚         ・蒸しかに
2007_02110565 2007_02110566_1


2007_02110567かには、みそや卵がみっちり。












2007_02110568このかに、かわいい顔しているね。

生簀嫌いのりきまる。
ご多分に漏れずここにも生簀の魚がたくさん。
できたら、海老かに以外は活け締めにしてあげてほしいなあ。あのうつろな顔を見るのがつらいんだよね。(海老かにはいいのかよ。。)
かわいそうなので、お魚はりきまるが最後までがっつりと頂いた。

材料費、6人で3500元、調理・場所代1000元くらい。あとはビール代。
もうしばらくは質素なご飯でいいやと思えるほど、海鮮を堪能。

昨日の蒙古料理を教えてくれた友達、ここを教えてくれたKさんに皆で感謝。
2007_02110555






ごっちそうさまでした~!

|

« 番外編:台湾のおさかなたち | トップページ | 台湾観光二日目:九イ分編 »

コメント

りきまるさん、こんにちは!
おいしそうな物、いっぱい食べてますねー。
1日目の記事、ほんとすごいです。
皆さんの表情がまた楽しそうで、見ているこっちまでうれしくなりました!
続き楽しみにしてます~。

投稿: けいすけ(人) | 2007年2月18日 (日) 11時21分

りきまるさん
本当に楽しい旅だったようですね!
腹減らしと言われてる私もびっくり(笑
でもお腹いっぱいでもう食べれないと思っても新しい獲物を
見た途端に胃がその隙間を勝手に作ってくれるんだなぁ…
さぁ少し詰めてあげたから、ここ入れるよって感じかなぁ
満員電車の席譲りみたいやけど…

話は変わりますが
ローソンで
“あいたくなっちゃだめ”と言う俳句の本買いましたが
全てのページに
猫写真家·板東寛司さんのネコちゃんたちが載ってます
たくさんの人に現代俳句を読んでもらいたくて猫の手を借りる事にと(笑
しばらくネコ飼いたい病をこれで我慢しようっと…

投稿: レイコ | 2007年2月18日 (日) 11時39分

けいすけ(人)さん、
ほんと、一日目にびろびろと広げてしまった胃袋は、帰国して一週間経過しても、いまだ治ってません。(自業自得。。涙)
それにしても台湾、ほんとにまっすぐ歩くことが出来ないくらい、魅力的な食べ物ばかりですねえ。。
りきまるが台湾に住んじゃったら、きっと金豚まっしぐらですよー。。(笑)

レイコさん、
ほんと、私だじゃなく全員の胃袋がまさに、宇宙のようでした。(笑)
いわく「りきまるさん、おしっこすると体に隙間が出来るので、また食べられるんですよね!」

・・・・

お前ら!百貫デブになるぞ!!!

猫付の俳句ですかー。見てみますよー。
なんかどっかの(まだ卵かもの)子猫が、レイコさんを狙ってるきがしますねえ。。。(笑)

投稿: りきまる | 2007年2月18日 (日) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾観光二日目:海鮮編:

« 番外編:台湾のおさかなたち | トップページ | 台湾観光二日目:九イ分編 »