« ルクーゼのレシピ | トップページ | 変わらない人 »

2006年8月29日 (火)

おばさんの癒しの地

2006_09020120[朝食]
・どんこそば
台湾で食べたどんこそばをイメージして作ってみた。
昨日作った鶏とどんこのスープ煮のスープとどんこだけを使用。茹でた大矢知ひやむぎを入れてみつばをトッピング。
うーん、うまーい!どんこと鶏ってなんて合うんだろう。。



2006_09020121[昼食]
ampmの鶏照り焼きと卵サンド
なんとなく、無理やりパンの中に挟んだ感のあるサンドイッチを、ミーティングの合間にぱくぱく。








[夕食]
友人のMさんと、銀座のこむすび割烹高はしにて。
・お通し          ・おぼろ豆腐
・じゃこトマト       ・水菜とゆばの煮びたし
・加茂なすと鶏の蒸し煮・すずきのお刺身
・ビール          ・芋焼酎ロック(ガンガン)
2006_09020122_1 2006_09020123 2006_09020124_1 2006_09020125_1 2006_09020126_1 2006_09020127_1

コロッケやら、グラタンやらの誘惑にぐらぐらきたが、Mさんがヘルシーなオーダーにナビゲーションしてくださる。ありがとう!!!
Mさんとは、メールや互いのブログが中心で、あまりリアルでは会ってない。しかしお互いのブログを見ているせいか、お互いの行動を良く知っている。
「そうそう、○○に行ったんだよね。」とか。
なんだか不思議だねえ。

話変わってある日りきまるがへとへと、ぼろぼろになって三田の飲み屋街に向かっていると、キャバクラの呼び込みのにーちゃんの声が聞こえた。
『えー、ミニスカスッチー横に座って3000円ポッキリ!!』

・・・

いいなあー。。
りきまるもきれいなミニスカスッチーと飲みたいかも。。。
「やだー。おばちゃん、がんばって~!」とか言って欲しいかも。。。

そんなりきまるの憧れの地は、銀座のグランドキャバレー白いばら。『あなたの故郷の女の子を指名』できる(入り口に日本地図が張ってある。)
そんな話をMさんにしていた。

Mさんによれば、なんだかここ、女性もOKらしい!
しかも早めに入ればすごく安いらしい!

え~。。一緒に行きましょうよ~。。。ねえねえ~。

久々に会う友人に、白いばらに連れてけと迫る変な女りきまる。

でもおばさんだってさ、かわいい子に癒されたいんだモン!!!



|

« ルクーゼのレシピ | トップページ | 変わらない人 »

コメント

どんこそば、美味しそう!
ミツバが爽やかですね~。

夜のチョイスはヘルシーで、胃にやさしい感じがしますね。
お通し、籠に入ってかわいらしい。
家でもできますね、これなら。やってみよう。

昔、六本木の高級ストリップバーに連れて行ってもらい、
そのお店は、口にチップを挟んでいると、
外国人おねいさんが胸で挟んでもらっていきます。
酔っ払ってチャレンジしてみた私、
ふわふわの暖かい胸に顔を挟まれ、
胸フェチの男性の気持ちが少し分かりました。

投稿: hana | 2006年9月 6日 (水) 10時51分

りきまるさん、「白いばら」なんて懐かしいワードにびっくりしました。まだあるのね~、「白いばら」! それに地図も! 実はわたし、以前長らく銀座が仕事でもプライベートでもテリトリーだったのですが、さすがにあのお店に入ったことはありません。お客さんを送りに店外に出てきた複数のホステス嬢を目撃した経験からいうと、かわいいというよりか、お年を召して酸いも甘いもかみわけた方が多そうな印象があります...が、何事も経験、近日中に「白いばら」体験記を拝見するのを楽しみにしています~。

投稿: あくび | 2006年9月 6日 (水) 11時35分

hanaさん、
おお!ワタシも六本木でやったことありますよ~。ワタシの時は、ポールダンスする外人さんでした。たしかにあれは男の気持ちがちょいとわかるかもね。

やはり40歳過ぎたら和食ですなあ。。もたれないし太らない!
と言いつつ、翌日は中華激食いしたんですけどねえ。。^^;

あくびさん、
ありますよ~、地図ごとそのままです。(笑)
この話を部下にした数日後、部下がとあるグルメ雑誌を見せてくれました。
『白いばら潜入レポート』!!!
ショーもあるし、健康的ですごーく楽しそうでしたよ~。
やっぱ行かなきゃ、癒しの地へ!
レポート、お楽しみにでーす。

投稿: りきまる | 2006年9月 7日 (木) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おばさんの癒しの地:

« ルクーゼのレシピ | トップページ | 変わらない人 »